妊活や不妊の悩み

妊活や不妊の悩み

「妊活・不妊」に関するまとめが集まったページです。生理についてや、女性ホルモンに関する記事や不妊症の原因や検査内容などの情報を見ることができます。


妊活や不妊の悩みの記事一覧

約3人に1人が20代後半から妊活をスタート。既婚男女の実態が明らかに

約3人に1人が20代後半から妊活をスタート。既婚男女の実態が明らかに

ロート製薬は「妊活」に対する知識・理解の普及を目的として、全国の10代から60代の男女24,992人を対象とした「妊活」に対する意識調査を行い、その結果を「妊活白書2019」として公開しました。


【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

妊活中、「自分ができること・取り組めることをもっとしておけばよかった」と後悔する人は少なくありません。「子供が欲しい」と思った時、妊娠の可能性を少しでも高めるためにどんなことができるのかを、いま一度確認しておきましょう。


【医師監修】妊活中の男性がやるべきこととは? 意外に多い男性不妊と普段気を付けたいこと

【医師監修】妊活中の男性がやるべきこととは? 意外に多い男性不妊と普段気を付けたいこと

妊活はまだまだ「女性が頑張るもの」というイメージ強いかもしれませんが、本来は夫婦が協力して行うもの。赤ちゃんを望んでいるのであれば、男性も積極的に妊活に取り組むことが必要です。妊活中に男性が気を付けたいことや生活の注意点などを紹介します。


【医師監修】男性で不妊症になりやすいのはどんな人? そのリスク因子と普段気を付けたいこと

【医師監修】男性で不妊症になりやすいのはどんな人? そのリスク因子と普段気を付けたいこと

不妊の原因のおよそ半分は男性側にあります。そう聞いて「うちの夫は……?」「自分は……?」と不安になる人もいるかもしれません。ここでは、男性不妊の概要や、なりやすさ(傾向)、普段から気を付けておくべきことなどを調べました。


【医師監修】妊娠超初期はイライラしやすい?PMSとの違いは?起こりうる症状とは?

【医師監修】妊娠超初期はイライラしやすい?PMSとの違いは?起こりうる症状とは?

排卵から次の月経(生理)が来るまでの時期は、ささいな体調に敏感になってしまうもの。もし、今までになくイライラしていると、「これは妊娠のサイン…?」と思ってしまうかもしれませんね。実際のところはどうなのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】妊娠率は年齢とともに下がる!加齢による卵子の変化とトラブルとは

【医師監修】妊娠率は年齢とともに下がる!加齢による卵子の変化とトラブルとは

最近、妊娠率が年齢とともに下がっていくことは広く知られるようになってきました。では、年齢を重ねることで卵子にはどんな変化が起こるのでしょうか? 加齢で起こりやすくなるトラブルとともに説明します。


【医師監修】妊娠できる年齢にはリミットがある!妊娠・出産しやすい年齢と高年出産のリスク

【医師監修】妊娠できる年齢にはリミットがある!妊娠・出産しやすい年齢と高年出産のリスク

子供がほしいと思っていても、仕事や経済的な事情などで今すぐに妊娠することはできない人もいることでしょう。妊娠できる年齢、妊娠・出産をしやすい年齢はいくつくらいなのでしょうか? 高年出産のリスクとともに、一般的な目安をお話します。


【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

そろそろ二人目が欲しいと考えていても、なかなか授からない……。「一人目は難なく妊娠できたのになぜ?」と悩んでいる人は少なくありません。二人目がなかなか授からないのはなぜなのでしょうか。一人目と何か違う点があるのでしょうか。二人目不妊で考えられることと対策を紹介します。


【医師監修】ストレス?病気?妊娠していないのに生理が遅れる原因

【医師監修】ストレス?病気?妊娠していないのに生理が遅れる原因

これまで順調だったのに急に生理不順になった……そんなときは、ストレスや疲れ、睡眠不足、過度なダイエットなどでホルモンバランスが乱れているかもしれません。ほかに病気が隠れている場合もあります。生理が遅れる原因を理解し、生活習慣を見直してみましょう。


【医師監修】不正出血ってどんなもの?生理とは違う出血の原因と対処法

【医師監修】不正出血ってどんなもの?生理とは違う出血の原因と対処法

生理(月経)ではないときに出血が起こると、たとえそれが少量だとしても「たいへんな病気なのでは?」と不安になりますよね。ここでは、考えられる不正出血の原因、不正出血を放置しておくことのリスクや出血が起きたらチェックすること、受診の際の注意点を詳しく解説していきます。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

およそ1ヶ月ごとに繰り返す生理(月経)。しかし、女性によっては生理周期がバラバラで安定しないことがあります。このような不安定な生理周期の原因は何でしょうか? 生理周期の乱れは、放っておいても問題ないのでしょうか? 今回は生理周期がバラバラになるときについて説明します。


【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

生理の周期ごとに、巡ってくる排卵日。女性は一生のうちに、約400~500回[*1]の排卵を経験するといわれています。排卵はいつ、どのような仕組みで起こっているのか。妊活にも健康管理にも役立つ、排卵の基礎知識をお伝えします。


妊娠希望者の3割が「妊娠中に接種できないワクチンがあること知らない」と回答

妊娠希望者の3割が「妊娠中に接種できないワクチンがあること知らない」と回答

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、妊娠を希望している人を対象に実施した「予防接種に関するアンケート」の結果を発表しました。


【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

次の生理(月経)がいつ来るのか、毎月メモを取るのは面倒ですよね。そんな時、生理アプリなら簡単な操作で正確に生理周期を管理、次の生理開始日も予測してくれます。排卵日も予測できるアプリなら、妊活中にも役立ちます。旦那さんと共有できるタイプも。賢い活用方法、無料で使える人気アプリをご紹介します。


【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

一般的には、25〜38日周期 ぐらいの周期で繰り返される生理(月経)。周期や日数には個人差がありますが、周期がバラバラだったり、3ヶ月以上生理がこなかったり、月に何度も生理が来たりして悩む人も少なくありません。生理不順になる原因とはどのようなものがあるのか、また関連する病気について解説します。


【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

基礎体温とは安静時の体温を指します。女性ホルモンのバランスに応じて、生理(月経)周期とともに変化する基礎体温からは、どんなことがわかるでしょうか。基礎体温から見えてくる体のリズムを日々の健康管理に活かすためのヒントをお伝えします。


【医師監修】基礎体温表の見方とグラフのパターンからわかること

【医師監修】基礎体温表の見方とグラフのパターンからわかること

自分の基礎体温表を見て、「私のグラフの形は大丈夫?」と不安になってしまう方がいるかもしれません。基礎体温表の形には個人差があります。基本的な基礎体温表の見方とグラフのさまざまなパターンを知っておきましょう。


 【医師監修】基礎体温の正しい測り方と体温計の選び方

【医師監修】基礎体温の正しい測り方と体温計の選び方

「基礎体温って測ったほうがいいのかな」と迷っているあなたへ。基礎体温は体から発信される大切なメッセージ。体調管理にも妊活にも役立ちます。基礎体温を測るメリットや正しい測り方をわかりやすく紹介します。


【医師監修】生理痛があるのは当たり前?痛みが起こる仕組みと対策

【医師監修】生理痛があるのは当たり前?痛みが起こる仕組みと対策

月に一度程度、多くの女性を悩ませることの多い生理(月経)。生理痛の度合いには個人差がありますが、なるべく痛みはないほうが良いですよね。そもそも生理には痛みがあって当たり前のものなのでしょうか? 今回は生理痛について考えてみましょう。