赤ちゃんのために用意したけれど、使わなかったものってある?

赤ちゃんのために用意したけれど、使わなかったものってある?

出産前、生まれてくる子供のためにいろいろと準備した人は多いでしょう。では実際、準備したもののすべてを使ったのでしょうか? 今回は、ママ・プレママを対象に、「産前に準備していたけれど、使わなかったもの」を聞きました。


Getty logo

Q.産前に準備していたけれど、使わなかったものはありますか?

ない 66.5% / ある 33.5%

「使わなかったものはない」という意見が約7割で大多数を占め、「使わなかったものがある」と回答した人は約3割でした。「使わなかったベビーグッズ」はどんなものであったか、気になりますね。

使わなかったものはないと回答した人の意見

最低限の準備

・必要になった時に購入したから。(23歳/3歳児/正社員(総合職)/その他)

・そもそも最低限しか準備をしなかったから。(28歳/0歳児/パート・アルバイト/その他)

最低限の準備だけしておいて、必要に応じて購入するのも一つの方法かもしれません。

必要でないものは増やしたくない

・リースで十分。特にはないと思う。(34歳/4歳児/正社員(一般事務)/自動車関連)

・あまり必要ないものを増やさないようにしていたから。(40歳以上/5歳児/パート・アルバイト/その他)

ベビーベッドなど大きなベビー洋品は、使わなかったら邪魔になるだけ。ただでさえ、子供が生まれると洋服やおもちゃなどが増えて部屋を占領するので、購入せずリースなどを賢く活用するのもいいですね。

事前に調査していた

・出産時期の近い姉やママ友に話を聞いて準備したので。(35歳/3歳児/正社員(一般事務)/商社・卸)

・しっかり確認して買っていたから。(27歳/1歳児/正社員(一般事務)/アパレル・繊維)

前もってしっかりリサーチしていたので、ムダな買い物をしなくてすんだ、という声も。実際に産後グッズを使った人の声を聞いて確認するのが、一番確実かもしれないですね。

あると回答した人の意見

実際は使わなかった

・ベビーベットは買ったけど使わなかった。(34歳/2歳児/その他/その他)

・哺乳瓶関係一式。完全に母乳だけで育てられたので。(34歳/2歳児・5歳児/主婦/その他)

「一緒に寝ていたから必要なかった」などの理由で、ベビーベッドは結局使わなかったという人がいました。哺乳瓶や布おむつも、実際子供が生まれたら完全母乳だったり、紙おむつ使用などの理由で使わなかったようです。

他のもので代用

・沐浴布。タオルなどで十分代用できた。(37歳/2歳児/正社員(総合職)/ソフトウェア)

・マザーバック。普通の鞄のほうが使いやすい。(40歳以上/7歳児以上/正社員(一般事務)/小売店)

わざわざベビー専門用のものを買わなくても、他のものでも代用できたという声も。マザーバッグも、ちょっと大容量のトートバッグやショルダーバッグでも十分代用できそう。自分の好きなデザインのものを選べば気分も上がりますよね。

子供が嫌がって使わなかった

・抱っこひも。体温を感じて暑さを感じるのか、抱っこされるのが大っきらいな子供だから、使わなかった。(36歳/1歳児/自営業・フリーランス/団体・公益法人・官公庁)

・ベビーラックですね。子供が嫌がっていたためあまり使いませんでした。(33歳/0歳児・3歳児/主婦/その他)

子供が嫌がって使わなかったという人もいました。子供が嫌がるかどうかは実際に使ってみないとわからないので、判断が難しいですよね。

まとめ

使わなかったものはない人の方が大多数で、最初は最低限で、リースをうまく活用したりと計画的に買い物をしているママの方が多いという結果になりました。赤ちゃんが生まれたらオムツ代、ミルク代とお金がかかるので、一気にそろえず、様子を見て必要になったら買う、が賢い方法かもしれませんね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月10日〜12月18日
調査人数:130人(23歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

【医師監修】出産時の入院で準備しておくべき持ち物リスト一覧

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/43

入院の準備ができていると、いざ出産の時に慌てずに済みます。パジャマなどバッグに入れる持ち物リストを作っておきましょう。先輩ママのブログも参考になりますよね。出産で入院するタイミングは、ママや赤ちゃんの状態によって様々です。入院でどのようなものが必要か、あったら便利なグッズなどもご紹介します。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

働くママの声から生まれた化粧品ブランド「ママ アクア シャボン」から、「オードトワレ」シリーズが、6月27日より発売されます。


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」は、レインアイテムの新作を5月27日から発売します。


外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

外出自粛のストレス解消に! 親子で参加できる「はぎゅわっとチャレンジ」がスタート

妊活・妊娠・育児情報を発信するInstagram「Hagyu」は、コロナ禍における子育てコミュニケーションとストレス解消を推進するキャンペーンを開始しました。


最新の投稿


【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

赤ちゃんに熱が出て発疹ができたときは「水疱瘡(みずぼうそう)」の可能性もあります。赤ちゃんがかかると重症化しやすいと言われています。また、感染力が強いので家族への感染も気がかりです。症状や受診、ホームケアのポイントなど対処法を知っておき、疑わしい場合も落ち着いて対処しましょう。


【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

赤ちゃんを見ていると、以前はなかった「ほくろ」ができているのに気付くことがあります。それが少し大きくなったりすると、「がんでは?」と不安になるママもいるでしょう。そこで赤ちゃんのほくろとがんの関係や、子供のうちに美容目的で切除してもよいのかについて、ママのギモンにお答えします。


【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

足の指の間の皮がむけたり、白くふやけてジュクジュクしたりする水虫。子供でもなることがあるのでしょうか。また子供が水虫になった場合、小児科と皮膚科、どちらを受診すれば良いのでしょうか。水虫の治療、予防方法とあわせて解説します。


【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

赤ちゃんが生まれて半年前後たつと、かわいらしい歯が生えてきます。赤ちゃんの歯はもちろん大人の歯よりもずっと小さいのですが、大きさの違いだけでなく、歯並びがあまりよくないかも? と感じることがあるかもしれません。今回はその理由を解説します。


【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

子供がやけどをしてしまったら、できるだけ早く応急処置をして受診することが大切です。ここでは家庭でできる応急処置の方法や、いつ医療機関に行くかの目安、やけどの予防方法について説明します。