ジャパンネット銀行キャッシングの申し込み方法と融資までの流れ

ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」は、銀行にはめずらしい「無利息特約」が付いています。

この特約は、初回借り入れ日から30日間は利息が0円というもの。

申し込みから借り入れまでを24時間好きなときにネットで行えるという利便性もあり、多くの人に利用されています。

今回はそんなジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について借り入れ開始、申し込みから融資までの流れや注意点を解説していきます。利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の公式HPへ

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の申し込み条件について

まずは、ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の申し込み条件を確認しておきましょう。利用するためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・申し込み時の年齢が20歳以上70歳未満
・仕事をしていて安定した収入がある
・ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている
・一定の審査基準を満たし、指定保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる

年齢以外の3つの条件について、くわしく解説していきます。

仕事をしていて安定した収入がある

仕事をしていて安定した収入があれば、必ずしも正社員である必要はありません。パート・アルバイト、派遣社員や契約社員であっても大丈夫です。

また、自身が専業主婦で収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば借り入れることができます。

ただし、専業主婦が申し込んだ場合は配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかかるため、内緒で利用することはできません。あらかじめ、配偶者の同意を取ってから申し込むようにしましょう。

ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている人

「ネットキャッシング」を利用するには、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。といっても、口座開設もインターネットで同時に行うことができます。

ほとんどの手続きがWeb上で完了するので、手間はかかりません。

ジャパンネット銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の保証を受けられる

ジャパンネット銀行キャッシングの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)です。

保証会社とは、利用者が返済できなくなったときに代理で返済を行う会社のこと。ローン利用者が返済できなくなった際にそのリスクを負う立場のため、保証会社の審査に通るかは保証会社次第といえます。

過去に、プロミスやSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっているカードローンで金融事故を起こしている人は、厳しい審査となるでしょう。

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の公式HPへ

「ネットキャッシング」の申し込みから融資、返済までの流れ

申し込み条件を確認したら、次は申し込みから返済までの一連の流れを見ていきましょう。

・必要書類を用意する
・申し込み
・審査
・借り入れ開始
・返済

 

必要書類を用意する

ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」を利用するには、必要書類を提出する必要があります。

・本人確認資料
・収入証明書(※必要な場合のみ提出)

本人確認資料は必ず必要です。また、収入証明書が必要になるケースもあります。あらかじめ準備しておきましょう。

本人確認資料として利用できるもの

本人確認資料として利用できるのは、以下の書類です。

・運転免許証のコピー
・マイナンバーカードのコピー
・各種健康保険証のコピー
・パスポートのコピー
・住民基本台帳カードのコピー(顔写真とQRコードの印字があるもの)
・印鑑証明書(原本)
・住民票の写し(原本)
・各種年金手帳のコピー+補助資料(原本)
・身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料(原本)

アプリで使用できるのは、運転免許証、カード型の健康保険証、マイナンバーカードの3つのみです。いずれか1通の鮮明な写真を撮り、アップロードしましょう。

それ以外の書類を利用する際は、郵送でしか受け付けていないので注意してください。

収入証明書として利用できるもの

収入証明書は基本的には提出不要ですが、必要に応じて提出を求められることがあります。その場合は、ジャパンネット銀行から連絡があります。なるべく早く融資を受けたい場合は、あらかじめ用意しておくといいでしょう。

前年の年収が確認できる収入証明書として利用できる書類は、給与所得者と個人事業者とで異なります。

下記のいずれかをコピーして準備しておきましょう。

給与所得者の人
・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・住民税課税証明書
・給与明細(最新3カ月以内の1カ月分)
個人事業者
・確定申告書(税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの)
・納税証明書(その1、その2)
・住民税納税通知書
・住民税課税証明書

申し込みはネット・郵送で簡単

申し込みは、パソコンやスマホから簡単に行えます。

公式の「ネットキャッシングアプリ」(※)を使えば、必要書類をアップロードできるため、申し込みから借り入れまでアプリだけで完結することも可能。仮審査と本審査の進行状況を見ることもできます。

本人確認資料や収入証明書をパソコンやスマホからアップロードするのが難しい場合は、郵送で送ることも可能。オンラインの操作が不安だという人でも安心です。

郵送で書類を提出する際は、公式HPで専用の「送付用封筒」をダウンロードするのが便利。

こちらを利用すれば、切手不要・宛名がすでに記入済みなので、切手代を負担することなく、宛名書きも不要で手間なく送ることができます。

※「ネットキャッシングアプリ」はジャパンネット銀行の個人口座を持っている人が対象です。ネットキャッシングと口座開設を同時に申し込みたい場合は、公式の「口座開設アプリ」を利用することができます

送付用封筒をダウンロード

審査

申し込み後は、ジャパンネット銀行と保証会社による審査が行われます。

その際、職場に在籍確認の電話が入るので、あらかじめ心得ておきましょう。

審査は仮審査と本審査に分けて行われ、仮審査の結果は最短60分でわかります。

本審査の結果もわかるまで最短で翌営業日。もちろんそれ以上に日数がかかる場合はありますが、銀行の中では比較的スピーディーな審査です。

くわしい審査の流れについては、以下の記事でくわしく解説しています。

想定よりも低い利用限度額になる可能性も

申し込み時に希望限度額を申請しますが、実際の限度額は審査によって決定します。

そのため、審査結果によっては想定よりも低い限度額となってしまうこともあります。

その場合は、返済実績を重ねたうえで利用限度額の増額申請をするという選択肢もあります。利用限度額が上がればそれだけ金利も下がるので、条件を満たしている人は、以下の記事を参考に申し込んでみてはいかがでしょうか。

>>ジャパンネット銀行カードローンの増額方法!その条件と注意点を解説

借り入れ開始

本審査に通ったあとは、契約をして借り入れ開始です。ジャパンネット銀行にすでに普通預金口座を持っている場合は手持ちのキャッシュカードをそのまま使えます。新たに口座を開設した場合は、郵送でキャッシュカードが届きます。専用のローンカードはありません。

借り入れは、公式HPもしくはスマホアプリでの口座振り込み、またはキャッシュカードを使って提携ATMから現金の引き出しができます。

公式HPもしくはスマホアプリからの口座振り込みを希望する場合は、24時間土日祝、手数料無料で口座に入金できます。

現金として引き出したい場合は、ジャパンネット銀行の提携ATMでキャッシュカードを使い、必要な分を引き出しましょう。毎月最初の1回目は、入金・出金どちらも手数料0円で、利用金額が3万円以上になる場合は何回でも手数料0円です。なお、セブン銀行ATMからの借り入れは24時間ATM手数料がかかりません。

利用が初めての場合、「無利息特約」のため借り入れ日から30日間は無利息で利用できます。

返済

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の返済方法は、以下の2つ。

・毎月決まった日に返済額が自動引き落とし
・余裕のあるときに行う繰り上げ返済

毎月引き落とされる約定返済は、返済日を自由に設定できるシステムを採用。

繰り上げ返済を上手に組み合わせることで、早期の返済が可能となります。

返済については、以下の記事でくわしく解説していますので合わせてご覧ください。

ジャパンネット銀行キャッシングを申し込みする際の注意点

申し込みをする際は、以下の点に注意してください。

・土日祝日は審査を行っていない
・職場へ在籍確認がある
・ジャパンネット銀行口座を持っていないと手続きに時間がかかる

土日祝日は審査を行っていない

ジャパンネット銀行の審査は平日の営業時間内に行われます。よって、土日に申し込みをしてもすぐに審査はされません(申し込みは可能です)。

即日融資はなく、審査結果が出るのは最短で翌営業日。なるべくスムーズな融資を受けるためには、土日にまたがらずに済みそうな週の前半に申し込むといいでしょう。

職場へ電話による在籍確認がある

ほかのカードローン会社同様、ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」でも電話による在籍確認があります。

在籍確認の電話は必ず自分が出る必要はなく、自分を知る同僚や上司が出て、その会社で働いていることが証明されれば完了となります。

ジャパンネット銀行口座を持っていないと手続きに時間がかかる

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」を利用するには、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。

口座を持っていない人でも「ネットキャッシング」の申し込み時に口座は開設されますが、すでに口座を持っている人より時間がかかります。

口座が開設してからキャッシュカードが届くまで最短で5日間から2週間ほどかかるため、ATMでの現金引き出しも先になってしまいます。

ただし、口座開設よりも前にお金を借りたい場合は、初回の人に限り、いつも使っている銀行口座に振り込んでもらえるサービスがあります。

まとめ

今回は、ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について申し込みから返済までの流れを確認してきました。

最大で1,000万円まで借りられて、土日祝問わず24時間の借り入れ・返済ができるキャッシングサービスは魅力的です。

初めての人を対象に「初回借り入れ日から30日間利息0円」という特典もあり、申し込みやすいサービスと言えるでしょう。

ジャパンネット銀行キャッシングの申し込みはこちら

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード