電話なしにできる? SMBCモビットから電話がくるケースについて

SMBCモビットを利用していると、SMBCモビットから電話がかかってくることがあります。

何の前提知識もないと、もしかしたらSMBCモビットからの電話を不安に感じてしまうかもしれませんね。

しかし、あらかじめどんなタイミングで電話がかかってくるかを知っておけば、必要以上に構えることなく電話対応ができるはずです。

今回は、SMBCモビットからの「電話」に焦点を当て、解説していきたいと思います。「電話連絡なし」の「WEB完結申込」についても触れていきますので、電話が苦手な人はぜひ参考にしてください。

SMBCモビットの公式HPへ

SMBCモビットから電話がかかってくるタイミング

大きく分けて、SMBCモビットから電話がかかってくるのは下記の4つのタイミングです。

・申し込み内容の確認
・勤務先への在籍確認の電話
・増額や金利の引き下げの案内電話
・返済が遅れてしまった場合の催促電話

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

申し込み内容の確認

SMBCモビットを利用した際、最初にかかってくるのがこの電話です。

SMBCモビットにはさまざまな申し込み方法がありますが、「WEB完結申込」と「電話」以外の申し込み方法を選択すると、内容確認と本人確認のために電話がかかってきます。

具体的には、「カード申込(通常のインターネット申し込み)」「自動契約機を利用した申し込み」「郵送での申し込み」を選択した場合です。

電話の内容は、申し込みの際に入力した項目の再確認や、他社での借り入れ状況、融資希望額など。

原則として携帯電話にかかってきますが、携帯電話を持ってない、不通が続くといった場合は、自宅に連絡が入ることもあります。

通常は電話確認がない「WEB完結申込」による申し込みを選択した場合も、申し込み内容に不備やミスがあると、その確認のため電話が入るのでご注意ください。

多くの場合は、申し込み手続きから間もなくかかってきますので、ある程度かかってくるタイミングを計ることができます。

電話での確認には30分程度かかることもあるようですので、あらかじめ準備をしておきましょう。

勤務先に在籍確認の電話

「申込者が申告した勤務先で本当に働いているか」を確認するために、勤務先にも電話がかかってきます。

電話の内容はシンプルで、SMBCモビット担当者の個人名で電話があり、申込者の在籍が確認できれば完了です。本人が電話に出られなくても問題はありません。

どんな用件の電話かとあやしまれる心配があるという人は、同僚に「申し込みしたクレジットカードの件で、電話が来るかもしれない」という旨を伝えておくといいでしょう。

ですが、会社に個人宛ての電話がかかってくること自体が珍しいという方もいるのではないでしょうか。

できれば勤務先への在籍確認電話は避けたい……という方は、後ほどご紹介するSMBCモビットの「WEB完結申込」での申し込みがおすすめです。

増額や金利引き下げの案内電話

SMBCモビットで返済と借り入れの実績が積み重なると、利用限度額の増額と金利の引き下げを案内する電話がかかってくることがあります。

こういった電話は「優良顧客」として認められないとかかってきませんので、プラスにとらえてOKです。

実際に利用限度額を増額するには増額審査に通過する必要がありますが、少なくとも返済実績などの履歴に関しては一定の条件を満たしていると判断してもいいのではないでしょうか。

なお、借入限度額が増加すると、金利が下がるというメリットがあります。

SMBCモビットでは具体的に「何万円以上なら年利〇%に下がる」と公開していませんが、例えば借入限度額が100万円以下で年利18.0%だったのが、増額して100万円以上になったら年利が下がるという仕組みです。金利が下がるということは利息が減る、つまり支払総額が減るということです。

ですが、金利が下がっても借入金額が増えてしまうと利息の額は増えてしまうので、増額案内が来た際は本当に必要かどうかをよく考えたうえで申し込むことをおすすめします。に。

返済が遅れてしまった場合の催促電話

返済期日に返済が間に合わないと、数日内に催促の電話がかかってきます。

この電話が、一番気が重い電話と言えますね。

かといって、折り返しをせず無視していると、携帯以外の固定電話などに電話がかかってくることになります。

また、電話に出ることを避けていると、元本・利息に加えて遅延損害金(年利20.0%)も支払わなければならなくなり、メリットは一切ありません。

そういった事態を防ぐためにも、早急に電話に出て、誠実に対応しましょう。

遅延した際に来る電話に関して、家族や職場に気づかれるというような不安を持っている方もいるようですが、電話は担当者の個人名でかかってくるので心配はいりません。

SMBCモビットの電話を「なし」にする方法

申込時に「WEB完結申込」を選択することで、申込時の本人確認電話と職場への在籍確認電話を「なし」にすることができます。

「WEB完結申込」は電話確認なしで申し込めるため、周囲に知られることなく融資を受けられるというメリットがあります。

「WEB完結申込」で申し込むための条件

電話連絡なし・郵送物なし・ローンカードなしの「WEB完結申込」は、以下の4つの条件を満たせば申し込み可能です。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座(本人名義)を持っている
・本人確認書類として運転免許証・パスポートのいずれかを持っている
・現在の収入を証明できる書類を持っている
・勤め先を証明する書類として、保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を持っている

「WEB完結申込」での申し込みに必要な書類

「WEB完結申込」で申し込む際に必要とされる書類は、以下の3点です。

・本人確認書類
・収入証明書類
・勤め先を証明できる書類

このうち、本人確認書類と収入証明書類は、他の申し込み方法を選んだ場合でも必要です。

勤め先を証明できる書類は、電話による在籍確認を行わない「WEB完結申込」のみで必要となりますので、以下の2つの写しを用意しておきましょう。

・健康保険証
・給与明細書(直近1カ月分)

申し込み内容に不備があると電話がかかってくることも

基本的にSMBCモビットからの電話連絡がない「WEB完結申込」ですが、申し込み内容不備があると確認のために電話がかかってきます。

申し込む際は、間違いがないように慎重に入力してください。

SMBCモビットに「WEB完結申込」で申し込む

「WEB完結申込」についての詳細は、こちらの記事で解説しています。

>>電話確認なし! SMBCモビットのWEB完結の条件や流れについて

案内電話と遅延の催促の電話をなしにするには

「WEB完結申込」を選択した場合でもかかってくるSMBCモビットからの電話を「なし」にするにはどうすればよいのでしょうか。

限度額増額などの案内電話に関しては「次回からこのような電話は不要です」と伝えることで、次回以降の電話が入ることはまずないでしょう。

遅延に関しては、万が一返済に遅れることがわかった時点でこちらから電話をかけ、いつなら払えるのかを伝えましょう。そうすることで、その返済予定日まで電話はかかってこないはずです。

まずは返済遅延が起こらないよう、期日通りしっかりと返済できるように気をつけましょう。

払えないからと連絡を入れず、かかってきた電話を無視し続けると、督促状が自宅に送られてきたり、自宅や職場に連絡が入ったりすることになってしまいます。

SMBCモビットから電話が来たら無視しないで折り返すべき?

前述した通り、電話がかかってくる要件はさまざまで、留守番電話にメッセージが残っている場合もあれば、SMSが届く場合もあります。

いずれの場合にしろ、契約期間中にSMBCモビットから電話があった場合は、無視しないで出たり、折り返したりした方がいいでしょう。

まとめ

SMBCモビットからの電話は、案内の場合もありますが、必要な要件があってかかってきます。無視をせず、電話に出るか折り返しの電話をしましょう。

SMBCモビットを電話なしで申し込みたい場合は、「WEB完結申込」を利用するといいですね。

そのうえで、遅延の催促電話がかかってこないように期日通りの返済を心がけ、かかってきた電話にはしっかりと対応するようにしましょう。

SMBCモビットに「WEB完結申込」で申し込む

(監修:たりたり社長、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード