【医師監修】子供のイヤイヤ期対策におすすめの絵本5冊

【医師監修】子供のイヤイヤ期対策におすすめの絵本5冊

イヤイヤ期の接し方で困っていませんか? 親も子供もつらい2歳頃のイヤイヤ期は、接し方次第で楽になります。実はこの時期の読み聞かせにぴったりの絵本があります。読み聞かせ方とともに、おすすめの絵本を5冊ご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

絵本はイヤイヤ期を乗り切る絶好のアイテム!

Getty logo

※画像はイメージです

子供が自己主張を始める2歳前後。あれはイヤ! これはイヤ! と、とにかくママ・パパを困らせる「イヤイヤ期」が始まります。2歳児頃から始まるイヤイヤ期は成長の過程で、自我が発達するうえで大事なものとは良く聞きますが、お世話する側からしたら本当に大変で頭を抱えてしまいます。

そんな「イヤイヤ期」が絵本で乗り越えられるならちょっと試してみたいですよね。子供も大人も楽しくイヤイヤ期を乗り越えられるために絵本がどんな効果を生むのか、読み聞かせのコツ、おすすめの絵本なども合わせてご紹介します! 

2歳前後の「イヤイヤ期」とは

2歳前後からはじまる、魔の2歳児とも呼ばれる時期が「イヤイヤ期」と言われています。これは子供の心の成長時期で、2~4歳頃に見られる第一次反抗期のことです。それまでは何でも受け身でやってもらうのが当たり前だった子供に、自分で何かをやりたい! という自我が芽生えます。

でもすぐには上手くいきませんよね。2歳頃の子供は少しお話も出来るけど自分の気持ちをうまく伝えることは出来ないし、やりたい気持ちはあるけどうまく出来ない。

そんな葛藤が子供の中にあります。さらに、イヤイヤ言っているうちに自分でもどうしたらいいかわからなくなって何を言われても「イヤ!」と言い出すのも、この時期の特徴です。

接し方はどうしたらいいの?

「イヤイヤ期」に子供はどこまでわがままを言ってもいいのか、ここまでしたら叱られるのかといった加減も学びます。周りの大人は大変ですが、毅然とした態度でどうしても駄目なことは「ダメ」と教えましょう。子供の「イヤイヤ」にすべて付き合うこともありません。

少し理由を聞いてあげて、出来ることはやらせましょう。無理なことは一度気持ちを受け止めた後に代替案を出してあげると子供も落ち着いてきます。それでもダメな場合は本人が気持ちを落ち着けるまで少し離れておくことも大事です。

いつも一筋縄にはいかないのがイヤイヤ期。あれこれ対策をして悩んでいるうちに気づけばその時期は過ぎていきます。イヤイヤ期の接し方に悩んでいるママ・パパは子供と真剣に向き合っている証拠。自信を持ってくださいね! 

絵本の読み聞かせも一つの方法

子供は自分がなぜイライラしてしまうのか分かっていません。自分を客観的に見ることはこの時期の子供には難しいでしょう。

自分を客観的に見る方法の一つとして絵本の読み聞かせを紹介します。イヤイヤ期を題材とした絵本を読み聞かせてみましょう。すると子供は、絵本の登場人物と自分を重ねて合わせて、自分のしていることに気づくかもしれません。

イヤイヤ言ってしまったことでママやパパたちが困っている。良いことは何もない。そんなことを学びます。さらにどうすれば褒められるのかを学ぶことも出来ます。絵本は、そんな自分を振り返らせ、どうすればいいかを教えてくれる役割を果たします。

しかし、「イヤイヤ期」だからといつもイヤイヤ期を題材とした絵本ばかりでは子供もバツが悪くなり、絵本嫌いになりかねません。ほどほどに他のテーマの絵本を織り交ぜながら読んであげると良いでしょう。

接し方で悩むママ・パパにも気づきがあるかも!

絵本を読むというのは、イヤイヤ期の子供だけでなく、イヤイヤ期の子供に手を焼くママたちにも効果があります。子供が登場する絵本を読んで「あぁ~、まさにうちの子」と思ったり、「そうそう、あるある」なんて思ったりと共感することでストレスが軽くなるのです。

「イヤイヤ期」にはつい子供にイライラして叱りつけてしまいがちですが、絵本を読んでちょっと心を落ち着かせるだけでも気持ちが楽になりますよ。

読書は創造力を育む!

絵本を読むことは本を読むことにつながり、文章を理解することにもつながります。また、読書をすることで、創造力や言語能力が養われます。

読む本はどんなものでも良いのですが、本人が興味のあるもの、好奇心を掻き立てるようなものの方が集中して読みます。興味のあるものは一生懸命覚えようとします。

さらに、活字に慣れるという効果もあります。活字を読んで理解するだけでも苦手な人には一苦労ですが、読書をすることで活字にも慣れているので苦になりません。

保育士さんに学ぶ! 絵本の読み聞かせ方

子供に絵本を読み聞かせるとき、皆さんはどのようにしていますか? 横に並んで読んだり、正面に座ったりと様々ですが、お膝に抱っこが多いのではないでしょうか? 

お膝抱っこは親子のスキンシップがとれますよね。兄弟姉妹、一緒に読み聞かせる場合は、正面に座り幼稚園の先生のように読み聞かせてもOKです。

ベテランの保育士さんの読み聞かせ方を観察してみると、一方的な読み方をしていないことに気づくことと思います。子供一人一人の表情を見ながら声色を変えたり、あまり興味がなさそうな子供にはわざと近くに顔を寄せたり、子供の注意をひくような読み聞かせ方をしている保育士さんが少なくありません。同じ絵本でも読み方次第で違う印象になるので、色々工夫してみましょう。

絵本を読む時のポイント

<絵本に興味を持ってもらいたい時>
なるべく感情をこめて大げさに読みましょう。楽しい時は明るい声で、悲しい時は悲しい声でゆっくり読んだり、早口で読んだり抑揚をつけましょう。子供は集中して絵本を見ることが出来ます。

<想像しながら聞いてもらいたい時>
大げさな抑揚をつけた読み方も楽しいけれど、想像力をつけたいという場合はなるべく抑揚を押さえ淡々と読んでいくことがポイントです。大人の読み方に左右されず、自分の想像力だけで物語を聞くことが出来るのです。ただ、あまりにも抑揚をつけず平坦に読んでしまっては内容も分かりませんので、内容を伝える程度の読み方で読むようにしましょう。

イヤイヤ期の接し方が楽になる5冊の絵本

イヤイヤ期で接し方が分からず、ちょっとつらい時にお勧めの絵本をご紹介します。どの人気絵本もおすすめの内容、絵になっています。絵本を読むことでママの気持ちも落ち着かせる効果があります。イライラしている時こそ気持ちを落ち着かせて絵本を読んでみませんか?

いるよね~! こんなこ(たかいよしかず作・絵)

いるよね~! こんな こ

¥ 800

(2018/6/14 時点)

イヤイヤ期の接し方がラクになる話題の絵本です。普通に前から読むと「イヤイヤ! ブブタ」が登場し、裏表紙から読むと「すごいね~! ブブタ」が登場します。どちらから読んでも真ん中の素敵なページにつながる仕掛け。

どんなにイヤイヤ言っても、大好きだよと言う気持ちも伝えられる素敵な絵本です。「イヤイヤ! ブブタ」だけでなく、たくさん褒められちゃう「すごいね~! ブブタ」も出てくるので、こうしたらみんなが喜んで褒められるんだということも一緒に分かるのもおすすめポイントです。

おばけのやだもん(ひらのゆきこ)

おばけのやだもん

¥ 1,080

(2018/6/14 時点)

だだっこがだいすきな「おばけのやだもん」。やだやだ言っている子供くっついておばけにしちゃいます。やだやだ言っているとおばけのやだもんがくっついちゃうよ~! なんて軽い脅しが入った絵本です。

とってもかわいい絵が印象的ですが、「イヤイヤ期」の子供にとってはちょっとドキッとしてしまう内容ですね。イヤイヤが始まったら「やだもんがくっついた!」なんて言うと子供もママもちょっと気持ちが明るくなりますよ。

いやだいやだ(せなけいこ作・絵)

いやだいやだ

¥ 756

(2018/6/14 時点)

せなけいこさんの代表作「いやだいやだ」です。イヤイヤ言っているルルちゃんにおかあさんもおやつもおひさまもみんなイヤだと言います。最後は「どうするの?」で終わり、どうしたらいいのかは自分で考えましょうという絵本です。

中には不安になってしまう子もいるでしょう。少し大きい子は自分で考えられるかもしれませんが、小さい子に読み聞かせる場合はフォローをしてあげるといいですね。

なっちゃうかもよ(斉藤多加子)

なっちゃうかもよ

¥ 1,296

(2018/6/14 時点)

2歳頃に迎える「イヤイヤ期」はやってほしくない癖が出てくるころでもあります。ダメって言っても言うこと聞いてくれない! なんて時はこの本がおすすめです。

はなくそをほじっていると……鼻の穴が大きくなっちゃうかもよ! 鼻の穴の大きくなった子供の、クレイ粘土で作った衝撃的なビジュアルで、読み手も聞き手も大笑いしてしまう絵本です。

そんなはずないよ~! なんて言いながらちょっと心配してしまう……そんなお年頃の「イヤイヤ期」にはぴったりです。読み聞かせるときはあくまで楽しく、脅しのようにならないことがポイントです。

こわくないこわくない(内田麟太郎・文 大島妙子・絵)

こわくない こわくない

¥ 864

(2018/6/14 時点)

なんでも反対のことを言うまさに反抗期のまーくん。お風呂に入って「あったかいねぇ」と言っても「あったかくない」、「ねんねしよ」「ねんねしない」まさに「イヤイヤ期」真っ只中です。

夢の中で出てきたおばけにも「こわくないこわくない」と反対のことを言い続けます。するとおばけは……。

最後に強がるまーくんもとってもかわいくて抱きしめたくなっちゃいます。イヤイヤ期の子供にはもちろん、イヤイヤ期を過ぎた子供にも楽しめる絵本です。

まとめ

「絵本は心の栄養」と言われることがありますが、本当にその通りかもしれません。絵本という小さな1冊が、小さな自分だけの世界から大きな空想の世界へ導いてくれるのです。聞き手の子供だけでなく、読み手の気持ちも穏やかにしてくれる絵本をぜひ毎日の子育てに取り入れてください。

いつも子供が興味を持って聞くとは限りませんが、自分が楽しむ気持ちで読み聞かせましょう。BGMのように声が届く程度でもOK。親が楽しんでいるものは、子供も自然に興味を示します。

絵本を読むことでママ・パパも子供も心が軽くなって、イライラした気持ちがちょっとでもなくなれば大成功! イライラぐずぐずの「イヤイヤ期」に効果的な絵本をぜひお試しください。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2020.03.03)

この記事の監修ドクター
神宮の杜クリニック 鈴木武志先生
岐阜大学医学部卒業、東邦大学医療センター大橋病院 消化器内科 准教授を経て、神宮の杜クリニック開業。JR原宿駅の竹下口を出てすぐ、駅の目の前にあるビル内に、2015年5月にオープンしたクリニックです。
http://jingunomori-clinic.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。