冷凍をフル活用! 年末年始をゆっくり過ごすためのおせち準備テク

冷凍をフル活用! 年末年始をゆっくり過ごすためのおせち準備テク

今年の冬休みは、おうちで過ごす時間が増えそうですね。家族が家で過ごすとなると、食事の用意や後片づけに追われ、お母さんは忙しくなりがち。今からできるおせち準備で、お母さんもゆっくり過ごしましょう。


こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

帰省やお出かけで忙しい例年のお正月とは違い、今年のお正月は過ごし方が変わりそうですね。成長とともに一緒に過ごす時間が減った子どもたちと、久しぶりにゆっくり自宅で過ごせるお正月は、楽しみな反面、不安も……。家族が家にいる時間が増えれば増えるほど、食事の用意や後片づけを考えると憂鬱になります。

そこで私は、お正月におせち料理の用意に慌てないように、冷凍できるものは事前に準備しています。今回は、その方法を料理別にご紹介します。

事前準備①お煮しめ

Lazy dummy

野菜をたくさん食べられるお煮しめ。大好きなのですが、具の種類が多いため、材料を切るだけでも、結構な時間がかかってしまいます。けれども、彩りをそえてくれるお花型のにんじんや、別ゆでする絹さやは省けません。そこで、時間のあるときに具材の一部を用意して冷凍しています。

にんじん

時間のあるときに飾り切りして、固めにゆで、ザルにあげます。粗熱がとれたら、保存容袋に入れて、バットの上にのせるなどして、一気に冷凍します。あとは、お煮しめを作る際は、冷凍のまま入れればOK!

にんじんの切れ端は、スープに入れたりひき肉料理の具にしてみたり。小さいので、冷凍せずにすぐに使い切ってしまいます。

きぬさや

普段の食事で絹さやを使うときに、多めに購入して、一緒にゆでてしまいます。粗熱が取れたら、平たく並べ、ラップでしっかり包み、冷凍しておきます。

お煮しめに使うときは、レンジで30秒など、短い時間で様子を見ながら加熱します。お好みで、斜めに切り込みを入れるなどして飾りつければできあがりです

鶏もも肉

一口大に切って下味をつけ、保存袋に入れて冷凍しておきます。年末は、急に値段が上がったりするので、早めに購入しておけるとお得ですし、冷凍することでお肉自体にもしっかり味がつきますよ。

使うときは、あらかじめ冷蔵庫に移し解凍しておくか、水をはったボールの中に保存袋のまま入れ、水を流しながら解凍していきます。

事前準備②黒豆

Lazy dummy

我が家の黒豆の作り方は、鍋に調味料と水を入れ、沸騰したら洗った黒豆を加え、火を止めて一晩置く、という手順。翌日、再び火をかけるだけなので、あまり手間はかからないのですが、何かと慌ただしい年末に、時間がかかるものは避けたい……。なので時間のあるときに作って、冷凍しておくと気がラクです。

煮汁ごと、保存瓶(保存袋)に入れて冷凍します。少量でも多めでも、量によって手間のかかり方に違いはないので、いつも多めに作り瓶ごと実家に届けることも。お弁当用に汁気を切って、豆だけを冷凍することもあります。

事前準備③栗きんとん

Lazy dummy

さつまいもを煮て、あとは栗を入れるだけ……の状態にしておき、保存袋に入れて平たくして冷凍します。使うときは、流水解凍(自然解凍も可)してから、栗を混ぜればできあがり♪

栗きんとんは、子どもたちの大好物。ラップで一口大の茶巾包みにしてから冷凍するのもおすすめ。自然解凍して栗をのせれば、小さなお子さんでも食べやすいミニ栗きんとんのできあがりです。我が家では、ラップに包んだままおやつ代わりに食べることもあります(笑)。

事前準備④紅白なます

Lazy dummy

紅白なますも冷凍できます。汁ごと保存袋に入れて、平たくして冷凍しておけばOK。使うときは、水をはったボールの中に保存袋のまま入れ、水を流しながら解凍していきます。

事前準備⑤魚(ぶりの照り焼き)

Lazy dummy

魚も冷凍できます。塩をふって少し時間をおき、魚から水分が出てきたら、キッチンペーパーで水気を拭き取り、好みのサイズに切って、一切れずつラップで包みます。あとは保存袋(保存容器)に入れて冷凍。使うときは、フライパンにクッキングシートを敷き、冷凍のまま火にかけたら、調味料を入れて絡めます。

お魚は出来れば直前に買いたいと思っていましたが、年末のスーパーでは、品切れで買えないことも……。冷凍しておけば安心ですね。

お重じゃなくてもいい!? 盛り付けの負担も軽減

お重に入れて、お正月らしさを楽しむのもいいのですが、お重にきれいに盛り付けるって、難しくないですか? そこで、いつも使っているお皿に少しずつ盛り付けてみたら、とても盛り付けやすかったので、ご紹介します。

おせち料理、難しいお重の盛り付けから、普段の食器に変更 豪華に演出

お重に詰めるときは、家族の好きな料理はすぐになくなり、そうでないものはいつまでも残ったまま……。ひとりずつお皿に少量ずつ並べたところ、きれいに食べてくれたので、見た目が変わった効果も大きかったのかもしれません(笑)。

まとめ

いかがでしたか?

おせち料理に限らず、料理を全部手作りする必要はないと思っています。けれども、季節行事を大切にしていきたい……という気持ちも。

今回ご紹介した内容が、無理なくおせち料理を準備するきっかけになればうれしいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

最新の投稿


離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

赤ちゃんが家族に加わり、楽しくも大変だった年も暮れ、もうすぐお正月。大人はいつものおせち料理、赤ちゃんには離乳食おせちで、新年を迎えてみてはいかがでしょうか。今回は離乳期の赤ちゃんもおいしく食べられるおせちレシピをご紹介します! 「どうして大人用のおせちを赤ちゃんに食べさせちゃダメなの?」という疑問にもお答えしますよ。


離乳食のケーキレシピ|赤ちゃんにケーキはOK?【管理栄養士監修】

離乳食のケーキレシピ|赤ちゃんにケーキはOK?【管理栄養士監修】

クリスマスや記念日など、イベントがあるとケーキでお祝いしたいと思うママ・パパは多いことでしょう。今回はハーフバースデー向けの離乳食ケーキと、離乳後期から食べられる離乳食ケーキのレシピを紹介します。市販のケーキは赤ちゃんに向かない理由も解説しますので、そちらもチェックしてくださいね。


離乳食で必要なもの|アイテムリストと準備のポイント【管理栄養士監修】

離乳食で必要なもの|アイテムリストと準備のポイント【管理栄養士監修】

離乳食のスタートは赤ちゃんの様子を見ながら決めることになりますが、おおよその離乳開始の月齢の目安は生後5~6ヶ月です。この時期までに離乳食の準備をしておきましょう。ここでは離乳食作りに備えて準備したいものをまとめました。


肉ダイエットの効果的なやり方とオススメ部位を使ったレシピ3選

肉ダイエットの効果的なやり方とオススメ部位を使ったレシピ3選

「肉でダイエットできるって聞いたけど本当かな?」と疑問に思っていませんか? お肉は、うまく取り入れると、痩せやすい体作りに有効です。ダイエットにどのように役立つのか、その理由と、お肉ダイエットのやり方のコツを解説します。


こんにゃくダイエット|簡単で効果的な3つのレシピ

こんにゃくダイエット|簡単で効果的な3つのレシピ

ヘルシーなイメージのこんにゃく。しかし、独特のにおいが苦手だったり、美味しく調理する方法がわからなかったりする人も多いのでは? そこでこの記事では、ダイエット中にぴったりの、簡単に美味しく食べられる方法を紹介します。




コストコ 買い物