【ママ105人に聞いた】コロナ禍での子どもへの接し方、どう変わった?

【ママ105人に聞いた】コロナ禍での子どもへの接し方、どう変わった?

コロナ禍で在宅ワークになったり、子どもたちの学校生活が変化したりしたことで、子どもへの接し方が変わった人もいるのではないでしょうか。そこで、コロナ禍で、子どもへの接し方は変わったかどうかアンケートをしてみました。具体的にどのように変わったのかみんなの声もご紹介します。


コロナ禍で、子どもへの接し方は変わりましたか?

コロナ禍で、子どもへの接し方が変わったかどうか聞いてみると「はい」が29%、「いいえ」が49%という結果になりました(22%は「子どもはいない」と回答)。

約3割の人が子どもへの接し方が変わったようです。具体的にどのように変わったのか見ていきましょう。

コロナ禍で、子どもへの接し方はどんなふうに変わりましたか?

愛情を持って接するようになった

思いやりをもって接するようになった。

(32歳/農林・水産/営業職)
不安定な子どもに対して優しい声かけをするように努力している。

(40歳以上/その他/アルバイト)
あまり怒らないようにしたり、いらいらした気持ちを抑えるようになりました。

(33歳/その他/販売職・サービス系)

休校や分散登校など、新型コロナウイルス感染症は子どもたちの学校生活にも大きな影響を与えました。友だちと遊んだり、遊園地やショッピングモールに行ったりする機会が減ったうえに、行事が縮小・中止された学校も。子どもたちの心も不安定になっているかもしれません。

そのことを察して、子どもに対して思いやりを持って接するようになったと回答した人がたくさんいました。せっかくですから、子どもが毎日楽しく過ごせるようにしてあげたいですよね。

気持ちに余裕を持てるようになった

保育園のお迎えに早く行けるようになり、お互い気持ちに余裕ができた。

(31歳/ガラス・化学・石油/事務系専門職)
以前は夕食で家族全員が揃うことはなかなかなかったけど、今は一緒が多くなり楽しむことが増えました。

(40歳以上/その他/その他)
在宅勤務で子どもと過ごす時間が増えました。

(40歳/サービス(その他)/専門職)

仕事や外での付き合いなどに費やしていた時間が減り、忙しかった毎日に余裕が生まれたという人もいます。本当はもっと家族と一緒にいたいのに、多忙で歯がゆい思いをしていた人にとっては、コロナ禍も悪いことばかりではないのかもしれません。

一緒に遊ぶことが増えた

家の中で体を動かしたりいろいろ遊ぶようになった。

(38歳/その他/主婦)
一緒にいる時間が増えるとともに、会話も増えました。

(40歳以上/その他/主婦)
子どもも運動ができていないので、一緒にキャッチボールなどをしたりしています。

(38歳/教育/専門職)

在宅ワークにより自宅で過ごす機会が増えたり、休日に遠出をしなくなったりしたことで、親子で一緒に遊ぶ機会が増えたという回答です。家族の会話が増え、絆が深まった家庭もあるのではないでしょうか。

外出を控えると、日常的な運動の機会が減ってしまいます。公園でキャッチボールをするなど、子どもとの外遊びはいい運動になると同時に、ストレス発散にもなりますね。

イライラしてしまう

イライラすることが多くなった。

(35歳/愛知県/医療・福祉・介護サービス)
ハグができなくなってスキンシップが減りました。

(40歳以上/通信関連/事務系専門職)

一方で、子どもにイライラしたり、すぐに怒ったりするようになってしまったという回答もありました。いつもならそこまで怒らないことでも、ストレスが溜まっている状態だと、ついきつくあたってしまうことがあります。仕事が大変だったり不安な気持ちがあったりと、親もしんどい状況かもしれませんが、子どもに対しては一呼吸置いて、冷静に接するよう努められるといいですね。

小言が増えがち

手をよく洗うように言うことが増えた。ストレスで子どもにきつい口調で言うようになった。

(37歳/教育/専門職)
とにかく無駄な外出はしないように。外出するときは気をつけるようにと、やかましく言っている。

(40歳以上/その他/主婦)
子どもに対して思いやりを持つように指導するようになった。

(34歳/インターネット関連/技術職)

感染を防ぐための手洗い・消毒や、不要不急の外出をしないことなどは、子どもにも理解してもらいたい大切なこと。特に手洗いは、きちんと洗えていないと心配なので、ついつい厳しく言ってしまいがちですが、子どもが「なぜそうしなければならないのか」納得できるように、親子で考える時間が持てるといいのかもしれません。また、コロナ禍で多くの人が大変な思いをしていることから、他者に思いやりを持つよう指導しているという人もいました。

まとめ

コロナ禍で、子どもへの接し方が変わったかどうかというアンケートに、約3割の人は「変わった」と回答しています。

具体的には「愛情を持って接するようになった」「一緒に遊ぶことが増えた」といったポジティブなものから、「イライラするようになった」「小言が増えた」という声もありました。

学校生活での過ごし方や友だちへの接し方が以前とは変わり、不安定になっている子どももいます。前はあまり一緒に過ごす時間がなかったけれど、在宅ワークで親子の時間が増えた家庭もあるでしょう。家族で過ごす時間が増えたからこそ、一緒に遊んだり、積極的に会話をしたりして、お互いの不安を解消したいですね。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※記事内で紹介している回答は、子どもがいると回答した人105名の結果から抜粋したものです。
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【相思相愛】「できたよ!」8歳男の子が愛猫を切り絵にして駆け寄る姿に「胸キュン」「猫への愛があふれてる」

【相思相愛】「できたよ!」8歳男の子が愛猫を切り絵にして駆け寄る姿に「胸キュン」「猫への愛があふれてる」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けいたします。今回は、「子どもと猫」シリーズ♪


今年の年末の帰省はどうする?58.6%のママが帰省する予定と回答

今年の年末の帰省はどうする?58.6%のママが帰省する予定と回答

ROLLCAKEは11月25日、「子育て家庭の年末年始帰省」に関する調査結果を発表しました。同調査は11月9日~15日、東京・神奈川在住かつ関東地方以外に実家がある 実家と離れて暮らす0歳から6歳の子どもを持つママ437人を対象に、インターネットで行いました。


小倉優子さん毎日のお弁当が美味しそう! 1歳の子にはおかずや詰め方で工夫、冷凍食品も使って時短

小倉優子さん毎日のお弁当が美味しそう! 1歳の子にはおかずや詰め方で工夫、冷凍食品も使って時短

タレントの小倉優子さんが、ブログやInstagramで子どもたちのお弁当の写真を公開しています。小倉さんは小学3年生の長男・5歳の次男・1歳の三男を育てており、長男は学校で給食があるものの、お弁当が必要な次男と三男のために日々おいしそうなメニューを作っているようです。


【2021年11月】絵本のプロが選ぶ 0~5歳年齢別おすすめ6冊『おやすみわんちゃん』ほか

【2021年11月】絵本のプロが選ぶ 0~5歳年齢別おすすめ6冊『おやすみわんちゃん』ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


コロナ禍でのママ友付き合い、43.8%が困ったことがある!「食事や遊びに誘われて困る」「LINEで顔見えずもやもや」

コロナ禍でのママ友付き合い、43.8%が困ったことがある!「食事や遊びに誘われて困る」「LINEで顔見えずもやもや」

日本トレンドリサーチは、青山ラジュボークリニックと共同で実施した「コロナ禍でのママ友とのコミュニケーション」に関するアンケートによると、43.8%がコロナ禍でのママ友とのコミュニケーションで「困ったことがある」と回答しました。


最新の投稿


【漫画】#154 「お前らと離れるのがしんどい」突然悲劇の男ぶるモラ夫に動揺……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#154 「お前らと離れるのがしんどい」突然悲劇の男ぶるモラ夫に動揺……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【いい話】赤ちゃんを連れてバスに乗っていた時、おばあちゃんが話しかけてきた

【いい話】赤ちゃんを連れてバスに乗っていた時、おばあちゃんが話しかけてきた

Instagramで子育て漫画を発信されるとまとママさん。とまとママさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【相思相愛】「できたよ!」8歳男の子が愛猫を切り絵にして駆け寄る姿に「胸キュン」「猫への愛があふれてる」

【相思相愛】「できたよ!」8歳男の子が愛猫を切り絵にして駆け寄る姿に「胸キュン」「猫への愛があふれてる」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けいたします。今回は、「子どもと猫」シリーズ♪


トイレにいたら「ペタッペタッ」と自分に近づいてくる音。一体何が……

トイレにいたら「ペタッペタッ」と自分に近づいてくる音。一体何が……

Instagramで子育て漫画を発信されるまると父の日常さん。まると父の日常さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します


陣痛が早く来る?うわさのジンクス11選<体験談>

陣痛が早く来る?うわさのジンクス11選<体験談>

臨月になると、一体「いつ陣痛が始まるのか」ドキドキしますね!「いっそ早くお産になってくれればいいのに」と願う人もいるでしょう。ここでは、陣痛を早めるかも?とうわさの「陣痛ジンクス」と、先輩ママの体験談を紹介します。