デビットカードとクレジットカードのちがいを比較! どう使い分ける?

デビットカードとクレジットカードには、どのようなちがいがあるのでしょうか。

ちがいを理解しておくと、作りたいときに迷わずに済みますね。

デビットカードとクレジットカードは似たような使い方ができるのですが、最大のちがいは「引き落としのタイミング」と「審査の有無」です。

今回の記事では、デビットカードとクレジットカードのちがいや特徴を解説するとともに、使い分けに役立つそれぞれのメリットをご紹介していきます。

デビットカードとクレジットカードのちがいを比較

デビットカードとクレジットカードのちがいを理解すると、カードを作るときに困りません。

まずは、デビットカードとクレジットカードのちがいを比較してみましょう。

デビットカード クレジットカード
支払い方法 都度払い(即時払い) 後払い
入会審査 原則なし あり
申込対象者 15歳以上(中学生を除く) 18歳以上(高校生を除く)
※銀行により異なる
利用限度額 口座にあるだけ 上限あり
※自分で限度額を設定できるものもあり
ポイント還元 あり あり
付帯保険・補償 ・盗難・不正利用補償 ・盗難・紛失保険
・ショッピング保険 など ・国内・海外旅行傷害保険
・ショッピング保険 など

※カードにより異なる

デビットカードとクレジットカードのちがい①「支払い方法」

デビットカードとクレジットカードの大きなちがいは支払い方法です。

デビットカードで支払い をすると、代金分が銀行口座から即時引き落とされます。

使った分だけすぐに口座のお金が減っていくので、お金の流れがわかりやすいのが特徴です。現金と同じ感覚で使えます。

口座残高が足りないときはデビットカードが使えなくなるので、使いすぎを防ぐこともできます(一部、残高不足でも決済ができるデビットカードもあります )。

一方、クレジットカードは後払いになります。利用した金額をまとめる「締め日」があり、翌月の引き落とし日まで猶予があります。

今、現金がなくても、引き落とし日までに入金しておけば何の問題もありません。

お金がないときでも欲しいものが買えるのがクレジットカードのメリットですが、しっかり管理をしないと使いすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

デビットカードとクレジットカードのちがい②「入会審査」

クレジットカードには、カード会社ごとに独自の入会審査があります。審査を通らないとクレジットカードは発行されません。

しかし、デビットカードは銀行口座が作れる人なら、原則として審査なしでカードが作れます。

返済能力のチェックや信用情報の確認といった審査がないので、クレジットカードの審査に通らない心配のある人でも、デビットカードは持つことができます。

デビットカードとクレジットカードのちがい③「申し込み対象者」

デビットカードは、中学生を除く15歳以上の人で、銀行口座が作れる人なら原則誰でも申し込むことができます 。

※デビットカードの利用対象の下限年齢は各銀行によって異なります。当記事では「中学生を除く15歳以上」として解説していきます

一方、クレジットカードが作れるのは18歳以上で、原則として高校生は申し込み不可になっています。

高校生でクレジットカードが欲しい場合には、デビットカードからスタートするといいでしょう。

デビットカードとクレジットカードのちがい④「利用限度額」

デビットカードとクレジットカードでは、利用限度額にもちがいがあります。

まず、デビットカードの利用限度額は、カードの利用範囲内に自分で金額設定することが可能です。さらに、口座残高が少なければ、その金額までしか利用できません。

たとえば、利用範囲内が100万円までの設定であったとしても、口座残高が30万円の場合は30万円が利用限度額となります。

一方、クレジットカードの利用限度額は審査によって決まります。利用実績が上がってくると、利用限度額がアップすることもあります。

審査で決められた限度額なので、うっかり限度額いっぱいまで買い物をしないように、利用状況はしっかり把握しておきましょう。

デビットカードとクレジットカードのちがい⑤「ポイント還元」

デビットカードやクレジットカードで買い物などをすると、利用分に応じてポイントがつきます。

たとえば、ポイント還元率が1.0%のカードを利用したときには、100円で1ポイント(1円相当)がつく計算です。

クレジットカードのほうが還元率のいいケースが多いですが、デビットカードでもポイント還元はあります。

いつも使うお店でポイントが貯まる場合は、デビットカードも検討してみてもいいでしょう。

デビットカードとクレジットカードのちがい⑥「付帯保険・補償など」

デビットカードやクレジットカードには、付帯保険や補償などがついています。よく見られる補償には、次のようなものがあります。

盗難時の補償

カードの盗難や紛失により第三者が不正利用をした場合、被害額が補償されます。

デビットカードは各銀行で不正利用補償額の上限が決まっていますが、クレジットカードの場合は被害額のすべてが対象となっています。

ショッピング補償

商品の破損や盗難を補償してくれるショッピング補償。カードで購入した商品が対象で、誰かにプレゼントした商品についても期間内であれば補償してもらえます。

しかし、一部対象外の商品もありますので気をつけてください。一般的に返品のできないものは補償対象外となるようです。また、カード会社によっても対象の商品が異なり、破損や盗難の状況でも適用が変わってきますのでご注意を。

<一般的な補償対象外商品>
・コンタクトレンズ・義歯・義肢・眼鏡・ファッションレンズ
・ペットショップなどで購入した動物や植物
・携帯電話などの携帯式通信機器やその付属品
・食料品(酒類含む)
・航空券・商品券・金券・書籍・現金
・自動車・自転車・自動二輪車・原付自転車など
・絵画・美術品・骨董品など

海外旅行傷害保険

海外旅行中の病気やケガの治療や、物を壊してしまった場合の賠償などをしてくれる海外旅行傷害保険は、デビットカードにはついていないことがほとんど。

海外へ出かける際には、クレジットカードの海外旅行傷害保険を利用するか、別途保険会社で申し込みをしましょう。

注意点は、クレジットカードの海外旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯があるということです。

自動付帯はクレジットカードを持っているだけで適用されますが、利用付帯は旅行費用をそのクレジットカードで支払っている必要があります。

海外でクレジットカードを利用する際には、持っているカードの海外旅行保険が自動付帯なのか利用付帯なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

デビットカードとクレジットカードどちらを選ぶ?

ここからは、クレジットカードとデビットカードの特徴を確認し、「デビットカードがおすすめな人」と「クレジットカードがおすすめな人」についても解説します。

それぞれの特徴を比べて、クレジットカードやデビットカードを作るときの参考にしてください。

デビットカードはこんな人から人気

まずは、デビットカードにはどんな特徴があり、どんな人から選ばれているかを確認していきましょう。

18歳未満の人、または高校生

多くのクレジットカードの申し込みには「18歳以上(高校生を除く)の人」という条件があるので、高校生は持つことができません。

クレジットカードは利用者本人に支払い能力があることを条件とした信用取引なので、いくらアルバイトをしていたとしても、学業を本分とする高校生にはクレジットカードが発行されていません。

しかし、デビットカードは原則、中学生を除く15歳以上から持つことができるカードです。

利用限度額を設定して使いすぎを防ぐこともできるので、自分の子どもにデビッドカードを持たせる人もいます 。

自己破産した人など

クレジットカードを作りたいとき、自己破産や債務整理などの履歴があると審査に落ちてしまいます。また、遅延なども審査に落ちる原因と言われています。

一方、デビットカードには審査不要というところがあります。自己破産などの経験があり、クレジットカード審査に落ちてしまう心配のある人でも作ることができます。

使いすぎが心配な人

デビットカードの特徴に、カード利用限度額が銀行口座残高以上にならないという点があります。

また、使いすぎを防ぐために利用限度額を自分で決めておくこともできます。

残高に関係なく一定額以上は使えないようにしておけば、使いすぎてしまう危険もありません 。

後払いが苦手な人

クレジットカードは決済日と銀行口座から引き落とされる日が異なります。いわゆる前借り状態となります 。

この状態を苦手と感じる人は、デビットカードがおすすめ。

銀行口座から即時引き落としなので、現金と同じ感覚で使えます。ATMに行く手間を省くことができ、お金の管理もわかりやすくて楽になる、というメリットもあります。

クレジットカードはこんな人から人気

次に、クレジットカードの特徴と、どんな人から選ばれているのかをまとめていきたいと思います。

リボ払いや分割払いをして高額な買い物をする予定の人

リボ払いとは、「毎月の支払い金額を決めて」ショッピング利用代金を分割で支払う返済方法のことです。そして、分割払いは、「支払い回数を決めて」ショッピング利用代金を分割で支払う返済方法です。

どちらも、クレジットカードならではの支払い方法ですね。

高額な買い物をする予定がある人は、クレジットカードであれば上記のような支払い方法を選べるので、無理のない返済が可能です。

しかも、リボ払いは都合のいいときにいつでも繰り上げ返済ができます。貯蓄に余裕ができたときなど、ATMやインターネットバンキングを使って繰り上げ返済をして、返済スピードアップと手数料の軽減につなげましょう。

家族カード・ETCカードを利用する人

クレジットカードなら、家族カードが作れます。

家族カードは、本会員がクレジットカードの審査を通っていれば、基本的に審査なしでカードが作れ、本会員と同じ内容のサービスや付帯サービスがついてくるカードのことです。

また、家族カードで使った分のポイントは本会員のポイントにまとめられるので、家族で効率よくポイントを貯められます。

さらに、ETCカードの発行もできます。高速道路をキャッシュレスでスムーズに走行したい人は、ETCカードがあると便利です。

家族カードやETCカードはデビットカードではほとんど作れません 。ETCカードや家族カードが必要な人はクレジットカードがおすすめです。

ポイント還元率にこだわる人

ポイント還元率は、デビットカードに比べてクレジットカードのほうが高い傾向があります。

還元率の高いカードを利用すると使い方次第でポイントがどんどん貯まるので、ポイント還元率にこだわりたい人はクレジットカードを利用しましょう。

貯まったポイントは商品券やマイル、カードの支払いなどにも使うことができるタイプもあります。

返品やキャンセルする可能性がある場合

購入した商品を返品したりキャンセルしたりする場合、クレジットカードなら手続きが簡単です。

クレジットカードは引き落とし金額の確定日までに返品やキャンセル手続きをすれば、口座から引き落とされないからです。

デビットカードの場合は、その場で口座から引き落とされるため、返品処理に時間がかかってしまいます。

返品やキャンセルの可能性がある買い物をするなら、クレジットカードで支払いをするほうが便利でしょう。

高速道路代やガソリンスタンド、毎月の支払いなど

デビットカードでは支払いができないシーンがあります。次のような場合は、クレジットカードを利用しましょう。

・高速道路料金
・飛行機の機内販売
・ガソリンスタンド(一定以上の残高があれば使える場合もある)
・海外ホテルのデポジットやレンタカー(使えるところもある)
・海外のレンタルWi-Fi(使えるところもある)

毎月の支払いなども、デビットカードでは利用できない場合があります。

また、一部のデビットカードには利用できない時間帯があるため、公式HPなどを確認しておきましょう。

不正利用に強いのはクレジットカード

クレジットカードの場合、引き落とし日より前に不正利用がわかれば、すぐに利用停止の処理をすることで口座からお金が引き落とされるのを防げます。

また、引き落とされてから不正利用に気がついた場合でも、クレジットカードの場合は不正利用された全額が補償されます。

一方、デビットカードは即時払いのため、不正利用されたと同時に銀行口座からお金が引き落とされてしまっています。

不正利用の補償制度もありますが、限度額が決まっているため、使われてしまった金額が大きいと補償しきれない場合もあります。

デビットカードの利用可能額を高く設定していた場合、口座残高をすべて使われてしまう可能性も。被害を防ぐためには、事前に利用限度額を決めておくことが大切です。

不正利用対策として、デビットカードには、盗難やスキミングなどで不正利用されてしまった場合に便利な利用通知メールサービスがあります。

利用されたことを知らせてくれるので、身に覚えがない使用があったらすぐに発行元へ連絡して、カードの利用を停止しましょう。

以上のことから、不正利用に対する補償はクレジットカードのほうが優位であると言えるでしょう。

とはいえ、クレジットカードとデビットカード、どちらも利用の際には盗難に気をつけ、暗証番号を知られたりしないように、くれぐれも注意して利用するようにしましょう。

クレジットカードは審査落ちに注意

クレジットカードを作るには審査があります。そして、すべての人が審査に通るわけではありません。

たとえば、返済能力(収入)が低かったり、ブラックリストに載っていたりする場合は審査を通ることは難しいでしょう。

ほかにも、カード会社ごとに、年齢や勤続年数、勤務先や雇用形態などさまざまな審査基準が設けられています。

そうした情報を点数(スコアリング)化し、その点数が基準を満たしている場合に審査を通過できるのです。

クレジットカードの審査に通らないかもしれないと不安がある人は、デビットカードのほうがいいでしょう。

海外利用に向いているのはクレジットカードとデビットカードどっち?

海外ではキャッシュレス化が進んでいます。では、クレジットカードとデビットカードでは、どちらのほうが使いやすいのでしょうか。

クレジットカードとデビットカードを海外で使う場合の、使い方やメリットもご紹介します。

クレジットカードのメリット

まずは、海外でクレジットカードを使う場合のメリットを確認しましょう。

身分証明書代わりになる

欧米をはじめとする海外では、クレジットカードが身分証明書のような効果を発揮することがあります 。

クレジットカードを持っていることは、その人の支払い能力=信用力を表すためです。

たとえば、海外のホテルにチェックインするときやレンタカーを借りるときなどに、クレジットカードの提示を求められます。

これは「デポジット(保証金)」が必要になるからなのですが、現金よりもクレジットカードを持っていることで、支払い能力のある信頼できる人と認識してもらえます。

現金の持ち歩きが減らせる

海外旅行中は、防犯面からみても多額の現金を持ち歩くのは危険です。

しかし、クレジットカードがあれば、買い物のたびに現金を出す必要がありません。

しかも、現金を失くした場合は戻ってくる可能性はほとんどありませんが、クレジットカードの場合は紛失した際、カード停止や警察への届け出といった諸手続きを行えばカードを再発行することができます。

海外でクレジットカードを紛失した場合は、そのカード会社の海外連絡先(※日本語対応をしてくれるところがほとんどです)に連絡し、現地警察への届け出などについて教えてもらいましょう。

海外旅行傷害保険がついている

クレジットカードの中には、海外旅行のさまざまなトラブルを補償してくれる傷害保険が最初からついているものがあります。

海外で利用する場合は、こうした保険がついている物を選ぶといいでしょう。

デビットカードのメリット

デビットカードには、国際ブランドとJ-Debitの2種類があります。

国際ブランドとはVISAやJCBなどのことで、J-Debit は金融機関のキャッシュカードについているデビットカードのブランドです。

J-Debitは全国の加盟店で即時決済できるサービスで、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協などが発行したキャッシュカードがそのままデビットカードとして使えるというカードです。

ただし、国内のJ-Debit加盟店のみで利用できるものなので、海外では使えません。海外に行くときは、国際ブランドのデビットカードを選びましょう。

銀行口座があれば審査不要

クレジットカードには審査がありますが、デビットカードは基本的に審査なし。銀行口座開設の条件を満たしていれば、簡単にカードが作れます。

銀行口座がない場合は、デビットカードの申し込みと同時に口座開設の申し込み可能です。

また、国際ブランドのキャッシュカード機能付きデビッドカードなら、海外でも現地ATMから現地通貨を引き出すことができます。カードが使えないお店などで現金が必要な場合にも、少しずつ下ろすこともできて安心です 。

※カードによって出金に対応するATMは異なります。また、手数料が発生する場合があります

高校生でも作れるから海外留学時にも

デビットカードは高校生から作れるので、海外留学に行くときにはあらかじめ用意しておくと便利です。

海外で大金を現金で持ち歩くのは、大変危険です。留学資金は現金とデビットカードに分けて管理するといいでしょう。

また、デビットカードは銀行口座に入っている金額が利用限度額になるので、使いすぎの心配も防げます。

口座残高をセーブすれば使いすぎの心配がない

デビットカードは利用限度額を決めておけるため、それ以上の金額になるとカード決済ができなくなります。

あらかじめ決まった金額以上は使えないようにしておくことで、使いすぎの防止にもなりますね。

クレジットカードとデビットカードは使い分けて両方持つのが便利!

クレジットカード、デビットカードともにそれぞれメリットがあります。そこで、両方のカードを持ち、使い分ける方法がおすすめです。

日常の買い物は現金感覚で使えるデビットカード。口座の預金管理がしやすく、現金を下ろさずに使えるので、ATM手数料の節約にもなります。

そして、大きな出費の買い物には、計画的にリボ払いや分割払いを選べるクレジットカード。また、家賃や公共料金の支払いをクレジットカードにしておくと、ポイントが貯まりやすくなります。

このように購入する商品によって使い分けることで、お金の流れが把握しやすくなるでしょう。

また、利用シーンで使い分けも便利です。

国内ではデビットカードをメインカードにし、海外ではデビットカードとクレジットカードを上手に使い分けるなど、利用方法や利用シーンに合わせた使い分けをすることもできます。

さまざまな利用シーンで使えるクレジットカードやデビットカードを紹介した記事がありますので、ぜひこちらも参考にしてください。

>>年会費無料のおすすめクレジットカード12選! 利用シーン別まとめ

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

【関連記事】
【PR】デビットカードとは!?デビットカードのメリットとおすすめカード

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード