妊活や不妊の悩み人気記事一覧


【医師監修】着床出血は生理予定日後にも来る? 妊娠検査薬で見分ける方法

【医師監修】着床出血は生理予定日後にも来る? 妊娠検査薬で見分ける方法

着床出血とは、受精卵が子宮に着床するころ起こる可能性がある出血です。これは生理予定日の後に来ることもあるのでしょうか。着床出血と生理の違い、これらの見分け方とともに解説します。


【医師監修】生理期間はどのくらい? 異常かどうかのチェック方法

【医師監修】生理期間はどのくらい? 異常かどうかのチェック方法

生理の日はどうしても憂うつになりがち。さらに「長すぎるのでは」「量が人よりずいぶん多い?」といった違和感があると 気になりますよね。そこで今回は生理期間と量について、「正常な範囲」を紹介します。一度、異常がないかチェックしてみましょう。


【医師監修】妊娠したかもしれない!初診のタイミングはいつ?

【医師監修】妊娠したかもしれない!初診のタイミングはいつ?

「これは妊娠したかも……」と思った時、まずやることは何でしょうか? 受診? 検査薬? 妊娠の可能性があるとき、自宅ですることと初診のタイミングや費用、産婦人科などの受診先、準備品などについて詳しく解説します。


【医師監修】着床出血はいつ来る? 性行為後の時期の目安

【医師監修】着床出血はいつ来る? 性行為後の時期の目安

「着床出血」とは、受精卵が子宮に「着床」することで起こる出血で、「着床が起こる=妊娠が成立する」ということです。今回は、着床出血は性行為後、いつごろ来るのか、またどんな特徴があるのか解説します。


【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。


【医師監修】妊娠したかも…病院にはいつ行くべき?

【医師監修】妊娠したかも…病院にはいつ行くべき?

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、なるべく早く病院を受診したいもの。しかし受診が早すぎると診断ができなかったり、遅すぎるともしもの時に間に合わなかったりすることも。いつ医療機関を受診するのがベストなのでしょうか。


【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

妊娠を待ち望む人にとって、妊娠の有無は一刻も早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬をつい早めに使ってしまう……ということもあるでしょう。そもそも妊娠検査薬はフライングで使ってもよいものなのでしょうか? また、通常の妊娠検査薬より早く調べられる検査薬とはどんなものなのでしょうか? ここでくわしく紹介します。


【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

次の生理(月経)がいつ来るのか、毎月メモを取るのは面倒ですよね。そんな時、生理アプリなら簡単な操作で正確に生理周期を管理、次の生理開始日も予測してくれます。排卵日も予測できるアプリなら、妊活中にも役立ちます。旦那さんと共有できるタイプも。賢い活用方法、無料で使える人気アプリをご紹介します。


【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

実際には妊娠していないのに生理が止まる、つわりのような症状が出るといった、妊娠時と似た変化が身体に生じる「想像妊娠」。ドラマや映画の世界ならともかく、現実でも本当に起こりうる現象なのでしょうか。また、想像妊娠と本当の妊娠を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。


【医師監修】生理が月2回来る原因は?|頻発月経と不正出血の対処法

【医師監修】生理が月2回来る原因は?|頻発月経と不正出血の対処法

生理(月経)は通常、だいたい月1回の頻度で来ることが多いもの。ところが、つい半月前に来たばかりなのに、また来てしまったら……。「これってもしかして病気なのでは?」と不安になりますよね。今回は「生理が同じ月に2回来た場合」に考えられる原因とその対処法についてご紹介します。


【医師監修】着床痛って本当にあるの? 生理前のチクチクの正体とは

【医師監修】着床痛って本当にあるの? 生理前のチクチクの正体とは

妊娠の始まりである「着床(ちゃくしょう)」。そのとき体にはどんな変化があるのか気になる人も多いでしょう。卵子が着床するときには「着床出血」が起こる場合もありますが、その際、痛みはあるのでしょうか? 排卵から着床までの流れと、着床したころに感じるお腹の痛みについて考えられる原因をお話します。


【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

【医師監修】生理不順は病気のサイン? 知っておきたい疾患3つ

一般的には、25〜38日周期 ぐらいの周期で繰り返される生理(月経)。周期や日数には個人差がありますが、周期がバラバラだったり、3ヶ月以上生理がこなかったり、月に何度も生理が来たりして悩む人も少なくありません。生理不順になる原因とはどのようなものがあるのか、また関連する病気について解説します。


【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

赤ちゃんが欲しいと思っているとき、もし生理が遅れたら、まず試してみたくなるのが妊娠検査薬。それでは、「陽性」反応が出たら、その次はどうしたらいいのでしょうか? そもそも妊娠検査薬はどうやって妊娠の可能性を判定しているのか、その仕組みから解説します。


【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

妊娠したいと思ってもなかなか上手くいかないと、タイミングが合っているのか、体や年齢に問題があるのかなどが気になりますよね。今回は、妊娠の確率を高めるタイミングの取り方や、年齢と妊娠率の関係、不妊症を疑った場合の対処方法などをまとめて紹介します。


【医師監修】正確にわかるのはいつ? 妊娠検査薬が陽性になるタイミング

【医師監修】正確にわかるのはいつ? 妊娠検査薬が陽性になるタイミング

妊娠を心待ちにしている人なら、1日でも生理が遅れたら、すぐにでも妊娠検査薬で確認したくなるのでは? とはいえ使用するタイミングを誤ると正しい判定ができないことも……。妊娠検査薬はいつ検査すれば正確な判定となるのか、みていきましょう。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【医師監修】子宮内膜症とは?症状や治療法などを確認

【医師監修】子宮内膜症とは?症状や治療法などを確認

「最近、生理痛がひどくなってきた」「腰の痛みが続いてる」という方はいませんか? 年齢のせい? 体質が変わった? など、考えることもあるかもしれませんが、もしかしたら子宮内膜症の可能性も……。今回は子宮内膜症について解説していきます。


【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

【医師監修】妊娠超初期にイライラしやすい理由とは

排卵から次の月経(生理)が来るまでの時期は、ささいな体調に敏感になってしまうもの。もし、今までになくイライラしていると、「これは妊娠のサイン…?」と思ってしまうかもしれませんね。実際のところはどうなのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

妊娠したかどうかが気になって、待ちきれない……!! そんなとき、気になるのが「着床出血」があるかどうか。でも着床出血がある時期は、生理が起こるころでもあります。ここでは着床出血の量と特徴、生理と見分けるときのポイントについて紹介します。


【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

基礎体温とは安静時の体温を指します。女性ホルモンのバランスに応じて、生理(月経)周期とともに変化する基礎体温からは、どんなことがわかるでしょうか。基礎体温から見えてくる体のリズムを日々の健康管理に活かすためのヒントをお伝えします。



熱中症対策特集

時短家事応援特集

共働き夫婦応援Project パパとママのチーム力を応援!

暮らしを清潔に 楽ちんお掃除特集

新米パパ・ママのために はじめての出産準備特集

#enjoyhome おうち時間

ママ・パパが取り組むSDGs

健やか親子21(第2次)の活動を応援しています。