過半数のママは○○!  出産後、旦那と同じ部屋で「寝る」or「寝ない」?

過半数のママは○○!  出産後、旦那と同じ部屋で「寝る」or「寝ない」?

海外では赤ちゃんが生まれても、添い寝をしないことが多いと言われていますが、日本では赤ちゃんとママが同じ部屋で寝ることは多いですよね。では、パパは同じ部屋で寝ているのでしょうか? 今回は赤ちゃんが生まれたあと、夫婦で同じ部屋で寝ているかどうか聞きました。


Q.産後、夫と一緒の部屋で部屋で寝ていましたか?

寝ていた 62.6% / 寝ていなかった 37.4%

子供が生まれても、変わらず夫と寝ていたという人は約60%で、寝ていなかった人よりも20ポイント以上多い結果となりました。それでは、「寝ていた」「寝ていなかった」両方の意見を聞いてみましょう。

夫と寝ていたと回答した人の意見

寝る部屋が一つだけだったから

・部屋が広くなく、ベッドもひとつだったから。(28歳/0歳児/パート・アルバイト/その他)

・単純に寝室がひとつなので。(25歳/1歳児/パート・アルバイト/小売店)

「寝室が一部屋だけだったから」「ベッドも布団もひとつだけだったから」と、やむにやまれぬ理由で一緒に寝ていたという人が多数でした。

川の字で寝るのが夢だった

・別々にする理由が見当たらないから。(31歳/4歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・家族3人で川の字で寝るのが夢だった。(34歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

「一緒に寝るのは当たり前だと思っていた。なぜ別に寝るの?」という意見も。夫の方も赤ちゃんが生まれたからといって、自分だけ一人で寝るのは寂しかったりするのかも!? 川の字で寝るのに憧れていた人も多くいました。

夜も一緒に子育てしたい

・何かあったらすぐに一緒にいれるようにしています。(31歳/4歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・夫にも子供の面倒をみてもらいたかったから。(35歳/6歳児・7歳児以上/パート・アルバイト/アパレル・繊維)

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜関係なく泣いたり、お腹がすいてしまったり。そんな時、夫があやしてくれたり、ミルク作りを手伝ってくれたらうれしいですよね。

夫と寝ていなかったと回答した人の意見

子供が泣いてうるさいから

・子供が泣いたりして旦那の睡眠に差し支えがあると困るから。(23歳/2歳児/正社員(総合職)/その他)

子供の夜泣きが迷惑となるので。(37歳/3歳児/正社員(一般事務)/商社・卸)

夫にきちんと睡眠時間を確保してほしいから、赤ちゃんの泣いた声で夫が起きてしまわないよう、あえて別の部屋にしていたというママも。中には夫のほうから「別の部屋にして」と言われたケースもありました。

いびきがうるさい・生活リズムが違う

・夫のいびきがうるさいから。(33歳/1歳児/正社員(一般事務)/生保・損保)

・生活リズムが違うからイラっとするので。(30歳/0歳児/その他/金融・証券)

赤ちゃんの中には、ほんの些細な物音でも気になり、起きてしまう子もいます。夫のいびきがひどかったり、夜中に帰ってきてガサガサ音がすると赤ちゃんが起きてしまうので、別の部屋にしているという意見もありました。

もともと夫婦の寝室が別だったので

・もともと別の部屋で寝ていたので。(40歳以上/1歳児/正社員(総合職)/団体・公益法人・官公庁)

・必要がないので一緒に寝ていない。(33歳/0歳児/派遣社員/電機)

子供が生まれる前から、夫婦の寝室が別だったという人もちらほら。そのため、出産後も「子供とママ」「パパ」と別々に寝るのが当然だったようです。

【アンケ結果】産後に直面した夫婦関係の変化の実態調査

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/962

二人で過ごしてきた結婚生活から一変、子供が生まれたら家族での生活がスタート! 子供が中心の生活になりますよね。そこで、夫に対する愛情に変化は起こるのでしょうか? ママたちに質問をしてみました。

まとめ

産後、「夫と一緒に寝ていない」と回答した人は約4割。泣き声で夫が起きてしまわないように、と別々の部屋にする家庭もあれば、夫のいびきで赤ちゃんを起こさないようにしている家庭もあったりと、家族に配慮しているママの様子がうかがえます。「夫と一緒に寝ている」ママは6割。昼間、外で働くパパにとって、夜、子供と一緒に寝る時間は貴重なものかも。子育てにも積極的に参加してくれそうです。家族との幸せな時間を過ごしていきたいですね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2016年12月10日〜12月18日
調査人数:130人(23歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビ子育て編集部)

夫婦関係に関する記事一覧を読む

#子育て 体験談についてもっと見る!
#家族や人間関係の悩みについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


部屋干しの悩みを解決! 現役ママが考えた半畳に置ける室内衣類乾燥機「カワクーナ」の新型モデルが発売

部屋干しの悩みを解決! 現役ママが考えた半畳に置ける室内衣類乾燥機「カワクーナ」の新型モデルが発売

スパーキークリエイトは1月上旬、小型衣類乾燥機「カワクーナ(kawaquna)」の新モデルを、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazon.co.jpで発売しました。


子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

子どもの習い事の「平均月謝」が高額な地域、2位は関東、では1位は? 地域ごとに習い事のジャンルにも特徴が

国内最大級の子どもの習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は1月18日、「全56ジャンルの習い事平均月謝についてのアンケート」の結果を発表しました。この調査は、0歳から18歳の子どもに習い事を経験させたことのある保護者1,008人のを対象に、子どもの習い事の月謝について地方別の調査結果をまとめたものです。


【漫画】夫の気持ちを知り、不安とわだかまりが解けていく夜『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.81

【漫画】夫の気持ちを知り、不安とわだかまりが解けていく夜『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.81

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

【助産師解説】オススメの授乳姿勢はどれ?パターン別授乳の体勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。新生児の赤ちゃんやなかなか吸い付けない赤ちゃん向け、帝王切開後や腰痛があるときにオススメの姿勢、飲み残し・吐き戻し・中耳炎があるときにやってほしい体勢など、パターン別の授乳姿勢をお伝えします。


【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

【助産師監修】乳腺炎を引き起こす食べ物・食事内容とは?乳製品や肉はダメって本当?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

デリケートゾーン初心者さんは新宿マルイ本館へGO! 「はじめてのデリケートゾーンケア」テーマのポップアップストア開催

「生理に寄り添うセルフケア」をコンセプトにしたフェムテック/フェムケアD2C事業やメディア事業を展開中のあしたるんるんラボは、1月25日〜2月6日に新宿マルイ本館にて「はじめてのデリケートゾーンケア」をテーマにしたポップアップストアを開催します。


精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

精神科医監修|子どもがかわいくないと感じるときはどうする?産後うつとの関係は?

わが子のことがかわいく思えないことに悩む親御さんは、実は多いようです。ここでは、子どもがかわいくないと感じたことはあるか、その気持ちにどう対処したかを先輩ママに聞きました。現在悩んでいるママへの応援メッセージも紹介します。