収入証明書なしで借りられるカードローンとその条件を解説

カードローンを申し込むと、収入状況を確認するために「収入証明書」の提出を求められることがあります。

収入証明書が必要になるのは一定金額以上の融資を申し込む場合がほとんどですが、収入証明書の取得を面倒だと感じる人は少なくありません。

そこで今回は、カードローン利用時に収入証明書が必要になる条件や、収入証明書なしで借りたい人におすすめのカードローンなどをご紹介していきたいと思います。

収入証明書が必要な理由を確認


そもそも、カードローン利用時に収入証明書が必要になる理由は、以下の2点です。

・申込者の収入状況を確認するため
・法律で決められているため

「安定した収入」はカードローン各社の利用条件に含まれている項目ですが、本当に安定した収入による返済能力があるのか? という点を、収入証明書で確認しています。

同時に、「貸金業法」という法律により、貸付金額が一定額以上の場合は収入証明書の提出が義務づけられています。

・申し込み金額が50万円を超える
・他社の借り入れと新規申し込みの総額が100万円を超える

この金額を超える場合には、必ず収入証明書が必要です。

申し込み金額が50万円以下なら収入証明書不要

金融機関の中には金額にかかわらず収入証明書を必要とするところもありますが、ほとんどのカードローンは借りたい金額が50万円以内なら収入証明書は不要です。

他社の借り入れと新規申し込みの総額が100万円以下なら収入証明書不要

すでに他社で借り入れをしている場合、現在の他社借入額と今回の借り入れ希望額の合計が100万円以下に収まる場合も、収入証明書は不要です。

例えば、すでに80万円の借り入れをしている状態で、新たに10万円の借り入れを希望する場合、収入証明書は不要になる計算になります。

※金融機関の審査基準によっては、収入証明書が必要になる可能性もあります

銀行カードローンは貸金業法の適用外でも注意が必要

銀行カードローンには貸金業法が適用されないため、以前は50万円を超える金額でも収入証明書は必要ありませんでした。

しかし、最近は銀行も自主規制が厳しくなり、貸金業法と同じレベルのチェックをするようになり、融資額が50万円以下でも提出を求められる場合があります。

カードローン各社の「収入証明書なし」条件を確認

主な消費者金融カードローンと銀行カードローンの収入証明書の扱いをまとめると、以下のような内容となっています。

多くの消費者金融カードローン・銀行カードローンが、同機関内で50万円を超える借り入れを行おうとするばあい、収入証明書の提出を求める姿勢であることがわかります。

ただし、SMBCモビットやイオン銀行は、公式HP上で条件を明記していません。楽天銀行スーパーローン(カードローン)に関しては、金額にかかわらず収入証明書が必要となります。

したがって、もしも収入証明書なしで大手カードローンを利用したい場合は、50万円以下(他社の借り入れがある場合は合計で100万円以下)という金額を守ったうえで、以下の会社の商品に申し込むと良いでしょう。

〇消費者金融カードローン
・プロミス
・アコム
・アイフル
・レイクALSA

〇銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJ銀行「バンクイック」

専業主婦は収入証明書不要で借りられる

自分自身に安定した収入がない専業主婦は、消費者金融カードローンには申し込むことができません。

ただし、銀行カードローンの中には、収入がない専業主婦に対しても融資を行っているところもあります。

>>専業主婦でもお金を借りる方法はある? 借り方を紹介

本人の収入証明書は不要ですが、その分、借り入れできる金額も少額となります。

収入証明書なしでお金を借りる際の注意点

原則として、「1社から50万円以内の借り入れ」「他社の借り入れとの総額が100万円以下」であれば、収入証明書不用でカードローンが利用できる金融機関が多いです。

しかし、以下に該当する人は、収入証明書の提出を求められる場合があります。

他社からの借入額を過少申告している

カードローン会社は、審査時に申込者の信用情報を照会するため、借金の額に関して嘘の申告をしても、簡単に発覚してしまいます。

他社からの借入額を少なめに申告すると、収入証明書を求められるばかりでなく、本来なら通るはずだった審査にも落とされてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

申し込み内容を間違える

申し込み内容を間違えた場合も、確認のために収入証明書を求められるケースがあります。

急いでいる時ほど慎重に、確実に情報を記載してから申し込むようにしましょう。

信用力が低い

借り入れ希望金額が50万円以下の場合でも、収入証明書が求められるケースがあります。

例えば公務員などは収入が安定していると思われて信用力が高い傾向にありますが、収入が毎月の給与所得ではない場合などは、収入の安定性を確認するために確定申告書や納税通知書といった書類を求められるケースが多いようです。

契約後に収入証明書を求められるケースもある

申込時だけでなく、契約してから収入証明書の提出を求められるケースもあります。順に見ていきましょう。

転職をした場合

契約後に転職をして職場の住所や連絡先が変わった場合、再び収入証明書の提出を求められることになります。

その際、前職よりも年収が下がった場合は限度額も下がってしまうことがあるので、注意してください。

契約中に勤務先の変更があった場合は、後々のトラブルを防ぐためにも速やかに報告しましょう。

前回の提出から時間が経過した場合

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、レイクALSAでは、前回の収入証明書の提出から3年ほど経つと、新しい収入証明書を求められる傾向があるようです。

また、三井住友銀行にも「すでに契約のあるお客さまについても、契約金額に関わらず、書類の提出をお願いする場合」があると明記されています。

金融機関はそれぞれのタイミングで「途上与信」というチェックをしており、そこで情報が変わっていた場合は新たな収入証明書の提出が必要になります。

収入状況が悪くなってしまった場合や、新しい収入証明書が提出できなかった場合などは、限度額が下げられる可能性があることを覚えておきましょう。

まとめ

収入証明書なしで借りるなら、50万円以下(他社の借り入れがある場合は合計で100万円以下)という限度額を守り、そのうえで収入証明書が必要ない場合の条件を明記しているカードローン会社を選びましょう。

〇消費者金融カードローン
・プロミス
・アコム
・アイフル
・レイクALSA

〇銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJ銀行「バンクイック」

ただし、この記事で紹介したように、少額の借り入れであっても収入証明書の提出を求められるケースは存在しますので、柔軟に対応してください。

(監修:榊原政裕、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード