調理中も食事中も簡単に取れる、砂糖と塩の「出しっ放し」収納

調理中も食事中も簡単に取れる、砂糖と塩の「出しっ放し」収納

砂糖も塩も、どちらも毎日の食事作りに欠かせない調味料。今回は、キッチンからもダイニングからも取りやすい、砂糖と塩の収納方法をご紹介いたします。色味やテイストを揃え、置きっ放しでもあまりゴチャゴチャ見えないように工夫しています。なんだか料理がやりづらないな……と感じている方は、ぜひ参考にしてください♪


こんにちは! 福岡でお片付けアドバイス・講師をしている、ライフオーガナイザーⓇの甲斐祐子です。

元お片づけ苦手、今もズボラで面倒なことが嫌いな私でも、使った調味料を、元の位置にもどせるようになりました。自分に合った楽な方法だからできるのだと思います。

今回は、お片づけ苦手な私だからこそのシンプル簡単な収納方法をご紹介していきますね。また、来客時も出しっ放しの調味料が、ごちゃごちゃした感じに見えないコツも合わせて説明します。

出しっ放しにしたいモノは、見た目が好きなモノを選ぶ!

写真の1番手前にある砂糖と塩入れは、100円ショップ・セリアの「SMART POT」の黒を使用しています。プラスチック製で黒の軽量スプーンもついていました。

左側の茶色い粉が砂糖で、右の白い粉が塩。色で砂糖と塩を区別できるので、ラベリングはしていません。

それとは別に、食卓用の塩こしょう・塩は、スタビアリュクスのガラス製容器を使用しています。私たちは夫婦ともに料理をするので、使いたい調味料が違い、何種類か常備しており、調味料のタイプ(さらさらしているのか、しっとりしているか)に合わせて保存容器を選んでいます。

一緒に置いている醤油さしはiwakiの商品でガラス製です。醤油と、だし醤油が入っています。

いつも出しっ放しにしているので、ごちゃごちゃ見えないように、黒とクリアの色のモノを選ぶようにしています。

よく使う場所の近くに! 理想は一歩も動かず手の届く位置

塩・砂糖・醤油などの調味料を置いているのは、キッチンカウンターの上です。調理するガスコンロにも近く、そして水回りにも近く、キッチンのちょうど真ん中あたりなので、味付けの時は一歩も動かないで、手を伸ばすと届きます。

ちなみに、よく使うキッチンツールもいつも出しっ放しですので、黒・ステンレス・木製で揃え、統一感が出るようにしています。

キッチンカウンターの上が砂糖と塩の置き場なので、必要な時は、食事をするダイニングテーブル側からも簡単に取ることができて便利です。

調理中はもちろん、食事中も後ろを向けば取ることができ、キッチンに取りに行かなくていいので楽♪

ダイニング側の塩・塩こしょう・醤油・だし醤油をまとめているのは、無印良品のポリプロピレン整理ボックスです。

この整理ボックスの中が定位置化しているので、家族もここに戻してくれます。

塩・砂糖のストックは、補充しやすい場所に分けて保管

そんな塩・砂糖のストック(予備)は、塩・砂糖入れの真上にあるキッチン戸棚に持ち手付きの容器に入れて、保存しています。

真上なので、立ち位置を変えることなく補充も在庫チェックも、すぐできます。

私の身長からするとこの戸棚は、少し高い場所なのですが、持ち手付きのカゴなので、少し背伸びすれば、踏み台なしでも、取り出すことができ、容器の中を確認することができます。

持ち手付きのカゴには、使いかけの調味料をまとめて入れています。

カゴの中は普段目に付かないので、塩・こしょう・鶏ガラスープのもと、一味など一度開封して、残りのある調味料はここ。色もバラバラ、入れ方もざっくりです。

ただ1つだけ統一しているのは、袋を輪ゴムなどで留めるのではなく、袋止めクリップで留めることです。

ちょっとしたことですが、少しでも効率よく、ストレス少なく調理したいので、わが家では袋止めクリップは大活躍です。

現在、砂糖はきらしていてストックはありませんでしたが、塩は4種類ありました。

定番で使っているものと、出先でも美味しそうな塩があるとつい買っちゃいます。美味しい調味料を探し、試すのは私の楽しみでもあるので何種類か持っていることが多いです。

種類は減らせなくても、置き場はここ1カ所がルール。好きな調味料、使い切れないともったいないですしね!

まとめ

対面式ではないお宅や、カウンターがない、カウンターの位置が高い・低いなど、各ご家庭でいろいろな条件があるかと思いますが、収納容器の色を統一する、使う場所の近くに置くなど、少しの工夫でスッキリと使いやすくなります。

ぜひ、ご自身とご家族の毎日が楽になるお片付け、試してみてくださいね♪

この記事のライター

ライフオーガナイザーⓇ

福岡県大野城市在住。育児ノイローゼ・元お片づけベタだった経験から、
「子育て中のママに寄り添いたい!」「空間が片付き、少しでも家事が楽になり、子育て、心にも余裕が生まれ、ママが自分自身のこともより楽しめるようになる!」をテーマに、これからの暮らしが、より楽しく、楽になるようお片づけを通してサポートしています。

Webサイト:http://attayoatta.com/

関連する投稿


疲労回復に! 牡蠣の卵黄ソースグラタン【二十四節気の時短レシピ】

疲労回復に! 牡蠣の卵黄ソースグラタン【二十四節気の時短レシピ】

12月7日より、暦の上では「大雪」という時期になりました。北国では雪も降り積もる頃ですね。今回は、大雪の頃に食べるといい時短料理ということで、牡蠣の卵黄ソースグラタンのレシピをお届けします。


着る服がない! クローゼットを整理する4つの方法

着る服がない! クローゼットを整理する4つの方法

クローゼットからあふれるほど洋服を持っているのに、今日着ていく服がない……。そんな風に感じたことはありませんか? 着る服に困るからもっと洋服が必要! と思うと、どんどん増えてしまいます。ここで一度クローゼットの棚卸しをしてみましょう。今からご紹介する、クローゼットの整理ポイントを確認してみくださいね。


文房具の神アイテムが収納に大活躍!? Wクリップ活用のススメ

文房具の神アイテムが収納に大活躍!? Wクリップ活用のススメ

職場にも自宅にもある、文房具のド定番アイテムである、Wクリップ。今回は、このWクリップを文房具以外の用途としても長年使ってきた私が、Wクリップの新たな使い方をご紹介していきますね! 早速、お家にあるWクリップの使い方、見直してみませんか?


スワッグって何? 100均グッズで作るクリスマススワッグ

スワッグって何? 100均グッズで作るクリスマススワッグ

ここ何年か耳にするようになってきた「スワッグ」というものをご存知ですか? おしゃれなインテリアとして注目され、自分で作られる方もいます。100均アイテムでも手軽に作ることができるので、クリスマス用に作ってみてはどうでしょうか。


コストコのラップ愛用者が教える! すっきり収納術

コストコのラップ愛用者が教える! すっきり収納術

コストコのラップはスーパーなどで売られているラップよりも巻きが長く、一度買えばとっても長持ちするので、長いこと愛用しています。ですが、通常タイプと同じように使うには大きくて重たく、置いて使うにはパッケージが目につく場合も。今回は、そんなコストコのラップをすっきり収納するコツを教えます。


最新の投稿


バンカーズボックスだけじゃない! 便利な蓋つきボックスの収納アイデア8選

バンカーズボックスだけじゃない! 便利な蓋つきボックスの収納アイデア8選

書類整理に役立つ収納ボックスといえば、フェローズジャパンが出しているバンカーズボックスが有名です。使い勝手がいいのですが、ちょっとお値段が……と思っている方に、バンカーズボックスの代わりになる、便利な蓋つきボックスを紹介します。それぞれの収納ボックスの使い方もまとめたので、参考にしてくださいね。


切って貼るだけ! 暮らしが変わるリメイクシートの使い方

切って貼るだけ! 暮らしが変わるリメイクシートの使い方

最近は、100均でもいろいろな種類のリメイクシートが手に入りますよね。小さなお子様がいるご家庭では、お悩みの多い家具の汚れや傷みなど、リメイクシートを利用すると簡単に隠すことができます。好みではないパッケージをお好みのものに変える、大がかりなことをせずに気分を変えるのにも、便利に使えます。いくつかの例を紹介します。


IKEAのキッチンのメリットとデメリットは? セット価格や購入方法も

IKEAのキッチンのメリットとデメリットは? セット価格や購入方法も

スタイリッシュなデザインと使い勝手のよさを両立したアイテムを豊富に取り揃える世界的な家具ブランドIKEA。数ある評判のいいアイテムのなかから、今回はシステムキッチンを取り上げ、レイアウト別に特徴や価格を解説。IKEAでキッチンを購入するメリットとデメリット、キッチンを注文する際のポイントや注意点もご紹介します。


片づけが面倒! 季節のイベントグッズとの付き合い方

片づけが面倒! 季節のイベントグッズとの付き合い方

イベントは楽しみたいけど、片づけは面倒に感じてしまう……。それなら、イベントグッズとの付き合い方やグッズの収納方法を、見直してみましょう。グッズを買うだけではない、楽しみ方をご紹介いたします!


驚きのなめらかさ! 話題の「まぜ卵」お試しレポ【時短キッチングッズ】

驚きのなめらかさ! 話題の「まぜ卵」お試しレポ【時短キッチングッズ】

朝も、昼も、夜も、ほとんどの食事で出てくる「卵」。主食だったり副食だったり、すっごく便利な食品ですが、気になるのが黄身と白身の混ざり具合。今回は、そんな料理におけるプチストレスを解消できるアイテム「まぜ卵」をご紹介します。


ふとんリネット