洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

子育て家庭で家族が多いと、ついつい洗濯物を洗濯機の中に大量に入れてしまいがちです。うちの洗濯機は大容量だから大丈夫と思って入れていても、もしかしたら大丈夫ではないのかもしれません。もう一度洗濯機に入れる洗濯物の量をチェックしておきましょう。


一度に洗濯できる量ってどのくらい?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯機にはどのくらいの洗濯物の量を入れていいかは、意外とわからないものです。感覚的に使って、何となくの量で入れてしまいがちなのではないでしょうか。

洗濯機には決まりがある

まずは家庭にある洗濯機の用量を確認しておきましょう。市販の洗濯機では、コンパクトサイズで6kg、家庭用で9kg、大容量で10kg以上のものもあります。これらの規定は、洗濯物をどのくらいの量まで入れられるかの表示です。しかし、家庭で毎回6kg、9kgと衣類の重さを量るのは大変ですから、実際には重さはわからないのではないでしょうか。

洗濯のプロであるクリーニング店でも、衣類の重さをわざわざ量るところはないのです。そもそも洗濯物によってジーンズのように重いものもあれば、フリースのように軽い素材もあります。それらをわざわざ量るのは現実的ではありません。そのため、洗濯機に記載されている規定量は、あくまでも目安にしかなりません。

洗濯機で洗えない衣類とは?洗濯表示の見方やお手入れ方法を確認しよう

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/79

毎日洗濯をする主婦でも、一度は洗濯で失敗した経験があるでしょう。洗濯機には洗えるものと洗えないものがあるため注意が必要です。衣類にダメージを与えず、洗濯機を長く使うためにも、洗えるものをチェックすることをおすすめします。

衣類の量によって水位を調整

洗濯機に衣類を入れる量に合わせて、水量を調節しましょう。洗濯機に対し衣類が30~40%くらいの量であれば、水量を中程度に調節します。衣類が60~70%程度であれば、水量は一番量が多い状態に調節してください。

洗濯物の汚れが落ちるのは、洗濯機の水流を利用しているからです。ドラム式であれば、上から下に向かって洗濯物が落ちる力を利用し汚れを落としています。縦型洗濯機では洗濯槽で水流が発生し、衣類を揉み込むように汚れを落としているのです。これらの働きが正しくおきるには、衣類の量と水量が適切でなければなりません。

詰め込んでも7割程度

洗濯物の量は洗濯機の規定量で比較するのではなく、洗濯槽に入る量で決めるのがベストです。ついつい洗濯機には衣類を詰め込んでしまいがちですが、これでは水流が発生せず、洗濯機の機能を発揮していません。洗濯機が持つ機能を十分発揮させるには、7割程度までが限界です。

たくさんの衣類を入れて洗うと、手間がなく短時間で洗い終わります。しかし、それでは洗濯物が十分回らず、汚れが落ちていない可能性が高いのです。衣類の量を毎回量るのは大変ですから、洗濯槽に7割入れて、水量を一番多いものにすると失敗がなくなります。

【PR】メディアでも話題!宅配クリーニングリネットはこちら

洗濯物を入れすぎるとどうなるの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎると、いろいろな問題が発生します。何となくいっぱいまで入れてしまいがちな方は、次の事に注意しましょう。

回らずに汚れが落ち切らない

洗濯物の量が多いと、洗濯物が回らず汚れが落ちません。ドラム式であれば、上から下に衣類が落ちにくくなり、叩きつけて汚れを落とす機能が働かないのです。ただ水で濡らして洗っているだけにすぎず、これでは汗や皮脂汚れが落ちません。縦型洗濯機でも水流が発生してはじめて、衣類に摩擦が生じます。

汚れがちゃんと落ちませんから、襟や袖口の黄ばみの原因にもなるでしょう。通常の洗濯で汚れが落ちなければ、結局別に手洗いやつけ置き漂白が必要となり、手間がかかってしまいます。洗濯の回数が2回に増えるのを避けるばかりに、衣類の汚れを残してしまっていたのです。

【時短家電】ドラム式洗濯機のオススメの選び方

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/240

働くママが取り入れたい時短家電アイテム・ドラム洗濯機。縦型と比較して、どのような点が時短になるのか、各メーカーのドラム式洗濯機にはどのような特徴があるのかを調査しました。また、購入する上で知っておきたいポイントも紹介しています。

臭いの原因にもなる

洗濯物の汚れが落ちていない状態では、雑菌が繁殖して生乾き臭の原因となります。パパの衣類を洗濯機でちゃんと洗ったのに、加齢臭が取れていないと感じるなら、皮脂が落ちていない証拠です。洗濯機に入れて濡れると洗ったような気持ちになっているだけで、実は衣類の汚れは落ちていません。タオルを部屋に干すと臭いが出やすい方も、洗濯機に入れる量を間違っている可能性があります。

洗濯槽のしつこいカビ汚れを落としたい!おすすめの掃除方法は?

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/81

洗濯槽の内部にもカビが生えてしまうと聞いたことがある方も多いでしょう。実はこれは本当のことで、定期的に掃除をしなければカビが生えてしまうのです。子どもがいる家庭では、カビによるアレルギーも気になりますから、洗濯槽の洗い方をチェックしておきましょう。

故障の原因に繋がる

規定量より多く衣類を詰め込んでしまうと、洗濯機の故障に繋がる可能性があります。縦型洗濯機は下の部分が回るようにつくられており、洗濯物が多すぎるとここに負担が掛かるのです。結局「洗濯機が回らなくなってしまった」「洗濯機から水漏れがするようになった」など故障の原因となるため注意しましょう。

洗濯機は決して安い買い物ではありませんから、少しでも長く使い続けるために、正しい洗濯物の量を心がけてください。普段は1回で洗っていたものが2回に増えて手間な場合は、思い切って大容量の洗濯機を新調するのもいいかもしれません。

まとめ

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎてしまう方は、意外と多いのではないでしょうか。洗えているような気がしても、実際には汚れが落ちておらず、洗濯機にも負担をかけていた可能性があります。汚れが落ちなければ衣類を傷め手間が増えるだけなので、正しい量を見直してみてください。

この記事のライター

kurasso編集部の中の人です。
家事の時短・効率を重視しつつ、空いた時間で子どもとの時間(あと自分時間も)を充実させたい!!と切望。
働くママに役立つノウハウをどんどんお届けして、あわよくば自分の家の悩みを一緒に解決したいと、目論見中です。

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


マーガリンで汚れ落とし!? 洋服についた油汚れを落とす洗濯の裏技

マーガリンで汚れ落とし!? 洋服についた油汚れを落とす洗濯の裏技

うっかり洋服に付着させてしまった油汚れ。そのまま洗濯機で洗っただけでは落とせないこともありますよね。頑固な油汚れにちょっとした一手間を加えることで、汚れの落ち具合が大きく違ってきますよ。そこで今回は、油汚れを落とす洗濯の裏技を伝授。キッチンや冷蔵庫のなかにあるものが役立ちます!


初めてでも安心! 家中ピカピカにするオキシクリーンの使い方

初めてでも安心! 家中ピカピカにするオキシクリーンの使い方

インスタグラムやSNSで「#オキシ漬け」のタグを目にしたことはありませんか? 気になるけれど、多目的な洗剤なので、実際どこにどうやって使うかいまいちわからない……。もっと他の使い方が知りたい……。そんなあなたにオキシクリーンの種類から、使い方など、洗濯や掃除に役立つ方法をご紹介します。


100均のメラミンスポンジが最強!? 白レザースニーカーの白さが復活

100均のメラミンスポンジが最強!? 白レザースニーカーの白さが復活

人気の白スニーカー! なかでも大人カジュアルからきれい目スタイルまで合わせられるレザースニーカーはひとつあると便利ですよね♪ でも悩ましいのが手入れ。そこで、100均のメラミンスポンジを使った簡単なお手入れ方法を実践してみました!


100均で買える優秀グッズ! 洗濯板が便利な理由と使い方

100均で買える優秀グッズ! 洗濯板が便利な理由と使い方

洗濯板と聞いて、みなさんどんなイメージをお持ちですか? 何となく古臭い、手間がかかりそう……。しかし、もし時短アイテムだったとしたらどうでしょうか? 洗濯板は100均でも手に入り、手軽に使えて優秀なアイテム。今回は、洗濯板が便利な理由と使い方をお伝えします。


嫌いな家事! アイロンがけする洗濯物を溜めずに楽する裏技

嫌いな家事! アイロンがけする洗濯物を溜めずに楽する裏技

苦手な家事として挙げる方も多いアイロンがけ。溜まれば溜まるほどやりたくなくなってしまいますよね。わかっていても、つい溜めてしまうもの! そこで今回は、ワイシャツなどのアイロンがけをすることの多い私が、実践してみて時短になった方法についてご紹介します。


最新の投稿


布団の正しいダニ対策は? 駆除グッズを活用しよう

布団の正しいダニ対策は? 駆除グッズを活用しよう

目には見えませんが、布団にはダニがたくさん潜んでいる可能があります。腫れや痒みを引き起こしたりアレルギーの原因になったりするため、定期的に駆除するなどの対策が必要。そこで今回は布団にいるダニを退治する方法を特集。死滅したダニの除去の仕方や発生を予防するための対処法を、おすすめのダニ対策グッズとともにご紹介します。


洗面台・シンクのパイプの詰まりには? 専用洗剤ナシで掃除する裏技

洗面台・シンクのパイプの詰まりには? 専用洗剤ナシで掃除する裏技

少し前に掃除をしたと思っていたのに、気がつけば髪の毛や食べカス、細かいゴミなどで詰まってしまう、洗面台やシンクのパイプ。なかなか流れず、イライラしてしまいますよね? 今回は、そんなパイプの詰まりを、専用洗剤ナシですっきりさせる裏技をご紹介します。


ファイナンシャルプランナー(FP)資格は何種類? 取得法・活用法を解説

ファイナンシャルプランナー(FP)資格は何種類? 取得法・活用法を解説

ファイナンシャルプランナーには、国家資格であるFP技能士と、民間団体が運営するAFP・CFPがあります。ここでは、それぞれの違いや特徴について解説。また、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したい人は、まずどのような資格取得を目指せばいいのかについても紹介しています。


コストコのはちみつはバリエ豊富! 人気のくまボトルや本格派ハニーも

コストコのはちみつはバリエ豊富! 人気のくまボトルや本格派ハニーも

コストコには“はちみつ”がお手頃な値段で販売されているのを知っていますか? しかも、コストコオリジナルのカークランドブランドや、カワイイくまの形のボトルに入ったはちみつ、そして最近話題のマヌカハニーなどバラエティも豊富。今回は、そんなコストコで販売されている“はちみつ”を紹介していきます。


身近にあるもので解消! 油性ペンのにじみを防ぐ裏技5選

身近にあるもので解消! 油性ペンのにじみを防ぐ裏技5選

書きやすくて、一度書いたら落ちにくいことで知られる油性ペン。子どもの給食袋や上靴、ぞうきんなど名前を書くときに使うことも多いですが、気になるのは書いたときの「にじみ」。書いた部分の枠を縁取るように、素材によってはにじんでしまう場合がありますよね。今回は、そのにじみを解消する裏技をご紹介していきます。


ふとんリネット