スルガ銀行「ダイレクトワン」の増額方法や注意点、落ちる人の特徴は?

カードローンの利用限度額を増額すると、借り入れできる額が増えるだけでなく、金利が下がるといったメリットがあります。ただし、増額のためには新たに審査を受ける必要があり、希望すれば誰でも増額できるというわけではありません。人によっては限度額が減ってしまうこともあります。

今回の記事では、スルガ銀行グループの「ダイレクトワン」に焦点を当て、増額の申し込み方法やその注意点、増額審査に落ちてしまう人の特徴などを中心にまとめました。

「ダイレクトワン」での増額を検討している人は、ぜひ事前に確認してください。

「ダイレクトワン」の増額には新たな審査が必須

利用限度額の増額を希望する場合は、増額の申し込みを行い、増額審査を受ける必要があります。

審査を行う理由は、貸し付け額が増加することは「ダイレクトワン」にとってもリスクであり、現時点での返済能力に問題がないかを確認する必要があるためです。

増額審査の内容は、新規で「ダイレクトワン」に申し込みする際とほぼ同様と言われています。

審査は比較的厳しく、全員が審査に通過できるわけではありませんので注意が必要です。

以下、気をつける点を解説していきたいと思います。

現在の年収・借入額と総量規制の関係を理解しておく

「ダイレクトワン」はスルガ銀行グループのカードローンですが、消費者金融の商品なので総量規制の対象となります。

総量規制とは、貸金業者は申し込み者の年収の1/3を超えて金額を融資することができないということを定めた、貸金業法の一部です。

たとえば、年収350万円の場合、利用限度額はその1/3の約116万円までとなります。

したがって、もしも現時点で年収の1/3に達するほどの借り入れをしている場合は、それ以上の増額は見込めません。

また、新規で借り入れをしたときよりも年収が下がっている場合も、総量規制による限度額が下がるため、増額できる可能性は低くなります。

「ダイレクトワン」の増額を申し込みする方法

「ダイレクトワン」での増額申請から審査が通るまでの流れは、以下の通りです。

①お客様相談センターに電話して申し込み
②本人確認と希望額の伝達
③増額審査が開始される
④結果報告

①お客様相談センターに電話して申し込みを行う

増額審査の申し込みは、電話でのみ受け付けています。
以下のお客様相談センターまで電話をして、「増額を希望する」という旨を伝えましょう。

お客様相談センター
電話番号:0120-15-2525
受付時間:平日(年末年始を除く) 9:00~18:00

新規での借り入れはWebや店舗窓口での申し込みが可能ですが、増額を申し込む場合は電話となります。受付時間は、平日の9:00~18:00です。

希望する利用限度額や契約の内容にもとづいて審査が行われます。今後の流れなど、気になる点はここで質問しておきましょう。

②本人確認と希望額の伝達

増額審査でも、新規申し込み時と同じように本人確認が行われます。本人確認書類を事前に用意しておくと安心です。

本人確認後に、希望の利用限度額を伝えます。

利用限度額は「ダイレクトワン」は総量規制の対象のため、年収の1/3以内の金額に収める必要があります。

また、「ダイレクトワン」の希望極度額が50万円を超える場合や、「ダイレクトワン」希望極度額と他社の借り入れの総額が100万円を超える場合は、本人確認書類のほかに収入証明を提出しなければなりません。

本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証または運転経歴証明書となります。

運転免許証を持っていない場合
左記以外に本人確認書類として提出できるもの
・住民基本台帳カード(写真つき)
・個人番号カード(表面のみ)
・在留カード
・特別永住者証明書 ・パスポート&住民票
もしくは
・健康保険証&住民票

住民票がない場合は、現住所が記載されている以下の書類のいずれかでも問題ありません。ただし発行日から6カ月以内のものが必要です(コピー可)。

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK、NTT発行のもの)

本人確認書類に記載された自宅住所と現住所が異なるときは、現住所が記載されている書類のコピーを用意する必要があります (発行日から6カ月以内)。

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK、NTT発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明

収入証明に必要な書類は下記いずれかの1点です。ただし、自営業者や個人事業主は別途書類が必要になる場合があります。

・給与明細(直近2カ月分以上)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書

特に、最初の申し込み時と変わったこと(就職先、年収など)があれば、正直に申告しましょう。申告をせず「ダイレクトワン」の調査時に変更がわかると、信用を失い審査に落ちる可能性が上がります。

増額申請をするかしないかに関わらず、変更があった場合は電話もしくはダイレクトワンの店舗窓口に連絡をしましょう。

③増額審査が開始される

増額審査の内容は新規申し込みと同様で、以下の通りです。

・申し込み内容の確認
・提出書類の確認
・在籍確認

このときの収入状況やこれまでの返済状況によっては、増額ではなく減額されてしまう可能性もあります。

④結果報告

増額審査は慎重に行われるので、結果が伝えられるまで数日を要することになるでしょう。

希望通りに利用限度額が上がれば、その時点で増額が完了します。

利用限度額を増額する際の注意点について

「ダイレクトワン」での増額は、返済実績を重視するため新規申し込みより審査が厳しいと言われています。

利用限度額の増額によって金利が下がるのは嬉しいですが、注意すべき点も存在します。

増額申請をする前に、確認しておきましょう。

必ず増額できるわけでない

増額の申し込みをしたからといって、誰でも審査に通過するわけではありません。

問題なく返済してくれる人かどうかを判断するために、現時点での申し込み内容やこれまでの借り入れ状況、返済状況などをしっかりと確認されます。

反対に限度額が下がるリスクもある

残念なことに、増額審査の結果、利用限度額が下がってしまう人もいます。

年収が下がった場合や返済状況が悪い場合は減額の対象になりやすいので、安易な増額の申し込みは控えたほうがいいでしょう。

増額審査に落ちる人の特徴について

ここでは具体的に、増額審査に落ちてしまう人・減額されてしまう人の特徴を見ていきましょう。

ひとつでも当てはまったら、増額申請は見送って改善できるところは改善を心がけましょう。

収入が下がっている

新規申し込み時よりも年収が下がっていると、増額できない可能性があります。

年収は返済能力に対する最も重要な要素です。

転職や降格、会社の業績低下によって年収が下がってしまうと、「返済が難しいのでは?」と判断される傾向にあります。

また、仮に年収が下がっていなくても、転職したばかりのタイミングは要注意です。

「収入の安定性」という観点から、勤続年数が1年以上経過したタイミングでの増額申請をおすすめします。

返済にたびたび遅れている

「ダイレクトワン」に対する過去の返済状況は、非常に重要な判断材料になります。

過去に一度でも遅延をしていると信頼性に問題があると判断されやすく、増額申請をしても減額されるリスクのほうが大きいと言えるでしょう。

たびたび遅延をしてしまうと、大幅な減額どころか、利用停止の可能性もあります。

半年以上の返済実績がない

増額審査では、過去の返済実績も考慮されます。遅滞なくきちんと返済してきた期間が長いと、それだけ信用してもらいやすくなります。

目安として、「ダイレクトワン」の利用開始から半年以上経過してから増額申請を行うようにしましょう。

最初の半年間は「ダイレクトワン」との信頼づくりです。遅延することなく、返済実績をコツコツと作ることがとても大切です。

他社借り入れもしている

初回申し込み時よりも他社の借り入れが増えていると、増額審査に落ちてしまう可能性があります。

仮に総量規制の対象である年収の1/3に達していない場合でも、総借り入れ額が増えている場合は返済能力を疑われてしまいます。

他社の借り入れを隠していても増額審査時にはばれてしまいますので、できるだけ他社の返済を終えてから「ダイレクトワン」の増額申請をすることをおすすめします。

「ダイレクトワン」から増額案内が来たらチャンス

「ダイレクトワン」では、返済実績がある人に対して増額案内をすることがあります。

こういった案内があるということは、増額のための一定条件を満たしていると判断されたと考えてよさそうです。

ただし、増額案内は決して増額を保証するものではありません。案内が届いても増額審査を受ける必要はありますし、その結果増額を見送られる可能性もあります。

万が一、増額審査に落ちてしまったときの対処法

最後に、「ダイレクトワン」の増額審査に落ちてしまった場合の対処方法を確認しておきましょう。

他社の消費者金融カードローンに申し込む

まずは、「ダイレクトワン」で借りられない分を、ほかの消費者金融で借りるという手段です。

消費者金融のカードローンではなく、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込むという選択肢もありますが、銀行は消費者金融よりも金利が低い分、審査が厳しい傾向にあります。

いずれにしろ、複数社から借り入れをするということは、その分返済の負担が増すということです。

返済が滞らないよう、計画性のある借り入れを行ってください。

任意整理を検討する

「ダイレクトワン」に増額を申請する理由が他社の借金返済である場合は、任意整理も検討に入れておくべきでしょう。

借金返済のためにさらに借金を重ねることは一時的な解決にしか過ぎず、むしろ元本と利息で返済額が膨れ上がり、将来借金で首が回らなくなるリスクが高まります。

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と交渉をして、今後支払う利息をカットすることで返済の負担を減らすという手続きのことです。

原則として利息が免除されるので完済が早まりますが、信用情報に傷がつくため今後5年間は借り入れができなくなります。

そういったリスクはありますが、毎月の返済が苦しく、生活がひっ迫している場合は、一度弁護士や司法書士に相談をしてみることをおすすめします。

また、過払い金が発生していたことが判明した場合は、借金と相殺することで完済まで早く進めることも可能になります。

まとめ

「ダイレクトワン」で増額する方法や注意点を中心にまとめていきました。

増額審査を通過する確率を上げるには、半年以上の返済実績を作っていることや年収が下がっていないこと、他社からの借り入れをしていないことが重要になります。

そのうえで増額案内が来たタイミングであれば、さらに可能性が上がるでしょう。

ただし、審査の結果、利用限度額が減額されてしまうリスクもあります。ご自身の現状をしっかりと把握したうえで、申し込むかどうかを判断してください。

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード