コロナ禍の主婦たち、外出減・交流減・仕事減……この一年で大きな変化

コロナ禍の主婦たち、外出減・交流減・仕事減……この一年で大きな変化

コロナ禍では、周りの主婦たちの行動が変わったと感じる場面があります。買い物に出かけなくなったり、立ち話が減ったり、周りの人の生活も以前とは少し違うようです。今回は周りの主婦たちの行動の変化についてアンケートをとってみました。


コロナ禍で、あなたの周りの主婦たちの行動に変化はありましたか?

コロナ禍で、周りの主婦たちの行動に変化があったかどうかを聞いてみると「はい」が56%、「いいえ」が44%でした。半数の人が変化があったと感じているようです。

では、具体的にどのような変化があったのでしょうか? みんなの声をご紹介します。

コロナ禍であなたの周りの主婦たちの行動、どう変わった?

交流の機会が減った

井戸端会議をしなくなった。

(38歳/その他/主婦)
ママ友とランチに行けない。誘いにくい。

(40歳以上/その他/主婦)
友人とお茶をするのをやめた。

(40歳以上/その他/主婦)

以前のように立ち話をすることがなくなった、ランチやお茶に行けなくなったなど、交流の機会が減っている人がたくさんいました。特に「井戸端会議がなくなった」という回答は多かったです。

ランチやお茶をするのが好きだった人も、周りに配慮して誘うのを控えています。「人との接触を減らすように、回覧板もポストに入れるようになりました」というコメントも。

仲の良かった人と接する機会が減るのは寂しいことですが、そのぶんLINEでのやり取りが増えた人もいるようです。

買い物の仕方が変わった

まとめ買いをするようになった。

(40歳以上/その他/アルバイト)
買い物で買い増しするようになった。その分、買い物回数が減った。

(40歳以上/その他/主婦)
買い物をネットで完結したり。

(28歳/インターネット関連/技術職)

まとめ買いをするようになった、買い物の頻度が減った、ネットで買い物をするようになったなど、買い物の仕方が変わった主婦が多いようです。

買い物の頻度を減らせば、スーパーでの3密を避けることができます。頻度を少なくするぶん、一度でたくさん買わないといけないので、まとめ買いが定着した家庭も多そうですよね。

また、玄関まで食材を届けてくれるネットスーパーを利用したり、ネットでお取り寄せを楽しんだりしている主婦もいました。

あまり外出しなくなった

あまり、外出をしなくなった。節約も意識しているそうです。

(33歳/その他/販売職・サービス系)
外出が減った。子育て支援センターや児童館に行かなくなった。

(37歳/教育/専門職)
お家での時間を大切にしているようだった。

(32歳/冠婚葬祭/販売職・サービス系)

外出の頻度を減らし、自宅で過ごすようになった主婦もたくさんいました。子育て支援センターや児童館、図書館など、日常の外出も減らしているようです。

新しい趣味や家でできる運動などを取り入れつつ、自宅で過ごす時間を楽しめるようになるといいですね。

収入面の変化で困っている

仕事が出来なくなった。

(40歳以上/その他/アルバイト)
子供の心配をしている友人が多いですが、旦那さんが失業してしまったという相談などもあり、本当にコロナ渦で変化してしまいました。

(40歳以上/サービス(その他)/事務系専門職)
年収が減った人が多く、副業をやる人が増えた。

(25歳/官公庁/その他)

収入減や失業に悩んでいる家庭もあるようです。仕事がなくなり新しい職を探している人、収入減で副業を始める人など、その影響はさまざま。

こういった話を見聞きすると、本当に新型コロナウイルスは私たちの日常を変えてしまったことを実感します。

いろんなことをあきらめている

夫婦で別居する家庭が出てきた。

(40歳以上/人材派遣・人材紹介/その他)
今までたまに外食をしていたが、頻度や回数がかなり減った。テイクアウトできる場合は、持ち帰って家で食べる。

(37歳/その他/求職中)
図書館に行くのをやめたり、銭湯に行くのをやめたり、ハイキングに行くのをやめたり、県外の子供に会いに行くのをあきらめたり。

(40歳以上/その他/主婦)

ステイホームの影響で、夫婦の不和が浮き彫りになってしまったのか、別居してしまった家庭もあるそうです。他にも、今まで当たり前にしていたいろいろなことを中止し、あきらめて、平穏な日々が戻るまでじっと耐えている人は少なくありません。

まとめ

コロナ禍で、周りの主婦たちの行動に変化があったかどうかを聞いてみたところ、半数の人が「あった」と回答しています。

具体的にどのように変わったのか質問してみると、交流の機会が減った、買い物の仕方が変わった、あまり外出しなくなったという回答が多かったです。

収入面の変化で困っている、性格が変わったという回答もあり、新型コロナウイルス感染症の流行によって生活が大きく変わってしまったことを痛感します。有事だからこそお互いに思いやりをもって、助けあえるといいですね。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】クールな長男が一度だけくれたお手紙『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.13

【漫画】クールな長男が一度だけくれたお手紙『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.13

あおの家長男ヒカくん(高3)は、クールなふりして実は家族に激甘!? 年の離れたメリちゃん(小5)、ルルちゃん(小1)、チイくん(1歳)との兄弟愛は、胸キュン必至です!


【漫画】「はにほ!」子どもが即ご機嫌に!? 魔法の言葉をパパが乱用した結果『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.2

【漫画】「はにほ!」子どもが即ご機嫌に!? 魔法の言葉をパパが乱用した結果『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.2

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


【漫画】敬老の日の贈り物、ボスが使ってくれない理由『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.47

【漫画】敬老の日の贈り物、ボスが使ってくれない理由『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.47

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ボスに敬老の日のプレゼントを渡したお話。


【漫画】おやつを分けてくれる優しい息子にモヤっとした理由『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.27

【漫画】おやつを分けてくれる優しい息子にモヤっとした理由『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.27

おやつをわけてくれる、心優しい二太郎くん。でもその言い回しが気になって……? 子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

【漫画】ワーママの救世主!? ボス直伝「時短・節約・ボリューム」を叶えるメニュー『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.46

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ベテラン主婦のボスがワーママ大助かりのレシピを紹介してくれるようで……?


最新の投稿


【医師監修】産後も気が抜けない!胸にできた妊娠線はどうやったら治る?

【医師監修】産後も気が抜けない!胸にできた妊娠線はどうやったら治る?

妊娠線はおなか、おしり、太もものほか、「胸」にできることもあります。なぜ胸に妊娠線ができるのでしょうか。そして、胸にできた妊娠線を消すことはできるのでしょうか? できやすい時期や予防法とともに解説します。


在宅勤務で夫婦不和? キャリア支援の現場で見た「夫婦関係が良くなった事例」に共通すること。 #岩橋ひかりのキャリアの引き算

在宅勤務で夫婦不和? キャリア支援の現場で見た「夫婦関係が良くなった事例」に共通すること。 #岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

「恥骨」は骨盤を構成する骨のひとつです。出産時は左右の恥骨のつなぎ目が開くため恥骨あたりが痛むのは普通ですが、これは通常あまり長引きません。産後、恥骨の周囲に痛みが続く場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。


【医師監修】おしりの妊娠線を消す方法は?肉割れケアのポイントと予防法

【医師監修】おしりの妊娠線を消す方法は?肉割れケアのポイントと予防法

「妊娠線」とは、皮膚表面にできる亀裂のような線のことです。「肉割れ」と呼ばれることもあります。おもに短期間で急激に皮膚が引き伸ばされることで生じ、妊娠ではおなかにできることが多いのですが、中には「おしり」にできることも。おしりにできた妊娠線を消す方法はあるのでしょうか?ケアのポイント、予防法などと併せて解説します。


チャイルドシート保護マットって必要?メリットとおすすめ6選

チャイルドシート保護マットって必要?メリットとおすすめ6選

小さなお子さん、赤ちゃんがいるご家庭の中では、チャイルドシートと一緒にチャイルドシート用保護マットを購入すべきか悩んでいるという声もよく聞かれます。そもそも、チャイルドシート用保護マットは必要なのでしょうか? 購入のメリットや、購入する際のおすすめ商品をご紹介します。