【その仕事は無理!】在宅ワークだからって「無茶ぶり」されたこと

【その仕事は無理!】在宅ワークだからって「無茶ぶり」されたこと

コロナ禍で今までとは違う仕事スタイルがスタンダードになりつつある業界や職場は少なくありません。在宅ワークをどのようにやっていくかは大きな課題ですが、手探り状態なのが現状ではないでしょうか。今回は、在宅ワークへの切り替えで起こった無茶ぶりエピソードをリサーチしてみました。


コロナ禍、在宅ワークで「無茶ぶり」をされたことはありますか?

「コロナ過の在宅ワークで、“無茶ぶり”をされたことはありますか?」と聞くと、少なからず「無茶ぶりをされたことがある」という答えがありました。いったいどんな無茶ぶりをされたのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

在宅ワークで無茶ぶりされたことは?

仕事量が増加の一途!

タスク量が増えた。

(32歳/ソフトウェア・情報処理/販売職・サービス系)
仕事量が増えていく。

(34歳/インターネット関連/技術職)

在宅ワークになって、今までより多い仕事を割り振られることになったという声です。これはしんどいですよね。在宅ワークは終電も何もないので、仕事が終わらないからと残業続きになってしまう人もいるのではないでしょうか。

自分自身でも仕事効率の上がる環境を整えつつ、あまりに振られる仕事量が多すぎておかしいようなら、上司にはっきり伝えたほうがいいかもしれません。在宅ワークだからこそ、誰にどれだけの負担がかかっているか、把握しづらくなっている可能性もあります。

その仕事は無理です!

退席して休憩する職場での仕事とは昼休みの感覚が違って、休憩中も作業をしなければならないような仕事を命じられた。

(37歳/その他/求職中)
在宅では難しい仕事の無茶ぶり。

(40歳/サービス(その他)/専門職)
オンライン会議の連打です! 息つく暇もない!

(40歳以上/通信関連/事務系専門職)

オフィスと自宅の環境はどうしても違いますし、在宅ではやりにくい仕事もあります。そのことを知ってか知らずか、「これ、やっといて」と無茶ぶりをされてしまうと、困ってしまいますよね。

また、労働者にしっかり休憩を取らせることは会社側の義務ですが、在宅ワークだとそのあたりも「見えない」ので、休憩を取れず働き過ぎてしまう人もいるようです。

オンライン会議のスケジューリングが大変という意見もありました。社内のちょっとしたミーティングもオンラインになると、会議の予定がどんどん入って落ち着かないですよね。仕事のスケジュール管理は、在宅ワークでの課題のひとつです。

リモートなのにパワハラ

上司が、うまくいかないと私に当たってくる。

(25歳/官公庁/その他)
上司がパワハラをしてくることがある。

(32歳/農林・水産/営業職)

ソーシャルディスタンスをとっているのに、パワハラはなくならないのですね。周囲の目が届かないから過激化するという側面もあるのかもしれません。

在宅ワークで部下をとりまとめる上司の側も、うまく連携が取れずに苦心している可能性もありますが、いかなる状況であってもパワハラは言語道断です。在宅ワークでのパワハラに苦痛を感じている方は、しかるべきところに相談してみてください。

まとめ

在宅ワーク中の無茶ぶりでは、仕事量や仕事内容、人間関係やスケジューリングに関するものがありました。実は、会社側も在宅社員とのやりとりに関してまだ手探りなのかもしれません。お互いに協力していく気持ちでアイディアを出しながら、より効率的に仕事を進められるといいですね。

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:77名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


あいのり桃さん、息子の急成長に衝撃「いやーーー、これはこわい」

あいのり桃さん、息子の急成長に衝撃「いやーーー、これはこわい」

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)の元メンバーで人気ブロガーの桃さんが、7月30日にブログを更新し、まもなく生後3ヶ月になる息子・ももたろくんの急激な成長ぶりを綴りました。


【漫画】気が利くように見えて実は……ボスの策略!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.38

【漫画】気が利くように見えて実は……ボスの策略!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.38

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、姑の立場をちゃっかり利用する(?)ボスのお話です。


【漫画】最後に結束するんかい! 園児たちの遊びあるある 『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.23

【漫画】最後に結束するんかい! 園児たちの遊びあるある 『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.23

子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】出産直後に浮かれる夫との温度差……マイナス思考な自分がつらい『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.39

【漫画】出産直後に浮かれる夫との温度差……マイナス思考な自分がつらい『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.39

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


最新の投稿


【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

Instagramで子育て漫画を発信されるこんぶだしさん。こんぶだしさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

健診の度に採尿をする妊娠中。何気なく尿をとって白い浮遊物を見つけると、何か異常があるのか、病気ではないか気になってしまいますね。ここではその浮遊物の正体や尿が白くにごる原因、考えられる病気について説明します。


【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

Instagramで子育て漫画を発信されるシカさん。シカさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

夕飯で便利な、お刺身パックやお惣菜。特にお刺身パックは食卓が豪華に見えるうえに、手間いらず。大人も子どもも満足する一品ですが、気になるのは「盛りつけ」。パックから出す派と出さない派、双方の意見を聞いてみました。この際、「そのまま出すのは手抜き論争」にも終止符を打ち、堂々とお刺身やお惣菜を買いましょう!


【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。