クローゼットに上手く収納するコツは?収納グッズの活用術を紹介

クローゼットに上手く収納するコツは?収納グッズの活用術を紹介

クローゼットの収納が上手くいかないと感じるなら、その原因を突き止めてみましょう。収納が下手なのではなく、収納しにくい原因が隠れている可能性があります。すっきりと使いやすいクローゼットにするために、知っておきたい収納テクニックをチェックしてみてください。


クローゼットの収納が上手くいかない原因は

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クローゼットが片付かないのは、何か原因があるはずです。きちんと収納できないと感じる方は、次の原因がないかチェックしてみましょう。

クローゼット自体が小さい

備え付けられているクローゼットがそもそも小さいという原因が考えられます。家族の人数に見合っていない大きさだと、物をすべて詰めるとぎゅうぎゅうになってしまい、中身が見にくくなってしまうのです。収納がもともと小さい場合は、部屋の一角にハンガーなどを使いクローゼットの代わりにしてしまう方法や、部屋まるごと収納するなど工夫してみましょう。

物が多すぎる

物が多すぎるのも収納が上手くいかない原因のひとつです。お客さん用の布団がじゃまになっているケースや、いつか着るだろうと取ってある捨てられない衣類などがないか考えてみましょう。高かったからという理由で、若いときに着ていた洋服を取っておいても、また着る機会はこないでしょう。サイズが合わない洋服や、傷んでいるのに捨てられない衣類、思い出のある衣類や物も収納を下手にする原因となります。

収納方法が良く無い

そもそも収納方法自体が間違っているケースもあります。すっきりと収納上手に使えている方は、誰が見てもどこに何がしまっているかわかるのです。とりあえず物をしまえればいいと思っていると、どこに何が入っているかわからず、洋服選びにも時間がかかるでしょう。

収納上手な人のクローゼットとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クローゼットの収納が上手な人にはある特徴を持っています。なかなかクローゼットが片付かない方は、収納上手な人のテクニックを真似してみましょう。

必要な物だけが揃っている

日本の家庭ではどこでもクローゼットの広さに限りがあるため、そのなかで上手くやりくりしています。すべての衣類を入れようとしないで、そのとき必要な物だけをしまうようにします。季節外の衣類や小物は、クローゼットの棚に乗せておく方法や、ハンガー下に収納ケースを設けて個別に収納しましょう。

クローゼットの多くは上に棚が付けられていますが、高い場所のため普段使いには向いていません。その場所を季節外の物を置く場所とすれば、見える場所が限られた物だけになるため、すっきりします。クローゼットに出すのは今使うものだけと決めておき、あふれるくらい物を増やさない工夫をしてみてください。

収納グッズを上手く活用

クローゼット内には、バッグやベルトなど小物もたくさんあります。細かい物を入れる収納ケースを用意しておくと、小物も分類しやすいでしょう。収納は壁面も上手く活用し、ウォールポケットを取り付けて、細かい物を入れられるようにしておくと便利です。帽子も壁にかける収納にしておけば、必要なときにすぐさっと取り出すことができます。

種類別に分別されている

クローゼットの中に何が入っているかを一目瞭然とするには、種類を分けて物の場所を決めることです。ワイシャツ置き場、Tシャツスペースと分けて収納すれば、毎日着るアイテムがわかりやすくなります。見本はお店のディスプレイで、種類ごとを分類し何が何枚あるのかを分かりやすくするのです。そうすることで数が増えすぎず、不要な物が増えません。

クローゼットが足りない場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

家族が多くクローゼットが足りないなら、別途収納を追加してスペースを増やしましょう。最初から1つの場所に物を入れようと頑張るのではなく、追加するという考え方があります。

クローゼット自体を購入

備え付けのクローゼットが足りないのであれば、壁面収納を利用してみてはどうでしょうか。壁一面に棚受けを取り付け、フックで掛ける板を取り付けます。すると壁一面がクローゼットとして使えるようになるのです。見せる収納が苦手なら、収納ケースを使い分類してみてください。

市販のクローゼットハンガーや、クローゼットケースを買う方法もあります。クローゼットがない家庭でも、壁に向き合う形で壁面収納を設置すると、手作りのウォークインクローゼットが作れます。

収納グッズを利用する

限られたスペースで上手く収納を増やすには、下段に設置できるクローゼットチェストが便利です。収納ケースには衣類を立てて入れると、収納の量が多くなりおすすめです。積み重ねると何が入っているのかがわかりにくくなるため、Tシャツやシャツなどはすべて立てましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クローゼットの収納が上手くいかないという方は、物を減らす工夫からやってみてください。季節外の衣類や小物は別にし、種類ごとに置くスペースを決めて、お店のディスプレイを目指してみましょう。誰が見ても何が入っているかわかるのが収納上手の人のテクニックです。

この記事のライター

kurasso編集部の中の人です。
家事の時短・効率を重視しつつ、空いた時間で子どもとの時間(あと自分時間も)を充実させたい!!と切望。
働くママに役立つノウハウをどんどんお届けして、あわよくば自分の家の悩みを一緒に解決したいと、目論見中です。

関連するキーワード


片付け

関連する投稿


家族の物が片づかない! イライラとサヨナラするコツ

家族の物が片づかない! イライラとサヨナラするコツ

何度言っても家族が片づけてくれない。家族の物が多いから捨てて欲しい……。「ちゃんと片づけなさい!」「どうして片づけてくれないの!?」と怒ってしまったり、勝手に物を捨ててしまったり……そんな経験はありませんか? 今回は、家族の物の片づけがうまくいかなくて、イライラしてしまう時の対処法についてまとめてみました。


片づけが苦手な人必見! 片付け上手になるための解決法5つ

片づけが苦手な人必見! 片付け上手になるための解決法5つ

「いざ、片づけよう!」と決心するもうまくいかなかったり、片づいた! と思ったのに、数日で元の散らかった状態にリバウンドしてしまったり……せっかくがんばっても片づけが続かないのは辛いですよね。そんながんばる人ほどやってしまいがちな、片づけに対する思考や行動と、その解決法についてご紹介します。片づけの苦手を克服しましょう。


リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

「お片付け本を見てマネしてみたけどうまくいかない」「流行りの収納グッズを買ってみたけど使いこなせない」という理由で、リバウンドしてしまった方必見! 片付けたら散らからない手順をお伝えします。実は、リバウンドする原因は片付けの手順にある可能性が高いのです。今回紹介する6ステップの片付け方法、ぜひやってみてくださいね。


子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

子どもが自分で片づけられる! 切って貼るだけの簡単片づけ術

お片づけのときに、「これはここね!」と子どもに伝えても、いつもその通りというわけにはいきませんよね。小さいお子さんならなおさら。まだ字が読めないお子さんでも、これはここ! と目印を作って戻しやすく、さらに見た目も整うお片づけのアイデアをご紹介します。


散らかった部屋はストレスの原因!? イライラをなくす片付けのコツ

散らかった部屋はストレスの原因!? イライラをなくす片付けのコツ

毎日過ごす部屋は、本来、疲れたあなたを安心させてくれる大事な自分だけのスペースのはずです。しかし散らかった部屋は体を休ませるどころか、視覚からも無意識にストレスをかけてしまいます。今回は散らかった部屋がストレスの原因になる理由と、イライラを解消するための片付けのポイントをお伝えします。


最新の投稿


家具の片付け・正しい処分方法は? 主な6つの方法

家具の片付け・正しい処分方法は? 主な6つの方法

引っ越しをする時、今使っているものを持っていくか、処分するか悩みますよね。処分する場合はあまり予算もかけず、できればそれがお小遣いになるとよりベスト……と、どんな方法で片付ければいいか、迷ってしまうことも。今回はそんな家具の処分方法についてまとめてみました。


ドアノブの「バチッ」を防止する裏技は? 手軽な静電気対策

ドアノブの「バチッ」を防止する裏技は? 手軽な静電気対策

空気が乾燥する季節になると、ドアノブなどを触ったときに「バチッ!」と静電気が生じて、不快な思いをしてしまうという方、多いのではないでしょうか。針で刺されるような痛みが走り、イヤなものですよね。そこで今回は、静電気を逃す裏技について取り上げます。衣服の素材選びやハンドクリームなどを使った静電気対策もご紹介します。


本を開いたままの状態にしてくれる裏技4選

本を開いたままの状態にしてくれる裏技4選

料理や洋裁など、本を開いたまま作業をしたいときってありますよね。押さえていた手をちょっとはずした隙にパタンと本が閉じてしまい、見ていたページを探すのに苦労してイラッとしたことはありませんか? 今回は、本を開いたままの状態にしてくれる、ながら作業に便利なグッズをピックアップしてご紹介します。


【節約術】寒い冬に負けない! エコであったかな湯たんぽを見直そう

【節約術】寒い冬に負けない! エコであったかな湯たんぽを見直そう

寒さが厳しい季節になりました。日中・夜間共にエアコンやヒーターなどの暖房器具が手放せなくなりますね。そこで気になるのは電気代の上昇はもちろんのこと、室内の乾燥です。感染症予防に、冬の乾燥は大敵です。今回は我が家が取り入れた、エコで乾燥も気にならない、進化した湯たんぽについて、ご紹介いたします。


さすがコストコ! 大容量に驚いた商品TOP5

さすがコストコ! 大容量に驚いた商品TOP5

コストコで販売されている商品は、ほとんどの商品が大容量のものばかりですが、そんな中でもさらに大容量のビッグサイズで驚いてしまう商品があります。この記事では、そんな大容量の商品がたくさん売っているコストコの中でも特に際立って大容量のアイテムについて紹介していきたいと思います。


ふとんリネット