スツールとはどんな家具?使い方や、おしゃれでおすすめのタイプを紹介

スツールとはどんな家具?使い方や、おしゃれでおすすめのタイプを紹介

スツールという名前を聞いたことがある方もいるとは思いますが、具体的にどんな家具なのか聞かれても、詳しく答えられない方が多いのではないでしょうか。スツールとはどのような用途で使われているのか、どんな種類があるのか紹介します。


スツールとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スツールの特徴から、スツールとオットマンの違いを紹介します。どんな家具なのかイメージできない方はチェックしてみましょう。

スツールの特徴

スツールとは背もたれがない椅子のことです。コンパクトなタイプなら、キッチンなどちょっと腰掛けたいときに重宝するでしょう。子ども用の椅子としての使い方や、来客があったときの簡単な椅子として、物を置いて使う方法もあります。コンパクトなサイズなら持ち運びもしやすく、家庭で1つは持っておきたい家具でしょう。とくに最近では洋室を取り入れた家が多くなっていますので、気軽に使えるようなスツールが家にいくつかあると、いざという時に便利かもしれません。

スツールとオットマンの違い

オットマンとは足置きのことです。ソファーとセットで使い、ソファーの前にオットマンを置いて、足を乗せて使います。スツールは英語で「stool」と書き、足のない背の高い椅子、足乗せ台などの意味です。つまりオットマンとスツールは明確な違いはなく、利用者によって使い分けても問題ありません。

スツールの種類

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スツールといっても多数の種類がありますから、家庭に合わせて最適なものを選びましょう。スツールの種類を比較してみてください。

折りたたみタイプ

折りたたみスツールは、コンパクトにたたむことができます。足がスチール製となっており、座面が丸または四角の形でできているものが多いようです。金具を引っ張ると、足の部分がフラットになり、コンパクトに収納できます。キッチンに置いて使う方法や、子供用の椅子としても最適です。出しっぱなしでもスペースを取りません。

ハイスツール

カウンターバーなどで使うためにあるスツールのことです。床から足が離れるため、足元には足置きが付けられています。おしゃれなカフェなどでもみかけるタイプで、家庭にカウンターキッチンがあるなら設置してみましょう。

ミニスツール

ミニスツールとは座面の高さが低いタイプのことです。玄関先に置いておき、靴を履くときに使うと重宝します。玄関にあると荷物を仮置きでき、何かと便利です。テーブルとセットにして使う方法や、子供用椅子としても使い勝手がいいでしょう。

キッチンスツール

キッチンスツールは、料理をしながらちょっと座るときに便利な椅子のことです。通常のスツールでは足が4本ですが、キッチン用はコンパクトさを重視しているため3本のものが多くなっています。木製で丈夫なつくりのものが多く出回っており、使わないときは花台にもなるコンパクトサイズです。

スタッキングスツール

スタッキングとは積み重ねるという意味です。スツールを複数積み重ねて収納できるため、人数が多い家庭や、来客が多い家庭にピッタリでしょう。1つにまとめてしまえば収納スペースは小さくて済みます。

スツールの選び方とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

スツール選びで迷ったら、次の要素を考えながら選んでみましょう。デザイン性で選ぶ方法と、使い方に合わせて選ぶ方法があります。

部屋に合ったデザイン

使いやすさで選ぶのは大事ですが、家全体の雰囲気に合わせて選ぶというのも重要なポイントです。たとえば、子ども部屋に使うなら木製のものや、収納が付いたタイプが便利でしょう。リビングで使うなら、高級感を出すことができる布張りのものがおすすめです。モダンな家、木のぬくもりを意識した家など、コンセプチュアルな環境を作っているなら、それに合ったデザインのものを選択しましょう。

用途を考える

どこで使うかも選ぶ基準になります。普段使う頻度が少ないなら折りたたみ式や、スタッキングタイプを選びましょう。踏み台として使うなら、安定性のあるものを選んでください。踏み台はdiyにも使うことがあるため、ステップが付いたものが便利です。

おすすめのスツールは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんなスツールを選べばいいか迷ったら、次に紹介する商品を参考にしてみましょう。商品の特徴を参考にしてください。

おしゃれなスツール

■カラフル収納スツール(ベルメゾンネット)

「カラフル収納スツール」は子供部屋に使いやすいおしゃれなデザインです。価格は10,900円~で、収納家具としても使えます。

●ベルメゾンネット「カラフル収納スツール」http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=967571_441_2013_MM&SHNCRTTKKRO_KBN=03&KIKK_HBN=96757101&IRO_SKBT_SEQ=0&KIKK_HBN_HYJ_KBN=k

■バーチェア(ANDEa)

回転式バースツールは味わいある座面が特徴です。高さも調整できて便利なチェアです。

ANDEa バーチェア、ハイバーチェアベンチチェアチェア鉄ソリッドウッド工業用風回転バースツール家庭用リフティングバーチェアW33cmxH60-80cm 独創性 ( 色 : B )

¥ 10,999

(2017/12/5 時点)

用途に合ったスツール

■収納BOX付き天然木スツール(ニトリ)

この収納BOX付き天然木スツールは、リビングに置いて子供のおもちゃを入れられるため便利です。収納ボックスとスツールが別々になるため、椅子としての使い勝手もいい商品です。

収納BOX付き 天然木スツール(LS9040)

¥ 12,240

(2017/12/5 時点)

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

背もたれのないコンパクトなスツールは、家庭に1つあると便利です。踏み台として、花台として、子どもの椅子として、お客様用としてなど、いろいろな用途に使えます。目的にあったスツールを探して、家庭で活用してみましょう。