「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

コロナ禍で仕事のスタイルや生活スタイルが変わった人も多いでしょう。衛生面をはじめとして、新しい生活習慣が身に付いたという家庭もあるのではないでしょうか。アンケートから、みなさんがコロナ禍で始めた新しい習慣をご紹介します。


コロナ禍で始めた、家での習慣はありますか?

「コロナ禍で始めた、家での習慣はありますか?」という質問に対して、「はい」と答えた人が31%、「いいえ」と答えた人が69%でした。では、コロナ禍で始めた家にまつわる習慣を具体的に見ていきましょう。

コロナ禍で始めた家での習慣

感染予防策

玄関に消毒液を置いて帰宅した時は必ず手指消毒をし、その後手洗いもするようになった。

(40歳以上/その他/主婦)
外出から帰ってきたら、服はすべて洗濯するようになった。

(40歳以上/その他/主婦)
うがいをする習慣が増えた。

(32歳/農林・水産/営業職)

新型コロナウイルスの流行をこれ以上広げないためにも、感染予防策は欠かせないですよね。消毒や手洗い、換気など具体的なやり方は人それぞれですが、やはりコロナ禍で始めた新しい習慣として多く挙がっていました。新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪などの感染予防にも効果が期待できるので、この習慣は是非定着させたいものです。

掃除

家の窓ガラスをまめに掃除するようになった。

(32歳/ソフトウェア・情報処理/販売職・サービス系)
トイレ掃除を丁寧にやる。

(34歳/インターネット関連/技術職)
拭き掃除の回数が増えた。

(40歳以上/その他/主婦)

自宅にいる時間が多くなり、家の掃除をこまめに行う人が増えたようです。掃除をする時間が十分あるというのも理由のひとつでしょうが、自宅のいる時間が長いので今まで気にならなかった汚れが気になるということもあるのではないでしょうか。また、新型コロナウイルスの感染予防という意味で、こまめな掃除や洗濯をするようになった人も多いでしょう。

掃除をすると外出自粛による運動不足も少し解消できそうですし、きれいな自宅だと在宅ワークもはかどりますよね。気分が落ち込みがちなときも自宅がきれいになると気分も良くなるので、こまめな掃除は良い習慣として続けたいですね。

生活にグリーンを取り入れる

家にいる時間を楽しむためお花や観葉植物を置いた。ピアノを購入したり、模様替えをしたりして気分転換した。

(32歳/冠婚葬祭/販売職・サービス系)
ベランダでお花やプランターの野菜を育て始めてみた。

(37歳/その他/主婦)
トイレに花を飾るようになった。

(25歳/官公庁/その他)

部屋に花を飾ったり、ベランダで植物を育て始めたりしているという人もいました。花やグリーンが家にあると、空間が華やかになり、気分が上がりますよね。花を選んだり、花瓶の水を換えたりするのも気分転換になりそうです。

花や緑など自然が持つ癒しの力が、コロナ禍の不安や外出自粛のストレスを軽減するのに、一役買ってくれそうですね。

家族の新習慣

子どもに通信教育を習わせ、親とともに学習できるような機会を設けた。

(40歳以上/広告・出版・印刷/事務系専門職)
今までは面倒でやってなかった揚げ物を作るようになった。

(40歳以上/その他/主婦)
夫婦で、けんかをしないようにすることです。

(33歳/その他/販売職・サービス系)

お子さんに新しい習い事をさせてあげたり、夫婦の決め事を設けたりと、家族で新たな取り組みをしている家庭も。揚げ物も、揚げたてはやっぱり格別に美味しいですよね(笑)。

まとめ

コロナ禍の生活の中で、少しでも安心で快適に過ごすために新しい習慣を始めた人がアンケートでは3割いました。感染予防対策の習慣化や、自宅時間の増加に伴う新習慣などを始めていましたね。

コロナ禍でおうち時間が増えて、家族間のコミュニケーションが充実している人もいるでしょう。家族で過ごす時間や家族関係がより良くなるような新習慣を始められるといいですね。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

“エヴァ芸人ママ”でおなじみの桜 稲垣早希さんが10月20日に自身のブログを更新。夫が洗濯機を回してから出掛けたため干そうと思ったら、思わぬ「トラップ」が仕掛けられていたそう。小さい子どもを育てている家庭では「あるある」ですが、コレ本当に困るやつ……。


反町隆史さんの「POISON」効果が絶大すぎる……! なぜ赤ちゃんが泣き止みグッスリ眠れるのか?

反町隆史さんの「POISON」効果が絶大すぎる……! なぜ赤ちゃんが泣き止みグッスリ眠れるのか?

女優の市川由衣さんが、1歳次男の夜泣きがひどく、すがる思いで“あの曲”を流したところ、あっという間に静かになったという逸話をInstagramに投稿し、話題になっています。あの曲とは……反町隆史さんの代表曲「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」。


【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ゆいさんの娘さん(1号ちゃん)が「ばーちゃんが大変!」とSOS! もしかしてボスの身に危機が!?


【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


謝罪してくれた学校。休校中の児童受け入れ初日、急いで迎えに行くと……?【学校が休校!? 働くの親の緊急事態 Vol.13】

謝罪してくれた学校。休校中の児童受け入れ初日、急いで迎えに行くと……?【学校が休校!? 働くの親の緊急事態 Vol.13】

このコロナ禍での休園・休校に伴い、仕事との両立に悩まれた人も多いですよね。Instagramで子育て漫画を発信するオニハハ。(@onihaha3)さんも、そんなおひとり。夏休み明けの休校を巡り悩まれた日々を、短期連載でご紹介!『学校が休校!? 働くの親の緊急事態 第13回』


【GU】女性の健康をサポートする「GU BODY LAB」から「温活」テーマの新アイテム登場

【GU】女性の健康をサポートする「GU BODY LAB」から「温活」テーマの新アイテム登場

ジーユーは、女性特有の健康課題に着目し、ユーザーの声をもとに女性の悩みに寄り添った商品開発プロジェクト「GU BODY LAB」より、「温活」をテーマにした新アイテムを発表しました。10月18日(月)より、一部店舗とオンラインストアにて、11月上旬より、全国のジーユー店舗にて販売開始します。


最悪の事態は免れるも「本当に怖かった」紺野あさ美さん次男の指に髪の毛が絡まり総合病院へ、思いがけない経験を投稿

最悪の事態は免れるも「本当に怖かった」紺野あさ美さん次男の指に髪の毛が絡まり総合病院へ、思いがけない経験を投稿

元モーニング娘。で元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さんが、8月に出産した第三子次男に思いがけない事故があったことをブログで報告しました。「ヘアーターニケット」といって指の関節に髪の毛が複雑に絡まりうっ血した状態になっており、次男の指がパンパンに腫れている写真を投稿。紺野さんは詳細を説明し、注意喚起しています。


聞いたことないギャン泣きに「病気か?発作か?」新米パパ・チェリー吉武さん悪戦苦闘の育児報告

聞いたことないギャン泣きに「病気か?発作か?」新米パパ・チェリー吉武さん悪戦苦闘の育児報告

今年8月に第一子の女の子を出産した、たんぽぽの白鳥久美子さん。愛称“チェリ子”ちゃんはスクスク育ち生後2ヶ月になり、夫のチェリー吉武さんもパパとして一生懸命頑張っています。ただ、まだ子育てが始まってたった2ヶ月、焦ってしまうことも多々あるよう。


【漫画】#2 妻を中心にまわる我が家。気は強いがしっかり者だと思っていたのに……『見えない地獄』

【漫画】#2 妻を中心にまわる我が家。気は強いがしっかり者だと思っていたのに……『見えない地獄』

3人の子どもに、念願のマイホーム。平凡でごく普通の家族、大川家。しかし、主人公で夫の大川勇気が、娘たちの態度に違和感を抱いたとき、もうそこはすでに“外からではわからない地獄の入り口”だったーー。インスタグラムで話題を呼んだ『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』(KADOKAWA)の作者が描く、話題作!