アコムのおまとめローンの審査は厳しい? 特徴や注意点をご紹介します!

複数の借り入れをひとつにまとめてくれるおまとめローン。消費者金融大手のアコムでも、「借換え専用ローン」という名称で利用が可能です 。

おまとめローンであれば、複数の消費者金融からの借り入れを一本化できるので、毎月の返済を効率的に行えます。

現在、複数の借り入れ先に返済している人にとっては、メリットが多いサービスです。

今回は、アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の特徴や審査の流れを中心に、解説していきたいと思います。

アコムの公式HPへ

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の特徴は?

まずは、アコムの「借換え専用ローン」の商品詳細をご覧ください。

アコム「借換え専用ローン」の商品詳細
利用限度額 1万円~300万円
実質年率 年7.7%~18.0%
遅延損害金(賠償額の元本に対する割合) 年20.0%
返済期間 借入日から最長13年7カ月
返済回数 2~162回
資金の使途 貸金業者債務の借換え※銀行やクレジットカードのショッピングは含まれない
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、同社基準を満たす方
担保・連帯保証人 不要
申込方法 店頭窓口・「むじんくん」(自動契約機)

「借換え専用ローン」の3つのメリット

「借換え専用ローン」のメリットは、以下の3点です。

・毎月の返済金額、金利の負担が軽減
・総量規制の対象外
・段階的に残高が減少

毎月の返済金額や金利負担が軽減

複数の会社に借り入れがあると、借入先の会社の数だけ支払先が分散するので、それぞれに対して高い利息がかかってしまいます。

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」を利用すると、こうした複数のローンの返済を一本化でき、利息制限法によって金利を低くできる可能性があります。

契約内容や借入総額にもよりますが、「借換え専用ローン」を利用して金利が低くなれば、毎月の返済額を減らせることになります。

総量規制の対象外

貸金業者の融資は総量規制の対象となるため、一般的に、消費者金融からは年収の3分の1以上を超える借り入れができません。

しかし、総量規制の「例外貸付」として、顧客の利益の保護に支障が生ずることがない貸付は、年収の3分の1を超えても許されるという決まりがあります。

おまとめローンは「顧客に対して一方的に有利になる借換え」に該当するため「例外貸付」として認められています。

同様にアコムの「借換え専用ローン」も総量規制の対象外なので、複数社からの借入総額が年収の3分の1を超えたとしても利用可能です 。

段階的に残高が減少する

消費者金融や銀行の一般的なカードローンは、返済 方式として残高スライド式リボルビング払いを採用しており、毎月の返済額は借入残高に応じて変動するように設定されています 。

借入残高が減るにつれて月々の支払い額も小さくなりますが、ひと月あたりの返済額が減ることで支払い期間は長くなっていくため、利息を多く支払う必要が生じます。

それに対して、アコムの「借換え専用ローン」は元利均等返済方式と呼ばれる、「毎月の支払額が一定」となる返済方式を採用しています。

そのため、借入残高が減っても毎月の返済額は変化しませんが、その分確実に元金を減らしていけるため、早く完済することができます 。

アコムの「借換え専用ローン」を活用した毎月の返済例

では、アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」を利用することで、毎月の返済額や総返済額がどのように変わるのかを実際にシミュレーションしてみましょう。

ここでは、以下のような3社からの借り入れがある場合で説明していきます。

借入残高 金利(実質年率) 毎月返済額
A社 300,000円 16.00% 9,000円
B社 400,000円 17.00% 12,000円
C社 500,000円 18.00% 15,000円

3社からの借り入れ総額は現在120万円。各社ごとに返済をした場合、月々の返済金額の合計は36,000円です。

この状態でアコムの「借換え専用ローン」を利用すると、100万円以上の元本に対する上限金利は年15.0%と定める利息 制限法により、120万円の借り入れに対する金利も15.0%におさえられます。

さらに返済期間を借入日から最長6年8カ月で計算した場合、毎月の支払額は24,000円に。

36,000円だった月々の支払いが12,000円も軽減することになるので、負担はだいぶ軽減されますね。

契約している借入総額や契約内容によっては、返済額をさらに軽減できる可能性もあります。

「借換え専用ローン」の申し込みから融資までの流れ

アコムの「借換え専用ローン」を利用するには、以下の手順を踏みましょう。

①アコムのフリーコール(0120-07-1000)で「借換え専用ローン」を申し込む
②必要書類を持参して、店頭窓口か「むじんくん」(自動契約機)に行く
③その場で審査回答、契約
④融資

アコムの「借換え専用ローン」の申し込み方法は電話(フリーコール)だけです 。
インターネットでは受け付けていませんので、気を付けましょう。

まずは、フリーコールに電話して、必要書類や手続きの流れについての説明を受けます。
フリーコールは24時間受け付けていますが、夜間や深夜は電話がつながりにくくなるので、夕方までには電話をしておくことが望ましいです。

続いて 、店舗か「むじんくん」(自動契約機)まで出向き、必要書類の提出と在籍確認、契約を行います。

店舗の受付時間は平日の9:30~18:00ですが、「むじんくん」(自動契約機)の場合は土日祝日を含めて8:00~22:00の営業です 。

では、各プロセスの詳細を確認しておきましょう。

①電話で「借換え専用ローン」の申し込み意思を伝える

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」は、下記 のフリーコールからのみ申し込めます。

アコム フリーコール:0120-07-1000

担当者が、申し込みに必要な書類の案内や事前の手続きを説明してくれるので、指示に従います。

②書類を用意し、店頭窓口か「むじんくん(自動契約機)」に行く

担当者に指示された書類を持参し、店頭窓口もしくは「むじんくん」(自動契約機)に行きます。

本人確認書類

申し込みに必要な書類は、本人確認書類と収入証明書です。

本人確認書類は運転免許証が便利ですが、運転免許証がない場合は、顔写真がついた個人番号カードやパスポートでも可能です。

顔写真がついた書類がない場合は、健康保険証にプラスして以下のいずれかの書類の提出が必要となります。

・住民票
・公共料金領収証
・納税証明書

収入証明書は、以下の書類から、直近に発行されているものをいずれか1点提出します。

・源泉徴収票
・確定申告書
・税類通知書・所得(課税)証明書
・給与明細書

審査回答、契約

書類を提出したら、審査が始まります。
審査結果はその場で聞くことができ、無事に通過すればそのまま契約となります。

融資

契約が済めば融資となりますが、通常のカードローンと異なり、申込者が現金を手にすることはありません。

「借換え専用ローン」では、複数の貸金業者の借金を一本化した後、アコムからそれら各業者に対して振り込み返済を行います。

その際の振り込み名義はアコムではなく、申込者(契約者)名義となります。

アコムが各貸金業者に完済した翌月から、申込者からアコムへの返済が始まります 。

「借換え専用ローン」の返済方法

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の返済は、下記の3つの方法で可能です。

・アコムのATMや「むじんくん」(自動契約機)
・提携ATM
・口座引き落とし

アコムのATMや「むじんくん」(自動契約機)であれば、手数料なしで返済できます。

アコムのATMの場合は24時間利用可能で、「むじんくん」(自動契約機)の場合は営業時間内(8:00~22:00)の返済となります。

提携ATMの場合は台数が多く便利ですが、利用時間がそれぞれ異なることと、利用手数料が発生することに注意が必要です。

口座の引き落としは、利用手数料もかからず、返済忘れもないためおすすめの方法です。
ただし、口座引き落としを希望する場合は、まず店頭窓口あるいはアコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に連絡する必要があり、また手続きから開始まで数カ月、時間がかかることがあります 。

口座引き落としの手続きが完了するまでは、アコムのATMや提携ATMから返済を続けましょう。

おまとめローンの審査に落ちた? 落ちやすい人の傾向をご紹介

アコムの「借換え専用ローン」をはじめ、メリットが大きいおまとめローンですが、審査に通らないと融資は受けられません。

しかし、残念ながらおまとめローンの審査に落ちることもあります。

以下に、おまとめローンの審査に落ちやすい人の傾向をまとめてみました。

信用情報に傷があった

消費者金融を含め、あらゆる金融機関が重要視している信用情報。これに傷がついている人はまず審査に通りません。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンの申し込み・支払い・返済状況などに関する情報のこと。ローンを申し込む際には必ずチェックされます。

過去に長期延滞、債務整理や強制解約といった「金融事故」を起こしていた場合は、5~10年ほど記録に残っており、この間は審査に通りません。

借入件数が多い

借入件数が多いのも要注意です。

通常のカードローン同様、他社借入の件数があまりにも多いと、おまとめローンとはいえ返済能力を疑われてしまいます。

借入残高が少ないなど完済できそうな借金がある場合は、まずはそれを完済して、1件でも他社借入件数を減らしてから申し込むことをおすすめします。

借入希望額が年収の半分を超えている

貸金業法には借入金額は年収の3分の1までという総量規制がありますが、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、たとえ年収の3分の1を超えていても融資は可能です。

しかし、借入希望額の総額が年収の半分を超えていると、返済のリスクがかなり高まるため、おまとめローンの審査に通ることはむずかしくなります 。

実際のところ審査は厳しいの?

ここまで説明してきたように、審査は決して甘くはありません。

しかし、以下の条件を満たしている人にとっては、そこまで厳しすぎるものではありません。

・安定した収入がある
・借入件数は少なめ
・過去に金融事故を起こしていない
・借入総額が年収の3分の1程度

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の注意点

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」は、通常のカードローン借り入れとは異なる性質の融資であるため、事前に以下の注意点も確認しておきましょう。

・申し込みは電話からしか受け付けていない
・銀行カードローンなどは対象外
・即日融資可能できない可能性がある
・おまとめできるのは元金だけ
・在籍確認は必ず行われる
・最高融資額は300万まで
・利用用途が限られる
・自由に借り入れ・返済を繰り返せない

順番に、解説していきます。

電話からしか受け付けていない

アコムの通常のカードローンはネットからの申し込みが可能ですが、「借り換え専用ローン」の場合は、まずはフリーコールに電話をする必要があります。

フリーコールは24時間受け付けていますが、ランチタイムなどのお昼時や夜間は混雑してつながりにくくなるので注意が必要です 。

銀行カードローンなどは対象外

複数の借り入れをまとめられる「借換え専用ローン」ですが、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングの残高はおまとめの対象外です。

一本化できるのは消費者金融などの貸金業者からの借り入れだけなので、銀行カードローンからの借り入れがある人は、それらは除外してまとめることになります。

即日融資可能できない可能性がある

アコムの場合、通常のカードローンも「借換え専用ローン」も即日融資が可能です。

ただし、「借換え専用ローン」の場合は融資金額が大きいため、審査が慎重に行われることで時間がかかり、即日融資とならないケースも少なくありません。

いつでも即日融資が可能だと過信せず、利用する際は余裕をもって申し込みましょう 。

まとめられるのは元金だけ

「借換え専用ローン」を利用すれば、借金をすべてまとめられると思いがちですが、利息まではまとめることができません。

アコムの「借換え専用ローン」でまとめられる金額は借換え対象のローン残高の元金のみ。完済するためには利息分を自己負担で用意する必要があります。

利息分の金額は、自分が契約している貸金業者に問い合わせて調べましょう 。

在籍確認は必ず行われる

アコムの「借換え専用ローン」でも、一般のカードローンと同じように勤務先への在籍確認が必ず行われます。

在籍確認がうまく行われないと、「借換え専用ローン」が利用できません。

ただ、アコム側は申込者が本当に勤務先に在籍しているかを確認したいだけなので、電話確認の際に「アコム」という会社名を出すことはありませんし、最小限の会話で完了します。

在籍確認によって、アコムのおまとめローンを利用していることが勤務先にバレることはないので、安心してくださいね。

最高融資額は300万円まで

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の融資額は1万円から300万円までです。

つまり、借入金額の合計が300万円を超えている場合は、すべての借金をまとめられないということになります。

この場合は、300万円以内におさまる分だけ「借換え専用ローン」を利用するなど、対策を考えましょう 。

利用用途が限られる

「借換え専用ローン」は、その名のとおり借り換えやおまとめに特化したローンです。

アコムの通常カードローンは利用用途に制限はありませんが、「借換え専用ローン」の場合は目的以外の利用はできません。

自由に借り入れ・返済を繰り返せない

通常カードローンの場合、ある程度返済をして融資枠に余裕ができれば、枠内で新たに借り入れすることも可能です。

しかし、「借換え専用ローン」はあくまで複数の借り入れをまとめて返済するためのローンであるため、借入残高が減少しても新たな借り入れをすることはできません。

おまとめローンを利用している間は新規の借り入れは行わず、現在の借り入れを完済することに集中しましょう。

アコムのおまとめローンを利用して、早めの完済を!

複数業者からの借り入れがあると、金額的にも心理的にも負担が大きくなりがちです。

これ以上新たな借金を増やさないためにも、しっかりと返済計画を立て、アコムの「借換え専用ローン」も賢く利用しましょう。

毎月の負担を少しでも減らせるよう、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

アコムの公式HPへ

(監修:村瀬大輔、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード