4歳の育児

4歳の育児に関する記事

4歳の子供の発達・発育の特徴と、お世話のポイントについて紹介しています。着替えや片付けなどのしつけはどうする?友達とのトラブルに関する親の対応は?など、気になる問題についても専門家がお答え。発達の遅れや障害の不安、発症しやすい病気についてもまとめています。


【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

肌にぷくっとできる「水いぼ」は、いったんできてしまうと、なかなか治らず広がってしまうことも多い、厄介な病気です。水いぼの原因や治療法、園や学校を休む必要があるのかどうかなどを詳しく説明します。


幼児教育・保育の無償化はいつから?対象年齢と条件・手続きの方法

幼児教育・保育の無償化はいつから?対象年齢と条件・手続きの方法

何かと出費が多い子育て世代。子供が幼稚園に入ると、月謝だけでなく教材費や習い事にかかる費用など、出費が大きくなります。そんな子育て世代に朗報なのが、2019年10月からスタートした「幼児教育・保育の無償化」です。今回はこの制度化について、対象年齢や条件、メリット・デメリットなどをまとめていきますね。


【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

インフルエンザは、ウイルスに感染した後に重症化したり合併症を起こしたりする場合があります。インフルエンザ脳症もそのひとつです。今回は、インフルエンザ脳症について、どんな病気か、具体的症状、なりやすい年齢などを詳しく説明します。


【医師監修】インフルエンザの潜伏期間は?うつる時期と予防対策

【医師監修】インフルエンザの潜伏期間は?うつる時期と予防対策

インフルエンザ流行の時期、周囲に感染した人がいると「自分もインフルエンザにかかってしまったかも」と不安になります。インフルエンザに感染した場合、いつごろから症状が出るのでしょうか。また、知らない間に人へうつしてしまうことはあるのでしょうか。インフルエンザの感染から発症までの潜伏期間とウイルスの感染力について説明します。


【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

子どもの急な発熱、のどの痛み。こうした症状はさまざまなウイルスや細菌などの感染で起こります。その1つが「溶連菌感染症」。一般にそれほど怖い病気ではありませんが、まれに重い合併症を引き起こすことも。適切な治療で合併症を予防し、流行を防ぐため、小さなお子さんのお母さん、お父さんが知っておきたい特徴を紹介します。


自主保育とは?メリット・デメリット・注意すべきトラブルを知っておこう

自主保育とは?メリット・デメリット・注意すべきトラブルを知っておこう

保育サービスのひとつとして、保育園でも幼稚園でもない野外を拠点とした「自主保育」というものがあります。今回は、そんな自主保育の仕組みやメリット・デメリット、実際に活動している自主保育団体についてご紹介します。


【漫画】4人目妊娠…どうしよう?ノープラン子沢山ママの道のり vol.1

【漫画】4人目妊娠…どうしよう?ノープラン子沢山ママの道のり vol.1

Nina'sで人気の漫画連載「4人育児はエンターテインメント うちのヒフミヨ! 」が、マイナビウーマン子育てでも第1回のみ、読めるようになりました。4人を育児中のMOTOKOさんが描く4コマ漫画は、笑いと癒やしでいっぱい。育児のほっと一息タイムにぜひ!


バービーと憧れの先生体験! 「バービーとおしごと!シリーズ」が5月中旬に発売

バービーと憧れの先生体験! 「バービーとおしごと!シリーズ」が5月中旬に発売

デビュー60周年を迎えた「バービー」から、バービーと一緒に音楽やアイススケート、体操を教える憧れの先生になってごっこ遊びが楽しめる「バービーとおしごと!おんがくのせんせいセット」、「バービーとおしごと!アイススケートのせんせいセット」、「バービーとおしごと!たいそうのせんせいセット」の3商品が5月中旬より発売されます。


スタジオアリスで記念撮影!料金とスケジュール、得する方法や裏技

スタジオアリスで記念撮影!料金とスケジュール、得する方法や裏技

今しかない子どもの愛らしい姿は、できるだけ思い出に残しておきたいもの。一生に一度のセレモニーならなおさらですよね。こちらでは、スタジオアリスでの撮影方法やおおまかな予算、さまざまな特典や安く撮る裏技まで、気になる情報をご紹介。混雑の避け方やストレスなく撮るための方法にも触れているので、ぜひご一読ください。


子育てサークルってどんなもの?活動内容やトラブル回避方法を紹介!

子育てサークルってどんなもの?活動内容やトラブル回避方法を紹介!

子育てサークルという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。毎日子供と向き合うのは幸せと感じることがたくさんありますが、ときには辛いと感じる瞬間もあるようです。ママたちが集い活動する子育てサークルはママたちにとってどんなものなのかみていきましょう。


けん玉の幼児への教え方!持ち方の基本から遊び方まで

けん玉の幼児への教え方!持ち方の基本から遊び方まで

古くから伝わる日本の伝承遊びには、現代の子供たちの間で主流となっているゲームにはない良さや面白さがあります。今回注目する「けん玉」は、世界で普及している遊びのひとつです。パパママ世代もこの機会にけん玉を覚え、子供と一緒に遊んでみませんか?


幼児の「うがい」はいつから始める?注意点やおすすめの教え方

幼児の「うがい」はいつから始める?注意点やおすすめの教え方

あらゆるものに触れたがる幼児だからこそ、菌を落とすための手洗いうがいは徹底させたいところです。しかしうがいは、手洗いと比べて見落とされがちな上に、教えるのも一苦労。習慣づけるのがなかなか難しいかもしれません。そこで今回は、幼児へのうがいの教え方をご紹介しましょう。


ピタゴラスおもちゃの気になる効果とおすすめ玩具6選

ピタゴラスおもちゃの気になる効果とおすすめ玩具6選

子供の知育にもつながるおもちゃを買いたいと思っているなら、ピタゴラスというおもちゃも選択肢に入れてみましょう。ピタゴラスとはどのようなおもちゃで、子供にとってどのような効果が期待できるのか紹介します。おすすめのピタグラス商品もあわせてチェックしてみてください。


幼稚園から帰ったら昼寝させるべき?生活リズムをくずさないための工夫

幼稚園から帰ったら昼寝させるべき?生活リズムをくずさないための工夫

幼稚園ではお昼寝時間を設けていないため、降園後に子供が眠くてグズグズしてしまうという経験をしたママも多いのではないでしょうか。幼稚園から帰ったら子供に昼寝をさせるべきなのでしょうか?今回は幼稚園児の睡眠事情について探っていきます。


幼稚園児や入園をひかえた子供におすすめの絵本30選!3歳・4歳・5歳に読んであげたい絵本は?

幼稚園児や入園をひかえた子供におすすめの絵本30選!3歳・4歳・5歳に読んであげたい絵本は?

幼稚園の入園や進級を前にした子供達は、これから始まる新しい生活にドキドキワクワクする一方、不安な気持ちを抱えることもあるかもしれません。今回はそんな子供達に向けて、幼稚園での生活が楽しみになるような、おすすめの絵本30選を紹介します。


幼稚園は何歳から?2年と3年保育の特徴と入園時期を決めるポイント

幼稚園は何歳から?2年と3年保育の特徴と入園時期を決めるポイント

子供を幼稚園に入園させたいけど、何歳から入れられるのかわからないパパママも多いのではないかと思います。例えば「2年保育と3年保育の入園の条件の違い」などの、基本的なことから悩んでしまいますよね。今回は、幼稚園の入園時期、2年保育と3年保育の特徴、さらに入園時期を決めるポイントなどについて解説したいと思います。


防災頭巾カバー(背もたれタイプ)の作り方!簡単に手作りできる!

防災頭巾カバー(背もたれタイプ)の作り方!簡単に手作りできる!

幼稚園や保育園、小学校などへ入園・入学する際、防災頭巾の準備は基本のようですが、あわせて防災頭巾を入れるカバーも必要となります。簡単に手作りできるので、作り方をご紹介していきます。


【医師監修】インフルエンザ予防接種の適切な時期は?子供の年齢別回数と注意点

【医師監修】インフルエンザ予防接種の適切な時期は?子供の年齢別回数と注意点

毎年、冬になると流行するインフルエンザ。その対策としてのワクチンは、いつごろ接種するのが良いのでしょうか。今回は、子供と大人の接種方法の違いなど、子供のインフルエンザワクチンの接種について詳しく説明します。


【医師監修】子供のヘルペスウイルス感染症って、どんな病気?

【医師監修】子供のヘルペスウイルス感染症って、どんな病気?

ヘルペスは口内炎など、体のさまざまな箇所に水ぶくれのできる病気です。実は水疱瘡もヘルペスの仲間ということは知っていましたか? ここでは、子供や赤ちゃんがかかるヘルペスウイルス感染症について紹介します。


【医師監修】おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)ってどんな病気?ムンプス難聴って?ほおの腫れが引けば登園していい?

【医師監修】おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)ってどんな病気?ムンプス難聴って?ほおの腫れが引けば登園していい?

子どものほおが腫れる病気としてご存知の方も多い「おたふくかぜ」。通常1、2週間で治まることが多いのですが、時に難聴などの後遺症を残したり、合併症として髄膜炎を引き起こすこともあり、けして侮ってはいけない感染症です。