子どもの病気・症状

子どもの病気・症状に関する記事

赤ちゃん・子供の時期に多い病気や起こり得る症状と原因、対策についてまとめています。家庭での対応や受診の目安、タイミングなど、よくある疑問に医師がお答え。気になる症状が見られる時はもちろん、万が一の備えにぜひご覧ください。

子どもの病気・症状に関連するキーワード

アレルギー 食物アレルギー 予防接種 アトピー性皮膚炎 発達障害 ヘルパンギーナ 副鼻腔炎 手足口病 じんましん てんかん
>>子どもの病気・症状に関連するキーワード一覧

食物アレルギーに悩むママに安心を。「1歳からのはじめてのおやつセット」が登場

食物アレルギーに悩むママに安心を。「1歳からのはじめてのおやつセット」が登場

アレルギーや添加物など、おやつで悩むママにおすすめの「1歳からのはじめてのおやつセット」が、1月14日より、太田油脂公式通販サイト「マルタショップ」にて販売されます。


【医師監修】子供の鼻づまりをやわらげる! 家庭でできる3つのケア方法

【医師監修】子供の鼻づまりをやわらげる! 家庭でできる3つのケア方法

自分では鼻をかめない赤ちゃんや幼い子供の鼻づまりは、苦しそうで、見守るママもつらいものですね。乳幼児の鼻腔(びくう。空気の通り道)はとても狭く、そのうえ鼻粘膜は刺激に敏感なため、鼻水・鼻づまりが起こりやすいのです。早めの受診が原則ですが、ママが家庭でできるケアの方法もありますから、気軽に取り入れてみてください。


【医師監修】赤ちゃんが食物アレルギー反応を起こす原因と症状

【医師監修】赤ちゃんが食物アレルギー反応を起こす原因と症状

食事の後、気がつくと赤ちゃんの皮膚に湿疹ができている、そんな経験はありませんか? 今では約10人に1人の赤ちゃんが、食物アレルギーだといわれています。今回は食物アレルギーの原因と症状にはどんなものがあるのか、食物アレルギーの治療法についてもご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

赤ちゃんは代謝がよく汗っかきで、大人よりもあせもができやすいものです。夏はもちろん、それ以外の季節でも高温多湿な状態であれば要注意。かわいい赤ちゃんが快適に過ごせるよう、気をつけたいポイントを紹介します。


【医師監修】インフルエンザの4つの初期症状とは?疑われる3つのケース

【医師監修】インフルエンザの4つの初期症状とは?疑われる3つのケース

インフルエンザが流行するシーズン。体調が悪くなると「この症状、インフルエンザに感染したから?」と、心配になりますよね。インフルエンザにかかった場合、初めはどのような症状が出るのでしょうか。今回は、インフルエンザの潜伏期間や初期症状、治るまでに要する期間などについて詳しく説明します。


【医師監修】子供のカンジダ症 どんな病気? 気を付けることは?

【医師監修】子供のカンジダ症 どんな病気? 気を付けることは?

女性は生涯に一度は腟カンジダ症にかかると言われるほど、カンジダはありふれた病気です。子供がカンジダ症になることも珍しいことではなく、生まれてから感染するケースと、母親の胎内や出産時に感染し発症するケースがあります。


【医師取材】子供のアレルギーの種類・検査の方法は?

【医師取材】子供のアレルギーの種類・検査の方法は?

湿疹やかゆみ、鼻水など、子供にアレルギーかもしれないという症状があると、アレルギー検査を受けさせるべきか迷いますよね。ここでは、アレルギー検査の内容や、検査で何がわかるのかなどをご紹介していきます。


 【医師監修】赤ちゃんの鼻水が止まらない!? 原因と鼻水をとる方法

【医師監修】赤ちゃんの鼻水が止まらない!? 原因と鼻水をとる方法

赤ちゃんの鼻水がずっと出ていると「病気かしら?」と心配になりますよね。いつもと違う緑色の鼻水が出ているときや、咳、涙やくしゃみを伴うときも、病院に行くべきか迷ってしまいます。小児科には感染症の赤ちゃんも多いので、症状が軽い鼻水だけであれば、行かなくていい場合もあります。鼻水の状態や他の症状から原因を探りましょう。


【医師監修】夜泣きなどで悩んでいない? 1歳児の生活で気をつけたい3つのこと

【医師監修】夜泣きなどで悩んでいない? 1歳児の生活で気をつけたい3つのこと

1歳を過ぎるようになると、立ったり歩いたりする赤ちゃんも多くなります。離乳食も順調に進み、行動範囲もグンと広がるのは嬉しいことですが、中には夜泣きなど、これまでになかった体の不調が出ることも……。今回は、1歳の時期ならではの赤ちゃんの身体のトラブルや生活での気をつけたいことについてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの中耳炎は熱がサイン? 症状や3つの予防策

【医師監修】赤ちゃんの中耳炎は熱がサイン? 症状や3つの予防策

中耳炎は赤ちゃんがかかりやすい病気なので、新生児を子育て中のママは最低限の知識を押さえておきましょう。適切な治療を行わないで慢性化してしまうと、聴力低下などになってしまったりすることがあります。赤ちゃんが中耳炎になったときに出すサインや、治療法、ホームケアの方法などについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの鼻水トラブルの原因と対処法

【医師監修】赤ちゃんの鼻水トラブルの原因と対処法

赤ちゃんの鼻水は原因によって透明だったり緑色だったりします。原因が分からなかったり、なかなか治らなかったりする鼻水は対処法に困りますよね。「寝れない時は薬?」、「治らない時は病院?」、「直接吸っても良いの?」、「お風呂はOK?」などよくある疑問に答えます。


【医師監修】赤ちゃんの下痢が続く原因は? 受診が必要な下痢の見分け方

【医師監修】赤ちゃんの下痢が続く原因は? 受診が必要な下痢の見分け方

便の状態は、健康のバロメーターのひとつです。とはいえ、赤ちゃんのうんちは月齢が低いほど大人とは違うので、「この状態が赤ちゃんのふつうなの?」と気になったり、「もしかして、下痢では?」と心配になることもあるかもしれませんね。そこで今回は、赤ちゃんの下痢の原因や症状の見分け方、受診の目安などをご紹介します。


【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

肌にぷくっとできる「水いぼ」は、いったんできてしまうと、なかなか治らず広がってしまうことも多い、厄介な病気です。水いぼの原因や治療法、園や学校を休む必要があるのかどうかなどを詳しく説明します。


【医師監修】これって溶連菌?子供に感染したらどうすればいいの?症状・治療・保育園など対処法

【医師監修】これって溶連菌?子供に感染したらどうすればいいの?症状・治療・保育園など対処法

子供のかぜの原因の一つ、溶連菌(A群溶血性連鎖球菌)。かぜだけでなく、猩紅熱(しょうこうねつ)やとびひ、腎臓の病気を引き起こすことも。ただ、細菌感染症ですから抗菌薬の治療が有効です。処方された薬をきちんと使い、しっかり治しましょう。


【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

インフルエンザは、ウイルスに感染した後に重症化したり合併症を起こしたりする場合があります。インフルエンザ脳症もそのひとつです。今回は、インフルエンザ脳症について、どんな病気か、具体的症状、なりやすい年齢などを詳しく説明します。


【医師監修】インフルエンザの潜伏期間は?うつる時期と予防対策

【医師監修】インフルエンザの潜伏期間は?うつる時期と予防対策

インフルエンザ流行の時期、周囲に感染した人がいると「自分もインフルエンザにかかってしまったかも」と不安になります。インフルエンザに感染した場合、いつごろから症状が出るのでしょうか。また、知らない間に人へうつしてしまうことはあるのでしょうか。インフルエンザの感染から発症までの潜伏期間とウイルスの感染力について説明します。


【医師監修】赤ちゃんの頭の形が絶壁!? 病気の心配はある?

【医師監修】赤ちゃんの頭の形が絶壁!? 病気の心配はある?

子どもの成長には何かと気になることがあるものですが、中には「赤ちゃんの後頭部が絶壁にならないか心配……」など頭の形についてのお悩みもあります。そのまま見守っていいものなのか、治療は必要なのか、など赤ちゃんの頭の形にまつわる疑問についてまとめました。


【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

子どもの急な発熱、のどの痛み。こうした症状はさまざまなウイルスや細菌などの感染で起こります。その1つが「溶連菌感染症」。一般にそれほど怖い病気ではありませんが、まれに重い合併症を引き起こすことも。適切な治療で合併症を予防し、流行を防ぐため、小さなお子さんのお母さん、お父さんが知っておきたい特徴を紹介します。


【医師監修】子供の胃腸炎、症状と原因は? 気をつけたい脱水症状とケア

【医師監修】子供の胃腸炎、症状と原因は? 気をつけたい脱水症状とケア

子供を苦しめる胃腸炎には、さまざまな原因があります。今回は、子供の胃腸炎について、考えられる原因、症状、治療法、そしてホームケアについてご紹介します。


【医師監修】「とびひ」の正しい治療と注意点

【医師監修】「とびひ」の正しい治療と注意点

「とびひ」は皮膚感染症の一種です。一見「とびひ」のように見えても似ている病気もあります。 「とびひ」の原因や特徴、正しい対処法を知って、お子さんを病気から守りましょう!