知っておきたい! 年齢別の子供の心の成長と子供同士のトラブル対処法

知っておきたい! 年齢別の子供の心の成長と子供同士のトラブル対処法

子供が成長していくと、子供同士のトラブルも増えてくるもの。そんなときの対処法について、心理カウンセラーの中野先生に聞いてみました!


こんにちは。心理カウンセラーの中野とも子です。
赤ちゃんだったわが子が、親の手から離れて、少しずつ社会とのかかわりを持ち始めることは親にとっても子にとっても刺激的なものです。特に最初の社会となる幼稚園や保育園に行くことは、親も子も初めて経験することの連続で戸惑うことも多いのではないでしょうか。新しいお友達もできる分、思わぬトラブルも出てきてしまうもの。子供たち同士のトラブルへの対処法をご紹介します。

Lazy dummy

■2歳~5歳までの子供の心の成長

子供は、生後7か月くらいから意思や好みが芽生え、身近な人とそうでない人を区別し始めます。このころは保護者が見守る安全な環境でたくさんの刺激を与えて好奇心を満たしてあげましょう。

2歳になると、自我が目覚め、なんでも「自分が」と言い始め、「イヤ」という意思表示も顕著になります。お友達に興味はあるのですが相手の立場になって考えることができないのですぐにトラブルになってしまいます。親としても大変な時期ですが、子供の意思を尊重しつつ、他の子と遊ぶ時のルールをきちんと教えてあげるのが重要です。例えば2歳児は人のまねができるようになるのも特徴の1つ。子供同士でおもちゃを取り合ってしまったら、順番に遊ぶことを教え、お友達に「貸してあげるね!」とおもちゃを渡したり、お友達から借りたときには「ありがとう!」と言うなど、一連のやりとりを一緒に行い、お手本を見せてあげましょう。


3歳くらいになると理解力がぐんと発達しますので遊びのルールも覚えはじめ、すこしずつ上手に遊び始めますが、まだまだ衝突が続きます。

4歳、5歳になってくるとどんどん情緒も発達し、自分の気持ちを相手に伝えることができるようになってきます。他人の気持ちも少しずつ理解できるようになり、相手の喜びや悲しみを読み取ることもだんだんとできるようになってきます。

子供の心の成長過程といっても、早生まれの子と遅生まれの子の差はとても激しいですし、個人差もあるのであまり神経質にならず、だいたいこんなものという風に心構えしておくといいでしょう。

Lazy dummy

■トラブルが起きた時、親としての心構え

子供が集団で過ごす保育園や幼稚園では、こうした子供同士でのトラブルはつきものです。しかし、そういったトラブルの中から集団のルールやトラブルの解決の仕方などを学んでいくので、すぐに飛んで行って仲裁するのではなく、見守る姿勢が大切です。

園内でのトラブルにどこまで親が介入するべきかはケースにもよりますが、日ごろの幼稚園や保育園の先生との関係性や、親同士のコミュニケーションが大切になります。「ママ友」と聞くと付き合いが面倒だと感じてしまう人も多いかもしれませんが、親として子供を想う気持ちは、みんな一緒です。
園の行事などできる範囲で参加して日ごろから我が家の雰囲気を伝えておけば、いざトラブルという時にこじれる可能性が大幅に減ります。

Lazy dummy

■トラブルの具体的な対処法

トラブルで怪我があった場合、園は双方の親に連絡するのが一般的です。ただ、誰とのトラブルなどの細かい部分までは親に説明しない方針の園もあります。しかし、子供が3歳程度になれば、自分で説明ができるもの。加害者側になってしまった親は怪我の状況に合わせて、相手の子供の家に電話か訪問して謝罪したほうがよい場合もあるかと思います。ただし、その場合、しっかりと相手側の言い分を聞くこと。そしてその都度、園と相談しながら連携をとりましょう。

また、園で見落としてしまったような小さな怪我や、子供の様子がおかしい場合はすぐに子供の話を十分に聞くこと。そして必要に応じて園と連絡をとって報告しておくことも大切です。

こういったやりとりをスムーズに進めるためにも、園の先生とは普段からコミュニケーションを取り合い、日ごろから信頼関係を築くことが何より重要です。
ついわが子ばかりがかわいく見えてしまうものですが、みんなで子育てをしているつもりで、全体を大らかに見守ることが大切です。

結果、そのように大らかに育ててもらった子供はトラブルに負けない勇敢な強い大人になるのです。

Lazy dummy

この記事の専門家
中野とも子
産業カウンセラー、文部科学省所轄(財)生涯学習開発財団認定マスターアートワークセラピスト。東京都内にて芸術療法(アートセラピー)講師として活動中。アダルトチルドレン、依存症、摂食障害、鬱、PTSDなどの心理相談や虐待によるトラウマの回復などにあたる。
東京世田谷カウンセリングオフィス

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


育児 子どもの発育 しつけ

関連する投稿


マクドナルドよりハッピーセット「プラレール」&「リカちゃん」が登場!

マクドナルドよりハッピーセット「プラレール」&「リカちゃん」が登場!

マクドナルドのハッピーセットのおまけが、新しく登場します。


エイデンアンドアネイから2種類のスワドル(おくるみ)が新発売

エイデンアンドアネイから2種類のスワドル(おくるみ)が新発売

ベビー&キッズライフスタイルブランド aden+anais(エイデンアンドアネイ)のessentials(エッセンシャルズ)は、10月19日より新商品のスナグスワドル(Snug Swaddle)とラップスワドル(Wrap Swaddle)を販売しています。


ル・クルーゼより限定カラー「Berry」が発売

ル・クルーゼより限定カラー「Berry」が発売

ル・クルーゼ ジャポンは、2020年11月4日(水)より、鋳物ホーロー鍋のホリデーシーズン限定カラー「Berry (ベリー)」を発売いたします。


日本初上陸!ベビー&キッズ向けオーガニックスキンケア「Kiddly」

日本初上陸!ベビー&キッズ向けオーガニックスキンケア「Kiddly」

Arth G.K.は、ニュージーランド発、ベビー&キッズ向けオーガニックスキンケアブランド「Kiddly」を 製造する AWO Limited.と日本国内における総代理店契約を締結し、独占販売を開始いたします。


オンラインで「トイザらス×小島よしお ハロウィーンイベント」が開催

オンラインで「トイザらス×小島よしお ハロウィーンイベント」が開催

日本トイザらスは2020年10月25日(日) 11:00~12:00に、小島よしおさんをゲストに迎えて「トイザらス×小島よしお ハロウィーンイベント」をオンラインにて開催します。参加無料で、定員は先着10,000名です。10月21日(水)より先着順で応募受付を開始し、定員になり次第終了となります。


最新の投稿


もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

そろそろ部屋のニオイが気になってくる季節。暮らしの中でニオイの元はいろいろありますが、ひとつひとつ対策をして、生活臭のない部屋をめざしたいですね。今回はニオイの対策やポイントをご紹介します。


クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

年に2回の衣替えは、衣類を入れ替えたら、除湿剤・防虫剤を新しいものに変えるだけで終了……という方も多いのでは? 今回ご紹介するのは、天然素材で作られた「カンフルツリーブロック」。繰り返し使えるこのブロックを、衣替えのツールに加えてみませんか?


【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

洋服を出し入れすることも多いので、衣替えの時期は洋服の整理をするのにも良いタイミングです。今回は、毎日の洋服選びが楽しくなる、クローゼット整理のポイントをお伝えします。


【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

「あると便利かも!」とついつい買ってしまうのが、キッチングッズですよね。でも、ちょっと待って! それって、ホントに必要ですか? それを使えば、あなたの家事は、楽になりますか? 気分が上がりますか……? 今回はモノ選びのハードルが高い整理収納アドバイザーが「欲しい!使いたい!」と思ったキッチングッズを紹介します。


【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

産後、なんだか「おなら」が多くなった気がする、ちょっとおなかに力を入れるだけで、出てしまう……そんな悩みはありませんか? 産後はおならが出やすくなるものなのでしょうか。また、対処方法はあるのでしょうか。産後のおならについて解説します。