【パパかっこいい!】コロナ禍で夫にもう一度恋した理由

【パパかっこいい!】コロナ禍で夫にもう一度恋した理由

コロナ禍でリモートワークが増え、夫と一緒に過ごす時間も増えたという家庭は多いでしょう。今まで経験したことのない不安な状況の中で、夫の意外な一面を発見したという方もいたのではないでしょうか? アンケートの結果をご紹介します。


コロナ禍で、夫に対して尊敬したりときめいたりする機会は増えましたか?

アンケートでは、夫に対して尊敬したりときめいたりする機会が増えたと答えた人が16%、減ったと答えた人が12%、変わらないと答えた人が72%でした。

では、夫への尊敬やときめきが増えたと答えた人の意見を詳しく見ていきましょう。

夫への尊敬やときめきが増えた人の意見

いつもは見られない仕事中の姿にキュン

仕事に対する姿勢が好印象でした。

(40歳/サービス/専門職)
在宅勤務中の主人はデキル人って感じで見直した。

(40歳以上/通信関連/事務系専門職)
真面目に仕事している姿を見たとき。

(31歳/ガラス・化学・石油/事務系専門職)

同じ会社でない限り、パートナーの働く姿を見る機会はなかなかないですよね。しかし、このコロナ禍で外出自粛に伴うリモートワーク中に、オンラインで会社や取引先とやりとりするパートナーを見ることができた、という人もいたでしょう。家庭で見せるリラックスした顔と仕事中の真面目な顔とのギャップに今まで知らなかった一面を発見し、ときめきや尊敬を覚えた人がいるのも、うなずけます。

家事×夫にキュン

夫が家事をしているとこをみてときめいた。

(40歳以上/その他/主婦)
家事への協力具合が以前より増えたので、その点は助かっています。

(40歳以上/食品/営業職)
家事を手伝ってくれる夫を尊敬できるようになりました。

(33歳/その他/販売職・サービス系)

夫婦二人ともがリモートワークで在宅となると、問題になりがちなのが家事分担。率先して家事を多く負担してくれたり、慣れなくてもがんばったりするパートナーの姿を見て、尊敬やときめきを感じた人もいたようです。

在宅時間を有効に使い、お互いがより楽しく生活するためには、適切な家事分担が欠かせないですよね。現状に不公平を感じている方は、普段自分がしている家事を見てもらう時間もあるこのタイミングで、改めて家庭内の家事分担について話し合ってみるのもいいかもしれません。

ささやかな優しさや気遣いがうれしくて

いつも尊敬してるが、ささやかな優しさにさらに感謝が増した。

(40歳以上/専門店/専門職)
色々な面で気遣ってくれる。

(40歳以上/その他/主婦)
自宅で仕事している姿を見てキュンとした。私の気分が少し落ちたりしているとき、優しくしてくれて改めて結婚して良かったと感じました。

(28歳/インターネット関連/技術職)

コロナ禍という経験したことのない事態に、将来への不安があるなかで、パートナーの気づかいや優しさに尊敬したりときめいたりしたという人も。普段一緒に生活するだけでは気づけないことに、この状況だからこそ気づけたということもあったでしょう。一緒にいる時間が多くなった今、夫婦間でもお互いへの感謝を忘れずにいたいですね。

まとめ

コロナ禍で在宅時間が増えている今、パートナーの新しい一面を発見したり、尊敬の気持ちを持ったり、ときめいたりする機会があると、在宅時間も楽しくなりそうですね。また、パートナーが医療従事者で、苦労がわかったという方もいました。

実際は、アンケートの回答では「ときめきが減った」「変わらない」と思っている人が8割以上で多数でしたが、視点やアプローチを変えてみると新しい発見があるかもしれません。仕事や家事の手を少しだけ止めて、パートナーを観察してみてはどうでしょうか?

一緒に過ごす時間が多いからこそ、お互いに思いやりを持って、少しでも楽しく過ごせるといいですね。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

今年4月に第三子を出産した平愛梨さんが、Instagramで「私のビフォーアフター」として産後のボディメイクに関する投稿をしています。三人の男児を育てながら、日常生活で平愛梨さんが実践しているボディメイクメソッドとは?


【漫画】虫出現でママと妹たちが大絶叫!! 助けを求められた長男は……『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.8

【漫画】虫出現でママと妹たちが大絶叫!! 助けを求められた長男は……『クールな長男は、今日も家族に甘い』Vol.8

あおの家長男ヒカくん(高3)は、クールなふりして実は家族に激甘!? 年の離れたメリちゃん(小5)、ルルちゃん(小1)、チイくん(1歳)との兄弟愛は、胸キュン必至です!


ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

ロンブー淳さんちのプールが豪華すぎ! 進化するおうちプールにビックリの連続

日本全国で連日のように猛暑日を記録する中、おうちプールを楽しんでいる人たちのSNS投稿がチラホラ出始めました。豪華なすべり台つきプール、リゾートのような優雅なプール、循環機能をつけた本格的なプールまで!


【漫画】もしや浮気!? 夫がご機嫌な様子で向かった先は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.37

【漫画】もしや浮気!? 夫がご機嫌な様子で向かった先は?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.37

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、夫の浮気を疑うゆいさんとボスのお話です。


最新の投稿


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。