授乳・ミルク

授乳・ミルクに関する記事

授乳に関するさまざまな悩みと疑問に、専門家がお答えします。授乳間隔や量、飲まない・飲みすぎるときの対処法、母乳育児中のトラブル、ミルクの作り方や外出時のコツなど、さまざまな情報を総まとめ。問題解決の糸口がきっと見つかるはずです。

授乳・ミルクに関連するキーワード

母乳 哺乳瓶 授乳 断乳 粉ミルク 乳腺炎 卒乳 フォローアップミルク 搾乳 お茶
>>授乳・ミルクに関連するキーワード一覧

【助産師解説】夜間授乳はなぜ必要?いつまで続く?授乳間隔や夜間の授乳方法

【助産師解説】夜間授乳はなぜ必要?いつまで続く?授乳間隔や夜間の授乳方法

夜間授乳は必ずするべき?日中だけじゃダメなの?という疑問に、助産師がお答えします。夜間の頻回授乳がツラいというママや、より楽に授乳する方法を模索しているママは、ぜひ参考にしてください。


【助産師監修】母乳の栄養は食事に左右される? 発育への影響とメリット

【助産師監修】母乳の栄養は食事に左右される? 発育への影響とメリット

わが子を母乳で育てたい。そう思うママは多いでしょう。ただ、母乳についての情報は玉石混交。だからこそ正しい知識を身につけることが大切です。ここでは母乳の栄養と食事の関係、発育への影響を解説します。


楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

楽?クセになるからNG? 実際に添い乳しているママはどのぐらい?

ママも赤ちゃんも横になりながらおっぱいをあげるスタイルの「添い乳」。体を休めながら授乳できるということで、お昼寝時や夜の入眠時に取り入れているママも多いよう。赤ちゃんに添い乳していたかどうか、実際の体験談をもとに聞いてみました。


母乳パッドの正しい選び方と人気パッド11選

母乳パッドの正しい選び方と人気パッド11選

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


【助産師監修】母乳の冷凍保存で注意すべきことは?

【助産師監修】母乳の冷凍保存で注意すべきことは?

赤ちゃんと一緒に出かけられない場合など赤ちゃんに母乳を直接あげることが難しいとき、あらかじめ搾乳した母乳を冷凍してストックしておくといいでしょう。今回は、母乳の冷凍に関して、メリットや注意点、具体的な手順などを解説します。


【助産師監修】授乳中に風邪をひいても、母乳は中断しなくていいの?

【助産師監修】授乳中に風邪をひいても、母乳は中断しなくていいの?

授乳中のママが風邪をひいたとき、母乳から赤ちゃんに風邪がうつるのではないかと心配になるママもいるようです。でも、風邪は母乳からはうつらないので、母乳を中断する必要はありません。今回は、授乳中に風邪をひいてしまった時の正しい対処法を解説します。


【助産師監修】これはNG? 母乳の搾乳&保存方法と気をつけたい注意点4つ

【助産師監修】これはNG? 母乳の搾乳&保存方法と気をつけたい注意点4つ

赤ちゃんが入院しなければいけないときや、外出などで赤ちゃんと離れなければいけないとき、しぼっておいた母乳をあげられるといいですよね。しかし、母乳はどのように保存すればいいのでしょうか? どのくらいの期間保存できるのかも気になるところです。そこで、搾乳の仕方や母乳の保存方法、保存・使用するときの注意点をまとめました。


【助産師監修】断乳後のママの体と、赤ちゃんのお世話はどう変わる?

【助産師監修】断乳後のママの体と、赤ちゃんのお世話はどう変わる?

ママの仕事復帰などさまざまな理由で、母乳による授乳を辞める「断乳」を決断しなければいけないときがあります。断乳によってママの体、そして赤ちゃんにはどのような影響が考えられるかを見ていきましょう。


【助産師監修】授乳中おっぱいにできた「しこり」。気になる原因と対策を解説

【助産師監修】授乳中おっぱいにできた「しこり」。気になる原因と対策を解説

授乳中はおっぱいにトラブルが起こりやすい時期。なかでも気になる症状といえば「しこり」でしょう。赤ちゃんへの影響も心配な上、がんなどの病気かどうかも気にかかります。そこで授乳中にできたしこりの原因と対策について解説します。


【助産師解説】「完全母乳」ってなに?混合から母乳のみへの移行は?

【助産師解説】「完全母乳」ってなに?混合から母乳のみへの移行は?

「完全母乳」という言葉や、それを略して「完母」と表現するのをよく耳にするママも多いことでしょう。この「完全母乳」という言葉、実はとても勘違いしやすいものなのです。今回は意味と考え方について解説するとともに、母乳が足りない時の対応、混合栄養から母乳のみへの移行など、母乳育児にまつわる気になる疑問に助産師が解説します。


【助産師解説】完ミ育児のメリットは?スケジュールや外出のコツもチェック!

【助産師解説】完ミ育児のメリットは?スケジュールや外出のコツもチェック!

「完母(完全母乳育児)」ということばになぞらえて、ミルクのみの育児を、俗に「完ミ」と呼ぶことがあります。今回はそんなミルクのみ育児のメリットや授乳スケジュールについて、助産師が詳しく解説します。外出時の持ち物を減らすコツや断乳の時期など、気になるポイントについてもチェックしてくださいね。


ベビーマグのおすすめ11選!正しい使い方と練習方法とは?

ベビーマグのおすすめ11選!正しい使い方と練習方法とは?

赤ちゃんも離乳食期に入ると、母乳や哺乳瓶以外での水分補給が必要になります。そんな時に役に立つのがベビーマグ。今回はベビーマグの使い方や練習方法、ママたちに人気のおすすめベビーマグなど、これからベビーマグの使用を検討しているママに役立ちそうな情報を集めてみました。


【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

【助産師解説】乳腺炎を予防するための4つの心得

乳腺炎は全授乳期間で24~33%の頻度で起こると報告されています[*1]。授乳期間中はいつでも起こる可能性があるため、予防が大切です。知っておきたい乳腺炎になるきっかけと、予防につながる授乳や生活のポイントについて助産師がお伝えします。


【助産師解説】おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について5つの疑問

【助産師解説】おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について5つの疑問

多くのママたちが悩む「母乳」「おっぱい」のこと。中でもおっぱいマッサージ(母乳マッサージ)については、いろいろな疑問があります。今回は助産師の坂田陽子先生に「マッサージの効果」「妊娠中のマッサージの必要性」「やってはいけないマッサージ」など、おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について解説いただきます。


【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

母乳の分泌量がなかなか増えない、量が足りない……という場合は何が問題なのでしょうか? 母乳が出ないときの考えられる原因と主な対策について、助産師が解説します。母乳の分泌をよくするコツもチェックしてください。


DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

雪印ビーンスタークは、雪印メグミルクと共同で、2015年より第3回全国母乳調査を実施していますが、その一環として現代日本人母乳の主要栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物など)と母親の摂取栄養素量の関係について調査。スコットランドで開催された欧州小児消化器肝臓栄養学会でその結果を発表しました。


【医師監修】搾乳は何時間ごとにすればいい? 保存方法のコツは?

【医師監修】搾乳は何時間ごとにすればいい? 保存方法のコツは?

搾乳(さくにゅう)の間隔は個人差があるので、ママ友に聞いてもバラバラ……。デリケートな問題だけに「聞きたいけれど聞けない」と悩んでいるママも。今回は搾乳時間の目安、冷凍する場合など正しい保存方法についてお話します。生理現象である乳頭からの射乳の原理を理解して搾乳に役立てる方法など、今すぐ役立つ情報が満載です。


【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は?不足時のサインなど

【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は?不足時のサインなど

妊娠中から「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい!」と考えているママも多いことでしょう。実際に母乳育児がスタートすると、母乳の量が足りているのか、ミルクを足したほうがいいのかなど、さまざまな悩みが出ることも。今回は母乳が出始めるタイミングや、母乳が足りないときのサインなどをまとめました。


【助産師解説】差し乳 ・溜まり乳とは?授乳するときはどんな状態がいい?

【助産師解説】差し乳 ・溜まり乳とは?授乳するときはどんな状態がいい?

差し乳・溜まり乳とはどのような状態で、なぜなるのかについて助産師が詳しく解説します。母乳不足や分泌過多などとの関係や、リスク予防・解消方法についてもお伝えしています。


【助産師解説】赤ちゃんが「遊び飲み」して困る!時期と原因、ママの対策

【助産師解説】赤ちゃんが「遊び飲み」して困る!時期と原因、ママの対策

おっぱいを飲みながら「ニヤニヤ」「キョロキョロ」、時にはぺたぺた触ったり噛んだりしておっぱいで遊び始める赤ちゃん。そんな「遊び飲み」はなぜ起こるのでしょうか。集中して飲んでくれない問題を解消する方法について、助産師がアドバイスします。授乳時間が長すぎて困っているというママ、ぜひ参考にしてください。