悩みはエンドレス? ママたちが子育てを辛いと感じる瞬間

悩みはエンドレス? ママたちが子育てを辛いと感じる瞬間

子育てをしていると、幸せな瞬間もたくさんありますが、その分、悩みも尽きないもの。実際、ママたちはどんな時につらいと感じてしまうことがあるのでしょうか? 本音を聞いてみました。


Q.子育てがつらいと思うことはありますか?

Lazy dummy

ある/ 56% ない/ 44%

半数以上のママたちが子育てがつらいと思うことがあると回答しました。もちろん幸せを感じる時も多々あるのでしょうが、一体どんな時につらいと感じているのでしょうか。

子育てがつらいと思うことのある人の意見

Lazy dummy

常に寝不足

・眠れない時。(40歳以上/1歳・7歳以上/正社員/人材派遣・人材紹介)

・2時間おきに起こされたりとか、胸が張って痛いとかいろいろあった。(40歳以上/7歳以上/主婦/その他)

・夜泣き。(37歳/3歳/正社員/医薬品・化粧品)

新生児の頃は昼夜問わず、数時間おきに授乳が必要になり、寝不足が続きますよね。そんな状態では余裕がなくなるもの。かわいい赤ちゃんのためとはいえ、しんどさも感じているようです。

思い通りにいかない、時間に追われる

・子供の要求が多く、少しも息がつけない時。(38歳/1歳・4歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・すべては自分の思い通りにならないこと。(24歳/1歳/正社員/ホテル・旅行・アミューズメント)

・終わりがない。(34歳/0歳/派遣社員/医療・福祉)

・泣かれて家事が出来ないとき。(28歳/0歳/正社員/医療・福祉)

独身や夫婦だけの頃は自由に行動できましたが、子供が生まれるとマイペースという言葉とは全く無縁に。洗濯物や食事の準備など、家事がスムーズに進まないなどのトラブルがあれば、疲れもストレスも溜まってしまいますよね。

サポートしてくれる人がいない

・夫がいないとき。(29歳/1歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・祖父母が近くにいないので、頼れる人がいないから。(35歳/3歳/正社員/金融・証券)

家族や周囲のサポートなしに、赤ちゃんの世話をするのは身体的にも精神的にも、しんどい時もありますよね。

育児の仕方に不安を感じる

・何が正解なのかわからないので。(28歳/0歳/正社員/食品・飲料)

・自分の思い通りになれないときや癇癪を起こしてしまったときにどうしたら良いのか、わからないことがしばしばある。(33歳/0歳・6歳・7歳以上/主婦)

・子供との意思疎通が出来ないと感じた時。(34歳/3歳/正社員/自動車関連)

育児書やネットなど情報は無限にありますが、参考になっても、我が子にすべてが当てはまるわけでななく、手探りな育児に不安を感じることもあるよう。また、自分の余裕のなさから子供の話を聞いてあげられなかったり、感情的に怒ってしまったり。そんな後悔も、育児のツラさにつながるのかもしれません。

も~限界!? 産後の育児で、ママが本当に困っていたこと6つ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/906

出産後の生活は、すべてが赤ちゃん中心に動いていると言っていいほど、多くの時間を子供と過ごすことになりますよね。もちろん生活のこともこなさなければならないはず。今回ママたちに「産後の育児で一番困ったこと」について尋ねてみました。

子育てをつらいと思うことがない人の意見

Lazy dummy

周囲の協力がある

・年齢がたってからの待望の子供だから、つらいと思うことはないし、両親とも初孫だから手がすごく足りすぎている。(36歳/1歳/自営業・フリーランス/団体・公益法人・官公庁)

・周りに協力してくれる人がいるから。(27歳/0歳/正社員/金融・証券)

・親が近くに住んでいるから。(29歳/1歳/正社員/ホテル・旅行・アミューズメント)

夫や両親など、周囲に一緒に育児をしてくれる人たちがいるという人は、やはり心強いようです。育児の大変さを理解してくれるだけでもうれしいですよね。

成長や変化が楽しい

・毎日違うことばかりで楽しいです。(31歳/5歳/嘱託・契約社員/団体・公益法人・官公庁)

・毎日変化があって楽しいから。(40歳以上/1歳/嘱託・契約社員/電機)

・子供の成長が楽しいから。(31歳/2歳/その他/不動産)


育児は大変だけれど、それ以上に子供の日々の成長や変化を見る喜びの方が勝るという人もたくさんいました。その気持ちを忘れずにいたいですね。

まとめ

育児をつらいと感じる人・感じない人の一番大きな違いは、周囲のサポートの有無も関係がありそうですね。また育児の方法で悩んでしまうこともありますが、ママ自身もあまり育児の仕方にとらわれることなく、「思い通りにいかないもの」とわりきって切り替えていくことが大切なのかもしれません。


マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月14日〜12月28日
調査人数:165人(20歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

子どものかわいい寝顔は天使のよう♪ なーんて、平日の朝には言っていられませんよね! ところが週末は……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。父もまた強迫性障害で、それが嫌だったのに……。


【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。親になって思い出す、父もまた、強迫性障害でした……。


最新の投稿


降ろしたくなくなっちゃう…1歳児を抱っこしたら、頬ずりされて胸キュン

降ろしたくなくなっちゃう…1歳児を抱っこしたら、頬ずりされて胸キュン

Instagramで子育て漫画を発信されるたっきーさん。たっきーさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【愛おしい…】寝る前に語り掛けてくれる息子のここだけの話

【愛おしい…】寝る前に語り掛けてくれる息子のここだけの話

Instagramで子育て漫画を発信されるはちやさん。はちやさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

「これは妊娠したかも……」と思った時、まずやることは何でしょうか? 受診? 検査薬? 妊娠の可能性があるとき、自宅ですることと初診のタイミングや受診先、準備品などについて詳しく解説します。


【医師監修】赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠何週目?エコーはどう見える?

【医師監修】赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠何週目?エコーはどう見える?

妊婦健診の際、赤ちゃんに問題がないか、順調に成長しているかが気にかかるのはもちろんのこと、赤ちゃんの性別も気になるものです。洋服や命名の準備を進める上でも、男の子か女の子かを早く知りたいという人は少なくないでしょう。赤ちゃんの性別はいつ頃わかるものなのでしょうか? また、よく聞く「赤ちゃん性別ジンクス」の真偽のほどは?


【助産師解説】おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について5つの疑問

【助産師解説】おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について5つの疑問

多くのママたちが悩む「母乳」「おっぱい」のこと。中でもおっぱいマッサージ(母乳マッサージ)については、いろいろな疑問があります。今回は助産師の坂田陽子先生に「マッサージの効果」「妊娠中のマッサージの必要性」「やってはいけないマッサージ」など、おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)について解説いただきます。