洗濯槽を掃除する頻度は?洗い方や必要な洗剤を知りたい!

洗濯槽を掃除する頻度は?洗い方や必要な洗剤を知りたい!

洗濯機はほぼ毎日衣類を洗う電化製品なので、こまめに掃除をしましょう。掃除が必要だということはわかっていても、どのくらいの頻度でやって、どのように掃除をすればいいかは意外と知らないものです。今回、洗濯機の掃除で覚えておきたいことを紹介します。いつもきれいな洗濯機で衣服類を洗ってみませんか?


洗濯機の掃除する箇所とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯機を掃除するときには、細かな部分も綺麗にしましょう。洗濯槽の掃除を定期的にやっていても、洗濯機の中は意外と汚れているものなのです。

洗濯槽

洗濯槽にはたくさんの穴があいていて、そこから排水する仕組みです。裏側に排水がいきわたるようにできているため、石鹸かすや衣類の汚れなどが付着しカビてしまいます。洗濯槽の中は目に見えないことから、掃除をサボってしまいがちな場所でしょう。新品の洗濯機でも数カ月でカビが生えるといわれているため、こまめな掃除が必要です。

洗濯機と洗濯パン

洗濯機本体も使い続けるうちに汚れてきます。細かい溝が付いている洗濯機も多く、指にタオルを巻き付けて、細かい部分を拭いていきましょう。洗濯槽の上の部分にも、ホコリが付着し汚れていることが多くなっています。暗くて見えにくい部分は、懐中電灯を使って照らし、内部までしっかり拭き取りましょう。

洗濯パンは手が届かない部分も多く、普段は掃除をサボりがちでしょう。大掃除の時期には、洗濯機を動かして届かない部分も拭きたいものです。

投入口やフィルターなど

液体洗剤や柔軟剤を投入する部分は、洗剤が固まっている可能性があります。ぬるま湯を流して溶かすと、目詰まりを防ぐことができるためおすすめです。フィルターのように取り外しができる部品は、一度取り出して洗面所で擦り洗いします。フィルターと洗濯槽の間にもゴミが溜まっていることがあるため、指で触ってチェックしてみてください。

意外と見逃しがちなのが、排水ホース周りです。ときどきホースを取り外し、排水溝がゴミで目詰まりしていないかも確認してください。ドラム式洗濯機では、乾燥フィルターや排水フィルターも掃除する必要があります。

洗濯槽の洗い方とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯槽はカビが生えてきますから、ときどき洗うようにしましょう。洗濯槽を洗うために必要な道具と、洗い方を紹介します。

必要な道具は?

洗濯槽を洗う洗剤は、重曹、酵素系洗剤、ハイターなどが使えます。環境に優しく肌への負担が少ない洗剤を使いたい場合は重曹、つけ置きができるなら酸素系洗剤、頑固な汚れにはハイターのような塩素系洗剤を使いましょう。漂白剤は洗濯用のものを代用しても構いません。専用クリーナーより洗濯用漂白剤は、費用が安いのが特徴です。

ドラム式の洗濯機でも同様の洗剤を使って洗うことができます。洗濯槽の洗剤を使う場合は、酸素系と酵素系を混ぜないことが重要です。2つを混ぜると猛毒の塩素ガスが発生するため、絶対に2種類の洗剤を混ぜないでください。重曹は洗浄力が弱いため週に1回が目安で、酸素系や塩素系なら月1回でも十分です。

洗濯槽の洗い方

酸素系漂白剤を使う場合は、洗濯槽に40~60度のぬるま湯を入れます。発泡して汚れを除去するタイプで、ぬるま湯を使うと効果的です。洗濯機に「槽洗浄コース」があればそれを使いましょう。なければ満タンにぬるま湯を入れ、そこに酸素系漂白剤を水10Lにつき50cc入れます。塩素系も同じ分量でOKです。2~3分ほど洗濯機を回したら、2~3時間つけ置きをします。

汚れが浮いてきたら、ストッキングとハンガーを使ってネットを作り、それで汚れをすくい取ります。すすぎと脱水を2~3回やり、カビが出てこなくなれば終了です。カビが浮いてくるようなら、カビのすくい取りとすすぎ脱水を繰り返してください。

洗濯槽が汚いとどうなる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも洗濯槽が汚いとどうなってしまうのでしょうか。目に見えない部分だけに、見逃してしまっている方も多いでしょう。

洗濯の質が悪化

洗濯槽の裏側に付着したカビは、洗濯のたびに少しずつ剥がれ落ちています。黒いわかめ状になるまで放置しがちですが、実はその前からカビが剥がれて衣類に付着している可能性があるのです。せっかく綺麗にした洗濯物なのに、カビがついてしまうのは避けたいと思うでしょう。

カビなどで人体への影響も

カビはアレルギーの原因になるともいわれており、子どものアトピー性皮膚炎や喘息の原因となっている可能性があります。洗濯物に付着したカビが乾くと空気中に飛び散りやすく、カビを部屋中にばらまいているのかもしれません。洗濯槽の内部は構造上湿っていて、カビが発生する最適な場所だといえるでしょう。

まとめ

洗濯機が清潔に保たれていると、毎日の洗濯も安心です。汚れが蓄積していると洗濯機の性能を落とし、電気代を余計にかけている可能性があります。カビが洗濯槽に付着すれば、衣類を傷め人体にも影響を及ぼすため、こまめな掃除を心がけましょう。こまめな掃除は汚れが付きにくくなる効果も期待できます。

この記事のライター

kurasso編集部の中の人です。
家事の時短・効率を重視しつつ、空いた時間で子どもとの時間(あと自分時間も)を充実させたい!!と切望。
働くママに役立つノウハウをどんどんお届けして、あわよくば自分の家の悩みを一緒に解決したいと、目論見中です。

関連するキーワード


ライフスタイル 洗濯 掃除

関連する投稿


賃貸住宅の退去時にエアコンのクリーニング料金はかかるもの?

賃貸住宅の退去時にエアコンのクリーニング料金はかかるもの?

子育て家庭では賃貸住宅を退去して、新しい住宅に引っ越すケースもあるでしょう。そのような際に気になるのが、エアコンクリーニング費用を負担するかどうかです。なかには高額な費用を請求するケースもありますから、事前に知識として取り入れておきましょう。


レシートを撮影するだけ?簡単に管理できる家計簿アプリを紹介

レシートを撮影するだけ?簡単に管理できる家計簿アプリを紹介

今まで家計簿をつけてみたものの、長続きしなかったという方は、スマホアプリを利用してみましょう。簡単につけられる機能があるため、管理が面倒だと感じている方でも続けやすくなっています。家計簿アプリの特徴と、おすすめのアプリを紹介します。


手を抜かない「ゆる家事」のコツは?知っておくべき4つの心得と実践方法

手を抜かない「ゆる家事」のコツは?知っておくべき4つの心得と実践方法

子育ても家事も忙しく、毎日家事が大変だと感じるなら「ゆる家事」に挑戦してみましょう。手抜きをしているわけではなく、家事自体を楽にする方法のことです。サボっているように見えず、適度に手を抜く家事は、現代女性に向いているといえます。どんなテクニックがあるのか紹介しましょう。


お掃除代行サービスの評判は?どこの会社がオススメ?

お掃除代行サービスの評判は?どこの会社がオススメ?

子育て中の家庭では何かと忙しいため、お掃除代行サービスを利用したいと思っている方もいるでしょう。しかし、一度も利用したことがないと、どのようなサービスかわからず、不安を感じ利用に踏み切れないこともあります。そんな方のために、お掃除代行サービスとはどんなものなのか紹介します。


失敗しない収納家具の選び方。おしゃれでおすすめのチェストやクローゼットは?

失敗しない収納家具の選び方。おしゃれでおすすめのチェストやクローゼットは?

使いたいものがすぐ取り出せて、片付けも「サッ」とかんたん。日常で使うたくさんの日用品をすっきり整理するのに欠かせないのが、チェストやクローゼットなどの収納家具や収納棚。ただ安さだけでこれらを選んでしまうと後々困ってしまうことも……。収納家具や収納棚は値段だけにとらわれず、目的に合わせてしっかり選ぶのがオススメです。


最新の投稿


賃貸住宅の退去時にエアコンのクリーニング料金はかかるもの?

賃貸住宅の退去時にエアコンのクリーニング料金はかかるもの?

子育て家庭では賃貸住宅を退去して、新しい住宅に引っ越すケースもあるでしょう。そのような際に気になるのが、エアコンクリーニング費用を負担するかどうかです。なかには高額な費用を請求するケースもありますから、事前に知識として取り入れておきましょう。


レシートを撮影するだけ?簡単に管理できる家計簿アプリを紹介

レシートを撮影するだけ?簡単に管理できる家計簿アプリを紹介

今まで家計簿をつけてみたものの、長続きしなかったという方は、スマホアプリを利用してみましょう。簡単につけられる機能があるため、管理が面倒だと感じている方でも続けやすくなっています。家計簿アプリの特徴と、おすすめのアプリを紹介します。


手を抜かない「ゆる家事」のコツは?知っておくべき4つの心得と実践方法

手を抜かない「ゆる家事」のコツは?知っておくべき4つの心得と実践方法

子育ても家事も忙しく、毎日家事が大変だと感じるなら「ゆる家事」に挑戦してみましょう。手抜きをしているわけではなく、家事自体を楽にする方法のことです。サボっているように見えず、適度に手を抜く家事は、現代女性に向いているといえます。どんなテクニックがあるのか紹介しましょう。


お掃除代行サービスの評判は?どこの会社がオススメ?

お掃除代行サービスの評判は?どこの会社がオススメ?

子育て中の家庭では何かと忙しいため、お掃除代行サービスを利用したいと思っている方もいるでしょう。しかし、一度も利用したことがないと、どのようなサービスかわからず、不安を感じ利用に踏み切れないこともあります。そんな方のために、お掃除代行サービスとはどんなものなのか紹介します。


カバー付きハンガーラックを選び方は?3つのポイントとDIYのテクニック

カバー付きハンガーラックを選び方は?3つのポイントとDIYのテクニック

子どもがいて家族が多いと、衣類の量も多くなりがちです。そのような家庭では、すぐに衣類をかけられて収納が便利な、ハンガーラックを活用してみましょう。子育て家庭にピッタリのハンガーラックの選び方から、おすすめの商品まで紹介していきます。安価な材料を使い、DIYで手作りするテクも参考にしましょう。


家事話題のキーワード


ライフスタイル 掃除 洗濯