○○がダメに!?  実際、妊娠中に味覚の変化はあった?

○○がダメに!? 実際、妊娠中に味覚の変化はあった?

妊娠中はつわりがあったりと、食べ物の好みが変わる人も。実際どれぐらいの人が、変化を感じたのでしょうか?妊娠出産を経験したママ、プレママに、妊娠中の味覚変化について聞いてみました。


Q.妊娠中、味覚の変化はありましたか?

ある/ 43.4% ない/ 56.6%

食や味覚に対する変化を感じたママと感じなかったママでは、変化なしのママが若干優勢でした。好みや味覚変化についての回答を見てみましょう。

味覚の変化があったママ

刺激が強いものが食べたい

・酸っぱいものや香辛料が好きになって、出汁はダメになった。(30歳/0歳児/その他/金融・証券)

・とっても酸っぱいものが食べたくなったり、甘いものが食べたくなったり。(24歳/1歳児/正社員(一般事務)/ホテル・旅行・アミューズメント)

・辛いものが食べれるようになった。(28歳/0歳児/正社員(一般事務)/食品・飲料)

・それほど好きではない生姜を好んでそればかり食べてた。(34歳/3歳児/正社員(一般事務)/自動車関連)

酸っぱいものや、香辛料の入った刺激的な調味料を好むようになったという回答が目立ちました。

白米はNG

・白米がおいしくなかった。(29歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・ご飯が臭かった。(34歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・ご飯の匂いがだめになった。酸っぱいものが食べたくなった。(35歳/6歳児/パート・アルバイト/アパレル・繊維)

白米がNGになる人も数多くいました、特に、ご飯が炊き上がるにおいが苦手になった人が多いようです。

好きなものが苦手に…

・あんこが無性に食べたかったです。好きな梅干しが食べられなくなった。(35歳/2歳児/主婦/その他)

・大好きだったスナック菓子などが、全く食べられなくなりました。(40歳以上/7歳以上/正社員(一般事務)/情報・IT)

・あれだけ好きだったお好み焼きのソースのにおいや味が嫌になった。(31歳/2歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

それまで好きだった嗜好品が、まったく食べられなくなったり、反対に嫌いだった食べ物が好きになったり。特定の食べものに激しく反応したという回答が非常に多かったです。

味覚の変化がなかったママ

何も変わらず

・何でも大丈夫だった。(34歳/0歳児/その他/その他)

・食欲や好みなど、何も変わらず。(36歳/6歳児/主婦/その他)

・今のところ、好きなもの嫌いなものに変化がないから。(30歳/0歳児/主婦/その他)

つわりの度合いは人それぞれ。まったく食べられなくなる人もいれば、なにも変わらなかったというママもおり、個人差があります。

何でもおいしい!

・何でもおいしい。(33歳/5歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・味覚変化は特別にはなく、えり好みすることなくなんでも美味しく食べることができた。(39歳7/歳以上/パート・アルバイト/医療・福祉)

・つわりもなかったので。(33歳/1歳児/主婦/その他)

何でもおいしい!なんて、最高です。

まとめ

食や味覚に変化があったと答えたママは約47%という結果になりました。個人差はさまざまですが、刺激が強いものが好きになったり、白米が苦手になってしまったりと、あらゆる変化があるようです。戸惑うことも多いと思いますが、妊娠中の正しい食事に注意しながら、自分の身体と向き合っていきましょう。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2016年12月14日〜12月28日
調査人数:165人(20歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

だいたひかるさん「エコー写真で夫と口論」胎児の脚が長い?

第一子を妊娠中のタレント・だいたひかるさんが、自身のブログでお腹の赤ちゃんのエコー写真を公開。赤ちゃんの性別が女の子っぽいと指摘されていることや、エコー写真を巡って「夫と口論」になったことなども明かしています。


舟山久美子さんマタニティフォト撮影でハプニング ⇒ 「アタフタして可愛かった」旦那さんの姿

舟山久美子さんマタニティフォト撮影でハプニング ⇒ 「アタフタして可愛かった」旦那さんの姿

モデルでタレントの“くみっきー”こと舟山久美子さんが妊娠8ヶ月で撮影したマタニティフォトを公開。ブログやYouTubeでは撮影の裏側も余すところなく伝えており、少し赤面してしまうほどラブラブな夫婦の姿を披露しています。


【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

【漫画】大歓喜のなか勧められても……父が孫の抱っこを拒んだ理由『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.38

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】ついに我が子が誕生!……のはずが予想外の事態に!『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.37

【漫画】ついに我が子が誕生!……のはずが予想外の事態に!『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.37

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】やっと終わる……たくさんのお守りに見守られて迎えた初出産『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.36

【漫画】やっと終わる……たくさんのお守りに見守られて迎えた初出産『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.36

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


【漫画】#45 流産してしまった私。モラ男が寄り添ってくれると思いきや……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#45 流産してしまった私。モラ男が寄り添ってくれると思いきや……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

Instagramで子育て漫画を発信されるマダムカルピ子さん。マダムカルピ子さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

赤ちゃんの爪はとても小さいものです。爪切りのときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか? 爪切りのやり方や頻度、切るときの工夫や注意点、うっかり指先を切った時の対処方法などを知っておきましょう。


【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

「断乳ってコツはあるの?」「断乳したいけど乳腺炎が心配」など、断乳についてより詳しく知りたい母乳育児中のママもいると思います。今回は、断乳と圧抜きの方法、断乳スケジュール、実施時の注意点などを解説します。


離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

アレルギーのリスクがある卵は、離乳食作りの中でもちょっと難しさを感じがちな食材の一つでしょう。卵黄(卵の黄身)のみから始めたら、いつから卵白(白身)を含めた全卵を食べられるようになるのでしょうか。今回は卵の全般的な特徴をしっかり掴んで、離乳食づくりにも生かしやすいように情報をまとめています。