「夫の気遣いに感謝」「頼りになる」コロナ禍で強まった夫婦の絆

「夫の気遣いに感謝」「頼りになる」コロナ禍で強まった夫婦の絆

コロナ禍という経験したことのない事態は、夫婦関係にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。在宅でのリモートワークや外出自粛などで増えた一緒に過ごす時間の中で、その絆は強まったのでしょうか? 弱まったのでしょうか? アンケート結果をのぞいてみましょう。


コロナ禍で、夫婦の絆は強まりましたか?

「コロナ禍で、夫婦の絆は強まりましたか?」という質問に対し、「強まった」と答えたのは約21%。逆に「弱まった」と答えたのは7%、「変わらない」と答えたのは72%でした。2割以上の人が、絆が強まったと感じているようですが、どのようなタイミングや出来事で絆が強まったのでしょうか? 詳しい回答をみていきましょう。

コロナ禍で夫婦の絆が強まったと考える人のコメント

一緒に過ごす時間が絆を強めた

一緒に農家さんへダブルワークを始めて畑仕事をやっていて、知らなかった一面を見たりして、楽しかった。頂いた野菜でおうちご飯することも増えてやりとりが前より増えた。

(32歳/冠婚葬祭/販売職・サービス系)
相談できる時間が増えたから。

(40歳以上/その他/アルバイト)
二人で家にいる時間が増えて、一緒に楽しめることが色々あることがわかった。

(37歳/その他/求職中)

仕事や家事に忙しく、いつのまにか減っていた夫婦の時間。しかし思いがけずコロナ禍の影響で、夫婦一緒に過ごす時間が増えた家庭も多いようです。

一緒の時間が多くなると同時に、パートナーとのやりとりや意見交換をする機会が増えて、お互いの考えや不安などをシェアするきっかけになっているのかもしれません。お互いの考えを知ることは、夫婦関係の基本ですよね。結果的に夫婦の絆が強まったと感じる人がいたようです。

コロナ禍だからこそ強まった絆

頼りがいがあって、コロナを機会に夫の考えや気持ちが知れた。大黒柱として再認識出来ました。

(28歳/インターネット関連/技術職)
医療従事者の夫を頼りにするようになった。

(33歳/システムインテグレータ/事務系専門職)
二人で生きていこうとする意識が強くなった。

(40歳以上/フードビジネス/その他)

大変なコロナ禍を夫婦で一緒に乗り越えていこうと思えた、という意見もありました。誰もが少なからず不安を抱える情勢のなか、パートナーのよさや、存在の大切さを再認識する機会になったのでしょう。頼りになるパートナーが隣にいれば、たとえ逆境にあっても立ち向かって行けそうですね。

気づかいや思いやりを感じて絆が強まった

不安に思っているときは「大丈夫だ」と励ましてくれるようになった。 買い物も車を出したりと手伝ってくれる。

(40歳以上/その他/主婦)
体調をものすごく気にしてくれた。

(40歳以上/その他/主婦)
義実家への帰省など私と子どもへ気を遣ってくれた。

(38歳/その他/主婦)

未知のウイルスに遭遇しているコロナ禍では、過剰に神経質になってしまったり不安になってしまったりすることもあります。だからこそ、パートナーからの気づかいや思いやりは本当にうれしいもの。感謝はもちろん、パートナーのよさを再確認しますよね。そこから夫婦の絆が強まったと感じた人もいたようです。お互いへの思いやりを持って過ごせれば、こんなに心強いことはありませんね。

まとめ

先の見えない情勢が続き、ステイホームの日々はまだ長そうななか、夫婦の絆は大切。

アンケートでは、コロナ禍で夫婦の絆が「弱まった」という意見も7%ほどあり、「変わらない」という人が70%ほどで最多でしたが、今回は「強まった」という人たちのポジティブなコメントにフォーカスしてみました。せっかく夫婦で一緒にいることのできる時間を活用して、パートナーとの関係を見直してみるのもいいでしょう。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


あいのり桃さん、息子の急成長に衝撃「いやーーー、これはこわい」

あいのり桃さん、息子の急成長に衝撃「いやーーー、これはこわい」

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)の元メンバーで人気ブロガーの桃さんが、7月30日にブログを更新し、まもなく生後3ヶ月になる息子・ももたろくんの急激な成長ぶりを綴りました。


だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

第一子を妊娠中のタレント・だいたひかるさんが、自身のブログでお腹の赤ちゃんのエコー写真を公開。赤ちゃんの性別が女の子っぽいと指摘されていることや、エコー写真を巡って「夫と口論」になったことなども明かしています。


りゅうちぇる・吉川ひなのさん「親として」何より大切にしていること語り合う

りゅうちぇる・吉川ひなのさん「親として」何より大切にしていること語り合う

ハワイで三人の子どもを育てる吉川ひなのさんと、3歳の男の子のパパであるりゅうちぇるさんが、Instagramで対談。それぞれの子育てや人生で大事にしていることを語り合いました。


【漫画】気が利くように見えて実は……ボスの策略!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.38

【漫画】気が利くように見えて実は……ボスの策略!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.38

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、姑の立場をちゃっかり利用する(?)ボスのお話です。


【漫画】最後に結束するんかい! 園児たちの遊びあるある 『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.23

【漫画】最後に結束するんかい! 園児たちの遊びあるある 『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.23

子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


最新の投稿


【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

Instagramで子育て漫画を発信されるこんぶだしさん。こんぶだしさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

健診の度に採尿をする妊娠中。何気なく尿をとって白い浮遊物を見つけると、何か異常があるのか、病気ではないか気になってしまいますね。ここではその浮遊物の正体や尿が白くにごる原因、考えられる病気について説明します。


【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

Instagramで子育て漫画を発信されるシカさん。シカさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

夕飯で便利な、お刺身パックやお惣菜。特にお刺身パックは食卓が豪華に見えるうえに、手間いらず。大人も子どもも満足する一品ですが、気になるのは「盛りつけ」。パックから出す派と出さない派、双方の意見を聞いてみました。この際、「そのまま出すのは手抜き論争」にも終止符を打ち、堂々とお刺身やお惣菜を買いましょう!


【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。