ママのための悩み解決サイト

妊活や不妊の悩み

妊活や不妊の悩み

「妊活・不妊」に関するまとめが集まったページです。生理についてや、女性ホルモンに関する記事や不妊症の原因や検査内容などの情報を見ることができます。

妊活や不妊の悩みに関連するキーワード



妊活や不妊の悩みの記事一覧

【医師監修】男女の産み分けはできる?気になる産み分けゼリーについても解説

【医師監修】男女の産み分けはできる?気になる産み分けゼリーについても解説

「生まれてくる赤ちゃんの性別をコントロールしたい」という考えは根強く、ちまたには男女の産み分けに関するさまざまなうわさがあふれています。生殖医療技術が進化した今、はたして性別の産み分けは可能なのでしょうか?


【医師監修】茶色いおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

【医師監修】茶色いおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

ふとしたときに「おりものの色がいつもと違う?」と気になることがあります。 この記事では、「おりものが普段より茶色い!?」と気づいたときの対処方法をまとめました。一般的に考えられる、おりものの変化のおもな原因とあわせてご紹介します。


【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷ったときの対処方法

【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷ったときの対処方法

下着などについたおりものの色が、いつもと違っていたら気になります。そんな変化に気づけたのは、日頃から健康を心がけて生活している女性だからこそ。その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より緑色(黄緑)っぽい?」と気づいたときの一般的な原因や対処方法をまとめました。


【医師監修】 おりものから酸っぱい臭いがする?! おもな原因と対処方法

【医師監修】 おりものから酸っぱい臭いがする?! おもな原因と対処方法

清潔にしていてもなくならない体臭は、ストレスに感じる人が少なくないかもしれません。ましてやデリケートゾーンの臭いが、いつもより強くなっていたり、変わっていたら気になります。この記事では、「おりものから酸っぱい臭いがする?!」と気づいたときの対処方法を、一般的に考えられる原因とあわせてまとめました。


【医師監修】 黄色のおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

【医師監修】 黄色のおりものが出た⁉ 4つの原因と対処方法

通常、ほとんどの時期のおりものは無色ですが、まれに「色がついている?」と気になることがあります。いつもと違っていることに気づいたら、その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より黄色い」と気づいたときの主な原因と対処方法をまとめました。


【医師監修】不正出血ってどんなもの?生理とは違う出血の原因と対処法

【医師監修】不正出血ってどんなもの?生理とは違う出血の原因と対処法

生理(月経)ではないときに出血が起こると、たとえそれが少量だとしても「たいへんな病気なのでは?」と不安になりますよね。ここでは、考えられる不正出血の原因、不正出血を放置しておくことのリスクや出血が起きたらチェックすること、受診の際の注意点を詳しく解説していきます。


【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

「これは妊娠したかも……」と思った時、まずやることは何でしょうか? 受診? 検査薬? 妊娠の可能性があるとき、自宅ですることと初診のタイミングや受診先、準備品などについて詳しく解説します。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

およそ1ヶ月ごとに繰り返す生理(月経)。しかし、女性によっては生理周期がバラバラで安定しないことがあります。このような不安定な生理周期の原因は何でしょうか? 生理周期の乱れは、放っておいても問題ないのでしょうか? 今回は生理周期がバラバラになるときについて説明します。


【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

【医師監修】排卵日って何?排卵日の把握の方法と体調変化

生理の周期ごとに、巡ってくる排卵日。女性は一生のうちに、約400~500回[*1]の排卵を経験するといわれています。排卵はいつ、どのような仕組みで起こっているのか。妊活にも健康管理にも役立つ、排卵の基礎知識をお伝えします。


【医師監修】セックスから受精、着床までの⽇数と着床時期に⾒られる症状

【医師監修】セックスから受精、着床までの⽇数と着床時期に⾒られる症状

セックスを経て妊娠が成立するまでの時期は、自覚症状を感じない人も多いのですが、体の中では実にさまざまな奇跡が起こっています。受精から着床までの詳しい段階を、日数とともに詳しくご紹介します。


【医師監修】妊活に役立つ「排卵検査薬」。使うタイミングは?陽性・陰性判定について

【医師監修】妊活に役立つ「排卵検査薬」。使うタイミングは?陽性・陰性判定について

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。


【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

【医師監修】生理が2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

生理(月経)は通常、月1回の頻度で来るもの。ところが、つい半月前に来たばかりなのに、また来てしまったら……。「これってもしかして病気なのでは?」と不安になりますよね。今回は短い期間で生理が来る「頻発月経」についてご紹介します。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。


妊娠希望者の3割が「妊娠中に接種できないワクチンがあること知らない」と回答

妊娠希望者の3割が「妊娠中に接種できないワクチンがあること知らない」と回答

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、妊娠を希望している人を対象に実施した「予防接種に関するアンケート」の結果を発表しました。


【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

【医師監修】生理(月経)周期を把握!生理管理の無料アプリ5選

次の生理(月経)がいつ来るのか、毎月メモを取るのは面倒ですよね。そんな時、生理アプリなら簡単な操作で正確に生理周期を管理、次の生理開始日も予測してくれます。排卵日も予測できるアプリなら、妊活中にも役立ちます。旦那さんと共有できるタイプも。賢い活用方法、無料で使える人気アプリをご紹介します。


【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

月経(生理)と関係ない時期に出血があると、不安になってしまう人が多いのではないでしょうか?  しかし、それが排卵日なのであれば、あまり心配ないケースがほとんどです。ここでは、排卵日に出血がある理由や、心配な出血との見分け方などをご紹介していきます。


【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい身体のサイン

【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい身体のサイン

下着が汚れる、ニオイも気になるなど、嫌なイメージを持ちやすいおりものですが、実は女性の身体になくてはならない役割を担っています。おりものを知ることは、自分の身体を知ることにもつながります。排卵前後のおりものの変化や月経周期との関係を見ていきましょう。


【医師監修】排卵日は体調が変わる! つらい排卵痛の4つの原因と対策について

【医師監修】排卵日は体調が変わる! つらい排卵痛の4つの原因と対策について

生理の前になると気分がすぐれない、体調が悪くなるということは多々ありますが、実は排卵⽇の前後でも同じような症状が現れる人がいます。ここでは生理周期と排卵、排卵前後に感じる不調の原因と対策について、まとめました。


【医師監修】排卵日はオリモノが多い? 排卵日を予測する方法とオリモノの関係について

【医師監修】排卵日はオリモノが多い? 排卵日を予測する方法とオリモノの関係について

排卵とオリモノ。何となく結びつかないかもしれませんが、両方とも女性ホルモンの影響を受けていて、生理周期と密接な関わりがあるんです。ここでは排卵日の予測方法とオリモノとの関係についてみていきます。