これで汚部屋から卒業!きれいな部屋に生まれ変わる片付けのコツとは?

これで汚部屋から卒業!きれいな部屋に生まれ変わる片付けのコツとは?

週末にきちんと片付けたつもりなのに、また次の週末に近づくたびに「なんでこんなに散らかっていくんだろう……」と、思い悩んだことありませんか? 散らかった部屋のままだと、気分はどうしても曇りがちですよね。そこで、きれいな部屋をいつでもキープできるコツをまとめました!


部屋を片付けるコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

散らかっている場所を把握する

まず、散らかっている場所を把握しましょう。散らかっているという自覚がない場合は、床に物が落ちていないか、テーブルや食卓の上は散らかっていないか、本来しまう場所に違う場所をしまっていないか……部屋をぐるりと見渡してみましょう。まずは「現状把握!」がファーストステップです。

収納を減らす

極端に収納が少ないのも問題ですが、片付けられない人は、断捨離するよりもまず収納を増やそうとします。収納を増やすということは、必然的にそこにしまう物も増えてしまうということ。収納場所に入るもの以上のものは持たないと決めるのがベター。

業者に片付け・掃除を頼む

部屋がとにかく散乱!だけど片付ける暇もない……、という方は専門業者に依頼してしまうのも良いでしょう。必要なもの・不要なものの分別や不用品の回収も行ってくれるので、コストがかかっても「短時間で片付けたい」「なかなか自分では片付けができない」「そもそも片付ける時間がない」という方には、とても心強いサービスです!

【PR】1万件以上の実績あり!人気の家事代行会社はこちら

片付けができない人の特徴

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大掃除で片付ける

片付けられない人の特徴の一つとして、例えば大晦日の大掃除など、まとめて一度にやってしまおうと思っている傾向があります。しかしこの考えは、たとえ今現在、部屋が散らかっていても、「今度やろう」「週末にやろう」「大晦日にまとめて片付けるからいいや」と、先延ばしにしてしまいがち。そうすると、どんどん物が溜まっていって、ますます片付けが憂鬱になってしまいます。一度にまとめてやるよりも、少しずつでもいいから毎日できるところだけ片付けるのが、きれいな部屋をキープするコツですよ。

定位置が決まっていない

物をしまう場所をきちんと決めておかず、「とりあえずここでいいや」と適当にしまう癖がついてしまうと、せっかく作った収納場所が散乱し、部屋が散らかってしまう原因に。しまう場所はルールを決め、どこにしまうか迷う物は「とりあえずボックス」を作り、定位置が決まるまでそこに保管しましょう。ただ、「とりあえずボックスばかりが溢れかえってしまう……」ということにならないように、定期的に見直しを図った方が良いですね。

物が多い・捨てられない

片付けられない人の典型としてよく聞くのが「とにかく物が多い!」ということ。「いつか使うかも」「もったいないから」と、捨てる判断ができず、なんでも溜め込んでしまっていませんか?そうしてどんどん物が増えてしまうと、収納場所の容量をはるかに超えて、部屋が散らかり放題……という状態になってしまいます。

捨てるべきものか見極めるポイントは?

「収納場所に入らない物は持たない!」ことが部屋をきれいに保つための重要ポイント。でも「どこから手をつけていいのか、何を捨てて何を残したらいいのか、判断基準がいまいちわからない……」と悩んでしまいますよね。次に、3つのポイントを記しますので参考にしてください。

直近1年間、使っていないものか?

筆者も実践しているのですが、おすすめは「一年間使っているかいないか」をひとつの目安とする方法。「いつか使うかも……」と思いがちですが、一年間使わなかったものは、だいたい次の年も使わないんですよね。この方法は「使った」「使わない」でサクサク仕分けられるので、「これはどうしよう……」と迷うことも少なくスムーズです。

掃除や片付けの時に邪魔になっていないか?

通販で買ったけれど、ほとんど数回しか使用していないエクササイズマシン。とっておくと不用品売却の時に助かるから取っておいた家電の箱など、物理的に場所をとっていて、なおかつ、ずっとホコリを被っているようなものは思い切って処分してしまいましょう。

デッドスペースを作っていないか?

見直してみると、意外と多いのが住居内のデッドスペース。ちなみにデッドスペースとは住宅用語で「家具と家具の隙間など、隙間や家の中において利用するのが難しい空間」のこと。きれいに収納できている人は、このデッドスペースをうまく活用している人が多いです。使えるのが100円ショップのつっぱり棒やカラーボックス、すのこなどです。

まとめ

きれいな部屋を保つ方法として、ほかに積極的に筆者が取り入れていたのは「人を定期的に招く」ということ。その予定がコンスタントに入ると、半強制的にでも自分を奮い立たせて片付けなくてはならないため、部屋をきれいにするモチベーションにもなりました。帰宅して部屋がきれいだと気持ちが良く、家でのリラックスタイムもより充実するはず!ぜひ試してみてくださいね。

この記事のライター

kurasso編集部の中の人です。
家事の時短・効率を重視しつつ、空いた時間で子どもとの時間(あと自分時間も)を充実させたい!!と切望。
働くママに役立つノウハウをどんどんお届けして、あわよくば自分の家の悩みを一緒に解決したいと、目論見中です。

関連するキーワード


片付け 捨て方

関連する投稿


片づけが苦手な人必見! 片付け上手になるための解決法5つ

片づけが苦手な人必見! 片付け上手になるための解決法5つ

「いざ、片づけよう!」と決心するもうまくいかなかったり、片づいた! と思ったのに、数日で元の散らかった状態にリバウンドしてしまったり……せっかくがんばっても片づけが続かないのは辛いですよね。そんながんばる人ほどやってしまいがちな、片づけに対する思考や行動と、その解決法についてご紹介します。片づけの苦手を克服しましょう。


リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

「お片付け本を見てマネしてみたけどうまくいかない」「流行りの収納グッズを買ってみたけど使いこなせない」という理由で、リバウンドしてしまった方必見! 片付けたら散らからない手順をお伝えします。実は、リバウンドする原因は片付けの手順にある可能性が高いのです。今回紹介する6ステップの片付け方法、ぜひやってみてくださいね。


子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

お片づけのときに、「これはここね!」と子どもに伝えても、いつもその通りというわけにはいきませんよね。小さいお子さんならなおさら。まだ字が読めないお子さんでも、これはここ! と目印を作って戻しやすく、さらに見た目も整うお片づけのアイデアをご紹介します。


散らかった部屋はストレスの原因!? イライラをなくす片付けのコツ

散らかった部屋はストレスの原因!? イライラをなくす片付けのコツ

毎日過ごす部屋は、本来、疲れたあなたを安心させてくれる大事な自分だけのスペースのはずです。しかし散らかった部屋は体を休ませるどころか、視覚からも無意識にストレスをかけてしまいます。今回は散らかった部屋がストレスの原因になる理由と、イライラを解消するための片付けのポイントをお伝えします。


脱・片づけ下手! 小さい場所から片づけ始める3つのメリット

脱・片づけ下手! 小さい場所から片づけ始める3つのメリット

雑誌やインスタグラムの中のステキ収納に憧れ、片づけ始めたはいいけれど、途中で疲れてぐったり……。がんばってもうまくいかないし、結局リバウンド。そんな方も多いのでは? そこで、片づけが苦手でも無理なくできる! 小さい場所から片づけを始める3つのメリットをご紹介します。


最新の投稿


バンカーズボックスだけじゃない! 便利な蓋つきボックスの収納アイデア8選

バンカーズボックスだけじゃない! 便利な蓋つきボックスの収納アイデア8選

書類整理に役立つ収納ボックスといえば、フェローズジャパンが出しているバンカーズボックスが有名です。使い勝手がいいのですが、ちょっとお値段が……と思っている方に、バンカーズボックスの代わりになる、便利な蓋つきボックスを紹介します。それぞれの収納ボックスの使い方もまとめたので、参考にしてくださいね。


切って貼るだけ! 暮らしが変わるリメイクシートの使い方

切って貼るだけ! 暮らしが変わるリメイクシートの使い方

最近は、100均でもいろいろな種類のリメイクシートが手に入りますよね。小さなお子様がいるご家庭では、お悩みの多い家具の汚れや傷みなど、リメイクシートを利用すると簡単に隠すことができます。好みではないパッケージをお好みのものに変える、大がかりなことをせずに気分を変えるのにも、便利に使えます。いくつかの例を紹介します。


IKEAのキッチンのメリットとデメリットは? セット価格や購入方法も

IKEAのキッチンのメリットとデメリットは? セット価格や購入方法も

スタイリッシュなデザインと使い勝手のよさを両立したアイテムを豊富に取り揃える世界的な家具ブランドIKEA。数ある評判のいいアイテムのなかから、今回はシステムキッチンを取り上げ、レイアウト別に特徴や価格を解説。IKEAでキッチンを購入するメリットとデメリット、キッチンを注文する際のポイントや注意点もご紹介します。


片づけが面倒! 季節のイベントグッズとの付き合い方

片づけが面倒! 季節のイベントグッズとの付き合い方

イベントは楽しみたいけど、片づけは面倒に感じてしまう……。それなら、イベントグッズとの付き合い方やグッズの収納方法を、見直してみましょう。グッズを買うだけではない、楽しみ方をご紹介いたします!


驚きのなめらかさ! 話題の「まぜ卵」お試しレポ【時短キッチングッズ】

驚きのなめらかさ! 話題の「まぜ卵」お試しレポ【時短キッチングッズ】

朝も、昼も、夜も、ほとんどの食事で出てくる「卵」。主食だったり副食だったり、すっごく便利な食品ですが、気になるのが黄身と白身の混ざり具合。今回は、そんな料理におけるプチストレスを解消できるアイテム「まぜ卵」をご紹介します。


ふとんリネット