審査が通りやすいビジネスローンはある? 具体的な資金調達法も紹介

赤字決算など、審査に不利になる条件を抱えている経営者なら、自分でも借りられるビジネスローンを探したいと考えることもあるでしょう。

誰でも借りられる審査が甘いビジネスローンというのは残念ながら存在しませんが、探し方を工夫すれば比較的審査が通りやすいビジネスローンを見つけることは可能です。

ビジネスローン以外の資金調達法とあわせて、ご紹介していきます。

「必ず借りられるビジネスローン」はない

大前提として、必ず借りられるビジネスローンというものは存在しません。

誰でも簡単に、必ず借りられるビジネスローンがあるとしたら、それはヤミ金融の可能性が高いです。

・必ず融資します
・他社で断られてもOK
・審査なしで融資が可能

このような甘い言葉を言ってくる会社には気をつけましょう。

「名前を聞いたことがない」「インターネットの掲示板でよくない情報が書き込まれている」など心配な場合は、金融庁のホームページで登録状況を確認してみましょう。

貸金業を行う際には、必ず登録を受けなければいけないことになっています。

金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で、業者名や貸金業の登録番号、代表者名などで検索をすることができますので、不安な場合はこちらを利用しましょう。

金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」

さらに、日本貸金業協会に登録している業者かどうかも調べられます。

日本貸金業協会

比較的審査が通りやすいノンバンク系のビジネスローンを検討しよう

銀行に比べると、大手消費者金融系やノンバンク系のビジネスローンは審査基準が低く設定されている傾向にあります。

大手消費者金融各社ならほとんどが銀行のグループ傘下になっていることもあり、営業体質も健全で、違法な金利や激しい取り立てなどは一切ありません。

審査に通るかどうかの事前チェックが可能な金融機関も多いので、まずは公式HPから自分の条件で融資が可能かどうか、確認してみましょう。

審査が通りやすいビジネスローンを選ぶならこの2社

赤字決算でも申し込める

ビジネクスト「ビジネスローン」

決算書不要の審査

オリックスVIPカードローンBUSINESS

ビジネスローンの審査が厳しくなる理由

もともと、ビジネスローンは大手都市銀行が開発したローン商品です。融資方針を中小企業に広げることで、銀行の収益を拡大しようと生まれました。

ところが、銀行のビジネスローンは貸し倒れが増えたことから、中小企業に対してあまり積極的に融資を行わなくなったという経緯があります

そのため、現在はビジネスローンを扱う銀行の数は少なく、審査もとても厳しくなっています。

そこで受け皿となったのが、ノンバンク(消費者金融や信販会社)の存在です。

大手の都市銀行や地方銀行のビジネスローン審査は条件が厳しいですが、消費者金融のビジネスローンは銀行に比べて審査基準が比較的低く、融資が受けやすいといえます。

ノンバンク系ビジネスローンの審査に通るためのポイント5つ

銀行に比べて審査基準が比較的低いと言われるノンバンク系のビジネスローンですが、審査を通るためには事前の準備が必要です。

そこで、ビジネスローン審査通過のための5つのポイントをご紹介します。

・上限金利が高いビジネスローンに申し込む(アナログ審査)
・ビジネスローンの審査に通る条件を整える(スコアリングシステム審査)
・来店が必要な金融機関のビジネスローンを申し込む
・事業向け融資専門の会社に申し込む
・即日融資ができるビジネスローンを選ぶ

順番に確認していきましょう。

上限金利が高いビジネスローンに申し込む(アナログ審査)

ビジネスローンの金利は、プロパー融資(保証会社の保証を付けず、銀行が独自の保証のみで直接融資する方法)と比べると全体的に高い設定になっています。

たとえば、事業者ローンなど事業者向け金融サービス専門の「ビジネクスト」の金利は、年3.1%~18.0%。ほかの消費者金融ビジネスローンでも、低くても17%以下になることはほとんどありません。

金利が高い理由は、貸し倒れリスクとの兼ね合いです。

銀行よりもゆるい審査基準かつ無担保で融資をするわけですから、貸し倒れリスクは当然高まります。貸し倒れの損失を補うのに回収した利息を当てているため、金利が高めに設定されているという仕組みです。

つまり、金利が高い金融機関ほど審査はゆるく、金利が低い金融機関ほど審査が厳しいというわけです。

ビジネスローンの審査に通る条件を整える(スコアリングシステム審査)

消費者金融系のビジネスローン審査を通るには、以下で紹介するいくつかの条件を満たす必要があります。

業歴が1年以上ある

法人や自営業、個人事業主がビジネスローンの審査を受けるには、最低でも1期分の青色申告書や決算書が必要になります。

決算書が必要な理由は、きちんと融資返済してもらえるかを見極めるため、経営状況などを判断する材料となるからです。貸借対照表やキャッシュフロー計算書などの決算書の情報をもとに、倒産のリスクなどをスコアリングして確認しています。

スコアリング(信用格付け)=過去の決算情報や業種・事業歴などのデータをもとに、企業の信用度を点数化してチェックすること。銀行や大手消費者金融各社では、機械で自動的に審査を行うスコアリングシステムを採用しており、審査時間の短縮を叶えている。

そのため、スコアリングに必要な資料である「最低1期分の決算書や青色申告書」が提出できることが条件になります。

ただし、中には決算書の提出が不要な「オリックスVIPカードローンBUSINESS」などもありますので、検討の候補に入れておくといいでしょう。

赤字決算ではない

赤字決算の場合、返済能力が低いと判断されてしまうため、ビジネスローンの審査が難しくなります。

税金の未納・滞納がない

税金の未納や滞納がある場合も、基本的にビジネスローンの審査は通りません。

納税ができていない会社は、資金繰りが危ない状態と判断されるからです。

ただし、ビジネクストのように、ビジネスローンの中には赤字や税金未納でも、現在の経営状態を考慮して融資を検討してくれる会社もあります。

審査が不安な方は、まずコールセンターなどで融資が可能かどうかを確認してみることをおすすめします。

金融事故を起こしていない

ビジネスローンの検討をしている会社が過去に不渡りや銀行の取り引き停止になったことがある場合や、経営者本人がカードローンやクレジットカードの延滞や滞納、破産や債務整理などの金融事故を起こしている場合、金融事故に該当します。

このような事故情報は、信用情報機関に5~10年間ほど履歴として残っており、履歴が残っている間はビジネスローンの審査は通りません。

また、信用情報機関で事故情報の履歴が消えたとしても、当事者であるカード会社や金融機関には履歴が残っている可能性もありますので、別の金融機関に依頼するなどの対応をした方がいいでしょう。

来店が必要な金融機関のビジネスローンを申し込む

中小の消費者金融の中には、スコアリングシステムを導入していない会社もまだまだあります。

その場合、書類審査のほか、融資担当者との面談などが審査に必要とされます。スコアリングシステムとはちがって、決算書だけで審査を行うのではなく、今後の事業計画や現在の経営状態をくみ取って審査をしてくれることがあります。

つまり、過去の業績がよくないなどスコアリングに自信がないときでも、審査のために来店が必要だとする金融機関でなら、総合的に判断してもらえる可能性があるということです。融資担当者と直接話ができるのは、来店申し込みだからこそのメリットといえます。

また、中小の消費者金融には、大手消費者金融のビジネスローン審査に落ちてしまった会社からの申し込みが集まります。

この中で融資可能な会社を見極めるために、融資担当者が長年の経験で判断したり、審査の基準を低くする代わりに金利を高くしたりと、柔軟に対応しています。

スコアリングシステム導入している金融機関を選ぶか、来店型の金融機関を選ぶかは①決算数値等の客観的なデータに問題がないか、②客観的なデータだけではなく直接担当者に伝えたいことがあるかなどによって決めたほうがいいでしょう。

事業向け融資専門の会社に申し込む

ビジネスローンを扱う消費者金融は、大きく分けると次の2つに分かれます。

・個人向けカードローンが中心の消費者金融
・事業向け融資が専門の消費者金融

このうち、事業向け融資専門の金融機関の方が、貸し倒れのリスクの見極め方をはじめ、審査のノウハウやデータが豊富にそろっています。

そのため、表面的に条件のよくない会社への融資でも、さまざまな条件を考慮に入れて前向きに検討してもらえる可能性があります。

即日融資ができるビジネスローンを選ぶ

申し込み当日に融資をしてもらえるのは、ノンバンク系のビジネスローンのみです。

※即日融資可能な事業者でも、すべての審査結果が即日で出るわけではありません。

即日融資が可能なビジネスローンをお探しの人は、こちらの記事も参考にしてください。

ビジネクスト「ビジネスローン」

  • Web申し込みで来店不要、最短即日融資
  • 事業融資専門のノンバンク
  • 累計10万口座超の利用実績
融資対象 法人または個人事業主
※申し込み時年齢が満20歳~満69歳まで※業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書を提出できる方
融資額 50万円~1,000万円
金利(実質年率) 3.1%~18.0%
担保 不要
保証人 原則不要

※法人の場合は原則、代表者が連帯保証人

必要書類 <法人>

・代表者本人の確認書類

・決算書

※その他必要に応じた書類

<個人事業主>

・本人確認書類

・確定申告書

・当社所定の事業内容確認書

※その他必要に応じた書類

融資スピード 最短即日
返済方法 ・元利均等返済:最長5年(60回以内)

・元金一括返済:最長1年(12回以内)

※一括返済可能(要相談)

コンビニATMの利用 可能

ビジネクストの公式HPへ

オリックス「VIPローンカード BUSINESS」

  • 利用可能枠の範囲内であれば、借り入れ・返済は自由
  • オリックスグループの優待特典あり
  • 最短60分で審査結果がわかる
融資対象 20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。

・業歴1年以上の個人事業主の方

・法人格を有する事業の代表者の方(例:○○株式会社、△△有限会社を経営する方)

融資額 500万、400万、300万、200万、100万、50万の6コース
金利(実質年率) 6.0%~17.8%

※100万円コース以上は14.9%以下となります。

担保 不要
保証人 不要
必要書類 (1)本人確認書類

(2)収入確認書類

<事業収入のある人>

・所得税の確定申告書(第1表および第2表)で、税務署印または税理士印があるもの

・個人事業主の方は「経営状況申告書」も必要

<給与所得のある人>

・下記のいずれか1点の写し
(源泉徴収票、給与明細書と賞与明細書、確定申告書、課税証明書、地方税決定通知書)

融資スピード 最短即日
返済方法 リボルビング払いまたは1回払い

※一括返済・増額返済可能

コンビニATMの利用 可能

オリックスVIPローンカード BUSINESSの公式HPへ

プロミス「自営者カードローン」

  • 生計費・事業費に使えるカードローン
  • 最短30分で融資が可能なのですぐに借りられる
  • 限度額の範囲内なら何度でも借り入れ可能
融資対象 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
融資額 300万円まで
金利(実質年率) 6.3%~17.8%(実質年率)
担保 不要
保証人 不要
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、パスポートまたは健康保険証+住民票)

・収入証明書類(前年度分の確定申告書、青色申告決算書または収支内訳書)

・事業実態を疎明する書類(有効期限内の営業許可証または過去1年以内の受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細に類する書類)

融資スピード 最短即日融資
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
コンビニATMの利用 可能

プロミスの公式HPへ

アイフル「事業サポートプラン」

  • 最短即日融資で近くのコンビニから出金可能
  • 1万円から借りられる
  • 法人プラン、個人事業主プランがある
融資対象 法人・個人事業主
融資額 1万円~500万円 
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
担保 不要
保証人 原則不要(ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が原則必要)
必要書類 <法人>

・決算書2期分

・商業登記簿謄本

・代表者の本人確認書類

<個人事業主>

・確定申告書(青・白)

・事業内容確認書(同社所定)

・本人確認書類

融資スピード 最短即日
返済方法 ・借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

・元利定額返済方式

・元金一括返済方式(※個人事業主プランはカードローン可)

コンビニATMの利用 可能

アイフルの公式HPへ

三鷹産業「ビジネスローン(商工ローン)」

  • 関西地方を拠点とするノンバンク
  • 最大1,000万円まで融資可能
  • 即日審査・即日融資で、融資は現金で希望場所への配達もOK
融資対象 中小企業または個人事業主
融資額 50万円~1,000万円
金利(実質年率) 100万円以上:6.00%~15.00%

100万円未満:6.00%~18.00%

担保 審査によっては担保(不動産)が必要な場合あり
保証人 審査によっては保証人が必要な場合もあり

※法人の場合は代表者の連帯保証が必要

必要書類 <法人>

・法人印鑑証明

・会社謄本

・法人実印

<個人>

・印鑑証明

・住民票

・実印

・身分証明書(免許証・保険証・パスポート)

融資スピード 最短即日
返済方法 ・元利均等返済(3年以内、36回まで)

・一括返済(6カ月以内)

コンビニATMの利用 不可

三鷹産業の公式HPへ

ビジネスローン以外の資金調達方法もある

ビジネスローン審査に落ちてしまった場合でも、別の方法で資金の調達ができることがあります。

ビジネスローンとは異なる審査基準を持つ資金調達方法も検討しておきましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却して、資金調達をする方法です。

売掛債権は支払期日まで現金にならないものですが、ファクタリング会社に売却することで、早ければ即日で資金を得ることができます。

ビジネスローンとのちがいのひとつは、ファクタリングでは売掛先の企業の信用度によって融資の可否を判断するということです。

税金の未納や金融事故を起こした経歴があってビジネスローンの審査に通らない会社でも、ファクタリングなら利用できる可能性があります。

ただし、ファクタリング手数料がかかるため、売掛金の満額を手に入れることはできないので注意しましょう。

手数料をとられたとしても、売掛金を早期に回収して資金調達したいと考えている場合は、ファクタリングしていくら入金されるかを診断してみるといいでしょう。

資金調達プロの10秒診断を受けてみる

有担保ローン

代表的な有担保ローンは3つあります。

・不動産担保ローン
・売掛債権担保ローン
・動産担保ローン(ABL保証)

ビジネスローンは「無担保」「保証人なし」の無担保ローンです。担保がない分、返済する会社の信用力がポイントになります。

しかし、有担保ローンは担保がある分、返済する会社の信用力はそれほど重く見られません。

注意点は、返済ができなかったときには担保は戻ってこないという点です。

日本政策金融公庫などの公的融資

政府系金融機関、地方公共団体、信用保証協会などの公的な機関は、営利目的の銀行などとは異なり、事業の促進や地方経済の発展などを目的とした活動であるため、経営状態の良し悪しのみで審査をしません。

新事業の創業資金融資や経営状況が悪化している企業のための貸付など、セーフティネットとしての役割もあります。

政府系金融機関には、日本政策金融公庫と商工組合中央金庫があり、個人企業や小規模企業向けの小口資金から中小企業向けの長期事業資金など、さまざまな融資制度が用意されています。

また、都道府県や市区町村が設けている地方公共団体の「制度融資」、信用保証協会が金融機関の融資に対して保証する形をとる「保証融資」も利用可能です。

公的機関からの融資は、銀行融資よりも金利が低いというメリットがありますが、一方で審査に必要な期間が長いというデメリットも。すぐに資金調達を希望する場合には不向きと言えるでしょう。

ビジネスローンを利用する前に、まずはしっかり準備しよう

結論としては、審査の通りやすいビジネスローンを探す前に、まずは審査に通るためのポイントを押さえてしっかり準備することが重要です。

どうしてもビジネスローン審査が通らない場合は、ファクタリングや有担保ローン、公的融資なども検討してください。

【この記事でご紹介したビジネスローン一覧】

(監修:サボテン、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード