先輩ママに聞いた! 愛すべき、産後のほろ苦(?)エピソード #育児あるある

先輩ママに聞いた! 愛すべき、産後のほろ苦(?)エピソード #育児あるある

出産はゴールではなく、スタート地点。これから始まる育児について、不安と楽しみな気持ちが入り混じっている人も多いのでは? 実際に、いざ育児がスタートしてみると、想定外の事態にてんやわんや……なんてことも。そこで今回は、先輩ママたちが経験したほろ苦くも愛おしい「育児あるある」をご紹介します!


あるある その1
やっと眠ったと思ったら……背中センサー発動!

イラスト

先輩ママのアンケートでもっと多かった「あるある」が、寝かしつけ問題。もちろん、いつでもどこでもよく寝てくれる赤ちゃんもいますが、7割近くのママが「やっと寝たと思ったのに、離れるとぐずりだす」を経験したと回答しました。

経験者の先輩ママからは「赤ちゃんは泣くのが仕事なので、ちょっとくらい泣いても気にしすぎないこと!」(8歳児のママ/39歳)とのアドバイス。全力でママを求めてくれている!と大らかな気持ちで受け止めたいものですね。

―― 先輩ママVOICE ――

  • 人感センサーがすごくて、いびきをかいて寝たと思ったのに離れた瞬間泣き出す(0歳児のママ/32歳)
  • せっかく寝かしつけたのに、布団に寝かせた瞬間、背中にスイッチがあるかのように泣くことがあった(8歳以上の子を持つママ/39歳)

関連リンク

寝かしつけのコツと赤ちゃんを布団に寝かせたときに起こさない方法を小児科医が教えます!
ママやパパの体の負担をラクにする「疲れにくい」抱っこの姿勢とは?

あるある その2
なんでこのタイミング!?な「うんち問題」

イラスト

乳児のお世話の中でも頻度が高いのがオムツ替え。赤ちゃんのお肌はデリケートなので小まめに替える必要があるうえ、意外と手間がかかるものです。ちょうどいいタイミングで替えたいのがママの本音ですが、それがなかなか思いどおりにいかない模様……。替えた後すぐにおしっこやうんちをされて、がっくりしてしまうママも多いようです。

とはいえ、おしっこやうんちは赤ちゃんの健康状態を把握できるチャンス! 「大変なことの連続だけど、それでも喜びは大きいと思います。新しい世界が広がっているので一緒に頑張りましょう!」(3歳児のママ/38歳)との心強いコメントも。

―― 先輩ママVOICE ――

  • オムツを替えた瞬間にいい笑顔でうんちをする(0歳児のママ/32歳)
  • オムツを替えた直後におしっこをされてしまうことがよくあった(2歳児のママ/33歳)
  • オムツ替え中に寝返りをしてなかなか替えられない(0歳児のママ/32歳)

関連リンク

インスタグラマーのほんわか育児絵日記 赤ちゃんとの生活スタート
出産間近!赤ちゃんと会える日までに用意しておきたい育児グッズって?

あるある その3
悪気はないとわかってはいるけれど……(涙)

イラスト

おもちゃよりも本物のスマホをいじりたがったり、ときには、おっぱい中に噛まれたり……予想外のことをするのが赤ちゃんです。まだ言葉でのコミュニケーションがとれないため、意思疎通もままならず、時には落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

ですが、「その瞬間は大変でも、少しずつ楽になっていきます。気長にいきましょう。つらい時は1人で考えず、抱えず、誰かに頼ってください」(7歳児のママ/35歳)と先輩ママからアドバイス。 気づけばできることのほうが増えていて、その成長に感動することは間違いありません! マイペースに我が子と向き合っていきたいですね。

―― 先輩ママVOICE ――

  • 歯が生える直前がかゆいみたいで、歯茎の力が強く、乳首を噛みちぎられるかと思った(0歳児のママ/32歳)
  • LINEをいじられて、勝手に上司へ意味不明な文章を送っていた(3歳児のママ/30歳)
  • 昨日までは大好きだったヨーグルトを、今日は突然べーっと吐き出すことも多々(4歳児のママ/28歳)

関連リンク

先輩パパとママの毎日コラム なんとなくおかあさん「『産後ひと月』という嵐。」
子育てを、ちょっと素敵にする工夫「わたしの育児ノート」

みんな乗り越えてきたから大丈夫!
試行錯誤しながら子育てを満喫しよう

イラスト

子育てまっさかりの先輩ママたちの声から、育児が決してラクなものではないと想像できましたよね。ですがそんな中、先輩ママたちもいろいろ試行錯誤しながら奮闘しているよう。先人たちからプレママさんへ、応援メッセージをもらいました。

  • いろいろと本を読んだり気に病んだりしても、子どもそれぞれの個性があるので、案ずるより産むが易し、です(0歳児ママ/32歳)
  • 全部を完璧にするのは無理だから、自分を許すポイントを作らないと疲れてしまうと思います。何より我が子の癒し効果は絶大なので、少しくらいのできないことは気にせず、ゆるく育児楽しんでください!(0歳児ママ/32歳)
  • 肩の力抜いて下さいね! 頑張りすぎず、育児を楽しみましょう(8歳児ママ/37歳)

初めての育児はわからないことだらけで不安もあるはずですが、その分、我が子の成長を見守ることができる喜びはひとしおでしょう。どーんと構えて、これから始まる子育てライフをぜひ満喫してくださいね!

自分らしい家族の愛のカタチを見つけられる『コモドライフ』

多様性が尊重されるこの時代、妊娠・出産・育児も十人十色。ママだけでなく、赤ちゃんを愛するパパも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、家族みんながそれぞれに持っている赤ちゃんへの愛のカタチ、それをデザインする情報サイトが『コモドライフ』です。

音楽の発想標語で「気楽に」を意味する“コモド”な子育てライフを応援するコンテンツが満載! 自分らしい家族の愛のカタチがきっと見つかるはずです。

さまざまな家族の子育てスタイル『コモドライフ』

――・・ 合わせてこちらもチェック! ・・――

妊婦フレンズ

「何がわからないかがわからない」初マタのあなたに。検索ではたどりつけない、今のあなたにぴったりの妊娠期情報をお届けするプレママとパパの情報サイト。

育児イマLABO

イマドキ育児を実践する家族をピジョンが徹底調査し、これから育児が始まるプレママ・プレパパと、今まさに育児真っ最中のみなさまに新しい育児のカタチをお届けする情報ページ。

アンケート出典|2020年11月|マイナビウーマン会員にwebアンケートを実施|出産を経験した22~40歳の女性対象|有効回答数71件

提供:ピジョン株式会社