【さすがに引いた】夫が親離れしていないと感じたエピソード

【さすがに引いた】夫が親離れしていないと感じたエピソード

かわいがって育てた子どももいつかは大きくなり、巣立ちのときを迎えます。思春期には反抗されたりするんだろうな~なんて呑気に考えているあなた! 世の中には、いい年をして親離れができていない大人が存在します。それが夫だったとしたら……つらいですね。今回は、親離れしていない夫・義母にまつわるエピソードをご紹介します。


(イラスト:まちこ @achiachiachico

夫や義理の実家に対して、「親離れ(子離れ)していないなぁ」と感じることはありますか?

約4割弱の妻が、夫と義実家の親離れ、または子離れをしていない現実を実感しているようです。

詳しいエピソードも投稿してもらいましたが、「妻の実家より夫の実家を優先」というのはまだかわいいもの。「自宅は別なのに毎日お弁当をつくってもらって、取りに行っている」「毎日連絡している」など、さまざまなエピソードが出てきました……。

なんでも義母に「ほう・れん・そう」

主人は仕事内容や人間関係の相談を母にしており、私よりも詳しい。

(36歳/医薬品・化粧品/営業職)
仕事の悩みなども事細かに義母と連絡を取っており、ハネムーンや旅行などの写真もほぼすべて義母にUSBでデータを渡し、それを義母が義姉と見ているので、監視されているようで気持ち悪い。

(36歳/医療・福祉/専門職)
家のことをすべて親に報告している。気持ち悪い。

(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

夫と妻は、人生のパートナーになったはず。神様の前で誓った言葉はなんだったのでしょうか? とにかくなんでもお義母さんに報告、相談、連絡をしてしまう夫があとを絶ちません。お義父さんではなくお義母さんだけに報告するところが、なんか嫌ですよね。

義母におこちゃま扱いされている

いまだに旦那は母親のことをママと呼びますが気持ち悪いです。

(29歳/自動車関連/技術職)
義理母が義実家に正月に行ったとき、初詣前に、「〇ちゃん(旦那)、ちゃんとトイレ行ったの? 」と聞いていたとき。40近い旦那に、お出かけ前のトイレの世話とは……。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
義母は夫の顔を見ると食生活やら服装やらにあれこれ口を出してくる。「もう、うるさい!」と一喝してやりたい。

(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)

なんでも義母に相談してしまう夫も夫ですが、義母の過干渉にも困ったものです。「かわいい息子を絶対に手放さないぞ!」という執念が垣間見えます。それに対して、「うるさいなあ、お母さんいい加減にしてよ」と言える夫だったらどんなにいいか。嬉々として返事をしている夫には要注意です。自分の子どもができたら、父親らしくなってくれるかと思っていたのに。現実は厳しいようです。
外出前のトイレ確認は、お世話ではなくただの親子のコミュニケーション……ですよね? きっと……。

実家大好き

休みのたびに実家に帰る。夫婦2人と子どもとの時間がない。

(34歳/医療・福祉/専門職)
友人の旦那さんは、盆と正月の年2回は必ず帰省したがるそう。奥さんの実家よりも最優先。コロナ禍でも、「子どもを連れていかなくてもひとりで帰省する」と言ったときにはキレたそうです。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
機会があるとすぐに実家に帰りたがる。

(40歳以上/建設・土木/事務系専門職)

実家に行けば、上げ膳据え膳、子どもの世話も祖父母まかせ。自分が子どもに戻れる場所なので、実家の居心地がいいのはわかります。でも、祖父母もそろそろ介護のことを考えなければならない年齢では? 老親の様子が心配で見に帰ってる……わけじゃないところがムカつきます。そんなに実家がいいなら、親の介護はあなたがしてね!

ていうか、ママが大好き

母子でベタベタとカップルみたいで、気持ち悪い。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)
お母さんは悪口言わない、と本気で思ってる。

(39歳/小売店/事務系専門職)

乳幼児ならまだしも、とうに成人を迎えた息子と母親でベッタリ、は他人でも見たくないものですよね。「小さな彼氏」はもうどこにもいませんよ、お義母さん!
そして、母親だって人間。悪口のひとつくらい言いますけど、それが信じられないくらい盲目的な親子関係って一体どんな関係性なんでしょう……。

まとめ

アンケートの答えを見てみると、親離れというより、ママ離れできていない夫が多いようで、お義父さんに執着している夫はほぼ見当たりませんでした。もちろん、親を大切にするのはいいことですが、度を過ぎると妻たちの理解を得られていないようです。世の男性たちには、お母さん以上に、人生を共にすると誓った妻への愛をしっかり伝えてほしいですよね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年1月15日~30日
調査人数:139人(22歳~40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ベテラン主婦のボスがワーママ大助かりのレシピを紹介してくれるようで……?


【漫画】娘「もっと早く保育園のお迎えきて」にズッキーン……ワーママの葛藤と罪悪感『ワーキング母ちゃん日記』Vol.40

【漫画】娘「もっと早く保育園のお迎えきて」にズッキーン……ワーママの葛藤と罪悪感『ワーキング母ちゃん日記』Vol.40

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。隔週火曜日更新で、大好評連載中です。


【漫画】新連載! パパが描く全力育児奮闘記がスタート『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.1

【漫画】新連載! パパが描く全力育児奮闘記がスタート『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.1

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


【漫画】テレワーク終了!  私も息子も綱渡りの毎日だけど……『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.11(最終回)

【漫画】テレワーク終了! 私も息子も綱渡りの毎日だけど……『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.11(最終回)

長男は自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症。グラフィックデザイナーとして働く私も発達障害の傾向があって……? 凸凹親子の日常を描いたコミックエッセイ『発達障害親子のワーママDAYS』、いよいよ最終回です。


【漫画】1歳の弟への構い方が雑な18歳兄⇒弟から衝撃の対応を受ける『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.12

【漫画】1歳の弟への構い方が雑な18歳兄⇒弟から衝撃の対応を受ける『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.12

あおの家長男ヒカくん(高3)は、クールなふりして実は家族に激甘!? 年の離れたメリちゃん(小5)、ルルちゃん(小1)、チイくん(1歳)との兄弟愛は、胸キュン必至です!


最新の投稿


家族全員が「得意」を活かす。パパ・ママではなく親というチームに 南田夫妻の場合 #共働き夫婦のセブンルール

家族全員が「得意」を活かす。パパ・ママではなく親というチームに 南田夫妻の場合 #共働き夫婦のセブンルール

世の共働き夫婦は、どう家事を分担して、どんな方針で育児をしているんだろう。うまくこなしている夫婦にインタビューして、その秘訣を探りたい。そんな想いから、今回の企画はスタートした。それぞれの家庭のルールやこだわりを7つにまとめ、その夫婦の価値観を紐解いていく。第8回目は5歳の男の子がいる南田夫妻のお話。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


朝ごはんのストックにも!業務スーパーの冷凍ベルギーワッフル

朝ごはんのストックにも!業務スーパーの冷凍ベルギーワッフル

忙しい朝時間にピッタリ! 我が家では便利すぎる業務スーパーの冷凍ワッフルを常備しています。今回は運よく3種類購入できたので、ご紹介いたします。


意地悪な人の心理とは?仕返しはNG!なときの対処法

意地悪な人の心理とは?仕返しはNG!なときの対処法

あなたの周りに「意地悪な人だな…」と感じる人はいませんか? 意地悪な人といるのは基本的に不快なもの。どう付き合っていけばいいのか悩みますよね。今回は意地悪な人の特徴や心理を解説するとともに、意地悪なママ友の対処法についてご紹介します。


【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい。』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載!