スルガ銀行ダイレクトワンの審査を解説! 在籍確認やかかる時間など

「ダイレクトワン」に申し込みたいけど、審査に通過するかちょっと心配!」そんな不安を感じている人に向けて、スルガ銀行の「ダイレクトワン」の審査について解説していきたいと思います。どんな流れで、どれくらいの時間がかかり、審査内容はどんなものなのか。在籍確認や即日融資の条件についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

「ダイレクトワン」の公式HPへ

「ダイレクトワン」の審査は甘い? 厳しい? 審査通過の条件について

「ダイレクトワン」はスルガ銀行グループのカードローンですが、スルガ銀行が直接行っている銀行カードローンではなく、ダイレクトワン株式会社が運営する消費者金融のカードローンです。

したがって、銀行カードローンに比べて金利が高い分、比較的審査は通りやすいと言えるでしょう。

かといって、決して審査基準が緩いわけではありません。審査通過に必要な条件を満たしていない場合は、審査に落ちてしまいます。

消費者金融カードローンの審査を通過するためには、以下の要素が重要になってきます。

・安定した収入がある人
・信用情報に問題がない人
・他社借り入れが少ない人
・借入希望額が適切な人

それぞれ、順番に確認していきましょう。

安定した収入がある人

「ダイレクトワン」の公式HPには、「お申し込み対象者」として以下のような記載がされています。

・20歳から69歳までの、安定した収入のある方
※主婦・パート・学生・アルバイトの方でも安定した収入があればお申し込みいただけます。

安定した収入が条件となるので、収入がない専業主婦や無職の人などは利用することができません。

信用情報に問題がない人

信用情報に事故情報があると、審査落ちする可能性が高いです。

信用情報とは、CIC・JICCといった「信用情報機関」に記録されているクレジットカードや各種ローンといった信用取引の履歴のことです。

そして、過去に返済の延滞や強制解約、債務整理といった経験がある場合は、金融事故としてその履歴が残ります。

こういった履歴は信用情報機関の間で共有されるため、過去に金融事故を起こした会社が他社であっても、その履歴は「ダイレクトワン」に知られることとなります。

なお、「ダイレクトワン」は以下の信用情報機関に加盟・提携しています。

名称  URL 
CIC(指定信用情報機関)  https://www.cic.co.jp/ 
JICC(日本信用情報機構)  https://www.jicc.co.jp/ 

他社借り入れが少ない人

「ダイレクトワン」は消費者金融カードローンであるため、総量規制の対象となります。総量規制とは、個人の借入総額が原則として年収等の3分の1までに制限される規制のことです。

他社からの借り入れをしていなければ問題ありませんが、年収に対して借入金額が多いほど総量規制の限度額に近づくため、審査に落ちる可能性が高まります。

複数社からの借り入れをしている場合は、なるべく借入先と借入総額を少しでも減らしてから申し込むようにしましょう。

借り入れ希望額が適切な人

融資額が大きくなればなるほど貸し倒れした際のリスクが高まるため、当然ですが審査も厳しくなります。

ひとつの目安として、「ダイレクトワン」で定められている毎月の返済額から借入希望額を決めてみてはいかがでしょうか。

または、借入金額によって毎月の返済金額(約定返済額)が決まってくるので、月々の返済可能額から適切な借入額を計算してもよいでしょう。

たとえば、月に15,000円返済できるなら、希望借入額を「400,000円超~500,000円以下」として申請してみるといった感じです。

利用時の借入残高  約定返済額 
10万円以下  4,000円以上 
10万円超 20万円以下  8,000円以上 
20万円超30万円以下  12,000円以上 
30万円超40万円以下  12,000円以上 
40万円超50万円以下  15,000円以上 

引用:https://www.directone.co.jp/directone/ad/list1/web/index2.html

もっとも、月々の返済が可能だからと多めに申請するのではなく、必要な額だけを少なめに申請し、確実な返済実績を作ることをおすすめします。

低めの希望額でまずは新規の審査に通り、無理のない範囲で返済実績を作ってから増額の申請をするほうが審査に通りやすいと言えるでしょう。

「ダイレクトワン」は条件を満たせば即日融資が可能!

「ダイレクトワン」では即日融資が可能ですが、「店舗に行ける」かどうかが鍵になります。

Webか電話で審査に通ったとしても、カード郵送の場合は自宅に届くのに数日かかるため、来店せずに即日融資を受けることはできません。

借り入れを銀行振込にする場合、他社口座でも対応していますが、平日7:00~13:00受付分が当日振込となるので、申し込みの時間によっては手続きが間に合わない可能性があります。

そのため、即日融資を受けるには近くの店舗に行き、必要書類の提出をして本審査を受けるようにしましょう。

店舗のスタッフがその場で質問に答えてくれますし、書類のチェックもしてくれるので安心です。

無事に本審査に通過すれば、その日にカード発行されて、借り入れができるようになります。

また、借り入れ方法によって下記の時間制限がある点も注意です。

・振り込みの場合、平日13時までに振込依頼をする

申し込み方法と審査の流れ

「ダイレクトワン」の審査は、仮審査と本審査の2段階制です。各審査が実施されるタイミングや内容については、以下を参考にして下さい。

申し込み

申し込み方法は、インターネット、電話、店頭窓口の3つから選べます。

申し込み方法  特徴  申し込み先 
インターネット  スマホやパソコンなら書類への記入が不要。ただしガラケーの場合、申し込み不可  公式HP(アフィリリンク)  
電話  質問や不安にオペレーターが回答してくれるため安心  0120-01-1125  

平日9:00-20:00(祝日を除く) 

店頭窓口  急ぎの場合であれば店頭窓口がオススメ。最短30分でカード発行が可能  東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、愛知県に15店舗 

ここでは、もっとも手軽なインターネットで申し込んだ場合について、その後の流れや手順について解説していきます。

仮審査

一次審査として「仮審査」が行われますが、この段階では提出書類は必要ありません。申し込み内容に基づき仮審査が実施され、当日~翌営業日にメールもしくは電話で連絡が入ります。

土日祝日に申し込みをする場合は翌営業日の受付となり、その分時間がかかるので注意しましょう。

本審査

次に二次審査として「本審査」が行われます。本審査では、以下の本人確認書類と必要に応じて収入証明が必要となります。

本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証または運転経歴証明書と以下のいずれかの本人確認資料の1点が必要となります。(合計2点)

・健康保険証
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・パスポート
・住民票
運転免許証を持っていない人  左記のいずれも用意が難しい場合(合計2点) 
・住民基本台帳カード(写真付き) 

・個人番号カード(表面のみ 

・在留カード 

・特別永住者証明書 

 

上記と合わせて以下のいずれかの本人確認資料 

・健康保険証 

・パスポート 

・住民票 

 

以上合計2点の提出が必要 

・パスポート&住民票 

もしくは 

・健康保険証&住民票 

 

以上合計2点の提出が必要 

 

住民票に代わるものとして、以下の書類発行日から6カ月以内のもの)のいずれかを準備してくだい。 

 

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書 

・社会保険料の領収書 

・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK、NTT発行のもの) 

※2020年4月1日より、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」施行規則の一部が改正され、本人確認書類が原則として2点必要になります。

本人確認書類に記載された自宅住所と現在住んでいる自宅住所が異なるときは、現在の自宅の住所が記載されている書類(発行日から6カ月以内のもの)を用意する必要があります。

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK、NTT発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明

収入証明が必要となる場合として、以下の内容が公式HPに記載されています。

・同社の極度額と他社のお借入れ総額が100万円を超える場合
・同社の極度額が50万円を超える場合

そして収入証明に必要な書類は下記いずれかの1点です。

・給与明細(直近2カ月分以上)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明または所得課税証明

※自営業者や個人事業主は別途書類が必要になる場合があります。

店頭窓口で申し込みをする場合、書類を持参することになります。書類の不足がないように準備をしておきましょう。

また、インターネットでアップロードするのは簡単ですが、ピントがあってなくてぼやけたり、光が反射したりする恐れもあるので注意です。

在籍確認

必要書類の提出後に、申告した会社で働いていることを確認するための在籍確認が行われます。

在籍確認の電話では、「ダイレクトワン」という会社名ではなく個人名が名乗られるため、職場に知られることはありません。

かかってきた電話を取れない人もいるかもしれませんが、そのときに電話に出た人が以下のような返答をしてくれれば、在籍しているとみなされるでしょう。

・離席している
・外出している
・出かけている

心配な場合は、「クレジットカードを申し込んだので本人確認の電話がかかってくる」という旨を、部署の同僚に話しておくとスムーズです。

契約

本審査の結果はメールまたは電話で伝えられ、無事に本審査に通れば契約に入ります。スマホやパソコンで契約内容を確認し、契約完了後にカードが郵送されるという流れです。

カードを利用するためには、カード到着後に「ダイレクトワン」に一度連絡する必要があります。

契約方法  内容 
店頭窓口  審査完了後、近くの「ダイレクトワン」の店舗に来店すれば当日中にカード発行と借り入れが可能となります。 
郵送  「ダイレクトワン」から郵送で契約書が届きます。記入後、返送することでカード借り入れができます。 
FAX  必要資料をダウンロード後、FAXすれば最短当日中に振り込みで融資が可能となります。 

 

審査にかかる時間はどれくらい?

「ダイレクトワン」の審査結果は、仮審査の回答まで最短で30分~1時間程度。本審査の結果は、最短でその日のうちにわかります。

最短審査を希望するのであれば、店頭申し込みがおすすめ。事前に来店する店舗に電話をして仮審査まで済ませておくとよりスムーズになります。

ただし、当日アポなしで来店すると店舗で待つ可能性があるので注意です。

<「ダイレクトワン」店舗情報>

東京都・神奈川県  日本橋プラザ、相模原プラザ、横須賀プラザ、藤沢プラザ、小田原プラザ 
静岡・山梨県  ダイレクトプラザ、三島プラザ、御殿場プラザ、沼津プラザ、富士プラザ、静岡プラザ、浜松プラザ、甲府プラザ 
愛知県  今池プラザ、名駅プラザ 

「ダイレクトワン」は土日・祝日に審査を行っていない

「ダイレクトワン」は、土日祝日には審査を行っていません。

インターネットからの申し込みは24時間365日可能ですが、実際に審査の手続きに入るのは翌営業日です。

借り入れを急ぎたい人は、平日の午前中に申し込みをしましょう。

まとめ

「ダイレクトワン」はスルガ銀行グループではありますが、銀行カードローンでなく消費者金融なのですこし紛らわしいと感じるかもしれません。

審査は仮審査と本審査の2段階制となっていて、Webか電話でも借り入れまで完結しますが、即日融資を受けるには「その日に「ダイレクトワン」の店舗に行けるかどうか」が条件になります。

全国に15店舗という店舗数を考えると、よりスピーディーな借り入れを希望する場合は大手消費者金融のほうが安心かもしれません。

申し込み条件に該当するか確認したうえで、審査に臨みましょう。

「ダイレクトワン」の公式HPへ

(監修:サボテン、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード