【実例】フライパン・お鍋の“シンプルゆったり収納”って?

【実例】フライパン・お鍋の“シンプルゆったり収納”って?

みなさんはフライパン・お鍋っていくつ持っていますか? また、どんな風に収納していますか? 引出しタイプのキッチンと扉開きタイプのキッチンで収納方法は変わってきますが、今回は引出しタイプ・扉開きタイプに共通するフライパン・お鍋の「持ち方」にもフォーカスし、画像付きでわが家の収納例をご紹介いたします。


こんにちは! 福岡でお片付けアドバイスとお片付け講師をしている、ライフオーガナイザーⓇの甲斐祐子です。

家事の中で、一番時間がかかるのが「料理」という方は、多いのではないでしょうか? 私の場合、調理時間・後片付けの時間も含めると、キッチンで過ごす時間は最低でも一日1時間以上、長い時は朝昼晩と合計3時間くらいはキッチンに立っています。

そのため、毎日使うキッチンだからこそ、自分の暮らしに合ったフライパン・お鍋を選び、少しでも効率よく動けるよう動線を意識し、よく使う物を使いやすい位置にゆったり配置しています。

そんなわが家のキッチンのフライパン・お鍋の収納をご紹介します。

収納する上で最初にやるべきポイント

見直しのポイント、まずは持っている物の"持ち方"について考えてみましょう。

フライパン・お鍋を一旦全部出してみて、どんな時に、どのお鍋を使っているかな~? と、考えてみてください。

ご自身の調理パターンや、キッチン内の動線、家族構成など考えてみたときに、適切なサイズや量を所有できていますか? まずは、ここから見直さなければ収納しても調理がスムーズになるとはいえません。

そこが明確化した後に、収納について考えてみましょう。

フライパン・お鍋を、よく使うフライパン・お鍋と、時々使うものを分け、
・よく使うものは重ねずゆったりと
・時々使う物はまとめて少し手の届きにくい場所へ
と、ご自身のキッチンと動線に合わせて配置してください。

では、これらのやり方をもとに、わが家ではどのようなフライパン・お鍋があり、どのような収納を行っているのかについて紹介していきますね。

わが家のフライパン・お鍋の収納法

今、わが家でほぼ毎日フル活用しているフライパンは4つ。お鍋も4つです。特別な収納テクニックはなにもなく、基本的には蓋とセットで、ただゆったり並べています。

フライパンも鍋も、今持っているものを把握した上で、これからの生活で「何に使うか?」「どう使うか?」を考え、「サイズ」や「素材」をしっかり吟味して、購入しました。

こちらが、コンロのすぐ下の引出し収納に入っているフライパン・お鍋です。

毎日使うフライパンとお鍋は、コンロ下の引出しへ

左奥からフライパンを3つと、フライパンの蓋を重ねています。このフライパン3つはそれぞれ、テフロン加工で深いもの・テフロン加工の浅く広いもの・鉄のフライパンです。その手前は、わが家で1番小さい卵焼き用のフライパン! 作る料理や量に合わせて、使い分けています。

フライパンの右側は鋳物ホーロー鍋24cmです。煮物を作る時によく使っています。

卵焼きフライパンの横が、ステンレスの片手鍋で、サイズは外径19.5cm×高さ8.5cmです。これは私が1人暮らしを始めた独身時代から使っていて、今は主にお味噌汁やスープ、汁物を作ることが多いです。お鍋が空いていたら、お野菜を茹でたり、調理下準備にも使っています。

一番右側には、わが家で一番大きなお鍋、外径24.7cm×高さ24.4cmの圧力鍋とガラスの蓋をセットで収納しています。圧力鍋としてはもちろん、野菜を蒸したり、大量の煮物・汁物、カレーもこのお鍋で作ります。

一番小さいお鍋は、ゆで卵を作ったり、野菜や乾物を茹でたり、お弁当作りにも大活躍します。

また、お鍋の右側には、お鍋と一緒に使う鍋敷きやミトン、この引出し横にある食器洗い洗浄機用の洗剤も入れています。

使う場所のすぐ近くにゆったり置くことが、取り出しやすく、かつ片付けやすくするポイントです。

例えば、フライパンは水を入れて調理することは少ないので、シンクから一番遠い場所にしています。お鍋は、場合によっては水を入れて調理することもあるので、フライパンよりシンク寄りに配置しています。

また、さっと取り出せるように、お鍋は重ねていません。

あまり使わない鍋は、少し取り出しにくい場所に重ねてもOK!

あまり使わない鍋が邪魔になり、よく使う鍋が取り出しにくいのはストレスでした。そのため、使用頻度によって完全に引出しを分けています。

先ほどのよく使うお鍋のすぐ下の引出しに、時々使う土鍋の大・小、テフロン加工の片手鍋、圧力鍋の蓋、圧力鍋で蒸かす時のザルを置いています。

こちらの引出しのフライパン・お鍋は週に一回以下しか使ってないので、かがんで取る場所に、多少取りづらさは承知のうえで重ねて、収納スペースを節約しています。

ちなみに、こちらの2軍鍋の左右には、コンロの汚れを拭き取るウエスと、油や酒、お酢など調味料のストックが入っています。

まとめ

キッチンが物で溢れ、使い勝手が悪ければ、さらに時間がかかります。

以前、私が住んでいた家のキッチンは扉開きタイプでした。その時は、あまりスペースがなかったこともあり、空間を仕切るコの字ラックなどを活用。それを使って棚を作り、上下に少し重ねてフライパンやお鍋を置いていました。さらに、フライパンはファイルボックスで仕切って、立てて収納している時期もありましたが、広いスペースが必要となり、今のお家には合わず……。

キッチンの収納スペース、モノの数など、人によってキッチンのベスト収納は異なります。そのため、今あるモノ、キッチン、そこで行う動作をしっかり把握し、ご自身にとって使い勝手の良い方法を見つけてくださいね。

この記事のライター

ライフオーガナイザーⓇ

福岡県大野城市在住。育児ノイローゼ・元お片づけベタだった経験から、
「子育て中のママに寄り添いたい!」「空間が片付き、少しでも家事が楽になり、子育て、心にも余裕が生まれ、ママが自分自身のこともより楽しめるようになる!」をテーマに、これからの暮らしが、より楽しく、楽になるようお片づけを通してサポートしています。

Webサイト:http://attayoatta.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


100均と無印でシンデレラフィット! ティッシュのストック収納用品

100均と無印でシンデレラフィット! ティッシュのストック収納用品

今回は、ティッシュのストックを収納しておくのに、ピッタリな収納用品をご紹介します。どれもシンデレラフィットで収納時からすっきり! 置く場所にあわせて、ピッタリな収納用品を選んでくださいね。


【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

パッククッキングという調理方法をご存知ですか? 湯せん可能なポリ袋に食材を入れて、湯せんで火を通す調理方法のことです。災害などでライフラインがストップしても、カセットコンロ・鍋・水・ポリ袋があれば、温かい食事をとることができます。もしもの時にも役立ちますが、日頃から便利に使える調理方法ですので、ご紹介いたします。


クローゼットがわりにも! 階段下収納でコートをきれいに収納しよう

クローゼットがわりにも! 階段下収納でコートをきれいに収納しよう

家のデットスペースを活用すれば、現状の収納もスペースアップします。玄関にある階段下収納をコート専用のクローゼットにしたら、放置されがちな上着の散乱を防げました! 今回は、階段下収納の実例をご紹介。また「そんなスペースない……」と悩んでいる方にも、スペースの作り方アイディアをお伝えします。


見た目良く、使いやすく! ざっくり派にオススメのキッチン収納グッズ

見た目良く、使いやすく! ざっくり派にオススメのキッチン収納グッズ

できれば何にもない、モデルハウスのようなキッチンがいい! と思っても、普段の自分のライフスタイルと差が大きく出る場所がキッチンです。本日は、ざっくり派の方にオススメしたい、見た目も良くて使いやすいキッチン収納グッズをお伝えします♪


「細かいモノの収納」がキモ! 快適キッチンに近づく収納テク4つ

「細かいモノの収納」がキモ! 快適キッチンに近づく収納テク4つ

キッチンは、アイテム数もモノの出入りも多い場所。調味料も新商品が出たらつい買って試してみたくなったり。あれもこれも詰めすぎてごちゃごちゃになっていませんか? 限られたスペースと、収納量のなかで、使いやすいキッチンにするために、私の家で取り入れているテクニックをお伝えします。


最新の投稿


月1回でOKなのはどこ? 場所別に適切な掃除の頻度を知ろう!

月1回でOKなのはどこ? 場所別に適切な掃除の頻度を知ろう!

仕事や家事、育児に大忙しの主婦は、こまめに掃除したいと思ってもなかなかできませんよね。そこで気になるのが掃除の頻度です。毎週、毎月一体どのくらいのペースで掃除すべきなのか、場所ごとに掃除すべきペースをまとめました。掃除頻度の目安を知って効率よく家事をこなしましょう。


蛇口は本当にキレイになる!? お酢で水垢掃除をやってみた!

蛇口は本当にキレイになる!? お酢で水垢掃除をやってみた!

水回りのお掃除は大変! 特に蛇口の水垢は固くて、場所も狭くて磨きにくく、落とすのにとっても手間がかかります。そんな場所のお掃除に役立つのが「お酢」。お酢の性質を紹介しつつ、実際にお酢を使って蛇口を掃除してみました。その効果を写真付きでご紹介します。


蛇口周りの水垢を徹底お掃除! 方法とコツをまとめました

蛇口周りの水垢を徹底お掃除! 方法とコツをまとめました

いつも水を出しているから、蛇口周りは特別な掃除をしなくても清潔だと思っていませんか? しかし、蛇口は水垢がたまりやすいため、定期的な掃除が必要です。そこで今回は、蛇口周りの掃除方法についてご紹介します。


ブラインド掃除は手順が大事! 軍手&ストッキングを使った裏ワザも

ブラインド掃除は手順が大事! 軍手&ストッキングを使った裏ワザも

部屋の掃除はこまめに行っているという人でも、つい掃除し忘れてしまいがちなブラインド。「ブラインドをどうやって掃除したら良いかわからない」という人もいるのでは? ブラインドは、意外とほこりが溜まりやすい部分なので、きちんと掃除をしておきたいものです。今回は、ブラインドの正しい掃除方法と、ほこりを防ぐ裏ワザをご紹介します。


すぐに温まるファンヒーターが超便利!3つの選び方のポイント

すぐに温まるファンヒーターが超便利!3つの選び方のポイント

素早く暖まりたいときの時短家電として、ファンヒーターの購入を検討している家庭もあるでしょう。温風が出てきますから、帰宅してすぐ暖まりたいときに最適です。そもそもファンヒーターとはどんな暖房器具なのか、さらに選ぶ際のポイントを紹介します。


ふとんリネット