銀行カードローンの金利比較! 借り入れ希望額別の選び方を解説

カードローンの金利には幅があり、借入金額や返済能力などで適用される金利が変わります。

そのため、審査結果の通知を受けるまで、どれくらいの金利で借りられるのか、わかりづらい面があります。

お金を借りる際はできるだけ金利を抑えたい。では、借り入れを希望する金額に対して、一体どれくらいの金利がかかるのか。

各カードローンの金利の特徴を把握しておくと、どのカードローンを選ぶべきか候補を絞りやすくなりますね。一般的に、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が低金利だと言われています。

今回は、そんな銀行カードローンの金利を、借り入れ希望額別に比較していきます。

銀行カードローンを選ぶ際の参考にしてください。

銀行カードローンでお金を借りる際の金利比較

まずは一覧で銀行カードローンの金利を比較してみましょう。主な銀行を表にしてみました。

カードローン名 金利 借入限度額
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 10万円~800万円以下
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% 10万円~500万円以下
みずほ銀行カードローン ※1 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
りそなプレミアムカードローン ※2 年3.5%~13.5% 10万円~800万円
横浜銀行カードローン 年1.5%~14.6% 10万円~1,000万円
住信SBIネット銀行カードローン ※3 ※4 ・スタンダードコース

年8.99%~14.79%

・プレミアムコース

年1.59%~7.99%

・スタンダードコース

10万~300万円

・プレミアムコース

10万円~1,100万円超

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」(通常)  ※5 年2.2%~17.5% 10万円~800万円以内
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 10万円~800万円以下
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 10万円~800万円

※1 みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※2  住宅ローンや給与振り込みを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※3 「スタンダードコース」と「プレミアムコース」は自分で選択することはできません
※4 ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行の口座を引き落とし口座に設定している、SBI証券口座保有登録済みである、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があるなどの条件を満たせば最大で年0.6%の引き下げとなります
※5 通常金利の他にauユーザーなら金利が最大年0.5%引き下げとなるプランがあります

借入金額に対する金利が一律で決まっている銀行もあれば、金利の幅が設定され、審査に通るまで金利がいくらになるかわからない銀行もあります。

いずれにしても、ある程度の目安にはなりますので、必ず事前に確認しておきましょう。

10万円借りる際の金利比較

まずは、10万円を借りたい場合の金利を比較してみましょう。

10万円は最低利用限度額になるため、通常、設定される金利は一番高い金利が適用されます。そのため、ここでは各カードローンの上限金利を記載しています。

カードローン名 上限金利
りそなプレミアムカードローン ※1 年13.5%
イオン銀行カードローン 年13.8%
みずほ銀行カードローン ※2 年14.0%
三井住友銀行カードローン 年14.5%
楽天銀行スーパーローン 年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年14.6%
横浜銀行カードローン 年14.6%
住信SBIネット銀行カードローン ※3 ※4 ・スタンダードコース

年14.79%

・プレミアムコース

年7.99%

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」※5 年17.5%
オリックス銀行カードローン 年17.8%

※1 住宅ローンや給与振り込みを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※2 みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※3 「スタンダードコース」と「プレミアムコース」は自分で選択することはできません
※4 ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行の口座を引き落とし口座に設定している、SBI証券口座保有登録済みである、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があるなどの条件を満たせば最大で年0.6%の引き下げとなります※5 通常金利の他にauユーザーなら金利が最大年0.5%引き下げとなるプランがあります

10万円を借りる際、一番低い金利で借りられるのは住信SBIネット銀行「プレミアムコース」の7.99%ですが、「スタンダードコース」の場合の適用金利は14.79%です。

住信SBIネット銀行カードローンの「プレミアムコース」か「スタンダードコース」かは、自分で選択できないため、10万円借りる場合はりそな銀行の13.5%を一番低い金利と考えていいでしょう。

一方で、一番高い金利はオリックス銀行の17.8%です。

金利が4%以上も異なると、利息額負担もかなり違ってきますよね。少額融資を受けるなら、りそなプレミアムカードローンやイオン銀行カードローン、審査に自信がある方は住信SBIネット銀行カードローンがよさそうです。

100万円借りる際の金利比較

次に、100万円を銀行カードローンで借りる際の金利を比較してみましょう。

各行のカードローンの金利設定では、100万円を境に金利が変更となる場合が多く、100万円以上もしくは100万円を超える場合と条件が混在しているため、100万円を挟む上下の限度額とその適用金利をまとめました。

カードローン名 対象貸付金額 金利
りそなプレミアムカードローン ※1 ※2 10万円~100万円

150万円

年13.5%

年10.0%

横浜銀行カードローン 100万円以下

100万円超200万円以下

年14.6%

年11.8%

住信SBIネット銀行カードローン ※3 ※4 10万円~100万円 ・スタンダードコース

年14.79%

・プレミアムコース

年7.99%

100万円超~200万円 ・スタンダードコース

年11.99%

・プレミアムコース

年6.39%~6.99%

みずほ銀行カードローン ※5 10万円以上100万円未満

100万円以上200万円未満

年14.0%

年12.0%

三井住友銀行カードローン 100万円以下

100万円超200万円以下

年12.0%~14.5%

年10.0%~12.0%

イオン銀行カードローン 10万円~90万円

100万円~190万円

年11.8%~13.8%

年8.8%~13.8%

楽天銀行スーパーローン 10万円以上100万円未満

100万円以上200万円未満

年14.5%

年9.6%~14.5%

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10万円以上100万円以下

100万円超200万円以下

年13.6%~14.6%

年10.6%~13.6%

オリックス銀行カードローン 100万円未満

100万円以上150万円以下

年12.0%~17.8%

年6.0%~14.8%

auじぶん銀行カードローン「

じぶんローン」 ※6 ※7

年2.2%~17.5%

※1 限度額ごとに13コースあり、それぞれに金利が設定されています。10万円型~100万円型は等しく13.5%、150万円型~200万円型は年10.0%です
※2 住宅ローンや給与振り込みを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります。※3 「スタンダードコース」と「プレミアムコース」は自分で選択することはできません
※4 ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行の口座を引き落とし口座に設定している、SBI証券口座保有登録済みである、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があるなどの条件を満たせば最大で年0.6%の引き下げとなります
※5 みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※6 金利は審査によって年2.2%~17.5%の範囲内で個別に案内されます
※7 通常金利の他にauユーザーなら金利が最大年0.5%引き下げとなるプランがあります

上の表で見ると、金利に幅があるなど、申し込みをしてみないと金利がいくらになるかわからないカードローンが多いようです。

そんな中、りそなプレミアムカードローンや横浜銀行カードローン、みずほ銀行カードローンは利用限度額ごとに一律の金利となっています。こうしたわかりやすい金利設定なら、返済計画を立てるのにも役立ちますね。

200万円に近い金額を借りたい人は、横浜銀行や住信SBIネット銀行の「スタンダードコース」でも金利が年12.0%以下となるため比較的低金利であると言えるでしょう。三井住友銀行も、利用限度額が100万円超200万円以下の場合の上限金利が年12.0%であるので、それよりも低い金利が適用される可能性があります。

500万円借りる際の金利比較

最後に、500万円を借りる際の金利を比較してみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は借り入れ上限金額が500万円までとなりますので、500万円よりも大きな融資を受けたい場合は、他行のカードローンを検討してください。

銀行名・カードローン名 対象貸付金額 金利
住信SBIネット銀行カードローン ※1 ※2 300万円超~500万円

500万円超~700万円

・プレミアムコース

年4.99%

・プレミアムコース

年3.99%

横浜銀行カードローン 400万円超500万円以下

500万円超600万円以下

年4.8%

年4.5%

りそなプレミアムカードローン ※3 ※4 500万円型

600万円型

年4.9%

年4.5%

みずほ銀行カードローン ※5 400万円以上500万円未満

500万円以上600万円未満

年6.0%

年5.0%

三井住友銀行カードローン 400万円超500万円以下

500万円超600万円以下

年6.0%~7.0%

年5.0%~6.0%

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ※6 400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%
イオン銀行カードローン 400万円~490万円

500万円~590万円

年3.8%~8.8%

年3.8%~7.8%

楽天銀行スーパーローン 350万円以上500万円未満

500万円以上600万円未満

年4.9%~8.9%

年4.5%~7.8%

オリックス銀行カードローン 400万円超500万円以下

500万円超600万円以下

年4.5%~8.8%

年3.5%~5.8%

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 ※7 ※8 年2.2%~17.5%

※1 「スタンダードコース」は限度額300万円までとなります
※2 ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行の口座を引き落とし口座に設定している、SBI証券口座保有登録済みである、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があるなどの条件を満たせば最大で年0.6%の引き下げとなります
※3 限度額ごとに13コースありそれぞれに金利が設定されています
※4 住宅ローンや給与振り込みを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※5 みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は金利が年0.5%引き下げとなります
※6 三菱UFJ銀行「バンクイック」は借り入れ上限金額500万円までとなります
※7 金利は審査によって年2.2%~17.5%の範囲内で個別に案内されます
※8 通常金利の他にauユーザーなら金利が最大年0.5%引き下げとなるプランがあります

住信SBIネット銀行の「スタンダードコース」は、借り入れ上限金額が300万円までとなっています。そのため、500万円以上の限度額が認められた場合は「プレミアムコース」となり、低い金利で融資を受けられます。

また、500万円~600万円の借り入れを希望する場合、横浜銀行、りそな銀行も年4.5%の低金利となっています。

金利別の利息額比較

ここからは、金利の違いによって返済時に必要な「利息」の負担がどう変わっていくのか、例をあげて確認していきます。

まずは、借入期間が同じで、金利が異なる場合の利息額負担について見ていきましょう。

実質年率14.5%の銀行カードローンと13.8%の銀行カードローン、さらに年率18.0%の消費者金融カードローンを利用したと仮定して、利息額を比べてみました。

利息の計算方法はこちらの計算式を利用します。

「借入金額×実質年率÷365×借り入れ日数=利息額」

【異なる金利で借りた場合の利息額の比較】

借入金額と期間 13.8%の利息額 14.5%の利息額 18.0%の利息額
20万円を30日間 2,268円 2,384円 2,959円
50万円を30日間 5,671円 5,959円 7,397円
100万円を30日間 11,342円 11,918円 14,795円

※ 1円未満四捨五入

金利の違いはわずかであっても、利息額の負担はかなり異なることがわかります。特に年利18.0%の消費者金融で借り入れた場合と比較すると、これだけの差が出てきます。

次に、50万円を銀行から14.5%の利息で借り入れたときに、30日間借りた際の利息額と60日、90日、120日借りた場合の利息負担額を比較してみましょう。

【借入期間が長くなる場合の利息額負担の比較】

借入期間と金額 14.5%で借りた場合の利息額 支払合計金額
50万円を30日間 5,959円 505,959円
50万円を60日間 11,918円 511,918円
50万円を90日間 17,877円 517,877円
50万円を120日間 23,836円 523,836円

※ 1円未満四捨五入

このように、借入期間が長くなればなるほど、支払う利息は増えます。

ちなみに、借入期間が長いということは、毎月の返済額は低く抑えられるということです。

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーションを参考に、1回の返済額の違いによる利息額負担の差を比較してみましょう。

【50万円を金利14.5%で借りた際の返済額と返済期間の比較】

毎月の返済額 返済期間 支払合計金額
8,000円 122カ月(10年2カ月) 962,411円
10,000円 80カ月(6年8カ月) 786,966円
15,000円 46カ月(3年10カ月) 653,924円
20,000円 32カ月(2年8カ月) 607,603円
50,000円 13カ月(1年1カ月) 543,047円

参考:みずほ銀行カードローン 返済回数シミュレーション

毎月の支払額を抑えて少ない金額で返済をしていこうとすると、返済期間が長くなり利息額が増えてしまうことがわかりますね。

毎月の返済額が大切

上記で計算したように、毎月の最低返済額が低いと借入期間が長くなり、その結果、利息負担が増えてしまうということがわかりました。

銀行によって毎月の最低返済額は決まっており、その最低返済額を返し続けていれば特に問題はありません。ですが、お金に余裕があるときにはこまめに繰り上げ返済するなどし、なるべく早めに完済を目指しましょう。完済を早めることで利息の負担が減り、総支払額も減らすことができます。

銀行カードローン選びでチェックしておくべきポイント

銀行のカードローンを選ぶ際には、金利以外にも気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

自分で調べる際のチェック項目としてはこの4つを注意してみてください。

借り入れ希望額の金利相場

まずは、自分が借りたい金額の相場を確認することです。

例えば10万円借りたいのか、それとも100万円必要なのか。

少額融資が得意な銀行と、高額融資が得意な銀行とがあるので、借りたい金額によって、どの銀行カードローンを選べばいいかも変わってきます。

また、借りられる上限金額も銀行によって異なりますので、最初に確認しておきましょう。

上限金利で比較する

銀行だけに限らず、消費者金融カードローンでも金利は「◯%~◯%」という書き方をしています。

初めてカードローンを利用する人は、信用力が低いこともあって高い金利を設定されることが多いです。また、少ない金額を借り入れる場合も、高い金利(上限金利)になります。

個人の信用力の違いによって金利は変わりますが、金利を確認する場合は、まずは上限金利で比較をするようにしましょう。

低金利にこだわってカードローンを借りたいなら、こちらの記事もご覧ください。

>>低金利カードローン7選! 銀行と消費者金融の違いを比較

返済方法

返済方法は、基本的には銀行引き落としで、カードローンを借りた銀行に口座を作ってその口座から返済します。

しかし、毎月の返済以外で「繰り上げ返済」ができる場合は、積極的に支払っておくと利息負担が軽くなります。

ATMなどを使って繰り上げ返済する際の手数料負担についても、あらかじめ確認をしておくといいでしょう。

審査完了までの期間

もし今すぐお金を借りたいと考えている人は、銀行カードローンでは即日融資はできませんので注意してください。

銀行各行では、貸し付けを行う際に反社会的勢力への貸し付けではないことを確認するため、警察庁のデータベースに情報照会することが必要になっています。

警察庁のデータベースを照会した結果の回答を得られるのが最短で翌営業日になるため、申し込み当日に審査結果が出ないのです。

どうしても今すぐ融資を受けたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

>>今すぐお金を借りたい! 即日融資可能なキャッシング業者5選

銀行カードローンの金利を比較するなら上限金利をチェックしよう

カードローンの最低金利は、ほとんどが銀行の貸し付け上限金額を借りた場合の金利です。

なるべく低金利な銀行カードローンを借りたいと考えている人は、自分の借り入れ希望額に対する金利をチェックするようにしてください。

金利が決まる条件には、借り入れ希望額の他に本人の信用力・返済能力があります。

初めてカードローンを利用しようと考えている人は、上限金額に対する金利が設定されると考えて比較検討するといいでしょう。そのうえで、計画的に利用できるような返済計画を立ててみてください。

本記事を参考に、ご自身にとって一番いい条件の銀行カードローンを見つけてください。

【この記事で紹介した銀行カードローン】

三井住友銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
みずほ銀行カードローン
りそなプレミアムカードローン
横浜銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
オリックス銀行カードローン
イオン銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン

(監修:榊原政裕、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード