横浜銀行カードローンの申し込みの流れや借り入れ方法を解説

横浜銀行カードローンは、地方銀行でありながらも大手銀行さながらの低金利・利用限度額の高さで人気のカードローンです。

地方銀行なので在住・在勤エリアによって申し込める人は限られますが、対象エリアに住んでいるか勤めているかすれば、大手の有名カードローンよりも好条件で利用できる可能性があります。

この記事では、横浜銀行カードローンについて、申し込みから審査、借り入れ、返済までの流れを順番に解説していきます。

申し込む前に、チェックしておきましょう。

横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの利用条件について

まずは、利用条件を確認してみましょう。
横浜銀行カードローンを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・契約時年齢が満20歳以上69歳以下
・安定した収入がある方、またはその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生は不可。年収には年金を含む)
・対象の地域(※)に在住・在勤している
・保証会社 (SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる人

※対象地域……神奈川県全地域、東京都全地域、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

もちろん、これらを全て満たしているからといって、必ず審査を通過できるというわけではありません。

審査を通過するにはいくつかポイントがあり、審査で落ちてしまう人には共通点もあるようです。

利用条件の詳細や審査を通過するためのポイントについては、こちらの記事を参考にしてください。

>>横浜銀行カードローンの審査は厳しい! 落ちないためのポイントを解説

横浜銀行カードローンは在住・在勤エリアが決まっているので注意

横浜銀行は地方銀行ですので、カードローンの申し込みは、下記のエリアに在勤または在住している人に限られます。

・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県前橋市・高崎市・桐生市

これらの地域に在住・在勤している人のみ、カードローンの申し込みが可能です。

専業主婦でも申し込み可能

カードローン・キャッシングは基本的には申込者本人に「安定した収入」がある場合に申し込みができますが、横浜銀行カードローンは専業主婦でも申し込みが可能です。

配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込みができるのです。しかも配偶者の勤務先への在籍確認や同意書の提出等も不要です。

ただし、借り入れ希望額によっては配偶者の収入証明書を求められる場合もありますので、気をつけましょう。

横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの審査の申し込み方法と流れについて

横浜銀行カードローンの申し込み条件をクリアしたら、必要書類を用意して申し込みを行いましょう。申し込みから借り入れまでの流れは、以下のようになっています。

①申し込み
②必要書類の提出
③審査
④審査結果の電話連絡
⑤契約手続き
⑥借り入れ

①横浜銀行カードローンの申し込みをする

まずは申し込みです。

横浜銀行カードローンは、以下の方法で申し込みができます。

・Web
・電話
・郵送・FAX

スピーディーに申し込みをしたいのであれば、公式HPからのWeb申し込みがおすすめです。

横浜銀行の普通預金口座を持っていれば、申し込みから契約まで手続きがWeb上で完結する「WEB完結契約」も利用できます。申込時に横浜バンクカードまたはキャッシュカードを用意しておき、Webページ上で本人確認を行ったうえで申し込みを進めましょう。

横浜銀行の口座がない人は先に口座を作っておく

横浜銀行の普通預金口座がない場合は、横浜銀行カードローンの申し込み前に口座を作っておく必要があります。

口座開設は、横浜銀行の口座開設専用アプリからでも可能です。ただし、本人確認書類として利用できるのは運転免許証のみなので注意が必要です。
少しでもスピーディーに借り入れしたいのであれば、銀行の店頭窓口で口座を作りましょう。

混雑状況にもよりますが、基本的には当日中に口座を開設することができます。

口座の開設に必要なものは

・印鑑
・本人確認書類
・口座を開設するための資金
※Web口座(無通帳口座)を選択する場合、開設資金は不要

上記3点です。

②必要書類の提出

申し込み後、SMS(ショートメッセージサービス)で書類提出に関する案内が届きます。

指定された書類をWeb上・郵送・FAXいずれかの方法で提出しましょう。
Webアップロードする方法が一番スピーディーで簡単です。

本人確認書類は下記の中から、有効期限内もしくは現在有効で、かつ氏名・住所・生年月日が記載されている書類を用意しましょう。
※複数の本人確認書類の提出が求められる場合があります

借り入れ希望額が50万円を超える場合は、収入証明書も必要になります。

【本人確認書類】
・運転免許証(表・裏の両面)
・健康保険証(カード型の場合は表・裏の両面)+住民票または公共料金等の領収書の写し(現住所の記載があるもの)
・パスポート(顔写真および住所記載のページ)
・マイナンバーカード(表面のみ。裏面は提出しないでください)
・在留カード(永住権の記載があるもの)、特別永住者証明書(特別永住者の場合)
【収入証明書】
・源泉徴収票
・納税証明書(税務署の発行印があるもの)
・確定申告書(税務署の受付印があるもの)
・住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

③審査

書類を提出したら審査が行われます。

この時に、申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するための在籍確認が行われます。

勤務先にカードローンの件で電話がかかってくるのを不安に思う人もいるかもしれませんが、担当者の個人名で電話をしてくれるので安心です。

横浜銀行カードローンの審査については、こちらでも詳しく解説しています。

>>横浜銀行カードローンの審査は厳しい! 落ちないためのポイントを解説

④審査結果の電話連絡がくる

審査結果は、申し込み時に指定した電話番号に電話で伝えられます。
審査結果は、最短で申込日の翌日に回答がきます。

⑤契約手続き

「WEB完結契約」であればWeb上で手続きが完了です。
郵送かFAXでも契約書類を提出することはできますが、少し時間がかかります。

契約完了後、横浜銀行カードローンのカードが簡易書留郵便で自宅に郵送されますので、到着次第カードローンを利用できます。

カード到着までは1週間ほどかかります。

⑥借り入れ

ローンカードが届いたら、横浜銀行ATM、全国の提携金融機関ATM、コンビニ等に設置のセブン銀行、イーネット、ならびにローソン銀行の各ATM、イオン銀行ATMなどで借り入れが可能です。

また、横浜銀行のインターネットバンキング「〈はまぎん〉マイダイレクト」にカードローン口座の登録を行えば、インターネットでの借り入れや返済が可能になります。

横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの返済方法は?

横浜銀行カードローンの返済方法は、以下の2種類です。

・定例返済(毎月の自動引き落とし)
・追加返済

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

毎月の定例返済は毎月10日

横浜銀行カードローンの定例返済は、毎月10日に、指定した横浜銀行の普通口座から自動引き落としで行われます。

10日以前に自分の口座に返済額を入金しておけば、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に自動的に引き落としが完了します。

もしも10日当日に残高不足に気づいた場合でも、当日中であれば入金が確認でき次第、順次引き落としをしてもらえます。残高不足に気づいた時点で、すぐに入金しましょう。

返済額はどのようにして決まるのか

毎月のカードローンの返済額は、前月10日の定例返済後の借入残高によって決められます。

借入残高は、インターネットバンキングやATM、「横浜銀行残高照会アプリ」での確認が可能です。

追加返済もできる

横浜銀行カードローンでは、随時追加返済も可能です。

追加返済は、ATMかインターネットバンキングである「〈はまぎん〉マイダイレクト」の2種類の方法で行えます。

注意すべき点は、追加返済とは別に、いつも通りの定例返済は行われるということです。

その月の返済が免除になるわけではないので、注意してください。

返済についての詳細は、こちらの記事で解説しています。

>>横浜銀行カードローンの返済方法|返済日と遅れた場合の対応について

カードローンの返済に遅れるとどうなる?

カードローンの返済日にきちんと返済できなかった場合、遅延損害金が加算されることは現在ありませんが、元金が減らないことで利息が余計に追加されてしまいます。

さらに、信用情報機関に「支払い遅延」の履歴が残ってしまいます。

延滞情報は最長5年間掲載されてしまい、その間はクレジットカードやローンの審査に不利に働きます。返済日は必ず守るように心掛けましょう。

横浜銀行カードローンのメリット・デメリット

最後に、横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンのメリット

メリットは、大きく分けて以下の4点です。

最高借入限度額が大きい

横浜銀行は地方銀行ですが、最高借入限度額が1,000万円。

メガバンクである三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の最高借入限度額が500万円、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンの最高借入限度額が800万円であることを考えると、かなり高額の設定です。

もちろん、全ての人が1,000万円の限度額を設定してもらえるわけではありませんが、年収が高く高額の融資枠を求めている人にとっては、とても魅力的なカードローンなのではないでしょうか。

専業主婦でも申し込める

横浜銀行カードローンでは、専業主婦でも申し込みが可能です。

消費者金融系カードローンは「年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する」総量規制の対象であるため、年収0円の専業主婦に対しては融資できません。

しかし、横浜銀行カードローンは銀行なので、総量規制の対象外。銀行の中には専業主婦への貸し付けを制限しているところもありますが、横浜銀行は専業主婦に対しても利用を認めています。

ただし、配偶者に安定した収入があることが条件です。

大手銀行の中で下限金利が低い

横浜銀行カードローンの下限金利は、メガバンクのカードローンよりも低く設定されています。

これは、限度額の大きさとも関係性が高いですね。

横浜銀行カードローン 年1.5%~14.6%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% ※基準金利
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%

資金使途が自由

カードローンの中には使い道が決められているものもありますが、横浜銀行カードローンの場合は資金使途が自由です。

生活費の足しはもちろん、旅行やレジャー、自分磨きやエステなどでも自由に使えます。

ただし、事業資金には利用できないので注意してください。

横浜銀行カードローンのデメリット

デメリットに関しては、以下の2点を覚えておきましょう。

在住・在勤エリアに制限がある

横浜銀行は地方銀行であるため、「地域」という利用制限があります。

・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の前橋市・高崎市・桐生市

上記の地域に在住・在勤の人以外は、残念ながら申し込みができません。

ローン専用カードが届くのに約1週間かかる

横浜銀行カードローンの審査は、結果が出るまでは最短翌日とスピーディーですが、お金を引き出すローンカードの到着には1週間ほどかかります。

もしも借り入れを急ぎたい場合は、インターネットバンキングを利用した振り込み融資を利用しましょう。

まとめ

横浜銀行カードローンの審査は決して甘くはありませんが、大手銀行の中でもトップレベルの低金利・借入限度額の高さで、かつ審査がスピーディーなど、魅力も多いです。

申し込みを行う際は、今回の記事を参考に、事前に返済計画をしっかり立てておきましょう。

横浜銀行カードローンを申し込む

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード