リバウンドしにくくなる! 専門家が教える片付けのコツ3つ

リバウンドしにくくなる! 専門家が教える片付けのコツ3つ

片付けても片付けても、また元どおりに散らかってしまう。「なぜこうなるんだろう?」「どうやったら散らからなくなるんだろう?」……そんな疑問やお悩みはありませんか? この記事でご紹介している「片付けのコツ」をつかんで、今度こそ、片付けも自分自身も嫌にならない片付けを始めましょう。


こんにちは! ライフオーガナイザーで看護師の竹本ひろこです。

片付けがもともと苦手だった私は、何度もリバウンドを経験してきました。そのたびに、「どうして私は片づけられないんだろう」「だめな人間だ」と落ち込みました。

そんな私だからこそ教えられる、リバウンドしにくい片づけのコツをご紹介します。

どうして片付けがうまくいかないの? その理由はコレ!

使ったモノを戻さない・戻せない

「片付け」とは、毎日使ったモノを、元の場所に戻すことです。これができないと、部屋が散らかってしまうのは当たり前のこと。

もしかしたら、こんな経験はありませんか?

・収納やモノの定位置を難しくしてしまった
→片付けが面倒、忙しいと片付ける時間をとれずに散らかる

・片付けに必要性を感じていない
→家族やパートナーが片付けない、片付けの時間を作らない

・見た目にこだわり、「魅せる収納」「隠す収納」にしてみた
→勝手にモノの場所を変えられてわからない、どこに片付けたらいいかわからないから片付けない

とりあえず片付け始めてしまう

「まず行動を起こさなきゃ!」と、とりあえず、片付けてみて失敗した経験はありませんか? その行動力は、素晴らしいのですが、やり方が少し間違っているかもしれません。

散らかったモノをまとめて、要らないモノを捨てて、要るモノを元に戻す。これでうまくいくのは、整理収納の土台となる「片付く仕組み」ができている場合です。

「とりあえず」の、その場しのぎの片付けでは、リバウンドしてしまいます。

とりあえず捨てたら、モノは減ったけど、必要なモノまで捨ててしまって後悔したり……。とりあえず収納アイテムを買ったら、モノは収まったけど、使いにくくて結局使い続けることができず、またモノだけが増えてしまったり……。

私は、とりあえず収納して後日、収納場所を忘れてしまい、探し回ったこともあります。

この「とりあえず」は、禁物です。

「理想どおりに片付いた状態じゃなきゃ意味がない」と考えている

「完璧主義の方は、片付けが苦手」とよく聞きます。

自分が目指す理想が高く、そこに自分が追いつけないことが許せなかったり……。「片付けても、どうせ散らかるし」と、片付ける気にならずに放置してしまう。そんな自分もまた、許せなかったり……。

生活しているとどうしたって、散らかり、ごみが生まれてしまうもの。毎日の暮らしは、ものを取り出して、使って、また戻す、の連続です。完璧な状態を目指さなくとも、毎日使ったものを元に戻す、ゴミを捨てるだけならできるはず。小さなことから始めて、行動した自分を認めていきましょう。

これだけは押さえたい「片付けのコツ」

見える化する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「見える化」することで、片付けに関する、多くの困難を乗り越えられます。

まず、自分の現在のポジションを確認します。そして、どんな暮らしを実現させたいかを考えます。
あとは、そこまでの道筋を考えるだけ。

これを、紙などに、文字、リスト、図、イラストなど、自分がやりやすい方法で書き出します。そうすることによって、自分のやるべきことがよくわかります。

家族やパートナーと一緒に住んでいるときや、複数人で片づけるときには、ゴールを共有することで、けんかも起こりにくくなりますよ。

自分自身を知る

現在のポジションを知るという意味でも重要なのが、自分自身を知るということ。雑誌やSNSにあるような、おしゃれな部屋にならないのは、当たり前です。

生活習慣、職業、家族構成、在住エリア、年収、人間関係……。同じ人は誰一人いないはず。だから、ほかの誰かと同じようにできなくて当然です。

自分自身を知ることで、リバウンドしにくい片付けができるようになりますよ。

例えば、自分の行動のクセを考えて、ものを配置していきます。朝のメイクの後に必ずアクセサリーをつけるのであれば、メイクアイテムとアクセサリーをセットにして同じ場所に収納すると、毎日の支度も片付けもうまくいくかもしれません。

また、自分の好みを知り、使うモノを好きなモノで揃えていくという方法も、モノに対する愛着がわきますよね。

片付けを成功させるにも、片付けの先にある暮らしを実現させるにも、自分自身を知ることは必須なのです。

小さく始める

片付けは小さなステップで取り組むのが、うまくいくコツです。

毎回「できた!」という成功体験を味わうことができます。この小さな積み重ねを続けることで、大きな成果を生み出します。そこで、小さく始めるためのポイントを3つ紹介!

タスクを細分化しておく

片付けの行動をできる限り、シンプルにします。

例えば「本棚を整理する」ではなく、「本棚の一段目の本を、棚から出す」というように、小さな行動に落とし込みます。その次は「とっておきたい本を仕分ける」「もう読まない本の手放し先を探して、リストアップする」と続きます。

こうすることで、1回の片付けを終えるタイミングがわかりますよね。

こうすることで、もしリバウンドしたとしても、落ち込みも小さいという効果もあります。うまくいかないことがあっても、また少しずつ始めればいいのです。

片付けは短時間で

片付けにかける時間は、「短時間」にすることが片付けのコツです。15~30分がベストでしょう。その理由は、片付けが嫌にならないようにハードルを下げるため。

片付けで辛い、しんどい思いをしてしまうと、また次回、片付けるのが嫌になってしまいますよね。まだもっとやりたいくらいで終えると、次が楽しみになります。

15~30分で繰り返し片付けましょう。

片付けは小さなスペースを

片付けは大きく行うのではなく、小さな狭いスペースを片付けていくのが、うまくいく片付けのコツです。

一気に広いスペースを片づけるのは、片付けの専門家にとっても大仕事です。広いスペースを片づけるときは、15~30分の短時間で片付けられるよう、小さく区切って片付けましょう。

片付けが苦手な人が最初に片づける場所として、特におすすめしたいのは、毎日持ち歩く財布やバッグです。財布やバッグを使う外出先では、慌てていることも多く、目当てのモノが取り出せないと困ります。また、毎日持ち歩く財布やバッグは、要・不要の判断もつきやすく、作業を進めやすいスペースです。

片付けは、スペースを小さく区切ってとりかかるのがコツ。よく使うスペース、お気に入りのスペースは、片付けの効果を実感しやすくて、おすすめです。

リバウンドを恐れずに、まずはやってみる

行動には失敗はつきものです。失敗したあなたが悪いのではなく、方法が合わなかったり、行動がずれていただけ。いつでもやり直せます。生活習慣や家族構成などに変化があれば、その都度、整理収納のしくみにアップデートが必要なんです。

リバウンドを恐れて、ずっと考えているばかりでは、何も前に進みません。まずは、行動を起こしてみましょう。得た知識は、実践してこそ、身につきます。

今日とりかかる小さなステップを決めたら、まずは15分、片付けを始めてみましょう。やってみることで、初めてわかることもありますよ。

まとめ

片付けは、毎日の行動です。快適な暮らし、ひいては、充実した人生には必須のスキルです。パートナーやご家族を巻き込んで、一緒に取り組んでみてくださいね。もしうまくいかなかったら、専門家にもご相談くださいね。

この記事のライター

1979年生まれ。大阪府堺市で3LDKマンションに4人暮らし。もともと片づけは苦手。ズボラで忘れっぽく、ラクと効率性を探求しています。
看護師による整理収納サポート受付中!
看護師・ライフオーガナイザー・オフィスオーガナイザー
ホームページ:https://ht-organizer.com/

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


美肌づくりに! 春キャベツと蛤のおぼろスープ【二十四節気の時短レシピ】

美肌づくりに! 春キャベツと蛤のおぼろスープ【二十四節気の時短レシピ】

2月19日より、暦の上では「雨水」になりました。降る雪が雨へと変わっていく時期になりますね。今回は、雨水の頃に食べるといい時短料理ということで、春キャベツと蛤(はまぐり)のおぼろスープのレシピをお届けします。


こんなに使える! 無印良品のやわらかポリエチレンケースの活用術

こんなに使える! 無印良品のやわらかポリエチレンケースの活用術

2017年に発売された、無印良品のやわらかポリエチレンケース。「やわらか」って、どれぐらいやわらかいの? 人気のファイルボックスとは何が違うの? どこで使えるの? とさまざまな角度から魅力をご紹介します。


IKEA「ストゥーク」ひとつで、季節のイベントグッズがスッキリ収納!

IKEA「ストゥーク」ひとつで、季節のイベントグッズがスッキリ収納!

季節ごとのイベント。楽しみたいと思っていても、どんどん増えるイベントグッズがストレスになっていませんか? 最近、100均などでも手軽に季節の可愛いイベントグッズが揃うこともあり、気がついたらすごい量になっていることも。そんなストレスから解放される収納法と、おすすめの収納ケース・STUK(ストゥーク)の魅力を紹介します。


【コストコ】クロワッサンの美味しい食べ方アレンジ&保存方法

【コストコ】クロワッサンの美味しい食べ方アレンジ&保存方法

コストコのベーカリーで高い人気を誇るクロワッサン。サイズは大きいし、たくさん入っているけれど、このお値段で味は大丈夫? と気になる方もいるでしょう。だけど、そんな心配はご無用です! バターの香り高いコストコのクロワッサンの美味しい食べ方や保存方法をご紹介します。


ちょい置きはしない! 着るたびに洗わない洋服の収納ルールとは?

ちょい置きはしない! 着るたびに洗わない洋服の収納ルールとは?

冬は着る度に洗わない服もありますよね。脱いだ後、なんとなくベッドの端に掛けていたり、ソファやイスの背もたれにかかっていたりしませんか? そんなちょい置きが山とならない対策についてご紹介します。


最新の投稿


【ぬいぐるみを洗濯】くすみや汚れをきれいにする裏技

【ぬいぐるみを洗濯】くすみや汚れをきれいにする裏技

年齢に関係なく愛されるぬいぐるみ。子どもにとっては身近な存在になるものですが、使い続けていると衛生面が気になるところです。そこで、ぬいぐるみを洗濯してきれいにする裏技を特集。くすみや汚れを落としてキレイにする方法をご紹介します。


ワイシャツの洗濯術! 襟汚れ・シミ・シワを解決する裏技

ワイシャツの洗濯術! 襟汚れ・シミ・シワを解決する裏技

仕事で毎日必要となるワイシャツ。皮脂汚れを放置するとシミになってしまうこともあり、油断できません。素材によってはシワにもなりやすく、アイロンがけするとなるとかなりの手間がかかってしまいますよね。そこで今回はおすすめのワイシャツ洗濯術を特集。頑固な襟汚れやシミ、シワなどの問題を解決する裏技をご紹介します。


覚えておきたい知識を取得! 話題の防災検定に挑戦してみる?

覚えておきたい知識を取得! 話題の防災検定に挑戦してみる?

災害時に自分の身を守るには、とっさの対応の仕方や、自分が住む地域にどんな危険があるかを知ることが大切です。そんな防災力を身につけることができるものとして、防災検定・ジュニア防災検定が注目を集めています。その概要や内容について解説しながら、その他の防災検定に役立つ情報について合わせてご紹介します。


テフロンなしのフライパン(ステンレス・鉄・銅製)の焦げを落とす裏技

テフロンなしのフライパン(ステンレス・鉄・銅製)の焦げを落とす裏技

テフロンなどフッ素加工を施していないフライパン。高温に強いことや丈夫で傷ができにくいこと、熱伝導に優れることなどメリットが多い反面、油断するとすぐに焦げついてしまうというデメリットがあります。そこで悩みとなるのがフライパンの焦げ。今回は、その落とし方について素材別に紹介していきます。


カビに効果のある掃除グッズは? バスルームの掃除法

カビに効果のある掃除グッズは? バスルームの掃除法

黒カビや赤カビが発生しやすいバスルーム。頭を悩ませている方も多いかと思います。そこで今回は、そんな憎っくきカビのお掃除方法をまとめました。お風呂に入った後に取り組みたい、カビをつけないための予防習慣も合わせてチェック!


ふとんリネット