通過する人はこんな人! 他社借り入れがあっても借りられるカードローン

すでにどこかのカードローン会社からお金を借りている状態だと、別の会社に融資を申し込んでも審査に落とされるのではないかと不安になりますよね。実際に複数の金融機関からの借り入れがある人は、新規の借り入れ審査に落とされる可能性がある、という話も見られます。そこで今回は、他社からの借り入れがある人でも借りやすいカードローンを紹介します。また、審査に通過するためにおさえておきたいポイントも解説していきます。

新たな借り入れを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

他社借り入れがある人は銀行・消費者金融どちらのカードローンを選ぶべき?

他社からの借り入れがある人は、「少しでも金利をおさえたい」という理由で低金利の銀行カードローンを考える人も少なくありません。

しかし、銀行カードローンは、他社借り入れをしている人に対してチェックが厳しい傾向にあります。一般的な基準とされているのが、3社以上から同時に借り入れをしている場合に審査基準が厳しくなるというものです。

銀行カードローンの審査が厳しい理由

消費者金融やクレジットカード会社などは「貸金業者」という分類をされています。この分類の会社は「貸金業法」という法律を守らなければなりません。その内容というのが「個人への貸し付けは年収の3分の1以内」というものです。

本来、貸金業者ではない銀行は「貸金業法」を守る必要はありません。そのため、貸金業法にある総量規制の「個人への貸し付けは年収の3分の1以内」を超える融資を行っていました。

しかしその結果、多重債務者が増えるなど社会問題に発展してしまったのです。

その反省から、全国の銀行を管轄する全国銀行協会などでは、融資する際に必要な収入証明書の提出要件を厳しくしたり、貸金業法の総量規制と同等の基準を設けることなど、銀行カードローンの自主規制を積極的に推し進めています。

・貸金業法の基準を意識した年収証明書の取得基準
・信用保証会社に依存しない形の銀行による貸付審査
・貸金業法の総量規制の趣旨を踏まえた極度設定

引用元:銀行カードローンに関する全銀協の取組みについて
上記のような自主規制の動きを背景に、銀行カードローンの審査も厳しくなってきています。すでに他社からの借り入れを抱えている多重債務者は、銀行カードローンの審査通過が難しくなっていると考えておきましょう。

消費者金融は比較的審査が緩い

一方、消費者金融は他社借り入れがあったとしても、柔軟な対応をしています。

もちろん、貸金業者である消費者金融は総量規制の決まりを守る必要があるため、年収の3分の1を超える貸し付けはできません。しかし、銀行カードローンと比べると審査に通りやすい傾向にあります。他社からの借り入れ件数が2、3件であれば、総量規制の範囲内で審査に通る可能性があります。

消費者金融でも「おまとめローン」は利用可能

複数の金融機関から借り入れを行っていたり、借り入れ総額が年収の3分の1を超えてしまっている状態であっても、おまとめローンという制度を利用できます。

おまとめローンとは、複数の借り入れを1カ所の金融機関にまとめて借り換え、その後はおまとめした1社に対してのみ返済を行うというローンのことです。主に銀行が提供しているほか、消費者金融でもおまとめローンを扱う会社があります。

おまとめローンは「総量規制の例外貸し付け」に分類されています。

【総量規制の例外貸し付けの一例】
・顧客に一方的に有利となる借り換え
・借り入れ残高を段階的に減少させるための借り換え

お金を借りる側に有利な条件になることから、「おまとめローン」は総量規制の例外貸し付けの扱いとなります。そのため、年収の3分の1以上の金額も借りることができます。

さらに、おまとめローンは多くの場合、現在の適用金利よりも低い金利が適用されます。

複数の金融機関から借り入れがあり管理が難しいと感じている方や、個々の金融機関の返済金利の高さに不満を持っている方は、返済先を一本化でき、金利が下がる可能性もある「おまとめローン」を検討してみることをおすすめします。

なお、おまとめローンを利用する際の注意点としては、①返済専用のため新規の借り入れができなくなる、②プロミスなどの消費者金融が提供するおまとめローンでは銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠のおまとめができない場合が多い、などがあります。

他社借り入れがあっても借りられるカードローン3選

以下で紹介するのは、他社借り入れがあっても融資をしてくれる可能性の高いカードローンです。

消費者金融に絞り、通常の貸し付け(カードローン)とおまとめローンの2種類を比較しながら、ご紹介していきます。

プロミス

  • <カードローン>
  • 初めての契約なら借り入れ日翌日から30日間無利息
  • 最短30分で審査完了、即日融資可能
  • <おまとめローン>
  • 最高300万円までおまとめ可能
  • 銀行カードローンのおまとめ不可
カードローン詳細 おまとめローン詳細
利用対象 年齢20歳以上、69歳以下で安定した収入のある方

※主婦、学生でも、パート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能

年齢20歳以上、65歳以下で安定した収入のある方

※主婦、学生でも、パート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能

実質年率 4.5%~17.8% 6.3%~17.8%
借り入れ限度額 500万円まで 300万円まで
無利息期間 初回ご出金の翌日から30日間 なし
特徴など 最短30分で審査完了、即日融資可能 対象となるローンは、消費者金融・クレジットカードなどにおける借り入れ(無担保ローン)に限る

※銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどを除く

※「実質年率」は経済情勢等により変更する場合があります

詳しくはプロミスの公式HPを確認

アコム

  • <カードローン>
  • 初めての契約なら契約日翌日から30日間無利息
  • 最短30分で審査完了、即日融資可能
  • <借り換え専用ローン>
  • おまとめ対象が100万円以上なら金利7.7%~15.0%
  • 銀行カードローンのおまとめ不可
カードローン詳細 借り換え専用ローン詳細
利用対象 20歳以上、69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、同社基準を満たす方

※主婦、学生の方でもパート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、同社基準を満たす方
実質年率 3.0%~18.0% 7.7%~18.0%

※貸し付け金額100万円以上の場合は7.7%~15.0%

借り入れ限度額 800万円まで 300万円
無利息期間 初回契約日翌日より30日間 なし
特徴など 最短30分で審査完了、即日融資可能 貸金業者債務の借り換え専用ローン※銀行からの借り入れやクレジットカードのリボ払いは対象外

※「実質年率」は経済情勢等により変更する場合があります

詳しくはアコムの公式HPを確認

アイフル

  • <カードローン>
  • 初めての契約なら契約日翌日から30日間無利息
  • 最短30分で審査完了、即日融資可能
  • <おまとめローン>
  • 銀行カードローン・クレジットカードのショッピング枠のおまとめ可能
  • おまとめローンなら上限金利17.5%
カードローン詳細 おまとめローン詳細
利用対象 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、同社基準を満たす方

※取引中に満70歳になった時点で新たな融資は停止

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で同社基準を満たす方
実質年率 3.0%~18.0% 3.0%~17.5%
借り入れ限度額 800万円まで 800万円まで
無利息期間 初回契約日翌日より30日間無利息 なし
特徴など 最短30分で審査完了、即日融資可能 借り換えの対象となる債務は、銀行や貸金業者からの借り入れ債務のほか、クレジットカードショッピング債務等です

※「実質年率」は経済情勢等により変更する場合があります

詳しくはアイフルの公式HPを確認

他社借り入れがあっても借りられている人の条件

他社などから複数の借り入れがありながら新しいカードローン会社の融資審査にも合格している人たちには、どんな共通点があるのでしょうか。

借り入れに成功するための条件を、下記にまとめました。

・返済をきちんとする・滞納しない
・借り入れ件数が3件以内
・借り入れ総額と借り入れ希望額の合計が年収の3分の1以下
・複数のカードローンに申し込みしない
・勤務状況や属性情報を改善する
・虚偽の申告をしない

順番にひとつずつ掘り下げていきましょう。

返済をきちんとする・滞納しない

毎月複数の返済があると、返済日を管理しきれずに忘れてしまったり、返済が苦しくなって、延滞や滞納をしてしまったりするリスクが高まります。

延滞や滞納をすると信用情報に傷がつき、新たなカードローンの審査に通りにくくなってしまいますが、逆に金融事故なしに返済を続けると、それが返済実績となりプラスに働きます。

返済実績から「返済能力がある」と認められれば、融資を受けられる可能性も上がります。

しかし、頻繁に借り入れを行うことは、審査担当者の心象を悪くする可能性があることにも留意しておきましょう。あくまで借り入れは必要なときだけにしておくことが重要です。

過去に遅延や滞納をしていたときの対処法

返済の延滞・滞納といった金融事故情報は、個人信用情報機関へ保管され、最長5年間履歴が登録されます。

これまでの借り入れで延滞や滞納をしたことがある人は、その返済が完了してから5年間、カードローンなどの金融審査は不利になると覚えておきましょう。

消費者金融などが加盟する個人信用情報機関「株式会社シー・アイ・シー」と「株式会社日本信用情報機構」では、カードローンの支払い状況に関する情報として、以下の情報を保管しています。

個人信用情報機関名 返済状況に関する登録内容 登録期間
株式会社シー・アイ・シー 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など 契約期間中および契約終了後5年以内
株式会社日本信用情報機構 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞など (契約日2019/10/1以降)

契約継続中及び契約終了後5年以内

一度遅延した情報は、そのときの契約が終了(完済)したあとも残ります。

借りたお金をしっかりと返すことは「信用力」に関わりますので、きちんと返済しましょう。

借り入れ件数が3件以内

借り入れ件数は、最高でも3件以内に留めておきましょう。

借り入れ件数の多い人は、「お金に困っている」と判断されてしまい、審査に通過することが難しくなってしまうのです。

ほかのカードローンに申し込みをする前に、どれか1社でも完済して、借り入れ先を減らすことを優先させましょう。

ただし、3件以内の件数でも信用情報や収入状況によっては落とされる可能性もあります。

審査基準は金融機関ごとに異なるため、はっきりとした基準はありません。ただ、多くの金融機関からの借り入れがある場合は、多重債務者と判断される可能性がある、ということを認識しておきましょう。

借り入れ総額と借り入れ希望額の合計が年収の3分の1以下

借り入れ総額と借り入れ希望額の合計が年収の3分の1以下であることも大切です。

消費者金融には総量規制というルールが適用されるため、個人の年収の3分の1を超える融資をすることができません。

前述しましたように、本来、総量規制対象外の銀行カードローンも自主規制を強化しているため、借り入れ額が多いと審査落ちしてしまう可能性が高まります。

仮に審査に通過したとしても、借り入れ限度額が低くなることを覚悟しておきましょう。

複数のカードローンに申し込みしない

同時に複数のカードローンに申し込むと、「お金に困っている人」と判断され、審査に不利にはたらきます。

具体的には、1カ月の間に3社から4社のカードローン申し込み履歴があると、いわゆる「申し込みブラック」に認定されると言われています。

カードローンの申し込み履歴は個人信用情報機関に6カ月間保存されますので、別のカードローンに申し込む際は、前回の申し込みから間隔を空けるようにしましょう。

勤務状況や属性情報を改善する

収入が安定していない、勤務先を転々としている、転職したばかり、といった状況の人は、審査に不利になります。

転職したばかりの人や、派遣元を変えた人は、最低でも3カ月、できれば1年間は同じ職場で勤務実績を作ることをおすすめします。

カードローンの審査基準には、職種・勤続年数・会社規模や雇用形態といった項目からなる職業安定度が重視されています。
転職直後は、この判定の際に不利になってしまう可能性が高いということを覚えておきましょう。

ひとつの会社で長く勤めている人であれば、派遣社員やアルバイト、パートでも、勤務形態は問われません。

ただし、収入の多さは借り入れられる金額に影響するものなので、他社借り入れ額が多い人は、その分の収入がないと「返済能力が不足している」とみなされてしまいます。

転職や退職で収入が減り、現在の借り入れ額が総量規制の限度を超えてしまった場合は、正直に金融機関に報告して返済計画の見直しを図りましょう。

虚偽の申告をしない

最後に、虚偽の申告をしないように気をつけましょう。わざとではなく間違って入力してしまった場合も、審査落ちの原因になる場合があります。

特に注意が必要なのは、他社借り入れ額を少なめに申告したり、年収を多めに申告するケースです。

他社借り入れは、信用情報機関を照会すれば簡単に把握できるため、嘘なく正確に報告する必要があります。

年収は収入証明書を見れば確認できるので、こちらも正しく申告しましょう。

次に、勤務先情報です。

勤務先の電話番号を間違えると在籍確認ができなくなり、「きちんと勤務しているかどうか?」という確認が取れません。

また、勤務形態がアルバイトなのに正社員と書くなど情報を偽っても、審査担当者は気がつくものです。

契約前にばれなくても、後日その事実が発覚すると、借りた金額の一括返済を求められる可能性もあります。

申し込みは、正しい情報で行いましょう。

返済が困難ならおまとめローンで金利の見直しも検討しよう

現在の借り入れが多くてもしっかりと返済ができている人なら、新しいカードローンの審査に通る可能性があるでしょう。

しかし、あるカードローンの返済のために別のカードローンの利用を考えているなら、借金を一本にまとめた方が効率的です。

そのような状況に陥っている人は、いわゆる「自転車操業」状態です。A社の借金を返すためにB社で借金をするという状態のことですね。

その際に利用したいのが、おまとめローン。おまとめローンを利用すれば、他社の借り入れをひとつにまとめられるため、月々の支払いも1回で済みます。

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは総量規制の対象外となっているため、一時的に年収の3分の1以上の借り入れが可能となります。

また、必然的に借り入れ額が大きくなるため、今よりも金利を下げられる可能性が高いです。利息制限法では元本の金額ごとに上限金利が設定されています。

元本の金額が10万円以下なら年利20%ですが、100万円以上なら15%以下までしか金利は設定できません。

おまとめローンを検討する場合は、現在契約している金融機関の担当者に「他社借り入れも1本にまとめられるか」と確認してみるといいでしょう。

また、以下の記事でも「おまとめローンが契約できるカードローン」を紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

おまとめローンおすすめ8選! 賢く借り換えるポイント解説

他社借り入れがあってもカードローンの利用は可能!

すでに複数のカードローンでお金を借りている人は、新しいカードローンを申し込む前に、なるべく返済をすすめて借り入れ先の数を減らしておきましょう。

返済が順調で、返済能力を認められれば、他社借り入れがあっても借りられるカードローンはあります。

状況に応じておまとめローンの利用も選択肢に入れ、計画的な返済を目指してください。

(監修:たりたり社長、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード