どちらが多い? 子供の名前を決めたのは「出産前」or「出産後」?

どちらが多い? 子供の名前を決めたのは「出産前」or「出産後」?

出産が近くなると、早く赤ちゃんに逢いたいという気持ちも高まるでしょう。赤ちゃんの名前を決めるのは、出産前・出産後どちらが多いのでしょうか?赤ちゃんの名前を決めたタイミングについて、ママとプレママに質問してみました。


Q.赤ちゃんの名前は生まれる前から決めていましたか?

はい 64.0%/いいえ 36.0%

出産前に赤ちゃんの名前を決めていた人が全体の6割以上という結果になりました。誕生する前に男の子か女の子が分かっていれば、どんな名前がいいかじっくり考えたくなってしまいますよね。

出産前に名前を決めたママの意見

じっくり考えたかった

・出産後は考える時間がないと思ったから。(27歳/0歳児/正社員(一般事務)/金融・証券)

・生まれてから焦りたくなかったから。(31歳/1歳・2歳児/正社員(一般事務)/金融・証券)

・楽しみだったので早めに考えていました。(40歳以上/4歳児/パート・アルバイト/その他)

これから産まれてくる子にどんな名前を付けてあげようか、たくさん考えたかったというママの想いを感じました。出産後のあわただしさを考えて準備しておきたいという回答もありました。

産まれてくる前から呼びかけたい

・早く決めて胎児のうちから呼びたかったから。(29歳/2歳児/主婦/その他)

・早めに名前を決めて、おなかの中から呼んであげると子供に良いと聞いたことがあったから。(30歳/0歳児/主婦/その他)

・お腹の中にいる時から自然とその名前で話しかけていたから。(30歳/2歳児/自営業・フリーランス/その他)
 
お腹の中にいても、赤ちゃんがしゃっくりをしたり蹴ったりして動く反応を、ママは体で感じることができます。お腹の赤ちゃんに向かって話しかけたくて、子供の名前を先に決めたというママの意見も納得ですね。

性別がわかったから

・性別を聞いてからはっきり決めた。(35歳/1歳児/主婦/その他)

・男か女か分かった時点で考えていたから。(35歳/3歳児/正社員(一般事務)/運輸・倉庫)

男の子か女の子か、赤ちゃんの性別がわかれば名前も決めやすくなりますね。これから男の子・女の子が家族に加わる…と考えると、何と読んであげたいか具体的なイメージも湧きやすくなるでしょう。

出産後に名前を決めたママの意見

顔を見てから

・顔を見てから決めたかったので、あとに。(37歳/3歳児/正社員(一般事務)/医療・福祉)

・顔に合う名前を候補から選んで決めた。(31歳/2歳・3歳児/主婦/その他)

・その場で顔を見てから決めたいと思った。(28歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)
 
あらかじめ名前の候補を決めていても、生まれた赤ちゃんをみて「あれ…?」となってしまいたくない、姓名判断アプリなどを使わずに、生まれた時の印象から名前を決めたいというママの意見が多くありました。

性別が分からなかったから

・そもそも性別も知らなかったから。(27歳/1歳児/主婦/金融・証券)
 
・生まれるまで性別は分からないようにしていたので、どちらが生まれるか楽しみにしながら、出産後考えることにしていたから。(31歳/2歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

性別を聞かずに出産まで過ごすママもいて、名前をつけるのを出産後の楽しみにしているようです。

男の子の名付け!人気の名前と名付けの注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2995

名前は親から子供へ送る一生もののプレゼントですよね。男の子の名前にはどのような意味や願いを込めますか? 周りはどのような名前をつけるのか、名付けの前に知っておきたいママやパパもいるかもしれません。今回は男の子に人気の名前や、名付ける前に確認したい注意点などをご紹介します。

女の子の名付け!人気の名前と名付けの注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2994

子供に贈る最初のプレゼントでもある名前、すてきな人生を歩めるよう願いを込めて考えたいですよね。女の子への名付けなら、かわいらしさや優しさなどを感じる名前をつける場合も多いかもしれません。今回は女の子に人気の名前や名付ける前に確認したい注意点をご紹介します。

まとめ

今回、出産前に赤ちゃんの名前を決めていたという人が約64%という結果になりました。生まれる前に名前を決めるメリットとしては、妊娠中からずっと名前を呼びかけられる、じっくり考えられる等の意見があがっていました。一方で、赤ちゃんの顔を見てから名づけたいと考えるママもいました。両者ともに、赤ちゃんへの深い愛情を感じます。名前を大切に、すくすくと育ってほしいですね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2016年12月20日〜12月27日
調査人数:133人(21歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビ子育て編集部)

赤ちゃんの名前の字画数ポイントと姓名判断の上手な活用法

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1247

赤ちゃんの名前が中々決まらない、と悩んでいる最中でしょうか?妊娠中から赤ちゃんの名前を考えているのに、すんなり決まらないことも。男の子でも女の子でも、画数や漢字、姓名判断など、いろんな面からいい名前を見つけたいのが親心ですよね。今回は赤ちゃんに名前をつける時に参考になる情報をお伝えします。

子供の命名はいつまでに?命名で役立つ6つのポイントとは?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/62

子供の命名では漢字の人気度も気になりますよね。やることが山積みの産後、特に重要なのが命名式で、プロの姓名判断に行く方も。今回は名前の考え方と漢字の意味を説明します。「命名書って?」、「命名式はいつまで?神社でやるの?」などよくある疑問に答えます。男の子、女の子の人気漢字ランキングも必見!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

【漫画】仕事中、妻から突然の帰宅要請に「無理。顔合わせるのもしんどい」『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.59

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】超心配性な妻にイライラ! 妻の扱い方がわからなくなった夫は……『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.57

【漫画】超心配性な妻にイライラ! 妻の扱い方がわからなくなった夫は……『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.57

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


ピジョン、低体重で生まれた赤ちゃんを救う「日本橋 母乳バンク」開設1周年イベントを開催 -- 普及に向けさらに支援活動を

ピジョン、低体重で生まれた赤ちゃんを救う「日本橋 母乳バンク」開設1周年イベントを開催 -- 普及に向けさらに支援活動を

ピジョンは9月29日に、「日本橋 母乳バンク」の開設1周年を記念したイベントを本社にて開催しました。同社では一般社団法人 日本母乳バンク協会の活動に賛同し、2020年からゴールドスポンサーとして支援を開始しています。


紺野あさ美さん「3歳・2歳・0歳」のママに。「目下の課題は次男くんの安全を守ること」

紺野あさ美さん「3歳・2歳・0歳」のママに。「目下の課題は次男くんの安全を守ること」

元モーニング娘。で元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さんが、第三子の出産を無事に終えて退院し、まだ幼い三児を育てていく中で思うことをSNSに綴っています。


田中美保さん、第二子出産後「完璧にメンタルが崩壊」……イヤイヤ期と頻回授乳で「3人で泣いた」と明かす

田中美保さん、第二子出産後「完璧にメンタルが崩壊」……イヤイヤ期と頻回授乳で「3人で泣いた」と明かす

6月に第二子を出産したモデルの田中美保さんが、長男のイヤイヤ期と赤ちゃんの世話が重なり「覚悟はしていたものの、想像を遥かに超えていて毎日3人で泣く」日々だったと、Instagramで明かしています。田中さんは産後、「完璧にメンタルが崩壊」した時期もあったほど過酷だったといいます。


最新の投稿


【愛車は限定モデルの外車】嫉妬? 住む世界が違う?…ママ友に経済格差を感じたエピソード

【愛車は限定モデルの外車】嫉妬? 住む世界が違う?…ママ友に経済格差を感じたエピソード

ママ友と付き合ううえで、気になったりモヤモヤしたりしてしまう人も多い、格差問題。直接的に自慢されたわけではないけれども、ふとした会話のなかで「ウチとは違うんだ」と経済格差を感じることも少なくありません。今回は、そんな「ママ友に対して格差を感じたエピソード」をいくつかご紹介します。


こわがりでも、大丈夫。子どものメンタルヘルスをテーマにした絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』

こわがりでも、大丈夫。子どものメンタルヘルスをテーマにした絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』

子どもたちには「こわいもの」がたくさんあります。子どもたちが不安や恐怖と上手に付き合っていくヒントになる絵本『かいじゅうたちはこうやってピンチをのりきった』(作/新井洋行 監修/森野百合子 パイ・インターナショナル)を、この絵本の編集者である沖本敦子さんが紹介します。


【風呂のお湯飲みすぎ!】 姑息な手を使ってでもグビグビ飲みまくる次女「バレてるよ」

【風呂のお湯飲みすぎ!】 姑息な手を使ってでもグビグビ飲みまくる次女「バレてるよ」

Instagramで子育て漫画を発信されるたちママの子育て漫画さん。たちママの子育て漫画さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【助産師解説】新生児はいつまで?新生児育児まるわかり保存版<特徴、体の様子、反射>

【助産師解説】新生児はいつまで?新生児育児まるわかり保存版<特徴、体の様子、反射>

先輩ママが体験した新生児あるあるを公開!初産では、これって普通のこと?という不安も多いはず。新生児期によくある現象や動きなどを、先輩ママの体験と助産師さんの解説でチェックしましょう。1日の過ごし方や発育の様子もまとめました。


おくるみおすすめ8選!おしゃれ・かわいい・出産祝いに人気のブランドも

おくるみおすすめ8選!おしゃれ・かわいい・出産祝いに人気のブランドも

赤ちゃんの体を包むおくるみには、抱っこしやすくする、赤ちゃんに安心感を与える、赤ちゃんの体温を調整するなどの役割があります。一枚あると便利なおくるみですが、その種類は豊富。ここでは、おくるみのおすすめの選び方や、口コミでも人気の高いおすすめのおくるみをご紹介します。