【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

赤ちゃんの健康づくりのために、おうちの中で過ごすだけでなく「外気浴」もさせてあげたいですね。ここでは「外気浴」を始める時期の目安、その方法に加え、行う際の注意点について紹介します。


外気浴ってなに?

Lazy dummy

まずは「外気浴」とは何か、赤ちゃんに期待される効果、日光浴との違いについてみていきましょう。

外気浴は「屋外の空気に触れること」

外気浴とは「屋外の空気に触れること」です。
ただし、雨の日や風の強い日、暑過ぎたり寒過ぎたりする日に無理やりする必要はありません。赤ちゃんを連れ出しやすい穏やかな天気の日や時間帯を選んで、行うことが大切です。

外気浴の効果って?

Lazy dummy

気温の変化に慣れる

新鮮な屋外の空気を吸うと、呼吸器系が刺激されて、気温の移り変わりに順応しやすくなります。なお、室内に比べて暑かったり寒かったりすることがあるので、外気浴をする時はその時期に合った服装をさせてあげてくださいね。

ビタミンDの産生を促す

人間は紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを作り出すことができます。そのため屋内にばかりいると、ビタミンD不足になることがあります。日焼け止めクリームの過度な使用などにより、紫外線を浴びることが極端に少なすぎることでも、ビタミンD不足は引き起こされます。

ビタミンDは骨の成長に欠かせない栄養分です。過度のビタミンD不足になるとカルシウムが不足しけいれんを起こしたり、歩き始めるころに骨が曲がりやすくなり、ひどいO脚になることがあります。

特に母乳だけで育っている赤ちゃんはビタミンDが不足しやすいので、外気浴をして適度に紫外線を浴びることが大切です。

昼夜の生活リズムがつく

Lazy dummy

昼は外気浴をして外の明るい光を感じ、夜には静かな環境で過ごすことで、昼夜の区別がつきやすくなり生活リズムが少しずつ整っていきます。
そのため、外気浴や沐浴を決まった時間帯に行うのがおすすめです。

日光浴との違いは?

日光浴には「日差しを直接浴びるイメージ」があります。
ところが直射日光を浴び続けると、紫外線の影響で皮膚がんなどになるリスクが高くなることがわかってきました。

ビタミンDを体内で作り出すためには、日差しの強い屋外で直射日光を浴びる「日光浴」をする必要はありません。
紫外線を浴びすぎないように、服装やベビーカーのカバーなどで対策をしたうえで屋外の空気に触れる「外気浴」を行えば、赤ちゃんは十分な量のビタミンDを作り出すことができるのです。

外気浴ってどうやるの?

Lazy dummy

ここからは、外気浴の具体的なやり方をみていきましょう。

生後何ヶ月から始めるの?

外気浴は、赤ちゃんが生後1ヶ月になったら始めるのがおすすめです[*1]。

ただし、猛暑が続いていたり寒過ぎたりする時期に無理やり行う必要はありません。穏やかな気候の日を選んで始めましょう。

外気浴のやり方

天気のいい日は朝夕の涼しい時間帯に行う

赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄いため、紫外線の影響も受けやすくなっています。
日差しの強い9~15時ごろはさけて、朝や夕方に外気浴をするようにしましょう[*2]。

外気浴をする時間は20分くらい

外気浴は天気のいい日に20分くらい行うのがおすすめです[*3]。

紫外線の浴びすぎを防ごう

赤ちゃんが紫外線を浴びすぎないように、長袖を着せたり、帽子やベビーカーの日よけを使うなどの工夫をしましょう。こうした対策によって直射日光が当たらなければ、日焼け止めを使っていなくても大丈夫でしょう。

外気浴する時はここに注意

Lazy dummy

直射日光を長時間浴びさせない

赤ちゃんは皮膚が薄く体が小さいため、ママやパパなどの大人には問題ない紫外線の量でも影響を受けやすいものです。
外気浴が体にいいといっても、直射日光を長時間浴びることはしないように気をつけましょう。

窓辺での外気浴は窓を開けて

ガラスは紫外線をあまり通しません。そのため、窓を閉めたままで日向ぼっこをしても、ビタミンDの生成にはあまり効果はありません。
外出しないで窓辺で外気浴をする場合は、窓を開けて行いましょう。

まとめ

Lazy dummy

外気浴には、呼吸器系を刺激して赤ちゃんを気温の変化に慣らす、骨の成長に欠かせないビタミンDの生成を促す、生活リズムを作るといった効果が期待できます。
生後1ヶ月を過ぎたら、1日20分くらい、紫外線を浴びすぎないように気をつけながら外気浴をしましょう。外に出かけたくない時は、窓を大きく開けて外の空気に触れるだけでも構いません。
外の空気に触れることは、ママの気分転換にもなります。親子で気持ちのいい屋外でのひと時を楽しんでくださいね。

(文:大崎典子/監修:丘逸宏 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「乳幼児健康診査事業 実践ガイド(平成30年3月)」国立研究開発法人国立成育医療研究センター
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000520614.pdf
[*2]「紫外線環境保健マニュアル2020 2020年3月改訂版」環境省
http://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2020/matsigaisen2020.pdf
[*3]「栄養委員会・新生児委員会による母乳推進プロジェクト報告 小児科医と母乳育児推進」日本小児科学会雑誌 第115巻 第8号
https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_110916.pdf

この記事の監修ドクター
順天堂大学医学部付属練馬病院 小児科 丘 逸宏 先生
北里大学医学部卒業後、順天堂医院小児科、もりおかこども病院、国立成育医療研究センター消化器科を経て現職に至る。小児消化管を専門に日々超音波や内視鏡などを駆使して診療にあたっています。

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす読み聞かせメソッドを紹介します。今回は、日本とアメリカの読み聞かせの違いについてです。


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 初出社に向けていろいろと準備を進めていたものの、突如弱気になってしまい……!?


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


最新の投稿


【医師監修】 産後ダイエットに効果的!おすすめの4つの方法

【医師監修】 産後ダイエットに効果的!おすすめの4つの方法

妊娠中に増えてしまった体重。出産したのに体重が減らないと悩むママは少なくありません。授乳中含め、産後の体調管理は大切ですよね。今回は、妊娠で太ってしまった体型を元に戻すための産後ダイエットについてお伝えします。


【医師監修】ハイハイはいつから?しない場合は練習が必要?

【医師監修】ハイハイはいつから?しない場合は練習が必要?

赤ちゃんの成長は日々めざましく、首がすわり寝返りをして、おすわりができるようになると、次はハイハイと楽しみにしているママやパパも多いことでしょう。ところがハイハイに関しては、「ハイハイをしない」「ハイハイが苦手」といった心配もあるようです。今回はハイハイをし始める時期、いつからなどについて、さまざまな面からお話します。


【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

便の状態は、健康のバロメーターのひとつです。とはいえ、赤ちゃんのうんちは月齢が低いほど大人とは違うので、「この状態が赤ちゃんのふつうなの?」と気になったり、「もしかして、下痢では?」と心配になることもあるかもしれませんね。そこで今回は、赤ちゃんの下痢の原因や症状の見分け方、受診の目安などをご紹介します。


【医師監修】10人に1人は産後うつ病に! 症状・兆候のチェックリストで早めに対策を

【医師監修】10人に1人は産後うつ病に! 症状・兆候のチェックリストで早めに対策を

産後に落ち込みがひどかったり、原因不明の体調不良で悩まされてはいませんか? 出産をきっかけに、産後うつ病になることは珍しくありません。産後うつ病の原因や症状、予防法などを知っておきましょう。


【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

【医師監修】二人目をなかなか妊娠しない原因は? 不妊を克服して妊娠したい!

そろそろ二人目が欲しいと考えていても、なかなか授からない……。「一人目は難なく妊娠できたのになぜ?」と悩んでいる人は少なくありません。二人目がなかなか授からないのはなぜなのでしょうか。一人目と何か違う点があるのでしょうか。二人目不妊で考えられることと対策を紹介します。