【子ども部屋の収納術】子どもの片付け癖がつく3つの収納ポイント

【子ども部屋の収納術】子どもの片付け癖がつく3つの収納ポイント

「子どもがなかなか片付けてくれない……」とお悩みではありませんか? ママが怒りたくなる気持ちもわかりますが、ちょっと待って! 子どもが片付けられないのは、子ども本人にとって片付けやすい収納になっていないからかもしれません。収納を見直して、片付けやすい仕組みを作るポイントをご紹介します。


こんにちは、マスターライフオーガナイザー®はやさか ひろみです。

小さいお子さんを持つママにとって、毎日散らかるおもちゃやモノたちは悩みの種。子どもが自分で片付けられるようになるにはどうしたらいいの? と、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

子どもが自分で片付ける癖をつけるには、「使う人=子ども本人」が使いやすい収納を作ることがカギ。収納は親が考え、配置しているご家庭が多いと思いますが、無意識のうちに親目線で考えてしまっていないか、改めて見直すことが大切です。

子どもの行動をよく観察して、子ども本人が使いやすい収納の仕組みを作ると、片付け癖がつきやすくなりますよ!

子どもが片付けられないのはなぜ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが片付けられないのは、なぜでしょう?

・他のことに夢中になっている
・片付けるのが面倒
・片付ける場所がわかりにくい
・片付けの意味が理解できていない

などいくつか理由があると思いますが、子ども本人の行動よりも、まわりの環境や親の関わり方で改善できる部分が多くあります。

「片付けられない」のではなく、片付けしにくい収納になっているだけかもしれません。まずは、子ども部屋の収納の見直しからはじめてみませんか?

片付け癖がつく3つの収納ポイント

①収納場所は通り道に配置する

「片付けなさい!」という前に、まずは一回、子どもの動きを観察してみてください。

子どもが使うものの収納場所は、どんな場所にありますか?

わざわざ取りに行ったり、しまいに行ったりしなければならない収納場所では、片付けのハードルが上がってしまいます。収納場所は、子どもの通り道に配置してあげることがポイントです。

②子どもの高さに合わせる

インテリアとの相性や収納の見た目を考えるあまり、出し入れしにくい収納になってしまっていませんか? 引き出しや蓋がある収納ボックス、たくさんモノが入る深さのある収納ボックスは見た目がすっきりして、リビングの印象は綺麗にまとまりますが、子どもにとっては出し入れがしにくい場合もあります。

子どもの出し入れのしやすさを考えると、できるだけフタなどのないオープンな収納がおすすめ! 収納の高さにも注意して、子どもでも中が見え、出し入れしやすい高さに配置しましょう。

③シンプルでわかりやすい収納にする

親が行うのではなく、子どもに自分で片付けて欲しいと思うなら、その場所には「余分なものを混在させない」ことが重要です。

例えば、幼稚園に毎日おしぼりを2枚持って行く場合。おしぼり置き場にキッチン用のおしぼりやウエットティッュ、ティッシュケースといろんなものをまとめて収納していると、どれを持っていいかわからなくなったり、しまう場所がわからず混乱したりします。

準備するにも多くの中から2枚を選ばなければならず、収納スペースも余裕がないので、子どもが出し入れするだけで、すぐにグチャグチャ……なんていうことにも。

幼稚園用おしぼり2枚×2セット=4枚など、本当に必要な分だけを収納スペースに余裕を持たせて入れておくシンプル収納なら、お子さんにもわかりやすく、出し入れがしやすくなります。

まとめ

「片付けなさい!」と、親が何度言ってもさっぱり片付けなくてイライラ……。

大人が言う「片付けなさい」の一言には、“出したおもちゃをおもちゃ箱にしまって、絵本は本棚にきちんと入れて……”など、多くの意味を含んでいるのではないでしょうか。

お子さんが、親の「片付けなさい」の一言から、親の思っていることを全て理解するのは難しいかもしれません。小さい子どもにほど、「片付けなさい」だけではなく、「おもちゃをこのおもちゃ箱に戻してね」など、できるだけ具体的に伝えることが大切です。

関わり方と収納の工夫で、少しずつ子どもの片付け癖をつけていきましょう。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:http://hiromimi33.cocolog-nifty.com/blog/

関連する投稿


楽ちんなのにキレイ! ドライヤーのベストな収納法とは?

楽ちんなのにキレイ! ドライヤーのベストな収納法とは?

ホテルライクなきっちりとしまったドライヤー収納に憧れていたら、まさかの断線!? ライフオーガナイザー®の私が、いくつもの失敗を経て見つけた「楽なのにキレイに見える」ドライヤーの収納法を、これまでの変遷写真とともにご紹介します。


これで散らからない! 家族の行動のクセを把握した収納法

これで散らからない! 家族の行動のクセを把握した収納法

一言に「収納」といっても、収納方法はさまざま! 自分にとって使いやすい収納が、家族にも使いやすいとは限りません。そこで我が家では、家族の「行動のクセ」を把握して、それに合った収納を各所で取り入れています。みんなが心地よく使えるため、常にきれいな状態がキープできるんです。今回はその方法をご紹介します。


【DIY】簡単オシャレ! 電動歯ブラシをスッキリ収納するコツ

【DIY】簡単オシャレ! 電動歯ブラシをスッキリ収納するコツ

普通の歯ブラシスタンドは可愛いものからオシャレなものまで、いろいろなところで手に入ります。でも、電動歯ブラシのスタンドとなるとサイズが微妙に入らなかったりで、意外と売っていないもの。そこで今回は、簡単に作れてオシャレで可愛い電動歯ブラシスタンドをご紹介! 電動歯ブラシをお使いの方は、ぜひ参考にしてくださいね♪


【収納テク】押入れやクローゼット、奥行きのある棚はどう使う?

【収納テク】押入れやクローゼット、奥行きのある棚はどう使う?

日本古来の奥行きである、3尺(90センチ)やそれ以上の奥行きのある収納。昔は布団を3つに折りたたんで収納する場所として重宝されていましたが、現在はベッドが主流になってきたこともあって、持て余している人も多いのではないでしょうか? ここでは奥行きのある棚を上手に使うために、その方法をご紹介していきます。


実母・義母・私のタイプ別! ポリ袋・レジ袋の収納方法

実母・義母・私のタイプ別! ポリ袋・レジ袋の収納方法

「ポリ袋・レジ袋 収納」と検索すると、たくさん出てくる収納方法。可愛いたたみ方や素敵な収納グッズは見ているだけでもうっとりしちゃうけれど、それが自分に合うとは限りません。今日はわが家の事例も含めて、ネットにたくさんある技にとらわれずに考えてみるポリ袋・レジ袋の収納をお伝えしていきますね。


最新の投稿


宝石・ジュエリーの買取相場とは? 業者の選び方や査定額を上げる方法

宝石・ジュエリーの買取相場とは? 業者の選び方や査定額を上げる方法

使っていない宝石・ジュエリーをタンスの奥などに眠らせていませんか? 使わずにおいておくより、出番のないものは思い切って買取に出すほうが、宝石・ジュエリーにとっても、持ち手にとっても幸せなことかもしれません。そこで、宝石やジュエリーの買取の相場や買取業者の選び方、高額で買取してもらうためのコツについてご紹介します。


ペンダントライトではなく、シーリングライトを取り入れた理由

ペンダントライトではなく、シーリングライトを取り入れた理由

「引っ越ししたら、まず照明とカーテンをつけなくちゃ!」生活する上で真っ先に必要なモノの一つが照明です。おしゃれなインテリアブログやデザイナーズものは、ほとんどがペンダントライト。私もルイスポールセンやヤコブソンには本当に憧れました! それを思いとどまった理由と、シーリングライトで良かったと思う点をお伝えいたします。


窓に生えたカビの取り方は? 窓枠・パッキンをきれいにするコツ

窓に生えたカビの取り方は? 窓枠・パッキンをきれいにするコツ

カビというと、お風呂場や押入れをイメージする方が多いかもしれません。しかし、一見通気性の良い窓もカビが発生しやすいため注意が必要です。一度つくとなかなか取れないカビ。この機会に、基本の取り方と、窓枠やパッキンをきれいにするコツについて、しっかり押さえておきましょう。


これはすごい! 100均・セリアの「超強力マグネット」活用術10

これはすごい! 100均・セリアの「超強力マグネット」活用術10

セリアには実用的なものから可愛いものまで、さまざまなマグネット商品が並んでいますが、その中でも今大人気なのが「超強力マグネット」。一見とっても地味なこのマグネット、いったいどんな使い方ができるのでしょうか?


【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

パッククッキングという調理方法をご存知ですか? 湯せん可能なポリ袋に食材を入れて、湯せんで火を通す調理方法のことです。災害などでライフラインがストップしても、カセットコンロ・鍋・水・ポリ袋があれば、温かい食事をとることができます。もしもの時にも役立ちますが、日頃から便利に使える調理方法ですので、ご紹介いたします。


ふとんリネット