復帰時の希望はどのくらい会社に伝えるべき? #復職のお悩み

復帰時の希望はどのくらい会社に伝えるべき? #復職のお悩み

はじめての妊娠・出産・育児となると不安はつきもの。とくに、働くママ・パパにとっては仕事との両立について悩むことも多いのではないでしょうか? 読者から寄せられたお悩みに対して、今回は女性のキャリアプランニング専門家の毛利優子さんにアドバイスをいただきました。


今回のお悩み相談
育休中に所属していた部署がなくなりました……

画像1

育休中、コロナの影響で以前所属していた部署がなくなりました。復帰についてはただでさえ、ブランクがあって心配なのに、配属がどこになるかわからず余計不安になっています。復帰時の希望はどの程度、会社に伝えるべきでしょうか?(35歳/子ども1歳/ペンネーム:なっちゃんと息子たち)

まずは「相談」。希望とあわせて伝えたいポイントは3つ

画像2

コロナを機に生活様式が変わり、会社の状況や働き方も大きく変わってきていますよね。同じように復帰に関して不安を抱えるママは多くいらっしゃいます。復帰時の希望については、どこまで希望が通るかは別として、事前に「相談」という形でコミュニケーションをとれると安心です。

相談する際は、希望と合わせて伝えたいポイントが3つ。

1) 復帰の予定時期
… 入園時期が確定している場合、その点もアピールする

2) 復帰後の働きかた
… 短時間勤務制度の利用有無、残業可否などの希望を伝える

3) これまでの経験部署、仕事内容、実績
… 希望する部署がある場合は、関連する業務や実績をアピールすると◎

これらを伝えることで、会社側も判断材料として検討しやすくなるでしょう。私の知人には、これまでの実績を資料にまとめて人事にプレゼンしている人もいました。

育休を取得させてもらったお礼と合わせて、復帰後の部署や働きかたなどについて相談できるとよいですね。応援しております!

毛利優子さん
<監修者プロフィール>
毛利優子さん 女性のキャリアプランニング専門家
立教大学在学時に長男を出産し、卒業後、大手監査法人に就職。その後、ベンチャー企業への転職、起業などを経験。現在は、ビジネス界におけるプロ契約を広めるサービス『キャリーミー』で業務委託の執行役員CMOとして新しい働き方にチャレンジをしながら、女性のキャリアと家庭の両立に関するノウハウを、ウェブサイトや著書を通じて発信している。著書に『これで解決。働くママが必ず悩む36のこと』(日本実業出版社)。プライベートでは、中2の長男、小6長女、小5次女、2歳三女の4児を子育て中。

関連記事

働くママ・パパのための復職準備特集!

提供:株式会社 明治