ママに聞きたい! 赤ちゃんが寝なくて困った時、どうしてる?

ママに聞きたい! 赤ちゃんが寝なくて困った時、どうしてる?

赤ちゃんは、ミルクを飲んでは寝てを繰り返して成長していきます。ママが悩むのは、寝る時間。赤ちゃんが短時間で寝たり起きたりを繰り返す時期や、全く寝つきが良くない時期など、それぞれ個人差があります。今回はスムーズに寝てくれない時にママがやってみたことについて聞いてみました。


ボディタッチで安心

抱っこ

・ひたすら抱っこ、スクワットしたり。(31歳/1歳・2歳児/正社員(一般事務)/金融・証券)

・抱っこしてお散歩に出かけた。(30歳/2歳児/嘱託・契約社員/機械・精密機器)

・ずっとだっこして、落ちつくまで待った。(28歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・抱っこしてスキンシップを図る。(30歳/2歳児/自営業・フリーランス/その他)

抱っこして優しくあやすと、赤ちゃんは眠ってくれることが多いようです。抱っこをしながら歩きまわったり、中には車でドライブをして寝付かせたというママもいました。

背中をタッチ

・背中をポンポンと触り、あやす。(40歳以上/3歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・背中をトントン優しく叩いてあげる。(33歳/5歳児/派遣社員/金融・証券)

・ポンポンしたりなでなでしたりした。(34歳/4歳児/正社員(一般事務)/自動車関連)

人肌のぬくもりが安心感につながり眠りやすいようです。なかなか寝てくれない時は、ずっと横に寄り添って、手で頭や背中をポンポンとやさしく撫でてあげる人が多いようです。

寄り添う派

寄り添って添い寝

・アタマをなでたり、猫が添い寝をしてくれた。(25歳/1歳児/パート・アルバイト/小売店)

・とりあえず横について寝ていた。(36歳/6歳・7歳以上/パート・アルバイト/小売店)

・添い寝をする。私の方が寝てしまったことがあったが。(40歳以上/7歳以上/その他/食品・飲料)

誰かが近くにいれば、それだけで赤ちゃんは安心。ずっと赤ちゃんの様子を見ながら添い寝しているうちに、ママが先に寝てしまったという回答もいくつかありました。

効果絶大?添い乳

・添い乳。自分も寝ながらできたし泣き止むので。(29歳/0歳児/主婦/その他)

・添い乳すれば、たいてい寝たので困ったことはない。(40歳以上/7歳以上/パート・アルバイト/学校・教育関連)

・添い乳で自分もあまり疲れないようにした。(35歳/6歳児/主婦/その他)

泣いたりぐずる赤ちゃんには、おっぱいがとても効果的だという意見も。ママも寝ながらできて楽なようです。

【助産師解説】添い乳は危険!?リスク回避の5つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3529

添い乳は危険!という声も多いですが、上手に行えばママと赤ちゃんにメリットの多い授乳方法でもあります。添い乳のメリット・デメリットと、トラブルを回避するための方法やコツについて紹介します。

唄や音楽で雰囲気を作る

Getty logo

子守唄

・犬のおまわりさんを歌うとなぜか泣き止み、寝てくれる。(40歳以上/7歳以上/正社員(総合職)/商社・卸)

・ひたすら歌を歌ってみるようにしていた。(30歳/2歳児/正社員(総合職)/金属・鉄鋼・化学)

・ひたすら抱っこと子守唄メドレー。(40歳以上/7歳以上/パート・アルバイト/小売店)
 
ママにとっても聞きなじみのある子守唄で、赤ちゃんを寝かしつけてみましょう。ママの声で赤ちゃんも安心して眠れるかもしれません。

眠りに入りやすい音楽で

・安眠効果があるという音楽を流した。(29歳/1歳児/正社員(一般事務)/ホテル・旅行・アミューズメント)

・ひたすらオルゴールをかけまくった。(23歳/0歳児/正社員(一般事務)/医療・福祉)

・スマホで眠りを誘う音楽を聞かせた。(35歳/3歳児/正社員(一般事務)/運輸・倉庫)
 
癒し系のサウンドやオルゴールなど、包み込んでくれるような優しい音楽は、大人が聞いても心安らぎますよね。赤ちゃんにも同じような効果があるようです。

まとめ

ママたちは、なかなか寝付けない赤ちゃんに対して、抱っこやボディタッチ、添い寝、音楽などいろんな方法を見つけているようです。ママのぬくもりで安心感を与えてあげましょう。赤ちゃんが寝ないと焦らずに、向きあう心の余裕も必要かもしれませんね。
 
マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月20日〜12月27日
調査人数:133人(21歳〜40代までのプレママ・ママ)
(マイナビウーマン子育て編集部)

子どもを寝かしつけた後、ゆっくり自由時間を楽しむ方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7240/

ママになると、育児に家事に仕事にと、やることが盛りだくさん。「最近リラックスできていない」と感じる人も多いはず。そんなママたちの声をアンケート調査をして解決方法を探ってみました。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、6月27日〜28日の2日間渡り、24時間オンラインライブ配信イベント「アドベンチャーワールド 24Smile LIVE」を開催します。アドベンチャーワールドのスタッフが公式YouTubeチャンネルより、動物たちの生態を描く様々な企画をLIVE配信します。


ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルは7月16日より、「ベビーケアライン」を通信販売と直営店舗においてリニューアル発売すると発表しました。新生児のデリケートな赤ちゃんの肌にも使える安全性の高い成分と使いやすさにこだわって開発されました。


 こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

オーガニックコットン衣料ブランド「プラスニド」から、夏用はらまき「あなたになじむなつのはらまき」と、子ども用「ママがたすかるキッズはらまき」が、期間限定で実店舗にて販売されます。


ママも子どもも一緒に! 「マー&ミー ラッテ」のトリートメント&スタイリング5種が登場

ママも子どもも一緒に! 「マー&ミー ラッテ」のトリートメント&スタイリング5種が登場

おとなと子どもが一緒に使えるヘアケアブランド「mä&më Latte (マー&ミー ラッテ)」から、新シリーズ「洗い流さないトリートメント&スタイリング」が8月28日より発売されます。


最新の投稿


鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

鯛を使った離乳食レシピ!血合いはどうする?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「鯛」です。いつから食べさせられる?血合いは除くべき? など、離乳食に鯛を使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「海の幸のやわらかごはん」です!


【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

【医師監修】子供が風邪! ご飯の注意点はあるの? 熱や胃腸炎の時、避けたいものと水分補給のコツ

子供が風邪を引いてしまったら、できるだけ早く元気に戻れるようにしてあげたいですね。ここでは風邪になった時のホームケアや水分補給のやり方、あげたい食べ物、避けた方がいい食べ物についてお話します。


【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

【医師監修】妊娠中、お腹の張りを感じたときの対処法

妊娠中に起こるつわり、むくみ、腰痛、便秘などの不調はマイナートラブルと呼ばれますが、その代表格といえるのが「お腹の張り」。張りの原因と対処法、「心配のない張り」と「異常を知らせる張り」の見分け方などについてお伝えします。


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。