【子ども部屋の収納術】子どもの片付け癖がつく3つの収納ポイント

【子ども部屋の収納術】子どもの片付け癖がつく3つの収納ポイント

「子どもがなかなか片付けてくれない……」とお悩みではありませんか? ママが怒りたくなる気持ちもわかりますが、ちょっと待って! 子どもが片付けられないのは、子ども本人にとって片付けやすい収納になっていないからかもしれません。収納を見直して、片付けやすい仕組みを作るポイントをご紹介します。


こんにちは、マスターライフオーガナイザー®はやさか ひろみです。

小さいお子さんを持つママにとって、毎日散らかるおもちゃやモノたちは悩みの種。子どもが自分で片付けられるようになるにはどうしたらいいの? と、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

子どもが自分で片付ける癖をつけるには、「使う人=子ども本人」が使いやすい収納を作ることがカギ。収納は親が考え、配置しているご家庭が多いと思いますが、無意識のうちに親目線で考えてしまっていないか、改めて見直すことが大切です。

子どもの行動をよく観察して、子ども本人が使いやすい収納の仕組みを作ると、片付け癖がつきやすくなりますよ!

子どもが片付けられないのはなぜ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが片付けられないのは、なぜでしょう?

・他のことに夢中になっている
・片付けるのが面倒
・片付ける場所がわかりにくい
・片付けの意味が理解できていない

などいくつか理由があると思いますが、子ども本人の行動よりも、まわりの環境や親の関わり方で改善できる部分が多くあります。

「片付けられない」のではなく、片付けしにくい収納になっているだけかもしれません。まずは、子ども部屋の収納の見直しからはじめてみませんか?

片付け癖がつく3つの収納ポイント

①収納場所は通り道に配置する

「片付けなさい!」という前に、まずは一回、子どもの動きを観察してみてください。

子どもが使うものの収納場所は、どんな場所にありますか?

わざわざ取りに行ったり、しまいに行ったりしなければならない収納場所では、片付けのハードルが上がってしまいます。収納場所は、子どもの通り道に配置してあげることがポイントです。

②子どもの高さに合わせる

インテリアとの相性や収納の見た目を考えるあまり、出し入れしにくい収納になってしまっていませんか? 引き出しや蓋がある収納ボックス、たくさんモノが入る深さのある収納ボックスは見た目がすっきりして、リビングの印象は綺麗にまとまりますが、子どもにとっては出し入れがしにくい場合もあります。

子どもの出し入れのしやすさを考えると、できるだけフタなどのないオープンな収納がおすすめ! 収納の高さにも注意して、子どもでも中が見え、出し入れしやすい高さに配置しましょう。

③シンプルでわかりやすい収納にする

親が行うのではなく、子どもに自分で片付けて欲しいと思うなら、その場所には「余分なものを混在させない」ことが重要です。

例えば、幼稚園に毎日おしぼりを2枚持って行く場合。おしぼり置き場にキッチン用のおしぼりやウエットティッュ、ティッシュケースといろんなものをまとめて収納していると、どれを持っていいかわからなくなったり、しまう場所がわからず混乱したりします。

準備するにも多くの中から2枚を選ばなければならず、収納スペースも余裕がないので、子どもが出し入れするだけで、すぐにグチャグチャ……なんていうことにも。

幼稚園用おしぼり2枚×2セット=4枚など、本当に必要な分だけを収納スペースに余裕を持たせて入れておくシンプル収納なら、お子さんにもわかりやすく、出し入れがしやすくなります。

まとめ

「片付けなさい!」と、親が何度言ってもさっぱり片付けなくてイライラ……。

大人が言う「片付けなさい」の一言には、“出したおもちゃをおもちゃ箱にしまって、絵本は本棚にきちんと入れて……”など、多くの意味を含んでいるのではないでしょうか。

お子さんが、親の「片付けなさい」の一言から、親の思っていることを全て理解するのは難しいかもしれません。小さい子どもにほど、「片付けなさい」だけではなく、「おもちゃをこのおもちゃ箱に戻してね」など、できるだけ具体的に伝えることが大切です。

関わり方と収納の工夫で、少しずつ子どもの片付け癖をつけていきましょう。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:http://hiromimi33.cocolog-nifty.com/blog/

関連する投稿


寒たまごで金運を上げる! スパニッシュ天津飯【二十四節気の時短レシピ】

寒たまごで金運を上げる! スパニッシュ天津飯【二十四節気の時短レシピ】

1月20日より、暦の上では「大寒」になりました。寒波が到来し、関東地方でも雪がちらつく予報が出ることもある時期ですね。今回は、大寒の頃に食べるといい時短料理ということで、寒たまごを使ったスパニッシュ天津飯のレシピをお届けします。


キッチンの排水口のフタって本当に必要? 撤去して良かった6つのこと

キッチンの排水口のフタって本当に必要? 撤去して良かった6つのこと

ゴミ受けカゴに溜まったゴミを見えなくさせてしまうキッチンの排水口のフタ。これって本当に必要でしょうか? 排水口のフタやゴミ受けカゴをヌルヌルにさせてしまうモヤモヤから、排水口のフタを思い切って撤去してみたら、良いことがたくさんありました。


服が散らからないコツ! 子どもが服を片付ける魔法の声かけとは?

服が散らからないコツ! 子どもが服を片付ける魔法の声かけとは?

子どもの服が脱ぎっぱなし散らかしっぱなし……そんな経験はありませんか? 子どもが脱いだ服をきちんと片付けるようになる、ちょっとした魔法の声かけがあります。合言葉は、「ケーキを作ろう!」


真冬の最強ダイエット食! タラと大根の塩麹スープ【二十四節気の時短レシピ】

真冬の最強ダイエット食! タラと大根の塩麹スープ【二十四節気の時短レシピ】

1月6日より、暦の上では「小寒」になりました。1年のうちでも、一段と寒さが厳しくなる時期ですね。今回は、小寒の頃に食べるといい時短料理ということで、タラと大根の塩麹スープのレシピをお届けします。お正月に食べ過ぎてしまった! という正月太りの解消にもおすすめですよ。


狭い部屋の方、必見! 収納力をアップさせる壁面収納のコツ

狭い部屋の方、必見! 収納力をアップさせる壁面収納のコツ

「収納が少ない」「家が狭い」などの理由で収納スペースからモノが溢れてしまうこと、ありますよね。これ以上、収納家具は置けないし、どうすればいいの? とお悩みの方必見! 今回は壁面の活用法をご紹介します。壁面収納をすることによって、お家の収納スペースを新しく確保しませんか?


最新の投稿


【洗濯の裏技】ミートソースのシミはどうやって落とす?

【洗濯の裏技】ミートソースのシミはどうやって落とす?

家庭で作るパスタソースの定番・ミートソース。しかし、洋服やじゅうたんにボトッと落としてしまうと……一瞬、時が止まりますよね。いそいで拭き取れば、比較的に楽に落とせますが、外出先である程度経ってしまった汚れはどうすればいいのでしょうか? そんなママさんにとっての「困った!」を解決するために、洗濯の裏技をまとめました。


コストコでアイスを買うなら大容量を狙うべし! 安くて高品質なのは?

コストコでアイスを買うなら大容量を狙うべし! 安くて高品質なのは?

アメリカの映画やドラマを見ていると、子どもがビッグサイズのアイスクリームをスプーンですくって食べているシーンを見たことがありますよね! コストコではそんな憧れの海外製の大容量のアイスが販売されているんですよ。この記事では、コストコで売っているアイスの中でオススメのアイテムを3種類紹介したいと思います。


自分でシロアリ対策はできる? 駆除業者の予防工事もチェック

自分でシロアリ対策はできる? 駆除業者の予防工事もチェック

気付かないうちに住居に住み着いて、マイホームをボロボロにしてしまうシロアリ。そんなシロアリから我が家を守るため、自分でできるシロアリ対策から、プロの駆除業者による予防工事について紹介。駆除業者を選ぶポイントもお伝えします。


シロアリハンターの仕組みが知りたい! 設置手順と効果的な使い方

シロアリハンターの仕組みが知りたい! 設置手順と効果的な使い方

シロアリの被害にあってしまうと、駆除するのはもちろん、修繕に大きなコストや手間がかかってしまいます。今回はシロアリ対策として話題を集める「シロアリハンター」に注目。「シロアリハンター」の仕組みや設置手順、効果的な使い方などについてご紹介します。


お風呂のカビ掃除に何を使う? 「カビ取り剤+α」のテクニックと予防法

お風呂のカビ掃除に何を使う? 「カビ取り剤+α」のテクニックと予防法

お風呂掃除を少しさぼっただけで、着実に増えていってしまうカビ。ピンク汚れや黒カビなど、いろいろなカラー(?)の汚れが発生してしまいます。さらに、根深いカビはなかなか除去することができず厄介。今回はお風呂にできたカビに効果的な掃除方法と予防策についてご紹介します。


ふとんリネット