ふわふわ食感がおいしい♪ はんぺんを使ったおすすめレシピ10選

ふわふわ食感がおいしい♪ はんぺんを使ったおすすめレシピ10選

白くてふわふわなはんぺんは、意外と自由度の高い食材です。旨みや食感を活かしたはんぺんレシピで、いつものメニューを変身させてみませんか?


こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

寒い季節には、アツアツのおでんがおいしいですよね。おでんの具のなかでも、ほかとは違う食感で人気が高いはんぺんですが、みなさんはどんな食べ方をしていらっしゃいますか? 実は我が家では、人気だけどそこまで頻繁に登場する食材ではありませんでした。うっかり冷蔵庫で忘れ去られていたことも多々あります。おいしいのは知っているけれど、どんな食べ方ができるのか、あまりレパートリーがなくて活用できていなかったんです。

はんぺんは、白身魚の練り物です。同じく魚の練り物としてはちくわやかまぼこなどもありますが、はんぺんとの大きな違いは色と食感。はんぺんは白くてふわふわしていますが、それは山芋と卵白を使用しているから。地域によって使う魚や食材が違うので、この白いはんぺんだけとは限りませんが、今回はこのはんぺんでの特長を見ていきましょう!

■白さ
真っ白なはんぺんの色を活かしたメニューや、盛り付け方ができます。

■食感
ふわふわな食感はそのまま食べてもおいしく、ほかの食材に混ぜても柔らかな食感を出すことができます。

■旨み
魚の旨みがあるので、調理するとその旨みが活かせます。

■変形できる
柔らかいので、曲げたりつぶして混ぜ込んだりもできます。

はんぺんレシピを考えるときに、この特長を知っておくと取り入れやすくなりますよ♪

飾り切り・型抜き

白くて柔らかいはんぺんは、簡単に型抜きすることができます。そのまま食べることもでき、シュワっと溶けるような食感がいいですよね。サラダのトッピングにかわいく型抜きして飾ると、それだけでキレイです。

カットすることも簡単なので、使いたい厚みに調整したり、好きな形にしたりすることもできます。表面が吸い付くような感触なので海苔などが貼りやすく、キャラ弁には重宝する便利な食材です。

こちらのお弁当では、帽子の縁とポンポン、サンタさんのひげ、ブーツの縁、雪の結晶がはんぺんでできています。薄くシート状に使ったり、厚みを残して立体的に使ったり、用途に合わせて自由に変形自在。フワフワと柔らかく、やさしく扱わないとつぶれてしまうので、カットするときや型抜きするときなどは気を付けましょう。

はんぺん巻き

はんぺんの柔らかさと白さは、彩りおかずを作るのにぴったりです。色や断面のきれいな食材をはんぺんで巻いて作れば、お弁当おかずやワンポイントの彩りおかずとして映えます。

【材料 2人分(2本分)】
・はんぺん…1/2枚
・いんげん…4本
・スライスチーズ…1枚
・ベーコン…1~2枚

ベーコンはハーフサイズなら2枚、長めのものなら1枚を半分にカットして使います。

【作り方】
①はんぺんを半分の厚みにカット。
②いんげんをゆでて半分にカットし、4本まとめて1/2枚のスライスチーズで巻く。
③②をさらにベーコンで巻く。
④広げたラップの上にはんぺんをのせ、③をはんぺんで巻いてラップでしっかり包む。
⑤耐熱皿の上に④をのせ、電子レンジ600wで40秒ほど加熱し、冷ましてからカットする。

加熱は、チーズが溶ける程度を目安に。熱いうちにカットするとチーズが溶け出てしまうので、冷ましてからカットしましょう。

チーズもベーコンも、はんぺんとの相性は抜群。作り方は簡単ですが、彩りのきれいな1品になります。ハムとチーズ、大葉とチーズなど、お好みでアレンジできます。

バジルチーズはんぺん

焼いてもおいしいのが、はんぺん。ちょっと1品欲しいときなどに、ササッと作れるのでおすすめ。

【材料 作りやすい量】
・はんぺん…1枚
・とろけるチーズ…40g
・ジェノベーゼソース…適量

【作り方】
①はんぺんを8つに切る。
②フライパンで両面を焼く。
③とろけるチーズをのせてフタをし、チーズが溶けたらジェノベーゼソースをのせる。

トッピングは明太子、ねぎ、キムチ、などに変えても♪

はんぺんのめんつゆバター炒め

はんぺんはバター炒めがおいしいですよね! さらに、めんつゆでコクもプラスすると箸が止まらない味に。はんぺんだけでもおいしいですが、野菜やウインナーもたくさん加えてボリュームのあるおかずにしました。


【材料 2~3人分】
・はんぺん…1枚
・ウインナー…5~6本
・キャベツ…2~3枚
・バター…20g
・めんゆつ…大さじ2

加える野菜はお好みで変更してください。きのこなんかもおいしいです。

【作り方】
①はんぺんは2cm角、ウインナーは斜め切りにし、バターで炒める。
②ざく切りにしたキャベツを加えて炒める。
③めんつゆを加えて炒める。

お好みで塩こしょうをふってください。

はんぺんコーン枝豆揚げ

次は、はんぺんの揚げ物メニューです。コーンや枝豆を加えて、青のりも混ぜ込んで丸めて揚げるだけ。ふわふわもっちりしたはんぺんに、コーンと枝豆の甘さがよく合います。ついついもう1個、とつまんでしまうおいしさ。

【材料 作りやすい量】
・はんぺん…1枚
・コーン…40g
・枝豆(むいてあるもの)…40g
・片栗粉…大さじ2
・青のり…大さじ1
・塩こしょう…適量
・揚げ油…適量

【作り方】
①はんぺん以外の材料を混ぜる。
②はんぺんをつぶして①に混ぜる。
③手で丸めて揚げ油で揚げる。

はんぺんと海老のしんじょ

はんぺんを使って、ふわっふわな海老しんじょにしました。軽く上品な口当たりと、海老のプリッとした食感も楽しめます。これがこんなに手軽で、簡単にできてしまうので驚き。小ぶりに作って鍋に入れてもいいですね。

【材料 2人分】
・はんぺん…1枚
・海老…100g
・みつ葉…適量
・片栗粉…大さじ1
・塩…少量

<餡>
・水…200ml
・白だし…大さじ1
・醤油…小さじ1
・片栗粉…小さじ2

【作り方】
①海老の殻を剥いて、背ワタを取る。飾り用に2尾取り分けておく。残りは包丁で粗くたたく。
②①でたたいた海老に、つぶしたはんぺんと片栗粉、塩を加えて混ぜる。
③②を2個に分けて丸める。
④沸騰したお湯で、③を5分ほどゆでる。飾り用の海老も入れ、色が変わったら引き上げる。

海老は粗めにたたくとプリッとした食感が残りますが、ていねいに刻むとはんぺんと馴染んで滑らかな食感になります。刻み具合はお好みで調整してください。丸めるときは、手を水でぬらすと丸めやすくなります。

餡の材料はよく混ぜながら加熱し、とろみがついたらしんじょにかけてください。飾り用の海老とみつ葉を乗せて完成です。

はんぺんの肉巻き

ふわふわっとしたはんぺんの柔らかさと、カリカリに焼けたバラ肉のコントラスが楽しめる肉巻きです。どちらも旨みがあるので、味付けはシンプルに塩こしょうのみでもおいしいです。

【材料 2人分】
・はんぺん…1枚
・豚バラ薄切り肉…8枚
・塩こしょう…適量

【作り方】
①はんぺんを8つに切り、豚バラ薄切り肉を巻く。
②巻き終わりを下にして焼きはじめ、こんがりと全面を焼いていく。
③塩こしょうを振って完成。

豚バラ肉から油が出るので、フライパンに油は引かなくてもカリカリに焼けます。フライパンをよく温めてから焼くようにするのがポイントです。

ふわふわ♪ はんぺん鶏団子

鶏団子を柔らかく作るには、卵を入れたり豆腐を入れたりする方法もありますが、はんぺんを入れると鶏肉の食感を残しつつ、ふわっ! もちっ! とした軽い食感に。旨みが出るので、お鍋やスープにするとおいしいです。

【材料 20個前後分】
・はんぺん…1枚
・鶏ひき肉…200g
・細ねぎ…2本
・しょうが…1片
・片栗粉…大さじ1
・ごま油…小さじ
・砂糖…小さじ1
・塩…小さじ1/2
・しょう油…小さじ1

【作り方】
①細ねぎは小口切り、しょうがはすりおろし、ほかの材料も全部加えてよく練る。
②食べやすい大きさにした①を、沸騰したお湯でゆでる。

白菜、にんじん、しめじ、にらなどを入れてスープに。味付けは、和風でも中華風でもお好みで♪

はんぺんが入ると軽い食感になるので、薄味にして離乳食にもいいですね。

カリふわ♪ はんぺんツナマヨコーン春巻き

「はんぺんのフライはおいしいけれど、作るのも片付けもちょっと面倒……」というときには、春巻きの皮を使ってみて。巻くだけでカリカリ食感の皮ができ、揚げるのも少量の油で短時間に仕上がります。挟む具は、大人も子どもも大好きなツナマヨコーンにしてみました。

【材料 2人分】
・はんぺん…1枚
・ツナ缶…1缶
・コーン…20g
・とろけるチーズ…20g
・マヨネーズ…大さじ1
・パセリ…適量
・春巻きの皮…4枚
・薄力粉…適量
・揚げ油…適量

【作り方】
①はんぺんを対角線でカットする。
②長い辺に切り込みを入れて、ポケットを作る。
③ツナ、コーン、とろけるチーズ、マヨネーズ、刻んだパセリを混ぜる。
④はんぺんのポケットに③を詰める。
⑤春巻きの皮を半分にカットし、はんぺんをのせて包むように巻く。
⑥薄力粉を水(分量外)で溶いてのりを作る。もう半分の春巻きの皮の端に塗り、はんぺんを巻いていく。
⑦フライパンに深さ1cm程度の揚げ油を入れ、よく温めてから短時間でカリッと揚げる。

はんぺんや具はそのままでも食べられるものなので、春巻きの皮がカリッとすれば大丈夫です。揚げ時間が長くなるとチーズが溶けて流れ出てしまうこともあるので、短時間で揚げるようにしましょう。

カリカリの皮に中に、ふわふわのはんぺんとジュワッと、旨みのあるツナマヨコーン。とろけるチーズも入っているのでトロッとします。揚げたてのおいしさをぜひ味わってみてください。

はんぺんつくねの巾着煮

はんぺんは焼いても揚げてもおいしい食材ですが、煮込んだときの旨みも格別です。はんぺん入りの肉だねを油あげに詰めて、巾着煮にしました。ひじきやにんじんなども一緒に混ぜ込むこともでき、栄養もUPしやすい1品です。

【材料 4人分】
・油揚げ…4枚

<肉だね>
・はんぺん…1枚
・鶏ひき肉…150g
・乾燥ひじき…大さじ1
・にんじん…30g
・いんげん…4~5本
・しょうが…1片
・片栗粉…大さじ1
・砂糖…小さじ1
・塩…小さじ1/2
・醤油…小さじ1

<煮汁>
・水…500ml
・白だし…大さじ4
・砂糖…大さじ1
・しょう油…大さじ2

<ほか煮物の具>
・ゆで卵…4個
・大根…1/3本
・糸こんにゃく…300g

【作り方】
①ひじきは水に浸けて戻し、いんげんは1cm幅、にんじんとしょうがは千切りにする。
②肉だねのほかの材料と①を一緒によく混ぜる。
③油揚げを数分ゆで、菜箸を押し付けるように転がしてから半分に切る。
④油揚げに肉ダネを詰め、爪楊枝で口を閉じる。
⑤鍋に並べ、煮汁を注いで落しフタをして煮る。

糸こんにゃくはゆででてアク抜きし、大根は米のとぎ汁で下ゆでしておきます。

このままおでんの具に入れたり、厚みを押さえて焼いたりしても違った味わいが楽しめます。この肉ダネはフライパンで焼いてつくねにしたり、油で揚げてミートボールにしたりすることもできます。

まとめ

はんぺんは白身魚に山芋と卵白を加えて作られた練り物です。ふわふわとした食感と真っ白な色が特長ですが、そのほかにも練り物ならではの旨みや、変形自在な柔らかさを生かす使い方もできます。そのまま食べることもできるうえに、焼いたり、煮たり、揚げたりしてもおいしく、ほかの食材と合わせて使ってもOK。意外に使い勝手のいい食材なので、ふわふわで旨みのあるはんぺんを取り入れてみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

最新の投稿


離乳食のうどんは冷凍保存が便利!ポイントと冷凍うどんを使ったレシピ【管理栄養士解説】

離乳食のうどんは冷凍保存が便利!ポイントと冷凍うどんを使ったレシピ【管理栄養士解説】

軟らかく茹でたうどんは赤ちゃんも食べやすく、離乳食の定番の食材の1つでしょう。いろいろな食材と相性のよいうどんがあると献立の幅も広がりますよね。うどんをよく使うならば、下ごしらえをして冷凍保存をしておくと調理の時短になるのでおすすめですよ。


離乳食の卵はこうやって冷凍しよう!ゆで卵・卵焼きの冷凍方法とレシピ【管理栄養士解説】

離乳食の卵はこうやって冷凍しよう!ゆで卵・卵焼きの冷凍方法とレシピ【管理栄養士解説】

赤ちゃんにはアレルギーのリスクのある卵ですが、栄養価が高いため離乳食に取り入れていきたい食材です。最初は少しずつ使っていくので、余りを冷凍保存したいと思う方もいるのではないでしょうか? そこで、卵の冷凍方法や冷凍した卵を使ったレシピをご紹介します。冷凍保存を活用して普段の離乳食にうまく卵を使っていきましょう。


離乳食の豆腐はどうすれば冷凍できる? ボソボソにならない方法と解凍時のコツ【管理栄養士解説】

離乳食の豆腐はどうすれば冷凍できる? ボソボソにならない方法と解凍時のコツ【管理栄養士解説】

豆腐は離乳食初期から使えるたんぱく質源の食材です。初期は食材をすりつぶしたりと調理に手間がかかりがちなので、離乳食を冷凍ストックしたいという方も多いでしょう。豆腐を冷凍するにはどうすればいいのでしょうか? 冷凍する際に気をつけるとよい点などを紹介します。


【助産師解説】新生児と添い寝は危険?正しい方法と13のチェックリスト

【助産師解説】新生児と添い寝は危険?正しい方法と13のチェックリスト

窒息や転落の危険があると言われている、新生児の赤ちゃんとの添い寝。どのようにすれば、安全に添い寝できるのでしょうか。今回は、新生児と添い寝するメリットに加えて、 そのリスクや注意点についてご紹介します!


赤ちゃんは飛行機にいつから乗れるの? 料金と機内サービス、耳抜きなどの注意点

赤ちゃんは飛行機にいつから乗れるの? 料金と機内サービス、耳抜きなどの注意点

家族旅行や帰省での飛行機の利用、赤ちゃんがいる家庭だといろいろと気になりますよね。そもそも搭乗は問題ないのでしょうか。赤ちゃんへの影響は? 特別な準備は? などなど、実際に利用するとなると心配や疑問がいろいろ出てきます。安心して赤ちゃんと一緒の空の旅を楽しめるためにお伝えしましょう。