人気記事一覧


【医師監修】黄緑っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

【医師監修】黄緑っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

下着などについたおりものの色がいつもと違っていたら気になります。そんな変化に気づけたのは、日頃から健康を心がけて生活している女性だからこそ。その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より黄緑(緑色)っぽい?」と気づいた時の一般的な原因や対処方法をまとめました。


【助産師監修】 母乳の搾乳&保存方法と解凍方法、気をつけたい注意点4つ

【助産師監修】 母乳の搾乳&保存方法と解凍方法、気をつけたい注意点4つ

赤ちゃんが入院しなければいけないときや、外出などで赤ちゃんと離れなければいけないとき、しぼっておいた母乳をあげられるといいですよね。しかし、母乳はどのように保存すればいいのでしょうか? どのくらいの期間保存できるのかも気になるところです。そこで、搾乳の仕方や母乳の保存方法、保存・使用するときの注意点をまとめました。


【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

妊娠すると、基礎体温は高い状態が続くことをご存じの方も多いと思います。では、何日ぐらい高温期が続くと妊娠の可能性があるといえるのでしょうか。また妊娠中の体温はどうなるのでしょう。基礎体温のキホンとともにお届けします。


【医師監修】前駆陣痛はいつから? 本陣痛までの期間や陣痛との違い

【医師監修】前駆陣痛はいつから? 本陣痛までの期間や陣痛との違い

出産予定日が近づくとお腹の痛みを感じることがたびたびあります。これは出産開始のサインなのか、そのほかの痛みなのかが分からないと不安ですよね。今回は出産前に感じる「前駆陣痛」と出産時の「陣痛」の違いや、出産日までの過ごし方などをまとめました。


【医師監修】妊娠初期出血(着床出血)の時期はいつ?時間・量・月経との違い

【医師監修】妊娠初期出血(着床出血)の時期はいつ?時間・量・月経との違い

いつもの月経と違う出血があったとき、「もしかして、着床出血?」と思うことがあるかもしれません。妊娠初期にみられる出血のひとつである「着床出血」は医学用語ではなく、月経様出血とも言われます。今回は、着床出血やその他の妊娠初期に起こりうる出血についてお伝えします。


【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 臨月近くの変化や特徴

【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 臨月近くの変化や特徴

おなかが大きくなり、出産が近づく妊娠後期。このころになると、おりものの変化に悩む妊婦さんも増えてきます。おりものは、体の変化をみるバロメーターでもあります。日頃から気をつけるようにしましょう。もし、おりものの状態に不安があれば、診察を受け、必要であればおりもの検査なども受けるようにしましょう。


【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

妊娠超初期は医学用語ではなく一般的な言い回しですが、だいたい「卵子が受精して子宮に着床するころ」を指して使われることが多い言葉です。まだ妊娠したかどうか確定できないこの時期、様々な要因から出血することがあります。そんな出血の原因や種類について紹介します。


【医師監修】排卵出血があるころは妊娠可能性up?妊娠との関係と着床出血との違い

【医師監修】排卵出血があるころは妊娠可能性up?妊娠との関係と着床出血との違い

排卵日ごろに出血することがあります。排卵出血は妊娠を希望する人にとってとても気になる症状でしょう。今回は排卵出血と妊娠しやすい時期の関係、そして似たようなタイミングで起こる着床出血との見分け方について解説します。


【医師監修】妊娠超初期|症状はいつから始まる?確認方法と気をつけること

【医師監修】妊娠超初期|症状はいつから始まる?確認方法と気をつけること

吐き気などの妊娠の兆候が出てくるのは、個人差が大きいものの妊娠5~6週頃からといわれていますが、中には生理予定日前、俗にいう「妊娠超初期」に体の変化や妊娠のサインを感じる人も。妊娠超初期によくみられる症状や、妊娠に気づかずアルコール、タバコ、カフェインを摂取した場合の影響を解説します。


【医師監修】外出はしてもOK? 生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴

【医師監修】外出はしてもOK? 生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴

生後1ヶ月になると、授乳や睡眠の頻度も徐々に安定してきます。そろそろ外出したいと思うママも多いのではないでしょうか。今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴とともに、この時期の外出についてのポイントを紹介します。


【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

妊娠中期に入るとつわりが治まることが多く、お腹の赤ちゃんもこれ以降ぐんぐん大きくなっていきます。俗に「安定期」と呼ばれますが、妊婦さんにはうれしい時期ですね。でも、油断は禁物。充実したマタニティライフを送るためにこの時期に注意すべきこと、つわりが落ち着いてくる時期だからこそしておきたいことなどをご紹介します。


生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんは、すでに生まれた時のほぼ2倍の体重にまで成長し、首がすわりはじめるので縦抱っこでも安定するようになります。寝る時間もだんだん落ち着き、睡眠不足だったママも少し眠れるようになってきたのではないでしょうか? 今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの発育状況と育児のポイントなどについてまとめました。


【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

赤ちゃんの体温調節は自分だけではとてもできません。エアコンだけでなく服装も工夫して、春夏秋冬それぞれの季節で赤ちゃんにとって快適な室温を保ちましょう。


【医師監修】生後2ヶ月から外出可能! 新生児とのお出かけの注意点

【医師監修】生後2ヶ月から外出可能! 新生児とのお出かけの注意点

生後2ヶ月になると赤ちゃんは周りに興味を持ち始めます。外出して周りから大きな刺激を受けることは赤ちゃんの発育のためにも良いとされています。はじめての外出をするときの注意点や持ち物などについて詳しく解説していきます。


【助産師解説】授乳時間が長い!短い!授乳時間の目安、原因と対処法 

【助産師解説】授乳時間が長い!短い!授乳時間の目安、原因と対処法 

1回の授乳時間の目安ってどれぐらい? 月齢別の平均時間と、長い・短いときに考えられる理由や対処法について助産師が解説します。授乳時間はある程度決めた方がいいのかなど、授乳に関する疑問についてもお答えしています。


【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

夜の就寝中にふくらはぎの痛みで夢から覚めたり、朝目覚めて体を伸ばした瞬間に痛みが走ったり……突然、足の筋肉が痙攣(けいれん)する「足がつる」「腓返り(こむらがえり)」という症状。ビックリしますね。もちろん痛さも相当で不快なものです。この「足がつる」という症状は、妊娠に関係して起きやすくなることがあるようです。


【医師監修】着床はいつ?症状はあるの?完了サインの確認方法

【医師監修】着床はいつ?症状はあるの?完了サインの確認方法

妊娠したかどうか、気になって仕方がない人にとって、着床はいつ起こるのか、身体に何か変化や症状があるのかは確認しておきたいところですよね。ここでは、そもそも着床とはいったい何なのか、着床によって感じるかもしれない体の変化、着床したかどうかきちんと調べる方法などについて解説します。


生後7ヶ月|赤ちゃんの特徴と5つの注意点

生後7ヶ月|赤ちゃんの特徴と5つの注意点

これまで不安定だったお座りや寝返りが安定すると同時に、ずりばいや手の動きの発達など、さらなる成長も見られる時期。心の発達も進み、人見知りや夜泣きが始まる子もいます。生後7ヶ月の赤ちゃんの成長段階と育児のポイントをご紹介します。


【医師監修】妊娠後期や臨月は眠い! 眠気の原因と対策4つ

【医師監修】妊娠後期や臨月は眠い! 眠気の原因と対策4つ

早いものでもう妊娠後期。赤ちゃんとともにお腹も大きくなり、臨月(妊娠10ヶ月)ともなれば妊娠期間もあとわずかです。出産が現実味を帯び、期待と不安が入り混じっているかもしれませんね。一方、体調面では妊娠後期から臨月にかけて眠気やだるさに悩まされる時期でもあります。ここでは妊娠後期〜臨月の眠気の原因と対策をお伝えします。


【医師監修】出産後のセックスはいつからOK?痛み対策3つと控えた方がいいケース

【医師監修】出産後のセックスはいつからOK?痛み対策3つと控えた方がいいケース

出産後、いったいいつからセックスを再開していいのか悩みますよね。しかし、セックスの話はデリケートなだけに、ママ友に相談するのは躊躇してしまうもの。そこで今回は、産後のセックス再開の時期や痛み対策について解説します。