追加返済も可能! SMBCモビットの返済方法と期日、返済額について

SMBCモビットでの借り入れを検討しているなら、事前に返済方法や返済額について確認をしておきましょう。
さらに、返済遅延することなく計画的にカードローンを利用するためにも、事前にしっかりと返済シミュレーションを行うことをおすすめします。今回は、SMBCモビットの返済方法や返済期日、返済額について解説をしていきます。追加返済の方法や、返済に遅れてしまう場合のリスクなどについても説明していきますので、借り入れ前に目を通しておいてください。

SMBCモビットの公式HPへ

SMBCモビットの返済方法は約定返済と追加返済(一括返済も含む)

SMBCモビットの返済は、以下の2つの方法で可能です。

・約定返済
・追加返済(一括返済も含む)

約定返済

約定返済(やくじょうへんさい)とは、契約した「毎月の返済日」と「返済額」通りに返済するというもので、カードローンの一般的な返済方法になります。

約定返済の返済日に支払いが確認できないと遅延となり、遅延損害金が発生するので注意してください。

SMBCモビットでは「借入後残高スライド元利定額返済方式」が採用されているため、借り入れをした後の残高が多ければ多いほど、毎月の返済額も多くなります。

追加返済(一括返済も含む)

追加返済とは、約定返済とは別に臨時で返済をする方法です。

約定返済に追加返済を加えることで、借金の返済スピードが上がり、借入期間が短くなるため、支払う利息が少なくなるといったメリットがあります。

追加返済はボーナスなどで臨時収入が入り、金銭的な余裕があるときに行う方が多いようです。

約定返済と追加返済をうまく併用することが完済への近道

SMBCモビットに限ったことではありませんが、カードローンの借り入れをして毎月返済していくだけでは、完済までの期間が長くかかってしまいます。

完済までの期間が長くなるということは、それだけ多くの利息を支払わなければならないということです。

少しでも返済総額を少なくしたいなら、約定返済に加えて積極的な追加返済を行っていきましょう。

・会社で臨時収入があったので、今月は少し金銭的にゆとりがある
・借入残高もあと少しなので、まとめて全額返済できそう

このようなときは、追加返済や一括返済をするチャンスです。

無駄遣いをせず、余裕があるときは追加返済をして早めの完済を目指しましょう。

SMBCモビットの約定返済の返済期日、返済額について

ここからは、SMBCモビットの約定返済について掘り下げて解説していきます。

約定返済の方法

約定返済の方法は、以下の3通りです。

・口座振替
・銀行振り込み
・提携ATM

ひとつずつ特徴を確認していきましょう。

口座振替

指定した預金口座から、約定返済日に自動引き落としされる方法です。三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはみずほ銀行、ゆうちょ銀行の預金口座が対象となります。

なお口座振替による返済時に、金融機関の通帳等に記載される名義は、「カ) SMBCM」となります。

銀行振り込み

利用している金融機関の口座から、SMBCモビット指定の預金口座に振り込みを行い、返済する方法です。

振込先の口座番号は、「Myモビ」にログインして「振込返済口座照会」メニューで確認できます。

インターネットバンキングを利用すれば、いつでもどこでも返済できますし、返済金額も最低返済金額以上であれば自由に金額を変えられますので利便性が高いです。

ただし、返済日の銀行営業時間内に振り込みが完了していないと遅延扱いになる可能性があるので気をつけてください。
また、基本的に振込手数料が発生します。

振込先が三井住友銀行となるので、三井住友銀行からの振り込みであれば手数料がかかりませんが、他行からの振り込みの場合は、利用している金融機関で設定されている振込手数料がかかります。

提携ATM

SMBCモビットには自社ATMがありませんが、提携ATMが全国に約14万台あり、これらを利用して返済をすることができます(2019年9月時点)。

SMBCモビットで返済に利用できるATMなどは以下の通りです。

大手金融機関ATM 三井住友銀行(ATM手数料無料)・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行
コンビニATM セブン銀行・ローソン銀行、E-net
地方銀行ATM 北洋銀行・常陽銀行・足利銀行・千葉銀行・横浜銀行・北陸銀行・西日本シティ銀行など
マルチメディアステーション Famiポート

また、ATMで返済する場合、利用明細と領収書が後日自宅に郵送されることがあります。

明細&領収書が後日郵送される提携ATM(一部)
ゆうちょ銀行・信用金庫(一部利用不可)・ステーションATM PatSat(パッとサッと)・北洋銀行・北海道銀行・常陽銀行・足利銀行・栃木銀行・千葉銀行・京葉銀行・横浜銀行・京都銀行など

参考:https://www.mobit.ne.jp/riyou/atm/index.html

自宅に郵送されたくない場合は、「Myモビ」を使って明細書などの受け取り方法の設定を「ネット受取」に変更するか、モビットフリーコール(0120-24-7217 営業時間9:00~21:00)に電話をかけて明細はオンラインで確認できる旨を伝えましょう。

三井住友銀行ATMを利用すれば手数料無料ですが、他のATMから返済する場合、110~220円(税抜き)の利用手数料がかかります。

毎月の返済期日が選択可能

SMBCモビットの約定返済日は、5日、15日、25日、末日から選べます。

また、約定返済日ごとに、借入日による初回の返済日が柔軟に設定されています。借り入れをした数日後が返済日ということがないよう、配慮されているので安心です。

<借入日と初回返済期日>

約定返済日 借入日 返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

参考:https://www.mobit.ne.jp/shohin/hensaibi/index.html

返済期日は給料日後に設定するのがベスト

返済期日は5日、15日、25日、末日から自由に選択することができますが、おすすめは給料日の直後。まずは借り入れの返済に充て、残ったお金でやりくりをするように習慣づけましょう。

ただし、給料日が25日で約定返済日も25日に設定している場合は要注意です。銀行振り込みでの返済の場合は、当日の銀行営業時間内に振り込みをしないと、銀行処理の関係で延滞のリスクが高くなってしまいます。

そのため、

・給料日が25日ならば末日
・給料日が末日ならば5日

といったように、少しゆとりをもたせた設定にすることをおすすめします。

返済は何時までに済ませるべきか?

約定返済日当日にSMBCモビットの指定口座へ他行から振り込みをする場合、金融機関の営業時間内に振り込みを完了させておかなければ遅延となってしまいます。

また、混雑したときなど、営業時間内に振り込んでも翌営業日の処理となってしまう場合もあります。約定返済日当日の振り込みは、できれば余裕をもって14時までに完了させておきましょう。

ただし、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の24時間即時振り込みサービスを利用すれば、平日18時以降や土日祝日、年末年始に振り込みをしても、翌営業日の午前中に「振込日の日付」にさかのぼって入金処理してくれるので、とても便利です。

なお、引き落としの場合、引き落とし時間は金融機関によって異なりますので、できるだけ前日までに入金をしておく方がいいでしょう。

返済日の確認・変更は「Myモビ」から可能

SMBCモビット会員ページ「Myモビ」から返済日の確認や変更が可能です。

返済日の確認は「契約内容照会」から、返済日の変更は「約定支払日変更」から行えます。

また、モビットのフリーコール(0120-24-7217 受付時間9:00~21:00)に電話をかけ、変更を依頼することも可能です。パソコンやスマホ操作が苦手な人はフリーコールに電話しましょう。

SMBCモビットの毎月の返済額について

SMBCモビットでは、「借入後残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。そのため、最終借り入れ後の残高に応じて返済金額が変わります。

あくまで最終借り入れ後の利用残高に応じた返済額となるため、返済をしていけば残高そのものは減っていきますが、残高が減ったおかげで返済額も減るということはありません。

返済額が変わるとすれば、追加で新たに借り入れを行ったときになります。

借入残高ごとの最低返済額表

100万円以下の借入残高の場合の、毎月の最低返済額を一覧表にしてみました。

最終借り入れ後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

※実質年率18.0%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.0%)の場合。
※100万円超過の場合、最終借り入れ後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります
出典:「毎月の返済方式(借入後残高スライド元利定額返済方式)」より
例えば、50万円を借り入れすると毎月の返済額は13,000円です。返済が進み借入残高が30万円になっても、毎月の返済額は13,000円のままとなります。

返済が進み、借入残高が30万円まで減った後、途中で10万円の追加借り入れをすると最終借入残高が40万円にリセットされるため、毎月の返済額は11,000円に変更されます。

返済シミュレーションで確認可能

実際にSMBCモビットで借り入れをする前に、返済シミュレーションをしておきましょう。毎月の返済額と返済月数を、それぞれ何回でも試算可能です。

SMBCモビットの返済シミュレーションはこちら

SMBCモビットの追加返済について

続いて、追加返済について解説していきます。

SMBCモビットでは、毎月決まった額を返済する約定返済とは別に、都合に合わせていつでも返済ができる追加返済が可能です。

金額の上限なく返済が可能ですが、いくら追加返済しても約定返済がなくなるわけではないので気をつけましょう。

毎月の約定返済額は最低限の金額であるため、積極的に追加返済を行うことが完済への近道です。

返済期間が短くなった分、支払う利息が減りますので、積極的に追加返済を行いましょう。

追加返済に特別な手続きは不要で、

・約定返済日以外に返済する
・約定返済日に多めに返済する

この2つの方法で行えます。

追加返済の方法

追加返済の方法は下記の通り。約定返済と同じ方法となります。

・銀行振り込み
・提携ATM

銀行振り込み

SMBCモビット指定の預金口座に振り込みをします。振込先はひとりひとり返済専用の口座が用意されており「Myモビ」の「振り込み返済口座照会」から確認できます。

振込手数料がかかりますが、三井住友銀行から振り込めば手数料はかかりません。

提携ATM

お近くの提携ATMから振り込むことで追加返済ができますが、三井住友銀行ATMでなければ手数料がかかってしまいます。

また、明細&領収書が後日郵送される提携ATMもあるので、利用するATMに注意をした方がいいでしょう。

追加返済や一括返済をする場合、まずは支払残高を確認しよう

追加返済や一括返済をする場合、あとどれくらい支払残高があるかを確認することで、完済までの道筋が見えやすくなります。

現時点の借入残高は、会員専用サービス「Myモビ」などで簡単に調べることが可能です。

支払残高が多い場合、返済シミュレーションを使って何カ月で完済するかを計算できますし、支払残高が少ない場合、一括返済を検討してみてもよいでしょう。

もちろん、無理のない範囲で行うことが大切です。

端数の返済に注意!

ほとんどの場合、最後の返済時には1,000円未満の端数が発生します。

口座引き落としであれば1円単位まで対応が可能ですが、ATMで返済をしている場合は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行のATMを除いて、硬貨対応をしておりません。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行のATMが近くになければ、最後の返済は銀行振り込みを利用するとよいでしょう。

SMBCモビットの毎月の返済に遅れる場合のリスクや対処法

最後に、SMBCモビットで毎月の返済に遅れるリスクや、その対処方法についてお伝えします。

返済に遅れてしまうと、さまざまなリスクが生じます。ですが、事前に対応や相談をすることで、SMBCモビットではある程度の猶予を設けてくれるので、しっかりと確認しておきましょう。

遅延損害金や信用情報が傷つくリスク

返済が遅れると、遅延損害金が発生します。遅延損害金の年利は20.0%です。

そして、返済日の翌営業には、催促の電話がまずは携帯電話に入ります。もし取れなかった場合は折り返すようにしましょう。

無視を続けると、自宅に督促状が送付されたり、職場に電話がかかってきたりすることもあるので、周囲にカードローンの利用や延滞を知られてしまいかねません。

うっかり延滞をしてしまった場合は、すぐに支払いを行いましょう。

延滞するなら事前に返済日を変更しておこう

どうしても返済が間に合わないけれど、数日以内に返済できることが分かっている場合は、「Myモビ」の「お支払い予定日登録」サービスを利用して返済日を変更するとよいでしょう。

電話なしで24時間いつでも、次回返済日を変更できます。

ただし、返済期日が過ぎてしまうと利用できません。また、先延ばしにした期間に対しては年20.0%の延滞損害金が発生します。

返済のめどが立たない場合は、すぐにモビットコールセンター(0120-24-721 受付時間9:00~21:00)に電話をして、状況を伝えましょう。

返済が遅れる理由や返済可能時期について聞かれますが、正直に伝えて相談することが大切です。

催促の電話を無視し続けると、個人情報に傷が付き今後の融資審査が難しくなってしまいます。

状況を悪化させないように、早めに相談をするようにしましょう。

まとめ

SMBCモビットは電話確認なしで審査を受けられる人気のカードローンです。

無理なく返済できるよう、毎月の約定返済額は低めに設定されています。ですが、約定返済額だけの返済では完済までの期間が長くなり、利息が高くついてしまいます。

総返済額を少なくするためには、追加返済(一括返済も含む)をうまく組み合わせることが大切です。

臨時収入が入った場合は積極的に追加返済を行い、早期完済を目指しましょう。

SMBCモビットの公式HPへ

(監修:榊原政裕、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード