【弁護士監修】これってマタハラ? アウト&セーフの線引きと対処法

【弁護士監修】これってマタハラ? アウト&セーフの線引きと対処法

妊娠のせいで給料が下がったり、辞めさせられたりすれば、れっきとしたマタハラ(マタニティハラスメント)で、現在では違法です。じゃあ、妊婦健診のための休みをとれなかったら? 同僚に嫌味を言われたら? どこからマタハラで、どう対処すればいいのか、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生に聞いてみました。


弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
厚生労働省は、「妊娠・出産・育児休業の取得を理由に解雇・雇い止め・降格等を行うことは男女雇用機会均等法9条、育児・介護休業法10条等に違反する」としています。

法律上の明確な定義はまだありませんが、マタハラとは、働く女性が妊娠・出産をきっかけに、職場から解雇や異動などを言い渡されたり、心ない言葉を掛けられたりなど、精神的または肉体的な嫌がらせを受けることをいいます。

さらに、発言者の意図とは関係なく、妊娠している・出産した女性に、妊娠や出産、育児に関して不快な思いをさせたり、尊厳を傷つける言動も、マタハラに当たることがあります。
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
厚生労働省の通達及びQ&A[*3]では、「妊娠、出産、育休の終了後、1年以内に不利益取扱いを行った場合は、原則として妊娠、出産、育休を理由として不利益取扱いを行ったものと判断する」としています。

会社が「マタハラではない、これは社内改革のための人事だ」などといって本人の望まない配置転換などを行うケースもありますが、本当に必要なのか、きちんと説明してもらう必要があります。

体調、環境、キャリア、能力には、個人によって違いがあります。だからこそ、自分の状況や希望を上司や同僚に伝えて、ざっくばらんに話せる関係を整えていってください。
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
いやな発言をする人には、やんわりと『それって、マタハラに当たるんじゃないでしょうか?』と言ってみる。世相がハラスメントに敏感になっていますから、牽制になると思います。

ただ、何度も使えない手なので、いよいよとなったら上の人や人事に相談を。職場のハラスメント対策は事業者の義務です。
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
上司に妊娠を報告したところ、軽度作業に配置換えされたという相談者がいました。 彼女は、「やりがいのある仕事を取り上げられた。つわりもなく元気なのに、妊娠したことでジャマ者扱いされた」と感じたようです。上司とていねいな面談をするようにアドバイスしたところ、上司に悪気はまったくなく、「無事に出産するまで、とにかく大事にしてほしい」一心だったことがわかりました。

反対に、具合が悪くても言い出せなくて、通常通りの業務をがんばって体調を悪化させてしまう人もいます。妊娠中は体調に波があるし、妊婦によって家庭環境も違います。妊娠をした現在の自分にとって、果たしてどれくらいの仕事量が適切なのか、また、時差通勤やテレワークなどの勤務形態の希望を知ってもらうためにも、妊婦さんは、会社とできる限りコミュニケーションをとるといいですね。
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
妊婦さん本人がこの先も同じ職場にいたいのか、それとも金銭的な解決を望むのか、解雇の無効を求めるのか等、希望によって、マタハラ対応の方針も変わります。弁護士もわきまえていますから、突然、会社に出向いて本人が腫れ物扱いになってしまうような事態は避けます。クライアントさんが不利になることがないように、まずは状況の推移を見ながらアドバイスをします。

弁護士が入ることで会社側の態度が硬化してしまうのではないか、と心配する方もいますが、早期に専門家を交えたほうがメリットは大きいですよ。企業側は「穏便にすませたい」という気持ちが強くなるので、話し合いの席についてもらいやすくなります。
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
どんな案件でも、『手に入れられるものは全部』というのが基本ですが、マタハラのケースで、とくに重要なのは次の5つですね。

1 就業規則
大体、社内の誰でも閲覧できるところに置いてあります。持ち出せなかったら、写メやコピーでかまいません。

2 異動・降格などの内示や辞令
紙ベースの資料はすべてファイルにまとめておいてください。

3 上司からのメールやチャットの履歴

4 マタハラの言質がとれる音声データ
3、4は必須ではないです。あればお持ちください。

5 簡単な時系列年表<
簡単でいいので、マタハラのスタートから現時点までになにが起こったのか、年月日と事柄が入っている年表スタイルのまとめがあるとわかりやすいです。仕事で使っているなど慣れている方は、エクセルなど表計算ソフトで作っていただくのがいいですよ。

この記事の監修者
中里妃沙子 弁護士
丸の内ソレイユ法律事務所 所長。東京弁護士会 所属。 離婚、相続、会社法務、労務管理、債務整理、交通事故、債権回収、賃貸借契約など幅広い分野に取り組むとともに、新聞、雑誌、テレビ、WEBメディアでも活躍。とくに離婚・男女問題については年間300件以上を法律事務所として受任し、豊富な実績を誇る。
◆丸の内ソレイユ法律事務所:http://maru-soleil.jp/
◆女性のための離婚相談:https://www.rikon-soleil.jp/

マタハラとは? どこからがマタハラになるの?

働く女性が妊娠・出産にともない受けるハラスメント(いやがらせ)=マタハラ。とはいっても、どこからどこまでマタハラなのか…弁護士先生に聞いてみました!

「マタハラ」が、新語・流行語大賞(ユーキャン)の候補50に選出されたのは2014年のこと。それから広く知られる言葉になり、問題意識も高まりましたが、具体的にどこからどこまでが「マタハラ」なの?と思う人も少なくないはず。

「セクハラ」「パワハラ」と並び、「働く女性を悩ませる3大ハラスメント」の1つといわれることもある「マタハラ」。けれど、残念なことに、「パワハラ」と「セクハラ」と比べても、「マタハラ」の実態がきちんと認知されているといえません。

この記事では、「マタハラとは?」という定義や範囲、マタハラが起こる理由や、その対処法について、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生の取材協力、監修を受け、解説していきます。

マタハラとは?

「マタハラ(マタニティハラスメント)」とは、一般に、妊娠、出産に関わるハラスメント(嫌がらせ)のことをいいます。

もう少しくわしく、中里弁護士の見解を聞いてみましょう。

これって、マタハラなの? 法律や制度はどうなってる?

マタハラを防止するための制度は、ここ数年で大きく充実してきています。

2017年1月から、「男女雇用機会均等法」と「育児・介護休業法」の「ハラスメント防止措置」が雇用主に対して義務づけられました。

2020年6月には、「男女雇用均等法」と「育児・介護休業」の「マタハラ(マタニティハラスメント)防止対策」を強化する法改正も施行されています。

厚生労働省の指針[*1][*2]では、マタハラは大きく、「制度等の利用への嫌がらせ型」「状態への嫌がらせ型」の2つに分類されます。

マタハラ1「制度等の利用への嫌がらせ型」とは?

産休・育休など、出産や育児に関連する制度利用を阻害する嫌がらせのことをいいます。制度等には、たとえば、下の表のものが該当します。

男女雇用機会均等法が対象とする制度等 育児 ・ 介護休業法が対象とする制度等
①産前休業
②妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置(母性健康管理措置)
③軽易な業務への転換
④変形労働時間制での法定労働時間を超える労働時間の制限、時間外労働及び休日労働の制限並びに深夜業の制限
⑤育児時間
⑥坑内業務の就業制限及び危険有害業務の就業制限
①育児休業
②介護休業
③子の看護休暇
④介護休暇
⑤所定外労働の制限
⑥時間外労働の制限
⑦深夜業の制限
⑧育児のための所定労働時間の短縮措置
⑨始業時刻変更等の措置
⑩介護のための所定労働時間の短縮等の措置

こうした制度を利用しようと思って、会社に相談・申請したときに、上司や同僚から次のような言動があれば、マタハラだと認定される可能性があります。

「制度等の利用への嫌がらせ型」マタハラの例

「経営が苦しいので制度は利用させられない」
「病院は休みの日に行くものだから、妊婦健診のための休みは認められない」
「また、つわり? 妊婦ばっかり休めてずるいよねえ」
「男のくせに育休を取るなんてありえない」
「制度を利用するなら昇進はないものと思え」

マタハラ2「状態への嫌がらせ型」とは?

妊娠・出産を理由にした心理的ハラスメントのことです。

妊娠による体調不良で能率が下がった、出産して制限が生まれた、産後休業を取得したことを理由に不利益な取り扱いをされたり、周囲から傷つく言葉を掛けられたりするケースです。

「状態への嫌がらせ型」マタハラの例

「いつ休むかわからない人には任せられない。雑用してて」
「子どものためにも、いっそ辞めたほうがいいんじゃない?」
「子どものいない別の人を雇うので、次回は契約更新しません」
「こんな繁忙期に妊娠するなんて、自己中だよね~!」
「休みまくってみんなに迷惑かけてるんだから、謝ってよ」

復職後の人事や待遇悪化もマタハラになる?

妊娠したときだけでなく、産休・育休をとって、復職して後のハラスメントも、マタハラになります。

マタハラ防止対策は強化されましたが、復職した女性を支援する制度が整備されていない企業もまだ数多くあります。そのため、復職したけれど「たびたび遠回しな退職勧告を受けた」「育児を理由に時短勤務していることで、簡単な仕事しか回してもらえない」といった声も多く聞かれます。

マミートラックの壁とは?

女性が、復職後にぶつかる障害のひとつに「マミートラックの壁」があります。これも、マタハラのひとつといえるでしょう。

マミートラックとは、1988年頃にアメリカのジャーナリストが使い始めたネーミングです。通常の昇進や昇格は階段を上っていくルートですが、育児をしながら家庭を守らなくてはならない女性は出世とかけ離れたルートを歩かされるようになるというのです。それは、ベビーカーを押しながら、ぐるぐると周回する競技用のトラック。つまり、母親になった女性だけが乗せられるコースのことを意味しています。

1回、マミートラックに乗せられてしまうと、抜け出すのは簡単ではありません。ママになったらどういう働き方をしたいのか、まずはしっかり考えたうえで、家族や職場の上司と話し合い、考えを共有しておきたいものですね。

マタハラの現実! 被害は多く、表に出にくい?

厚生労働省から、マタハラ防止策が次々と打ち出されている背景には、少子化が進んで、もっと子どもを産み育てやすい社会が必要にもかかわらず、マタハラ被害がとても多いという現実があります。

厚生労働省が2015年に25~44歳の就業経験のある女性を対象に行った調査[*4]では、妊娠・出産した正社員の21%、派遣社員の48%がマタハラ被害を経験したと回答しました。正社員の5人に1人、派遣社員では2人に1人に該当する数字です。

しかも、マタハラ被害は表に出にくいという性質があるようです。

少し古いデータですが、日本労働組合総連合会が2013年に行った「マタニティ・ハラスメントに関する意識調査」[*5]では、4人に1人がマタハラ被害を受けていますが、その半数は「我慢をした。人には相談していない」と回答しています。マタハラに声をあげることなく、泣き寝入りする人たちも多いのです。

中里弁護士も、「法律や制度は変わりましたが、その後マタハラ相談が増えたという実感はありません。黙って耐えるほうを選んでしまう女性が多いのでは」と推測しています。

マタハラが起こるのはどうして?

マタハラが起こる背景にはいくつもの要素があります。

職場の体制が整っておらず、まだまだ価値観が古い人も……

まず、妊娠し、産後に職場復帰する女性を支える制度がまだ整っていない企業が多いことが挙げられます。そして、固定概念にとらわれている人が多い。これがじつに厄介です。

「育児は母親の仕事」
「妊娠・出産という個人的なことで職場に迷惑をかけるのはよくない」
「残業は、するのがあたりまえ」

こうした古い価値観を押し付けてくる人たちは、「間違っている相手を正してやらないといけない」という自分ルールの正義感にかられているので、話がややこしくなります。価値観の違う人とは感情的に向き合わず、「『それって、ハラスメントですよ』とさらっと言ってみるのがいい」と中里弁護士はアドバイスします。

女性の敵は女性? 生き方の多様化も影響

女性の生き方が急激に多様化していることも、マタハラ発生の理由になっているようです。とくに、女性同士でのマタハラに、この傾向があります。

「マタハラする同僚」には、男性より女性が多い!?

厚生労働省の2015年調査[*4]では、マタハラ加害者が上司の場合は、加害者は男性のケースが多かったものの、マタハラ加害者が同僚や部下の場合は、加害者は女性のケースのほうが多いという結果でした。

妊娠・出産や働き方に関する女性の選択肢の幅は広がっています。正社員を続けながらワーキングママをする人、時間の都合をつけやすいパートや契約社員に働き方を変える人、専業主婦を選ぶ人、子どもをもたず仕事や社会貢献に生きる人、そして結婚せず、おひとり様を満喫する生き方もあります。

当然、立場が違えばものの見方も、価値観も変わります。妊娠・出産は人生の一大イベントだけに、価値観の衝突も起きやすいといえそうです。

同じママ同士でも、マタハラは起こる

それだけではありません、同じ「子をもつ働く母」という立場の女性同士でも、マタハラは起こっているようです。

出産を経験した先輩ママであっても、いや先輩ママだからこそ、「自分は何度も休んだり時短勤務を使ったりしなかったのに、後輩が楽をするのはずるい」といった思いをもつ人もいます。

妊婦の体調や希望の働き方は、人によって全然違う!

マタハラの難しいところは、妊娠した女性に対し、職場としては同じ対応をとっていても、マタハラと受けとる人と受けとらない人が出やすいということ。妊娠した女性自身の体調や、働き方への希望によって

「もっとできるのに、仕事を少なくされてしまった」
「こんなにつらいのに、仕事をほとんど減らしてもらえない」

と、正反対の受けとり方をする可能性があるのです。

マタハラ防止策は、個人差が大きい

妊娠時の体調には個人差が大きいうえ、同じ人であっても、初産と2人目以降ではつわりやお産のつらさがまったく違うこともあります。妊婦の体調や希望の働き方は、妊婦自身にしかわかりません。ときには、妊婦自身が健康だと思っていても、急な妊娠トラブルが起こることさえあるのです。

これが、職場のマタハラ防止を難しくしている原因のひとつ。職場にとっては、セクハラやパワハラに比べて、個別に対応を変えなくてはいけない範囲が広いのです。

女性が遠慮して希望を伝えられないことも……

マタハラ防止のための制度が充実してきたといっても、まだまだ古い価値観が残る職場も多いなか、

・妊娠しても、遠慮して希望を伝えられない
・クビや待遇悪化が怖くて、なかなか体調不良を言い出せない

という女性も多いようです。結果として、職場が女性の希望を理解しないまま、女性は職場に対して「マタハラでは」と不満をためていく、ということも……。

「母健連絡カード」を医師に書いてもらって、会社に提出しよう!

妊娠中の体調不良のため「休みたい」「時短にしたい」「時差出勤を利用した」「軽作業にしてほしい」などの希望を自分の口から伝えにくい場合は、医師に「母健連絡カード」を書いてもらって!

会社とのコミュニケーションにぜひ利用したいのが、「母健連絡カード」(母性健康管理指導事項連絡カード)[*6]です。

妊婦健診で「無理はしないで」「安静にして」と医師に指示されても、仕事があるからなかなかそうはいかない……そんなときは、医師に「母健連絡カード」を書いてもらいましょう。正式な診断書をもらうより手軽で、費用も2000円程度と、診断書より安いことが多いです。

混雑を避けた時差出勤や勤務時間の短縮、あるいは休職など、医師が、妊婦の状態と、必要な措置、期間を書きこんでくれます。

医師が書いた「母健連絡カード」を勤め先に提出すれば、勤め先は原則として、それを拒むことはできません。違法になってしまうからです。

上司や人事部には相談しづらいとき、マタハラを弁護士に相談するには?

マタハラはお母さんの心と体だけではなく、おなかの赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。マタハラを受けたときにもっとも大切なのが、1人で抱えこまないことです。まずは夫や家族など、信頼できる人に相談をしてください。

ハラスメントは、外部の目が届きづらい環境、限られた人間関係の中で、悪化していきがちです。勤務先にハラスメント相談窓口があればそちらに訴えるのが正攻法ですが、それが難しい場合は、外部機関、弁護士等の専門家を頼る方法もあります。そのときに用意しておくといいものも知っておきましょう。

違法行為か知りたければ弁護士に確認を


弁護士事務所では、依頼を本格的に受ける前に、相談の時間を設けています(各事務所によって、無料・有料の設定が異なります)。

会社の人と話す前に、まずは相談の形で専門家に話を聞いてもらって、「自分のケースはマタハラに該当するのか? するなら、どういった交渉ができるのか」をプロの目線でジャッジしてもらうと安心です。

また、女性弁護士が女性のマタハラ相談に対応してくれる「日本労働弁護団ホットライン」という無料の電話相談もあります[*7]。

相談するときに持参したい資料

限られた時間で弁護士と面談するときは、ある程度の資料を整えていくとムダがありません。中里弁護士に、用意しておくといいものを聞いてみました。

まとめ

個人差が大きいために「妊娠・出産したママ」とひとくくりにできないマタハラは、パワハラやセクハラよりもデリケートな側面があります。

しかし、マタハラ防止対策は強化されているので、今後、マタハラへの理解が進んでいくと思われます。妊娠や出産を理由に、あなたが自分らしく働ける仕事をあきらめる必要はありません。

制度をしっかり利用するためにも、自分は今後どんなふうに働いていきたいのか、しっかり考えておきましょう。

(取材・文:暮らしのチームクレア 田中麻衣子/監修:中里妃沙子弁護士/漫画:ぺぷり)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 事業主が職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する問題に関して雇用 管理上講ずべき措置等についての指針(平成 28 年厚生労働省告示第 312 号)https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000132960.pdf
[*2] 子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭 生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置等に関する指針 (平成 21 年厚生労働省告示第 509 号) https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000605636.pdf
[*3]厚生労働省 妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取扱いに係るQ&A https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000089160.pdf
[*4] 妊娠等を理由とする不利益取扱いに関する調査の概要(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000104041.pdf
[*5] マタニティ・ハラスメント(マタハラ)に関する意識調査(連合非正規労働センター)https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20130522.pdf
[*6] 厚生労働省委託 母性健康管理サイト「妊娠・出産をサポートする女性にやさしい職場づくりナビ 母健連絡カードについて https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/renraku_card/
[*7]日本労働弁護団 女性のためのホットライン http://roudou-bengodan.org/hotline/

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、弁護士に取材、および、その監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものです。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】休校中のテレワークがしんどい! やること多すぎて完全キャパオーバー『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.8

【漫画】休校中のテレワークがしんどい! やること多すぎて完全キャパオーバー『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.8

長男は自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症。グラフィックデザイナーとして働く私も発達障害の傾向があって……? 凸凹親子の日常を描いたコミックエッセイ『発達障害親子のワーママDAYS』は、隔週木曜日更新です。


【漫画】育休明け、家事分担の不満が爆発!⇒夫の提案が神過ぎた『ワーママビジョン』Vol.10

【漫画】育休明け、家事分担の不満が爆発!⇒夫の提案が神過ぎた『ワーママビジョン』Vol.10

2人の子どもを育てながら、時短勤務で働くいそめしちかこさん。ワーママになって気づいた、ワーママだから気づけたあれこれについて、月1連載のコミックエッセイをお届けします。


「毎日学童は可哀想」? ワーママの「罪悪感」を考える #岩橋ひかりのキャリアの引き算

「毎日学童は可哀想」? ワーママの「罪悪感」を考える #岩橋ひかりのキャリアの引き算

ワーママの頭の中は、育児や家事や仕事……すべてが同時のマルチタスク。日々そんな状態で、みなさん疲れてしまっていませんか? キャリアコンサルタントの岩橋ひかりさんが、忙しいワーママたちに「引き算」の考え方や岩橋さんが実践している方法をお伝えしていく連載です。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


【漫画】手に負えない…発達障害の息子とのコミュニケーション、どうしたらいいわけ!?『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.7

【漫画】手に負えない…発達障害の息子とのコミュニケーション、どうしたらいいわけ!?『発達障害親子のワーママDAYS』Vol.7

長男は自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症。グラフィックデザイナーとして働く私も発達障害の傾向があって……? 凸凹親子の日常を描いたコミックエッセイ『発達障害親子のワーママDAYS』は、隔週木曜日更新です。


最新の投稿


子どもの小さな手にもぴったりフィットする軽くてカラフルなマウス新登場

子どもの小さな手にもぴったりフィットする軽くてカラフルなマウス新登場

エレコムは8月上旬より、子どもや女性など手が小さくてもフィットする小さめサイズのマウスを新発売します。


アウトドア好きな子どもにはサングラスを。「JINS×Snow Peak」から親子の外遊びをサポートするアイウエア登場

アウトドア好きな子どもにはサングラスを。「JINS×Snow Peak」から親子の外遊びをサポートするアイウエア登場

ジンズはこのほど、アウトドアブランドのスノーピークとコラボレーションしたサングラス「JINS×Snow Peak」を新発売します。全国のJINS店舗およびJINSオンラインショップ、Snow Peak直営店舗、Snow Peak公式オンラインストアにて発売します。


「授乳の時に気持ち悪くなる」でんぱ組.inc古川未鈴さん、「不快性射乳反射」とは

「授乳の時に気持ち悪くなる」でんぱ組.inc古川未鈴さん、「不快性射乳反射」とは

7月に第一子を出産した、でんぱ組.incの古川未鈴さんが、新生児の育児や産後の体調についてSNSに投稿しています。その中で、「授乳の時になんかよくわからないけど気持ち悪くなる」という悩みを明かしました。


【漫画】3歳差兄弟に見る男児あるある 前編『愛むすこは予想の斜め上!~ドタバタ兄弟育児日記~』vol.6

【漫画】3歳差兄弟に見る男児あるある 前編『愛むすこは予想の斜め上!~ドタバタ兄弟育児日記~』vol.6

兄弟育児、男子育児の日常ってどんな感じ?と気になる人に、慌ただしい毎日にお疲れな人におすすめしたいのが、うえだしろこさん著の「愛むすこは予想の斜め上!~ドタバタ兄弟育児日記~」(日本文芸社)。ブログやSNS、WEB連載で大反響を呼んだ男子悲喜こもごもが詰まった本書から、共感必至の「男子&兄弟あるある」をお届けします。


辻希美さん小学生の長男次男がYouTuberに「目標はチャンネル登録者数を30万人にすること!」

辻希美さん小学生の長男次男がYouTuberに「目標はチャンネル登録者数を30万人にすること!」

4人のお子さんを育てる辻希美さんと杉浦太陽さんが、夫婦のYouTubeチャンネル「たぁのんチャンネル」で、長男・次男の動画を公開。息子たちたっての希望で、「せいそらチャンネル」をスタートすることにしたと発表しました。