横浜銀行カードローンの審査は厳しい! 落ちないためのポイントを解説

横浜銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低く、限度額が高いため、人気があります。

ただし、金利が低い分、他の銀行カードローン同様に、消費者金融のカードローンに比べて審査が厳しいという印象があります。

今回は、申し込み前に知っておきたい審査の流れや在籍確認などのポイントについて、詳しく解説していきます。

横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの審査は厳しい! 申し込みの条件とは?

冒頭でも触れたように、横浜銀行カードローンの審査は甘くありません。

横浜銀行カードローンに限った話ではなく、審査が甘いカードローンは存在しません。

ただし、きちんと条件を満たせば審査に通ります。そのためにも、どんな申し込み条件があり、審査に通るためにはどんな点に気を付ければよいのかをしっかりと確認しておきましょう。

まずは、どのような利用条件を満たす必要があるのかを、最初に確認しておきましょう。

【横浜銀行カードローンの利用条件】
・年齢が満20歳以上69歳以下
・安定した収入がある方、またはその配偶者
(パート、アルバイトの方も可。学生は不可。収入には年金を含みます)
・対象の地域(※)に在住・在勤している
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる方

※対象地域……神奈川県全地域、東京都全地域、群馬県前橋市・高崎市・桐生市

年齢が満20歳以上69歳以下

横浜銀行カードローンの申し込みには年齢制限があり、満20歳以上69歳以下と定められています。

年齢は、申込時に提出する本人確認でチェックされますので正しく申告しましょう。

また、申し込みは本人に限ります。

安定した収入がある方、またはその配偶者

横浜銀行カードローンでは「安定した収入がある方、またはその配偶者」と利用条件に記載されています。

横浜銀行では厳密に「年収何万円以上」というような条件を公表していません。しかし、一般的に「安定した収入」というのは、毎月決まった収入があり、毎月の収入金額に大きなばらつきがない状態のことだと考えられています。

例えば、先月の収入は50万円で今月は10万円、よって2カ月合計の収入が60万円というような場合は、「安定した収入」とは言えません。

アルバイトやパートは借りられるのか

「審査が厳しい銀行カードローンでは、アルバイトやパートの人は借り入れできないのでは?」と考える人がいるかもしれませんが、安定した収入と返済能力があれば、横浜銀行カードローンを利用可能です。

契約社員・派遣社員・パート・アルバイトでも、利用は可能です。

専業主婦でも申し込み可能

横浜銀行カードローンの場合、本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、利用条件を満たします。そのため、専業主婦でも申し込みが可能です。

また、配偶者の同意書の提出は不要なうえ、配偶者の勤務先への電話確認も原則的に行われませんので、主婦にも使い勝手のいいカードローンです。

※契約内容によっては、本人や配偶者に電話確認が行われる場合があります

もちろん、収入以外の他の条件を満たしている必要はあります。

対象の地域に在住・在勤している

横浜銀行は地方銀行ですので、カードローン利用者を地域で制限しています。

対象となるのは、下記の地域です。

・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の前橋市・高崎市・桐生市

この地域に在住・在勤している人のみ、カードローンの申し込みが可能です。

保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる

横浜銀行に限らず、銀行から融資を受ける際には、保証会社の保証を受けることが必須です。

申込者の保証人になってくれる会社のことを保証会社と言い、もしも返済不能になった時は、代わりに返済を立て替えてくれます。

返済金を立て替えるということは保証会社の損失につながりますから、保証会社は申込者に返済能力があるかをきちんと見極めようとします。

横浜銀行カードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査と保証業務を受託しています。

横浜銀行カードローンの審査の流れを確認

横浜銀行の申し込み条件に当てはまっていることが確認できたら、申し込みを行いましょう。

カードローンの申し込みは、公式HPから可能です。

申し込み後、以下の流れで審査が行われます。

①申し込み内容に基づく仮審査
②必要書類の提出
③在籍確認を含む本審査

①申し込み内容に基づく仮審査

横浜銀行カードローンの審査は仮審査を通過した人が、書類提出や在籍確認などの本審査に進めます。

仮審査では、申込時に入力した情報をスコアリング(点数化)して審査されます。

入力内容に問題がなく、仮審査を通過した人はSMS(ショートメッセージサービス)で書類提出に関する案内を受け取ります。

②必要書類の提出

指定された必要書類を提出します。

本人確認書類は下記の中から、有効期限内もしくは現在有効で、かつ氏名・住所・生年月日が記載されている書類を用意しましょう。

※複数の本人確認書類の提出が求められる場合があります

【本人確認書類】
・運転免許証(表・裏の両面)
・健康保険証(カード型の場合は表・裏の両面)+住民票または公共料金等の領収書の写し(現住所の記載があるもの)
・パスポート(顔写真および住所記載のページ)
・マイナンバーカード(表面のみ。裏面は提出しないでください)
・在留カード(永住権の記載があるもの)、特別永住者証明書(特別永住者の場合)

また、希望する借入限度額が50万円を超える場合は、現在の収入が確認できる次のいずれかの書類を用意しましょう。

【収入証明書】
・源泉徴収票
・納税証明書(税務署の発行印があるもの)
・確定申告書(税務署の受付印があるもの)
・住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

書類の提出方法

書類の提出はアップロード・郵送・FAXいずれかの方法で提出します。
アップロードする方法が一番スピーディーで簡単です。

③在籍確認を含む本審査

本審査では、提出した書類に基づく審査のほか、電話による在籍確認も行われます。

在籍確認とは、申込者が実際に申告した職場で働いているのかを確認するもの。

返済能力を判断する大切な確認作業のため、正社員だけでなく、派遣社員やパート・アルバイトなど雇用形態にかかわらず必ず実施されます。

在籍確認でカードローンを利用するのがばれる可能性はあるのか

電話による在籍確認の際に一番気になるのは、「職場にカードローンのことがばれてしまうのではないか?」ということではないでしょうか。

その点に関しては、在籍確認をするスタッフは電話のプロであるため、心配はいりません。

銀行やカードローンという単語は出さずに個人名で電話するだけなので、カードローンの在籍確認と周りに気づかれる可能性は低いです。

電話に出た同僚に不審がられてしまうかも……と不安な場合は、「クレジットカードを作成したのでその確認電話です」と伝えておくといいでしょう。

在籍確認の流れについて

在籍確認の電話は、申込時に申告した勤務先に実際に在籍しているかを確認するだけのものです。

横浜銀行カードローンの在籍確認の電話内容は下記のようにとても簡単に終わります。

【申込者本人が在籍確認の電話に対応した場合】

審査担当者「△△(個人名)と申しますが、〇〇(申込者)さんは本日いらっしゃいますか?」

申込者本人「はい、私が〇〇です」

審査担当者「ご本人様ですね。私、横浜銀行カードローンの△△です。この度は申し込みいただきありがとうございます。これで在籍確認を終了させていただきます。失礼いたします」

申込者本人「はい。失礼いたします」

本人が出た場合は、これで在籍確認が終了します。

周りに同僚がいたとしても、ほぼ相づちを打っているだけなので、横浜銀行カードローンの在籍確認だと気づかれることはほとんどありません。

【申込者本人が不在で同僚が対応した場合】

審査担当者「△△(個人名)と申しますが、〇〇(申込者)さんは本日いらっしゃいますか?」

同僚「〇〇はただいま席を外しております。よろしければご用件をお伺いいたしましょうか?」

担当者「分かりました。ではまたこちらから連絡いたしますので大丈夫です。失礼いたします」

本人不在の場合でも、たったこれだけで在籍確認は終了します。

ただし、「○○はおりません」「すでに退職しました」「休職中です」などと答えられてしまうと、審査に落ちる可能性が高くなります。

審査の結果が出るまでは最短翌日

横浜銀行カードローンの審査結果の連絡は、最短で翌日ととてもスピーディーです。

返済用の普通預金口座への振り込みであれば、契約日当日に利用することも可能です。

ローンカードからの利用を希望する場合は、自宅に「横浜銀行カードローン」カードが到着次第利用可能です。

横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの審査に落ちる人の共通点

万が一、審査に落ちてしまったとしても、審査落ちした理由は教えてもらえません。

しかし、審査落ちしてしまう人にはいくつかの共通点があります。審査を通過する確率を上げるためにも、事前に確認しておきましょう。

在籍確認ができなかった

申込時に申告した勤務先に実際に在籍しているにもかかわらず、うまく電話の取り次ぎができなかったり、誰も電話を取ってくれなかったりした場合など、在籍確認ができないことがあるかもしれません。その場合、審査に落ちてしまう可能性があります。

在籍確認は返済能力の有無を判断するためにとても重要な審査ですので、在籍確認が不安な人は、次のことに気を付けましょう。

・電話番号は、自分が在籍していることがわかってもらえる部署の電話番号を記入する
・自分自身が電話に出られる時間帯を事前に審査担当者に伝えておく
・電話番号を記入した部署の同僚に、在籍確認の電話がかかってくる旨をあらかじめ伝えておく

これらの対応が難しい場合は、横浜銀行カードローンの担当者に相談してみましょう。

申込時に虚偽の申告をしている

審査に通りたいと思うあまりに、中には虚偽の年収や勤務先などを記載してしまう人がいますが、これは論外です。

審査段階で嘘はばれてしまいますし、場合によっては詐欺罪に問われてしまう危険性もあります。絶対にやめましょう。

また、虚偽ではなくうっかりミスというケースも多いです。ミスか虚偽かの見極めが難しい場合は、ミスであっても虚偽と取られかねませんので、申込時は慎重に内容を入力しましょう。

収入が少ない、または在籍期間が短い

カードローンの審査に通過するためには、返済能力があると認めてもらう必要があります。

毎月定期的な収入があったとしても、借入限度額に対して年収が低いと、審査に通らないかもしれません。収入に不安がある人は、まずは希望限度額を低くするようにしましょう。

また、収入が高くても就職してから間もなかったり、短期間での転職が繰り返されていたりすると、「安定性」に疑問を持たれてしまいます。こちらも、審査落ちの原因となりえます。

一般的に、勤続1年を経過していると審査に通りやすいと覚えておきましょう。勤続1年未満の人や、1年を過ぎていても短期間の転職を繰り返している人は、在籍期間が安定するまでは申し込みを待った方が確実性は上がります。

他社借入件数や金額が多い

現在、他社で複数のカードローンを利用している場合は要注意です。お金を借り過ぎていると思われ、審査に落ちてしまいます。

借入金額の総額がそこまで大金でなくとも、借入先が多いと「返済能力に不安がある」と思われてしまいます。

また、年収に対して借金が多すぎる場合も、審査落ちしてしまう可能性が高いです。

横浜銀行カードローンに申し込む前に、まずは現在借りているローンの返済を行い、1社でも多く完済してしまいましょう。

短期間で複数の金融機関に申し込みをしている

カードローン審査に通過する自信がないからと、短期間に複数の会社のカードローンに申し込んでいる人は要注意です。

短期間にたくさん申し込みをすることは、いわゆる「申し込みブラック」といいます。審査にマイナスとなります。「この人はよほどお金に困っているのではないか」と疑いの目を持たれてしまうのです。

信用情報に傷がある

横浜銀行カードローンだけでなく、どの金融機関もカードローンの審査時に信用情報機関での情報を確認します。

過去5年以内に金融関係のトラブルを起こしている場合、その金融事故の履歴は信用情報機関に登録されています。この状態は「信用情報に傷がある」と表現され、審査落ちの原因となるのです。

横浜銀行が加盟している個人信用情報機関は、この3つ。
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)

保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が加盟している信用情報機関は、この2つです。
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)

上記の情報機関には、以下のような金融事故の記録が最長5~10年間残ります。

・61日以上の長期延滞
・強制解約
・個人再生
・任意整理
・代位返済
・自己破産

これらの金融事故があると、まず審査には通らないと思ってください。

また、現在の自分の信用情報がどうなっているか不明な人は、各機関に信用情報の開示請求が可能です。

まとめ

今回は、横浜銀行カードローンの審査やその流れについて、詳しく説明をしてきました。

横浜銀行は地方銀行ですが、大手銀行と同様、審査が厳しめという印象があります。

しかし、条件をきちんと満たしていれば、審査を通過することは可能です。今回の記事を参考に、しっかりと条件を整えてから申し込みをしましょう。

自分の借りたい金額と返せる期間をよく検討し、無理のない借り入れをしましょう。

横浜銀行カードローンを申し込む

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード